競艇場。 【競艇】干潮・満潮時のレース展開!潮の満ち引きの影響を理解しよう!

尼崎競艇場

競艇場

競艇の売上高の推移 競艇の始まりは1952年にまで遡り、日本経済の成長とともに売り上げを伸ばしてきた公営競技のひとつです。 バブル期だった1991年の売上高はなんと2兆2千億円を超えており、競艇ファンが多かったことを示しています。 しかし、その競艇もバブル崩壊後の不景気と共に、その売り上げも下降線を辿る一方に・・・ そして、2兆円を超えた売上高は年々減り続けた結果、 8,000億円台まで下落しました。 これは他の公営競技も同じようなグラフを描いており、 景気によって上下するものだと考えてもよいかもしれませんね。 ですが、2017年度の競艇の売上高は1兆2千億円と、 最近になって競艇の売上高が回復傾向にあるのです。 この背景には一体なにが作用しているのか、簡単ながら考察してみました。 競艇の景気が回復傾向! 8,000億円台まで落ち込んだ競艇の売上高の下落も、2010年まででストップ。 そこから8年連続で上昇を続け、 ついに1兆円を超えるほどにまで回復しました。 1兆円台に戻ったのは2015年の売上高からで、実に11年ぶりに1兆円を超えたようです。 それでは回復傾向に変わった、ここ8年間の競艇の売上高の推移を見ていきましょう。 2010年~2017年の売上高 年度 売上高 2010年 8,434億6,278万7,000円 2011年 9,198億4,424万5,700円 2012年 9,175億5,782万8,500円 2013年 9,475億9,354万6,600円 2014年 9,952億8,819万2,100円 2015年 1兆338億2,066万9,600円 2016年 1兆875億3,411万6,500円 2017年 1兆2,063億6,086万7,100円 2018年 1兆3,727億9,264万700円 このように、ここ8年間の売上高はほぼ右肩上がりとなっています。 競艇場別の売上高ランキング なお、競艇場別の売上高ランキングは下記の通りです。 2012年度 順位 競艇場 売上高 1位 住之江 777億9,519万9,200円 2位 桐生 656億6,660万8,100円 3位 蒲郡 651億5,923万7,600円 4位 若松 645億9,562万300円 5位 丸亀 596億9,767万9,200円 6位 大村 472億7,457万1,700円 7位 尼崎 461億6,623万2,900円 8位 戸田 453億3,663万6,100円 9位 平和島 409億3,475万1,100円 10位 芦屋 375億4,750万5,700円 11位 浜名湖 365億2,547万4,700円 12位 福岡 360億5,101万400円 13位 児島 330億806万4,000円 14位 多摩川 308億3,174万3,700円 15位 徳山 269億3,136万2,100円 16位 江戸川 263億7,984万6,400円 17位 常滑 260億9,525万6,400円 18位 唐津 236億4,429万8,800円 19位 琵琶湖 232億5,671万4,300円 20位 津 230億7,770万700円 21位 下関 230億241万5,100円 22位 三国 205億9,684万5,400円 23位 鳴門 201億3,159万6,300円 24位 宮島 178億5,145万8,300円 2013年度 順位 競艇場 売上高 1位 丸亀 785億5,767万9,800円 2位 住之江 782億3,396万5,300円 3位 若松 730億6,162万9,200円 4位 桐生 645億1,028万5,000円 5位 蒲郡 617億3,110万8,900円 6位 平和島 469億7,883万800円 7位 尼崎 450億6,884万7,700円 8位 戸田 445億1,274万円 9位 芦屋 397億5,639万3,200円 10位 福岡 395億8,537万6,900円 11位 大村 380億4,898万4,800円 12位 常滑 361億3,205万1,000円 13位 多摩川 324億3,424万7,600円 14位 浜名湖 306億7,184万3,700円 15位 琵琶湖 286億2,915万3,000円 16位 津 270億2,777万9,200円 17位 江戸川 257億7,042万9,900円 18位 児島 245億4,143万2,500円 19位 徳山 242億1,486万2,500円 20位 鳴門 238億2,142万6,200円 21位 唐津 234億8,621万7,500円 22位 下関 214億2,810万4,000円 23位 三国 214億1,336万6,700円 24位 宮島 179億7,679万1,200円 2014年度 順位 競艇場 売上高 1位 若松 804億8,801万1,500円 2位 丸亀 786億3,593万5,100円 3位 住之江 738億7,171万4,300円 4位 蒲郡 700億7,477万7,700円 5位 桐生 678億1,805万300円 6位 平和島 538億6,121万3,900円 7位 戸田 509億8,566万8,300円 8位 尼崎 457億8,143万2,400円 9位 福岡 408億6,065万1,800円 10位 大村 391億6,436万4,200円 11位 浜名湖 387億6,641万8,900円 12位 宮島 363億6,833万3,600円 13位 芦屋 347億3,720万8,500円 14位 常滑 343億1,612万500円 15位 唐津 318億6,172万6,600円 16位 多摩川 310億7,216万3,600円 17位 児島 293億6,500万6,800円 18位 琵琶湖 289億8,816万3,900円 19位 下関 272億1,314万4,700円 20位 徳山 269億4,212万5,100円 21位 江戸川 264億6,316万円 22位 三国 254億5,450万9,800円 23位 津 221億9,829万600円 -位 鳴門 — 2015年度 順位 競艇場 売上高 1位 蒲郡 909億2,126万800円 2位 丸亀 819億3,433万4,200円 3位 住之江 796億1,448万100円 4位 桐生 713億6,143万9,600円 5位 若松 704億9,956万9,800円 6位 大村 498億9,212万3,700円 7位 平和島 484億24万4,700円 8位 宮島 458億3,143万5,700円 9位 戸田 451億7,910万3,200円 10位 芦屋 435億6,280万7,500円 11位 尼崎 414億9,688万6,500円 12位 福岡 389億276万4,800円 13位 多摩川 372億1,508万4,900円 14位 浜名湖 364億5,530万6,500円 15位 徳山 336億690万9,100円 16位 児島 316億305万2,500円 17位 唐津 314億6,200万2,000円 18位 三国 300億1,323万7,700円 19位 江戸川 295億9,008万6,900円 20位 常滑 278億9,304万1,100円 21位 琵琶湖 278億3,345万5,700円 22位 津 254億987万600円 23位 下関 236億391万1,700円 -位 鳴門 — 2016年度 順位 競艇場 売上高 1位 住之江 931億8,627万1,800円 2位 桐生 896億8,172万円 3位 蒲郡 877億6,987万9,100円 4位 丸亀 742億8,181万3,200円 5位 若松 730億7,044万3,800円 6位 大村 470億7,224万7,000円 7位 平和島 466億2,187万9,700円 8位 戸田 459億224万4,800円 9位 尼崎 440億4,506万3,400円 10位 福岡 439億9,909万6,000円 11位 芦屋 421億3,520万6,900円 12位 徳山 382億1,801万5,000円 13位 唐津 362億824万5,100円 14位 多摩川 358億4,932万6,000円 15位 鳴門 355億6,755万円 16位 琵琶湖 347億4,119万6,600円 17位 浜名湖 346億659万1,000円 18位 江戸川 341億8,969万7,800円 19位 児島 322億5,764万9,800円 20位 宮島 318億2,898万900円 21位 津 317億1,504万4,200円 22位 常滑 302億4,408万7,700円 23位 三国 248億137万5,700円 24位 下関 231億5,743万9,100円 2017年度 順位 競艇場 売上高 1位 住之江 947億7,838万9,800円 2位 丸亀 885億488万9,200円 3位 若松 843億6,373万3,100円 4位 蒲郡 833億236万6,500円 5位 桐生 773億9,437万8,900円 6位 下関 675億5,003万1,800円 7位 大村 576億7,718万9,400円 8位 芦屋 543億4,291万2,100円 9位 平和島 515億1,586万6,500円 10位 戸田 509億9,064万4,900円 11位 唐津 477億1,443万3,200円 12位 福岡 461億2,206万7,000円 13位 徳山 436億3,425万8,400円 14位 浜名湖 434億7,845万3,800円 15位 琵琶湖 393億4,089万6,800円 16位 江戸川 379億9,822万2,800円 17位 尼崎 371億3,995万3,900円 18位 多摩川 362億2,442万4,800円 19位 常滑 358億5,173万5,600円 20位 鳴門 337億1,607万円 21位 宮島 335億5,782万2,600円 22位 児島 321億2,630万7,100円 23位 津 306億6,602万4,100円 24位 三国 298億8,953万5,000円 売上回復の要因は? 不景気により売上高を落とした競艇。 あまり景気がよくなったとは感じない中、その売上高は回復傾向にあります。 では、その要因は一体なんなのだろうか? いくつか考えられるものを挙げてみます。 インターネットの普及 今ではネットを通じて、パソコンやスマホからでも簡単に情報が仕入れられたり、舟券を買うことができます。 これにより、 時間や場所を選ばず競艇に参加できるようになったことが、売上高回復の1番の要因なのではないかと考えています。 クリーンなイメージ 一昔前ですと、競馬や競艇はおっさんが新聞もって騒いでいるといった、 汚いイメージを持っていた方が多かったと思います。 しかし今では、CMには知名度のある有名人を起用した明るいCMが地上波で流されています。 また、これとは別に、収益金から出ている社会貢献活動のアピールをしたCMを放送しています。 これにより、競艇そのもののイメージを明るくクリーンなものに変え、 競艇に興味を持ってもらおうという取り組みが成果を見せていると思います。 女子選手が人気を集めている これは実際に、新鋭リーグよりも女子戦リーグの方が人気があり、売上高も高いところからその人気の高さが伺えます。 また、 女子選手もいる競技は女性ファンの獲得に繋がりやすいのではないか、と考えられます。 他のギャンブルからの参入 パチンコ・スロットのユーザー離れも、競艇の売上高回復要因のひとつと考えられます。 昨今のパチンコ業界は規制がキツくなるばかりで、ユーザー離れが進んでいます。 そういった方々が競艇などの公営競技に参加する、といった動きがあるようです。 その他の要因 人気選手のトークショーなども積極的に行われており、競艇と親しみやすくなっています。 美人レーサーだけでなく イケメンレーサーの存在も、新規ファンの獲得に繋がっているのでよう。 また、各競艇場には可愛いマスコットキャラがいたり、 初心者のために競艇の楽しみ方を教えてくれるイベントなども開催されています。 こういった新規獲得の努力が、年々成果を見せてきているのではないでしょうか。 競艇の総利益の計算方法 競艇の売上高の計算方法について説明しますね。 わかりやすく例を挙げて考えてみましょう。 ある1レースで売れた舟券が1万円だったとします。 25=控除額】・・・という風に計算するといいでしょう。 控除額の内訳 競艇の控除額は、一体どのように使われているのでしょうか? その内訳を紹介します。 日本財団交付金 公益事業への助成金として、控除額の 2. 競走会交付金 これはボートの維持や管理費となる部分で、 1. 団体金融機構納付金 これは地方公共団体金融機構に納付しているものであり、 0.

次の

競艇場(ボートレース)ライブ

競艇場

4370 山口達也(岡山支部)• 4445 宮地元輝(佐賀支部)• 3256 三角哲男(東京支部)• 4759 今泉友吾(東京支部) 上位陣は伯仲ムードの顔触れだが、その中でV候補の筆頭に挙がるのは山口達也だ。 前期はF2で90日のF休みを消化したが、戦線復帰直後の地元・児島ではきっちりファイナル進出(3着)。 G1戦でも活躍の多いびわこで今回こそは初V奪取といくか。 宮地元輝は今年ここまでV3をマーク。 現在は3連続優出中の当地でこちらは2回目となるVを狙う。 三角哲男、野澤大二、さらに大のびわこ巧者として知られる山室展弘らもSG覇者の手腕を発揮してV争いに加わってくる。 渡邉睦広も先月の前回戦こそ準優敗退に終わったが、当地はそれまで3連続優出(V1)と好相性を誇る水面。 そのシリーズで準Vと活躍した今泉友吾をはじめ高橋正男、小坂尚哉、松崎祐太郎らA1ランカーの面々もV戦線を盛り上げそうだ。

次の

競艇場一覧

競艇場

日本の競艇場の概要 [ ] 「」も参照。 「競艇場」とは第4条の規定に基づきの許可を受けて設置されたモーターボート競走場の通称である。 一般に日本では・などののやの湖面を利用したコースと・などの人工的にを作ったコースとに分けることが出来る。 海面や湖面を利用したコースの場合、・干潮によって水面が変化してレース展開が左右される競艇場では、あるいはなどで、その競艇場周辺の満潮・干潮の時刻を掲載している。 (9年)度より競艇の呼称が「競艇」へ正式に一元化された (それ以前は「競艇」の他に、「ボート」や「モーターボート競走」などとも呼ばれていた)ことを受け、「競艇場」と呼ばれるようになった。 それぞれの競艇場には場立ちの(場によってはアドバイザーと呼ぶ)がいて、レースの予想や解説をしている。 また、だいたい100で予想した買い目を教えてくれる。 また、レース開催日は各種ファンサービスを行っており、競艇場によっては現役のとに乗ってコースを周回することも出来る(ペアボートなど)。 日本の競艇場一覧 [ ]• 競艇開催地についてはを参照。 各競艇場のマスコットキャラクターについてはを参照。 (注1)電投は 番号の略。 (注2) 太字の競艇場は開催地(ただし住之江では一部昼間開催もあり)。 電投 競艇場 地区 所在地 アクセス 01 ()・()・(東武) 02 (JR東日本)・(JR東日本)・(地下鉄)・(東武・) 03 (JR東日本)・(地下鉄)・(地下鉄) 04 東京都 ()・(JR東日本) 05 東京都 ()・(JR)・() 06 () 07 ()・(JR東海)・(JR東海・名鉄) 08 愛知県 (名鉄) 09 (JR東海、、)・(近鉄) 10 ()・() 11 ()・(JR西日本)・(JR西日本) 12 (地下鉄) 13 () 14 (JR)・() 15 (JR) 16 (JR西日本) 17 (・)・(JR西日本) 18 (JR西日本) 19 山口県 (JR西日本) 20 (JR) 21 福岡県 () 22 福岡県 (地下鉄)・() 23 (JR九州) 24 (JR九州) 各競艇場の詳細及び特徴 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2017年2月) 桐生競艇場 ドラキリュウナイター実施。 日本最北端かつ日本一標高が高い所にある競艇場で冬場になると上州山脈からの強風が時により強く吹き付ける。 競艇界において初めてナイター競走を開催した競艇場。 施行者はみどり市。 戸田競艇場 戸田公園大橋から1マークが眺められる。 すなわち日本一、橋が近い競艇場。 [ ]にを住之江競艇場と平和島競艇場以外では唯一開催した。 施行者はと。 江戸川競艇場 日本で唯一、()を競走水面としている競艇場で、干潮と満潮による水流の影響を最も受けやすく、待機行動も特徴がある。 天候や水面模様によっては頻繁にレースが延期や中止となる事があり、開催されても急な突風等でスタート事故や転覆等、他の競艇場に比べてアクシデントが多発しやすい開催場とも言える。 ボートレースダービー(全日本選手権)の開催実績はあるものの1958年に開催された為特別競走の扱いとなる。 1988年度に競艇界がグレード制になって以降は鳴門競艇場もSG開催は行われなかったが、南海トラフ巨大地震対策として津波防護柵を作りコンパクトな競艇場として生まれ変わった2016年に初めてSGを開催した為2020年現在日本の競艇場で唯一はおろかSGに準ずる規模のプレミアムG1(2013年までのG1) が開催された事もない。 スタンドからはを望める。 施行者は、と。 全国にある競艇場の位置としては最東端である。 平和島競艇場 東の「都市型競艇場」。 と隣接している。 1991・2000・2014年にボートレースグランプリを開催し、2020年も開催が決定している。 2020年現在住之江競艇場のある大阪より東にある競艇場で唯一複数回ボートレースグランプリを開催している。 施行者は。 なお2020年現在、2007年に行われた優勝戦で当時1番人気で「最後のSGレース」と意気込んでいた1号艇のが0. 01秒早くスタートしてしまい痛恨のフライング返還欠場。 本来の売上額の84. 6%にあたる17億4522万7700円という東日本の競艇場では史上最高額(全国の競艇場でも史上4番目)の返還金が出て、植木はその年の7月に現役を引退している。 またのが初発流行地である感染拡大防止の観点から、のが2020年2月26日に大規模なスポーツや文化イベントの自粛を要請した事を受け当初は3月15日までだったのが更に10日間延長した為、3月17日から開催された55年の歴史を誇るボートレースクラシックがSG競走史上初の無観客開催となった競艇場である。 多摩川競艇場 を挟んですぐ近くにがある。 関東平野という場所に加え周囲が防風林で囲まれている為、風の影響が少ない日本一静かな水面でありその水面の広さは全国有数である。 また風の影響が少ない為本来はポールポジションである筈の優勝戦1号艇は勝率が低く、2007年には数多くの有力選手が敗退しており、「魔の優勝戦1号艇」「多摩川の優勝戦1号艇には魔物が潜んでいる」ともいわれている。 施行者はと。 浜名湖競艇場 水面は日本の競艇場唯一の。 アクセスの最寄駅から競艇場が見える事から 別名・日本一、駅が近い競艇場と呼ばれている [ ](更には近くをが通っている)。 施行者は浜名湖競艇企業団。 静岡県内に立地する公営レース場において、当所のみが名古屋を中心とした「東海」エリアに組み入れられている(静岡県の場合、競輪は南関東、オートレースは関東の枠組みに含まれている。 これはそれぞれのレースを主管する官庁の管轄が影響している)。 蒲郡競艇場 ムーンライトレース実施。 初めてSGをナイター競走として開催した(の第48回)。 春以降、全開催がナイター競走。 施行者は蒲郡市(度まではも施行者だった)。 常滑競艇場 がすぐ近くにある。 伊勢湾に面している為海からの風が入りやすく追い風になりやすい立地となっている。 施行者は常滑市と。 津競艇場 演歌歌手のが当競艇場の名誉執行委員長を務めている。 冬場になると上州山脈からの強風が時により強く吹き付ける桐生競艇場同様にからの強風が強く吹き付ける。 施行者は津市。 三国競艇場 本州日本海側で唯一の競艇場。 海水を利用しておらず淡水で日本海からの海風や季節風が吹き付ける為、追い風の日や安定板をつけたレースが多い。 施行者は越前三国競艇企業団。 びわこ競艇場 日本で唯一、競艇場名が平仮名の場。 向こう側には、1マーク側には又は、2マーク側には比良山系等が望める。 施行者は滋賀県。 住之江競艇場 全国の競艇場の中で最もSG開催数が多い競艇場(別名・「競艇の」)。 都市型競艇場並びに関西の場では初となるナイター競走として住之江シティーナイターレース開催。 2マークの向こう側にはの展望台・ハルカス300が見える。 施行者は大阪府都市競艇企業団と。 2001年に行われた21世紀最初のグランプリであるで5号艇のが0. 05秒早くスタートしてしまい賞金王決定戦競走優勝戦で史上初にして唯一のフライング返還欠場、本来の売上額の43. 3%にあたる18億5882万8200円という2020年現在全国の競艇場で史上3番目の高額返還金が出た競艇場である。 尼崎競艇場 向正面の案内表示の後に当競艇場への連絡駅である、のと外向場外発売場のセンプルピアがある。 2マークから1マークまで一直線に並び、全国の競艇場でターンマークの振りがない唯一の競艇場。 施行者は尼崎市と。 鳴門競艇場 大型映像装置の大きさは住之江競艇場に次ぐ。 当競艇場を挟み撃ちする形で小鳴門橋と小鳴門大橋の2つのがある。 からまでは将来、起きるへの対策も考えて津波防護柵を作る為に使用しなかった。 完成後は全競艇場の中でコンパクト的な競艇場として生まれ変わり、2016年に中四国の競艇場はおろか未開催の江戸川競艇場を除いて日本の競艇場で最も遅いタイミングでSGが初めて開催された。 施行者は鳴門市と松茂町ほか二町競艇事業組合。 丸亀競艇場 ブルーナイター実施。 場外発売場のとは目と鼻の先で、直線距離で約500メートルしかなく、実質的な外向発売所となっている。 2014年から2016年まで四国の競艇界はこの丸亀だけで賄っていた。 施行者は丸亀市と香川県中部広域競艇事業組合。 児島競艇場 すぐ近くにとを結ぶがある。 施行者は倉敷市と備南競艇事業組合。 宮島競艇場 スタンドからの一つである「安芸の宮島」が望める。 広島電鉄宮島線の駅が併設されている。 施行者は宮島ボートレース企業団。 なお2020年現在、2002年に行われた優勝戦において地元出身で当時1番人気だった1号艇のが0. 07秒、2番人気だった2号艇のが0. 09秒それぞれ早くスタートしてしまい揃って痛恨のフライング返還欠場、本来の売上額だった26億2427万2400円のうち92. 8%にあたる24億3513万3800円というSGレースかつ競艇界史上最高額の返還金が出た競艇場でもあり、今も破られていない。 徳山競艇場 すぐ近くにがある。 施行者は周南市。 モーニング競走を行っている。 2020年現在、68万2760円という競艇界史上最高額の払戻金が出た競艇場。 下関競艇場 を初めて開催した。 2017年4月から海響ドリームナイターの名称でナイター競走を実施。 なお鳴門以外の中四国にある競艇場(丸亀、児島、宮島、徳山)と共に満潮干潮時の潮位の差が大きい。 施行者は下関市。 1989年に行われた平成最初のオールスターレースであるで1号艇のが0. 02秒、2号艇のが0. 06秒それぞれ早くスタートしてしまい揃って平成最初のSGレースによるフライング返還欠場、19億3514万3500円という宮島競艇場で2002年6月30日に更新されるまで競艇界史上最高額の返還金が出た競艇場でもある。 若松競艇場 パイナップルナイター実施。 西日本の競艇場として初のナイター競走を開催した競艇場、2018年9月に大村競艇場が開催するまで九州では唯一ナイター競走を開催した。 第1回が開催された。 芦屋競艇場とは、競艇場同士の直線距離が日本一短い競艇場。 交通の便として此処から車で約35 - 40分行くと海上空港のに着く。 施行者は北九州市と中間市行橋市競艇組合。 芦屋競艇場 若松競艇場とは、競艇場同士の直線距離が日本一短い競艇場。 すぐ近くをが流れる競艇場。 また、全国初のモーニング競走を行った競艇場。 施行者は芦屋町。 福岡競艇場 西の「都市型競艇場」であり、バックストレッチに、すぐ近くに大相撲九州場所の会場である・等がある。 2007年にはを大阪より西にある競艇場で初めてかつ唯一開催した。 那珂川の河口に位置している為、1マークが那珂川の川面に半分近く張り出している関係で風向き、風力、潮の干満によって、うねりが発生する。 またうねりが発生していない(引き潮の)時は静水面になるもののうねりが発生しているかしていないかの判断は目視では難しく、選手レベルでも確認が難しい。 施行者は福岡市と福岡都市圏広域行政事業組合。 2015年の大晦日に行われたクイーンズクライマックス(女子版ボートレースグランプリ)優勝戦で当時はA2の階級ながら1番人気だった1号艇のが0. 2秒早くスタートしてしまい痛恨のフライング返還欠場、10億4000万円というプレミアムG1における史上最高額の返還金が出た競艇場である。 唐津競艇場 女性レーサー()がSGで史上初めて優勝戦進出を果たした競艇場。 モーニング競走を行っている。 施行者は唐津市。 大村競艇場 場内に「競艇発祥の地」と書かれた石碑が有る日本最西端かつ最南端の競艇場。 場内から離着陸する飛行機が見られる。 大村ではを目途にナイター競走を実施する予定であったが、状況の変化等により中止となった。 その後事情が好転し、よりナイター競走を開始し、「発祥地ナイター」の名称を使用する。 実施施行者は大村市。 かつて存在した競艇場 [ ] 現在のに存在していたが、経営難や水面として利用していたの干ばつが要因となり、に閉鎖、住之江競艇場へと移転された。 愛知県に存在していたが、のにより壊滅状態となり閉鎖、廃止される事となった。 半田市は現在、常滑競艇場で競走を開催。 大森競艇場 のちの平和島競艇場 府中競艇場 のちの多摩川競艇場 阿佐美沼競走場 のちの桐生競艇場 移転した競艇場 [ ] 競艇開始から約10年を経過した昭和30年代後半には、各競艇場の施設が老朽化し不備な点も生じていたため、施設の改善が問題視されるようになった。 このため、運輸省の勧奨により同省、全国モーターボート競走施行者協議会、全国モーターボート競走会連合会、日本モーターボート選手会の代表に学識経験者等をもって構成する「施設改善調査会」を設置し、各場の実態調査と改善を促進することとなり、(昭和38年)3月から5月にかけて23場の調査を行い、必要な改善勧告を行った。 これにより、昭和40年代には各地で競艇場の施設改善が活発化し、開設当初、河川を利用して設置された競艇場の多くは、この勧告を受けて、より公正安全な競走が実施可能な場所へ移転する計画が具体化し、には4月に浜名湖、7月に三国、には4月に芦屋、6月に津の各競艇場がそれぞれ移転、新設された。 浜名湖競艇場 (現・)の乙女園に存在していたが、レースコース近くに一般航路があり、漁船、遊覧船等の通行があること。 浜名湖特有の流砂の障害に対して、レースコースの水深維持が困難であることから、施設改善調査会の勧告を受け、1968年の開催を最後として閉場した。 なお、現在の競艇場施設は1968年に竣工式を行い、翌より使用されている。 三国競艇場 (現・三国町)の河口の河川敷地に存在していたが、4月に九頭竜川がに昇格することに伴い建設省より撤去移設を指示されたため、1968年付で廃止された。 なお、現在地の競艇場施設は1968年に完成し、同年より使用されている。 芦屋競艇場 の河口に存在していたが、1966年4月に遠賀川が一級河川に昇格することに伴い建設省より撤去移設を指示されたこと、1月運輸省告示第27号による「モーターボート競走場の構造及び施設の規格」に合致した施設とする必要があることから現在地に移転することとなった。 3月に完成し、同年より使用されている。 津競艇場 の河口に存在していたが、漁船の航行、干潮浮遊物等種々の問題があったこと、ファンの増加に従って狭くなってきたこと、「モーターボート競走場の構造及び施設の規格」に合致した施設とする必要があることから現在地に移転することとなった。 1969年より使用されている。 唐津競艇場 の河口付近に存在していたが、市街地に隣接し、施設が狭く、騒音や交通渋滞の問題があったため、昭和40年代中頃から移転計画が進められ、松浦川河畔の現在地に移転することとなった。 より使用されている。 ナイター競艇の内容 [ ] 番号はナイター開始順。 また、現在でも一部昼開催有り。 ) 5 丸亀競艇場 香川県丸亀市 ブルー 照明は逆三角形で支柱は2本 2009春 通年 6 下関競艇場 山口県下関市 海響 かいきょう ドリーム 照明は横長で支柱は1本 2017春 通年 7 大村競艇場 長崎県大村市 発祥地 照明は横長で支柱は1本 2018秋 通年• 釧路(廃止)• なんぶ• 富士おやま• セントレア• 京丹後• 大和ごせ• りんくう• 山口あじす• 田布施• 三日月• ミニット• 長崎佐々• 長崎五島• 長崎時津• 長崎波佐見• おおむら• 天文館• さつま川内• 志布志.

次の