面接自己紹介。 【例文あり】面接の自己紹介があなたの第一印象を左右する!

【徹底攻略】英語面接でそのまま使える!自己紹介フレーズ&例文をご紹介 AmazingTalker®

面接自己紹介

就職活動の面接では、基本的に冒頭で「自己紹介をどうぞ」と質問されることが多いです。 その際、自己PRとごっちゃになってしまい、どんなことを話せばいいのかわからない人もいるかもしれません。 自己紹介は「面接への入口」にあたります。 そのため、面接を上手く進めていくにはこの 自己紹介がカギを握るのです。 しっかりと紹介ができれば、自分にとって有利に面接を進めることができますが、そうでなければ不利に働くでしょう。 そのため、面接では「つかみ」が重要になります。 自己紹介で面接官の興味を引くことができれば、その後の志望動機といった質問も答えやすくなるはずです。 自己紹介のつかみ次第で面接の展開は変わっていくため、そのテクニックを知っておきましょう。 面接で「自己紹介をどうぞ」と言われた際は、自己PRとなるべく区別しなければなりません。 経歴や特技などは伝えるべきですが、新卒の就活生に関してはそこまで詳しく取り上げなくても問題ないでしょう。 ただし、 PRをメインにして長く話し過ぎるのは逆効果です。 簡単な意気込みを伝えるのはOK 自己紹介で簡単な意気込みなどを伝えるのはOKです。 自己PRなどのように細かなエピソードや情報を盛り込まなくてもよいでしょう。 自己紹介はあくまで「つかみ」であり、経歴などを簡単に伝えることが求められます。 どこまで意気込みを伝えるかは質問の仕方によって異なるため、 面接官に興味を引かせながら次の展開につながるようにしましょう。 最初からアピールしすぎるのは逆効果 面接の自己紹介で最初からアピールし過ぎるのは逆効果です。 あまり長く回答しても面接官にとっては伝わりづらく、印象もあまり良くありません。 また、上述したように質問の意図を理解しているか、コミュニケーション能力あるかが見られているため、アピールばかりだと「質問を理解していない」「聞く耳を持たない」との 悪印象を抱かれかねません。 面接は相手にどう聞こえるかや受け取られるのかも意識しなければいけないため、どんな項目を話すべきか念入りに確認しておきましょう。 自己分析の浅さは、人事に見透かされる 就活で内定を勝ち取るためには、自己分析をして自己理解を深める必要があります。 自己分析を疎かにしていると浅い答えしか浮かばず、説得力のある回答ができません。 そこで活用したいのが、自己分析ツールのです。 My analyticsを使えば、 36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。 My analyticsでサクッと自己分析をして、選考を突破しましょう。 自己紹介では、特技や趣味など話のネタを持っておくとよいでしょう。 面接官が興味を持ってくれれば、話が広がるきっかけになるかもしれません。 自己紹介する時は、 趣味や特技についても簡単に盛り込んでみるのがおすすめです。 質問されてもある程度答えられる項目にしておきましょう。 自己分析と並行しながら検討する 自己紹介の内容を考える際は、自己分析と並行して進めてください。 簡単な意気込みなどを伝えるに、自己理解や企業分析が必要だからです。 アピールにつなげるためには、自分にどんな特徴・強みがあるかどうかを理解しておかなければなりません。 しっかりと 自分の強みと企業が求めている人材像との関連性を検証しながら、作業を進めましょう。 自分を一言で紹介するキャッチコピーを作る なかなか高度なテクニックかもしれませんが、タレントのように自分を一言で表せるようなキャッチコピーを作るのも、魅力的な自己紹介になるコツのひとつです。 キャッチコピーがありきたりなものだと、面接官の興味を引くことは難しいかもしれません。 もっと知りたいと思わせるキャッチコピーができれば、その後の面接を有利に進められるでしょう。 抽象的な表現は避ける キャッチフレーズを考える際に注意しておきたいのが、抽象的な表現です。 「協調性がある」、「社交的」などという言葉は、志望者の自己紹介を聞いた面接官が、 相手の感想をメモするときに使う言葉になります。 文字数が短い分インパクトは強いのですが、自己紹介をする側から言うべき言葉ではありません。 自己紹介は、例文のように文章にして書き出して、そのまま丸暗記するという方法をとる人も多いかもしれませんが、伝えたいことを箇条書きにしましょう。 文章をそのまま丸暗記すると、話したときに棒読みのように聞こえてしまいます。 また、途中で忘れてしまったりした場合、リカバリーが難しくなってしまうでしょう。 箇条書きした内容をもとに練習をしておくことで、構成が予定と異なっても 軸がぶれずに自然に話すことができるのです。 60秒程度で話しきれるのが目安 自己紹介では、伝えるべき項目を漏れなく盛り込まなければいけませんが、ダラダラと長い文章は必要ありません。 時間の目安は60秒程度です。 文字数でいうと、 250~300文字がちょうどいいでしょう。 速すぎないスピードでハキハキと話して、60秒程度になるよう調整してください。 ただし、企業によっては時間指定があるので、2分、3分といくつか設定しておくとよいでしょう。 話すスピードや抑揚を意識する 自己紹介では、話すスピードや抑揚を意識してみましょう。 話すスピードが早すぎると、面接官も聞き取りづらいです。 そのため、早口にならないように注意しなければなりません。 また、自己紹介で強調したいポイント、キーワードになるところは抑揚をつけることがポイントです。 話し方に緩急をつけると相手にとっても聞き取りやすいので、ぜひ意識しましょう。

次の

【面接対策】興味を引く自己紹介の方法(例文付き)

面接自己紹介

自己PRと自己紹介の違い 「簡単に自己紹介をお願いします」と面接官から投げかけられた時、就活生の中にはその場で自己PRを始めてしまう人もいます。 しかし、自己紹介と自己PRは似ているようで全く違うもの。 面接官の心を掴むには、まずこの2つの違いについて正しい認識をしておく必要があるといえます。 ここでしっかりと自己紹介と自己PRの違いを認識し、面接へ臨みましょう。 ・自己紹介はコミュニケーションのつかみ 自己紹介とは、初対面の面接官に対し、名前や学校・学部・学年、経歴や趣味といった学生自身の紹介を指します。 「簡単に自己紹介をお願いします」と言われた場合は、「自分の基本的な情報」を簡潔に伝える事だとイメージしましょう。 自己紹介はあくまで面接官と学生がコミュニケーションを取るきっかけに過ぎません。 「まずは学生の雰囲気を掴み取りたい、コミュニケーションを図りたい」という意図で自己紹介を求められたにも関わらず、突然自己PRを始めてしまうと、「この人はコミュニケーション能力に難がある」と面接官の印象を悪くしてしまう可能性も……。 そのため、名前や大学名など要点をしっかりと抑えた自己紹介を行えるかどうかがひとつのポイントになっています。 面接の場において自己PRはとても重要な要素です。 本来、自己紹介と自己PRは別々に語るものですが、自己紹介の時間を長めに設定された場合には自己PRも含めて話す必要があるでしょう。 ほどよくPRポイントを自己紹介に交えることで、後々面接官の方に話題を拾って貰い、理想的な自己PRへ繋げることが叶うかもしれません。 自己紹介時にすべて話してしまうと、面接官側もそのアピールポイントを掘り下げづらくなってしまうのです。 あえて一部分を話さないことで、「そのエピソードにはどういう過程があるんだろう?どういう続きがあるんだろう?」と関心を惹くことができます。 企業によっては2分や30秒以内といった時間指定がされていたり、「大学名とお名前をお願いします」と言われたりするケースも存在します。 基本的には求められている内容だけをしっかりと喋ることがベストです。 「大学名とお名前をお願いします」と言われているにも関わらず、自己紹介を交えエピソードを話してしまうと、その時点で面接官からは敬遠されてしまうかもしれません。 指定された内容だけを喋るよう心掛けましょう。 特に時間指定の無いまま自己紹介を求められた場合、理想的な所要時間は1分ほど、文字数にしておよそ250~300文字程度が適切だとされています。 とはいえ、いざ時間指定のある自己紹介を求められた時に、ひとつのパターンしか準備していなければ困りものです。 面接の前には、30秒、1分、2分程度を目安に、いくつかの自己紹介文を考え、パターンの違いに対応できるようにしておきましょう。 30秒と1分を想定した例文を次の項目で紹介しているので、参考にしてみてください。 自己紹介で伝えておくべきポイント では、そんな肝心の自己紹介ではどのようなことを伝えれば良いのでしょうか?3つのポイントに分けて、適切な自己紹介文の内容を見ていきましょう。 」と名乗りましょう。 自己紹介では当然のポイントとなりますが、氏名や所属をしっかりと聞き取ってもらえるよう、ハキハキとした口調で喋り出すことを心掛けましょう。 口を大きく開けることを意識するだけでも、聞きやすさは変わります。 また、面接官に良い印象を与えられるように、口角を上げながら話す練習もしておくといいでしょう。 ガクチカとは学生生活の中で力を入れて頑張った事柄を説明することで、自己PRに近い言葉といえるでしょう。 ほとんどの学生は自己紹介文にガクチカを含ませていますが、学生生活で頑張ったことを話しすぎてしまうと自己紹介から少し外れてしまう点は注意が必要です。 長々と話すことは避け、学生生活ではどういった事を学んだのか、短く、端的に話すことが大切。 その際、面接中に深掘りして欲しい話題へ軽く触れるのもひとつのポイント。 先述したように、全てのエピソードを話してしまうと深掘りしづらくなってしまうものです。 面接官側から問いかけて貰えるように、話せるエピソードをある程度残しておくことをおすすめします。 ・あいさつ、意気込み 自己紹介を述べた後、学生生活を踏まえて挨拶や意気込みを語るのが一連の流れとなっています。 人によっては「このような貴重なお時間を頂き有難うございます」と感謝の気持ちを伝える学生も。 基本的には「常に新しいことへ挑戦し続ける御社の姿勢に強い魅力を感じ志望しました。 本日は宜しくお願い致します」という具合に、意気込みを1~2文程度で語り、最後に挨拶をするというのが理想でしょう。 自己紹介の回答例 それでは実際の自己紹介で使われる例文をご紹介します。 人が1分間に話す文字数の目安は300字程度だと言われています。 それ以上の文字数になると早口な印象を与えてしまい、面接官も聞き取りづらくなってしまうため、欲張って多くを語らないようにしましょう。 強調したいエピソードをひとつに絞り、その中で具体的に自分が頑張ったことなどを説明するといいでしょう。 学業以外では〇〇サークルに所属しており、主に広報をやっていました。 この経験を元に、私は人同士の協力が非常に重要なものだと認識しており、御社の~~という企業姿勢に強く共感しました。 御社のような素晴らしい企業に出会え、大変感動しております。 本日はどうぞ宜しくお願いいたします。 学業以外では〇〇でのアルバイト活動に力を入れており、アルバイトの経験から接客の楽しさや、利用者ごとに納得してもらう難しさを十分に学ぶことができました。 このような経験を元に他者へ喜んで貰えるような接客がどういったものなのか、日々向上心を持って学んで行こうと考えております。 これから社会人として学んでいく上で取引先の方やお客様と接する機会も多いかと思いますが、アルバイトで培った経験を元に、相手が望んでいることを最大限汲み取って対応することを目指し活動したいと考えています。 本日は貴重なお時間を頂き有難うございます。 大学ではテニサーに所属しており、リーダーシップを発揮してみんなを引っ張る存在といわれていました。 現に先輩も私を頼ってくださるようになり、二年生の頃には私がサークルの中心として活動することで、新入生の勧誘にも成功し、サークルのより良い発展へ繋げることができました。 もちろん、学業も怠らず、教授からの評価も高いものを維持しておりました。 私が持つ能力を、是非御社でも活用したいと考えております。 」 よくない自己紹介についても学んでおきましょう。 まず、面接中に省略名称を活用するのは絶対にNG。 テニサーではなく、テニスサークルと正式名称で言うように心掛けましょう。 また、この例文は極端な表現ではあるものの、自慢するポイントが多すぎると面接官から「鼻持ちならない学生」と、逆に評価が下がってしまう恐れもあります。 「後輩が頼ってくれた」「学業も怠らなかった」など抽象的な自己PRは避け、数字や目に見える功績を意識した客観的に評価された自己紹介文にしましょう。 大切なのは面接官が求めている回答を判断すること 「何を求められているのか推し量る能力はあるのか、学生本人は今まで何を培ってきたのか」面接官は常に学生自身の能力を見定めることを意識しています。 しかし、物事を円滑に勧めるコミュニケーション能力と、入社後に求められるスキルのどちらも満たしていても、ついつい「いろいろ話さなくては!」と意気込みすぎてしまったり、緊張のあまり「あれ、何を話せばいいんだっけ」と話せなくなってしまったりという学生もいるでしょう。 大切なのは、面接官がその質問でどんな答えを必要としているか判断すること。 決して、自己紹介の際に自己PRばかりしてしまうといったことのないよう、しっかり深呼吸して、あせらず質問に答えていきましょう。

次の

面接の自己紹介とは?好印象を与える6つのポイントやNG例文などを紹介

面接自己紹介

1.最初から面接官が質問を投げかけてくるパターン 2.自己紹介をお願いされるパターン 昨今は、後者のパターンが主流かもしれません。 「まずは簡単に自己紹介をお願いします!」 こんな感じで面接がスタートします。 ただ、面接での「自己紹介」って何を語れば良いのか分かりませんよね。 だって、誰もが知る自己紹介とは「名前、年齢、血液型、趣味などを語ることで自分を知ってもらうこと」だからです。 そう、初対面の人なんかにやる「あれ」です。 でも、ここは面接という選考の場…。 普通の自己紹介でいいの?• 何をどんな流れで語ればいいの?• どんな内容が適切なの?• どれくらいの時間で話すべきなの? こんな疑問が頭をよぎりますよね。 そこで、ここでは面接における「自己紹介」について詳しく解説していきます。 転職面接における自己紹介の流れ 基本的に、面接での自己紹介は以下の流れで話を進めれば問題ありません。 冒頭の挨拶• 簡単に経歴(職歴)を伝える• スキル・実績・PRポイントを伝える• 簡単な志望動機を伝える• 締めの挨拶 ここで注意すべきは、自己紹介で語る「項目2、3、4」はあなたが準備している内容の簡素版だということです。 面接に臨むなら誰もが準備している項目だと思いますが、それら全てを具体的に語る必要はありません。 自己紹介はあくまでも簡潔に纏めることが重要です!(理由は後述しています) 自己紹介に具体的な内容は必要なし! 転職面接の自己紹介は言わば「目次」のような役割を果たします! そのため、自己紹介に具体性は必要なく、事実だけを簡潔に伝えればOKです。 分かり易く「書籍」で例えると、書籍の目次には「具体的な内容」は書かれていませんよね。 その項を要約した「思わず読みたくなる主題」が書かれているかと思います。 立ち読みをしている時なんかは全部は読めないので、目次から興味のある項目を探して読みますよね。 要するに、面接の自己紹介でもこれと同じことをすれば良いわけです。 思わず聞きたくなる内容を簡潔にまとめて散りばめておけば、面接官はその後の質疑応答で必ずその具体的内容を問うてきます。 自己紹介をしている最中、面接官はあなたの話を聞きながらペンを走らせます。 あれは、その後の質疑応答で聞きたいことをメモっているんですね。 例えば、自己紹介の中で「 私はある手法を使って売上150%を達成しました」と実績をアピールしたとしましょう。 あなたが面接官だとしたらどの部分が気になりますか? 恐らく「 ある手法」という部分が気になるかと思います。 「ある手法ってどんな方法なんだ?」と具体的に聞きたくなりますよね。 そういうことです。 つまり、 自己紹介というのは、その後の面接の流れを自ら作ることができるものなんですね。 それ故に、具体的な内容を語る必要はなく、聞かれるだろう質問を想定し、その答えを準備しておけばOKです。 自己紹介って結構嫌がる人が多いですが、実は、上手く使えば面接を簡単にしてくれます! 転職面接における自己紹介の適正時間 自己紹介は1~2分程度に簡潔に纏めるのが理想です。 要点をまとめて簡潔に話す能力(プレゼンテーション力)も見られています。 極端な長短や纏まりのない話はその能力を疑われる原因となるので注意しましょう。 私は新卒で入社して〇年間、株式会社〇〇にて販売サービスに携わってきました。 店長として2店舗に勤務し、店舗運営全般を担い、特に人材育成、売上拡大の2点に重きをおいて業務を遂行し、全社平均105%の予算達成率の中、各店舗にて売上予算比140%、150%を達成致しました。 また、2店舗目は新規出店店舗であったため、一から店舗作りも経験しております。 転職面接なので「学歴」を語る必要はなく、最終学歴後の経歴(職歴)を簡単に説明します。 前述した通り、具体的な職務内容やエピソートは必要ないので、経験してきた業界(職種)、役割、実績を簡潔に伝えればOKです。 再転職で複数の経験がある場合は、応募企業に通じる経験に重きを置いて伝えましょう。 例えば、関連性の薄い職歴は、「私は新卒で入社して〇年間、株式会社〇〇にて営業職に従事した後~」というように一言で片付けて構いません。 3.スキル・実績・PRポイント 以上、簡単ではございますが、自己紹介とさせていただきます。 本日は宜しくお願い致します。 締めに関しても、丁寧な形で終えることが大切です。 1~5の文章を全て合わせると約350字になります。 1分間に話せる文字数は約300字とされているので、この例文の場合は「1分10秒前後」の自己紹介となります。 この文字数を参考に、あなたなりの自己紹介を1~2分で纏めましょう。 自己紹介からその後の質問を想定しよう! あなたは上記の自己紹介のどの部分が気になったでしょうか? 恐らく、多くの方が気になったポイントは以下に集中しているかと思います。 人材育成に尽力し、お客様満足度調査で全国3位• 売上実績(達成率140、150%)• 新規出店経験あり• 人材育成のスペシャリストを目指したい 次に、このポイントから想定される質問を考えます。 <自己紹介の内容から導いた想定質問>• 具体的にどのような方法で人材を育成したのか?• 人材育成で注意したことは(失敗したことは)?• 人材育成であなたが特に大切だと思うことは?• 全国3位とのことだが、順位付けはどのように行われるのか?• 売上拡大の具体的な取り組みは?• なぜ、売上目標比140%、150%を達成できたのか?• 新規出店で最も重要なこと、成功・失敗した取り組みは?• 人材のスペシャリストとは具体的に? 自己紹介後は高い確率でこれらの質問がなされるはずです。 この一連の流れを理解しておけば、あなたは、自分が語る自己紹介の内容から「どんな質問がなされるのか」を想定し、その回答を準備しておけば良いわけです。 この回答例の場合は、人材育成・売上拡大の具体的な内容は必ず聞かれるでしょう。 面接官からすると、興味がある内容であり、その真偽を確かめたい内容でもあるからです。 そこで、ビシッとした回答を示す! どうなりますか? 間違いなくあなたの評価は上がるはずです! 面接の自己紹介って素晴らしくないですか? 自分の語る内容で、その後の質問を誘導できるんです! どんな質問が来るんだろう?と怯えなくて済みますよね。 面接冒頭の「自己紹介」は意外に軽視されがちですが、実はとてつもない力を秘めています。 ここに万全を期して臨むことができれば、あなたを有利に導いてくれることは間違いありません。 転職面接の最重要項目と認識し、万全な準備で臨みましょう!.

次の