ギャッラル ホルン。 ギャラルホルンとは (ギャラルホルンとは) [単語記事]

ギャラルホルン(鉄血のオルフェンズ)

ギャッラル ホルン

ギャラルホルンとは、• における、のを知らせる。 「の」とも呼ばれる。 「」に登場する維持組織。 ここでは、2について解説する。 概要 作中の時代から約年前、人類を滅ぼしかけるほどの威を持った禁断の「」が原因で、 厄祭戦と呼ばれる規模の大が起こっていた。 それを終結させるために 「アグニカ・」という人物が中心となり、や、思想の組みをえて有志を集め、 や 頼耶識といった技術を開発し、その武をもってを実現させた。 は各の総意の元、各勢が持っていたを一本化し、につながりかねない問題に対して武をもって介入、鎮圧にあたることから「武をもって武を制す、維持のための」とも言われている。 この時代におけるのである・の製造技術をも独占しており、名実ともにの軍隊の名をほしいままにしている。 階級はのと同じ方式で呼ぶ。 統制局:軍務全体を統制する。 監局:内部の汚職、不正などがないかを監する。 第1期で、とはここに所属している。 総務局:経理、人事を担当する。 警務局:組織としての役割を遂行する。 結成当時は純然たるに貢献するためのだったが、年が経過したでは各圏に干渉して利益や汚職に手を染める者も少なくなく、から疎んじられている。 また、長らくらしいがない、すなわち実戦が少ないこともあって、実戦の形式化や練度の低下が著しい部隊もある。 隊員は基本的に出身者だけで構成されており、それ以外の出自を持つ者はされるなどの問題も内在している。 結成当時から続いているによる統制(いわゆる血統義)でも、下記のような問題が浮き彫りにするなっている。 よりもの命が優先され、に支障をきたす。 を一度取り逃がしたがオ・リドに呼び出されて追撃を断念したなどはいい例だろう。 当がな人材であっても、外部のも人事に口出しできない。 第2期でのと部下との関係がまさに当てはまる。 内の権闘争のため、本来取り締まるべきを乱す行為を彼ら自身が導している。 がギャラルホルンの権威を失墜させるためにをにしてエで暴れさせた件や、がを失脚させるためにUとアーウの紛争を誘発させた件などがこれに当たる。 このように組織としての腐敗が著しく進んでおり、維持組織としても信用を失いかけていた。 第2期ではエでの一件で権威を大幅に失墜し、ギャラルホルンに頼らない独自の防衛組織の結成やの活発化が進み、兵やリ、に出るの増加というを招いている。 所属部隊• 外縁軌統合艦隊「」:ギャラルホルン最大の規模を誇る艦隊。 各ニーの監視と、圏に侵入する敵の迎撃を担う。 外縁軌統制統合艦隊:の静止軌上まで迫った、またはに降下した敵の迎撃を担う艦隊だが、どの場合はそこまで来る前に艦隊が敵を撃退するので、滅多に出番がない。 そのため、な任務は式典におけるでのアの展示などであり、ギャラルホルン内部では「お飾り」「閑職」と揶揄されている。 第1期でのは。 第2期からがとなって以降は、実戦的な組織として大編される。 支部:圏の維持を担っているが、実質的にはの各自治区の自治権にまで干渉し、をも支配している。 軌上に本部基地「アー」を設けており、は・コンラッド三佐であったが、彼の戦死後はのした新江・ト三佐が支代理となり、後に正式なに就任する。 セブンスターズ• :第一席たるイシューの一人。 外縁軌統制統合艦隊。 詳細は個別記事にて。 オ・リド : :リドの当で、の養。 権限拡大のためにの後見人になり、をののの婚約者にするなどしたたかに動いていたが、の策で失脚し亡命。 :オの養子にして監局の。 詳細は個別記事にて。 ス・ :充昭 :の当で、との。 :の次期当で、育ちの良さからくる感の持ち。 詳細は個別記事にて。 :ン当にして艦隊の総。 詳細は個別記事にて。 ・ザン :佐々 :ザン当。 エレク・ク : :ク当。 :ン当の困ったさん。 詳細は個別記事にて。 月外縁軌道統合艦隊「アリアンロッド」• :孤児だったが、の友である・モッサに拾われ技術を仕込まれた後、に見出されになった。 そのため2人を心から尊敬しているが、に対してはにした態度を取っており、彼からも呼ばわりされるなど折り合いが悪い。 初登場時に を食べるという鮮のを果たした。 :のをかぶり、 を駆る。 自身の戦う理由を「」と明言し、の動向を追っているが、正体はに包まれている。 しかし、の席次が決められた理由を知っているなど、一介の士官ではいようである。 ヤン・トーカ : :の整備。 を「」と呼んでいる。 地球外縁軌道統制統合艦隊• 石動(いするぎ)・カミーチェ : :第2期より登場するの部下。 収集に長けている他、が乗っていたシュヴァルベ・やムヴィーゲ・ーを乗りこなす腕前も併せ持つ。 ではなくニーの出身で、それに起因するを受け続けてきたがあり、もが等にを作るというの思想に共感して軍に参加した。 最期はの攻撃からをかばい戦死した。 火星支部• ・コンラッド : :第1期の。 大商人のノス・と癒着しており、彼からの裏のの見返りにデの暗殺を企むがにより論見が崩れる。 最後は軌上まで上がってきたを自ら迎撃し、に撃墜され。 ・ゼント : :支部所属の。 、と共にS基地を強襲するが、によりを失う。 その際に敵が兵と知り、益な殺戮を避けるため、デの身柄とのの返還を賭けたをに挑むが、の重傷を負う。 最後はに介錯を頼みした。 を受けていたにもに接し、彼を始め多くの部下から慕われる好人物だった。 :S基地の強襲でを迎えた新兵だったが、Sめとの戦いで立て続けに上官を失い、敵討ちのためにの追撃任務を願い出ての部下として転属する。 詳細は個別記事にて。 ・ステンジャ : :の教え子。 を持たないSの兵たちをでり殺しにするが、地面から現れたに撃墜され。 機体はされ、の資として売り払われた。 ちなみにのコー・ステンジャが外縁軌統制統合艦隊の方面軍でをしている。 新江(あらえ)・ト : :第2期から登場する、の後任となる。 その他関係者• ・ : :ので、第1期の時点で 9歳。 既にとの婚約が持ち上がっており、彼を「」と呼んで慕うが、自分がであることにを持ち、そのことでが笑い者にされてはいないかと悩んでいる。 がを宣言した際に、彼がを殺そうとしたこと、それによりを乗っ取ろうとしたことを知ってを向けるが、がそのを甘んじて受けたことで、が本心から自分をているのではないか、自分はを本当に憎んでいるのかと、憎入り混じった思いを抱きする。 ・モッサ : :の親友であり、のでもある。 元々はギャラルホルンに所属し武功を上げたが、を影から支えるために退役し、は部隊のを務めている。 の頼みでを失脚させるためにUとアーウの紛争を誘発させ、支部の兵たちをこき使うが、それを本部に察知され、たちに奇襲される。 最後は昭と戦い、との繋がりを示す拠を消すために乗機のごとして散った。 アグニカ・:ギャラルホルンの創設者として知られる厄祭戦時代の。 機であるには彼の魂が宿るとされている。 関連動画 ギャラルホルンに関するのを紹介してください。 関連商品 ギャラルホルンに関するの商品を紹介してください。 関連項目• (基本的に敵、の味方).

次の

ギャッラル(未)完成です?

ギャッラル ホルン

概要 [ ] 角笛の名前は「gala」という言葉に由来する。 この言葉は「叫ぶ」あるいは「歌い出す」という意味である。 また、によれば「galla」に由来し、「鳴り響く」「響きわたる」という意味であるという。 『』第一部『』の中でギャラルホルンという名前は、が「」から知識と知恵を高める水を汲んで飲むときに用いる、角でできた杯()の名前としても用いられている。 『巫女の予言』でのギャラルホルン [ ] 『』の『』は、ギャラルホルンに2度言及する。 1度目は、ミーミルの泉に「ヘイムダルの角笛」が隠されているということを示す。 2度目では、ラグナロクが到来した時にヘイムダルがギャラルホルンを高らかに吹くことを描写する。 戦士の父(=)の担保(=眼球)から水がわき出している。 まだ、知りたいか?) 『ギュルヴィたぶらかし』では、ミーミルは自身が守る泉の水をギャラルホルンで飲んでいるため賢いとされている。 その泉の底には、が泉の水を飲むためにとして差し出した眼球が沈んでいるとされ、よって『巫女の予言』の当該箇所は、「ミーミルの泉がある、 聖なる樹の根元に、ヘイムダルの角笛が隠されている」と理解されるのが一般的である。 ギャラルホルンが、世界が衰滅する最後の戦いの始まりを告げる、いわば「危険な楽器」であるためである。 その理由としてノルダルはまず、ラグナロクが迫った時にヘイムダルの手元にギャラルホルンがなければ意味がないことを挙げる。 したがってこの節は、ギャラルホルンではなくヘイムダルの「聴覚」がオーディンの眼とともに担保に入れられたのだと解釈できる、としている。 ノルダルはさらに、の板囲いの修理を請け負った工匠の巨人に対して約束の報酬を払わなかった誓約違反によって訪れた運命から救われる方法として、が選択したのが、ミーミルの知恵の泉の一口分を得るのに、オーディンの視力とヘイムダルの聴力をミーミルに渡すことであったと推論している。 つまり神々は賢さの代償に、外部に対する感覚を失ったのだとしている。 一切が混乱する前にヘイムダルがギャラルホルンを吹かなかったのは彼の聴力が弱化したためだとは断言できないものの、これらのことが神々の滅びの新しい段階であると、ノルダルは述べている。 もちろんこの説を不自然として退ける研究者もいる。 脚注 [ ] [].

次の

ギャラルホルン(鉄血のオルフェンズ)

ギャッラル ホルン

……が、時が過ぎれば人も組織も変わりゆくもので、近年では自分達の利益を優先するようになり、4大勢力から疎んじられるようになっている。 何しろ最上部のセブンスターズの当主はどんな問題児だろうと適性や実戦経験が少なくてもあっさりと佐官・司令官クラスになれてしまう上に、当主自体が世襲制のため、能力がある者でも7家の直系でなければ出世に限界もあり上に意見するにも限界のある風通しの悪い状態になっていた。 逆に言えば7家に気に入られれば下記のように差別扱いされる地球外出身者でも一定の地位に就くことができるが、そもそも感心の当主に能力がなければ意味がないため、7家関係者に見込まれたことで地位を得た者は劇中でもジュリエッタと石動しか確認できない(アインはあくまでガエリオ個人のお付き扱い)。 結果内部腐敗も進み、上層部は権力闘争や汚職のるつぼと化している。 組織自体も巨大化が進んだゆえの硬直化や権威主義への傾倒が目に余る。 特に地球外出身者への過激な差別思想が深刻で、辺境たる火星の出身者は同じギャラルホルンの一員であってもまともな人間扱いをされない。 というか、 そもそも親がギャラルホルン関係者の地球人でないと入隊すらできない。 このため出身成分に難のある有能な士官が不満を溜め込んでいた。 火星支部トップが地元の権力者・資産家・運送業者とずぶずぶに癒着• さらに癒着相手からの援助の見返りに、まだこれといった活動をしていない著名な独立運動家を殺害しようとする• 基本的に主要交易ルートから外れた海賊は放置。 ヒューマンデブリ増加も気にしない• 労働者デモ行進鎮圧のために自作自演の爆破攻撃を起こす• デモ鎮圧=虐殺と同義• セブンスターズのトップが地球経済圏のトップとずぶずぶに癒着 なお、このセブンスターズトップには児童売春関与の疑いがある• その癒着相手を国政選挙で当選させるため、対立候補を力ずくで排除しようと試みる• セブンスターズの一角が半ば個人的な野望のため、上官を貶め、同輩を謀殺する• セブンスターズの一角が半ば個人的な復讐のため、管轄外の戦闘に強引に参加、庇った部下が致命傷を負う• そして半ば個人的な恩義のため、阿頼耶識システムを己の部下に施術。 被験者は暴走し市街地に甚大な被害をもたらし組織の信用を貶める• セブンスターズの一角が半ば個人的な名誉のため、アーブラウ元代表を襲撃• 半ば個人的な恋愛感情のため、シベリア鉄道を襲撃• セブンスターズの一角が半ば個人的な権力闘争のため、経済圏同士の戦争を勃発させる• セブンスターズの一角が半ば個人的な邪推により、MAハシュマルに接触、火星に甚大な被害をもたらす• セブンスターズの一角が半ば個人的な曲解により、運送組織の非合法活動をでっち上げて摘発を行う• 触法のネタにした違法兵器を自ら使用し、徹底的な殲滅を行う。 運送組織側の停戦・降伏信号は無視• セブンスターズの一角が半ば個人的な欲望のため、クーデターを行いバエルを強奪する• セブンスターズが自ら武器商人やマフィア紛いの経済圏上層部と私的取引をするのは日常茶飯事• 協力の見返りは武器の優先的納入、直筆の令状送付や禁止兵器使用の責任問題は手打ちにする者も存在• セブンスターズの一角が半ば個人的な判断により、戦闘待機命令を無視して突貫。 最終的にお家断絶という事態を招く• セブンスターズ同士の武力衝突では禁止兵器もガンガン使用• 新生ギャラルホルンの代表は元セブンスターズ、他のセブンスターズはちゃっかり排除 ビジュアル的な特徴としては、制服がとにかく豪華。 士官服だけはカッコよかったとは違い、まんべんなく質がいい。 まず、下っ端の警備兵には水色が映えるスーツと貴族的なヘルメットが与えられる。 士官にはグレーをメインに、金縁の装飾がまぶしい立派なスーツが支給される。 火星支部の偉いサンはグレーが落ち着いた赤色になり、重厚さが大幅アップ。 上級士官はブルー、ないしセルリアンブルー+所属で異なる模様がメインになり、より豪勢、かついやらしくない程度に金装飾が追加され、おしゃれな羽織も貰える。 ちなみにアリアンロッド艦隊所属者はエメラルドグリーン、地球外縁軌道統制統合艦隊所属者は1期ではエメラルドブルー、2期ではブルーと他の士官とは制服のカラーが異なる。 全てに共通しているのは、胸元に7つ星のワッペンが刺繍されているところ。 メタな話 マクギリスやイズナリオが可愛く見えるほどの情け容赦ない策謀家。 政敵排除やギャラルホルンの正当性の誇示のために紛争のマッチポンプを演出したり、まともに使用できない兵器を労働者に流出させ、最低限の被害で鎮圧するといった隙のない策を数々と実行した。 自分が「胡散臭い大人」であるという自覚はあり、ヤクザ企業であるテイワズやノブリスとも繋がりを持っている。 一方で軍人としては高潔であり、私欲のために自らの立場を利用することは一切ないとも言及されている。 マクギリス同様、ラスタルも穏健派とはいえギャラルホルンの改革を心掛ける一人であり、スタッフインタビューではマクギリスと手を取り合う道もあったことが示唆された。 実際マクギリスや配下の石動が目指した身分に捉われない門戸開放政策はラスタルによって一部取り入れられている。 は同期であり、彼が全てを捨てて尽くすほどの信頼を得ている。 その他にもヴィダールやジュリエッタ、イオクと彼を慕う者は数知れず。 こうしたラスタルの姿勢は『 清濁併せ呑む』と作中で度々呼称された。 単純な善悪論でこの豪傑は語ることが出来ない。 バエルを手にしたマクギリス、並びに彼に加担する鉄華団と交戦。 革命派に仕込んだ間者にダインスレイヴを使わせ、報復という形でダインスレイヴを使うための大義名分を作り上げ、革命派の戦力をほぼ壊滅させた。 更に、情報操作も用いて、逃亡する革命派を追い詰めていく。 マクギリスに見切りをつけて交渉を持ちかけたオルガも意に介さず、マクギリスと鉄華団団長の首だけではギャラルホルンの威厳は回復できない事、威厳回復のための生け贄として鉄華団そのものを壊滅させることを宣言。 オルガへの宣言の中で告げた時刻を変えることなく鉄華団への攻撃を開始したのは、オルガの任侠心への敬意だったのか、それとも嘘をつき不意打ちをする必要すらない、という余裕の表れか。 マクギリスや鉄華団を討ち取ることに成功するが、その戦いでイオクを喪う。 M・A・O アリアンロッド艦隊所属のMSパイロット。 敵味方問わず、常に敬語で接するが、敬愛する人物とそうでない人物では温度差が激しい。 ちょうちょはたべもの。 金髪のショートヘアが良く似合う、自由奔放で直情的な性格。 ゆえに物事もあまり深く考えないし他人の発言も裏を疑わない… というかちょっとアホの娘の素質がある。 可愛い。 アリアンロッド内の立場としては少々変わっており、階級はつけられていない。 これはあくまでも彼女の立場はアリアンロッド総司令であるラスタルの私兵扱いとなっているため。 ただ、一部隊を預かって戦闘を請け負っている場面もあるので、実質部隊長クラスの扱いはされている。 親しい人間からは『ジュリア』の愛称で呼ばれている。 元々、ジュリエッタは幼いうちに両親を亡くしてしまっており、孤独な存在だった。 彼女もまた、三日月やオルガ同様 「 孤児 オルフェン 」なのである。 そんな彼女に転機が訪れたのは通わされた施設で訓練指導を行っていたとの出会いである。 MSの操縦技術などで才能を開花させたジュリエッタはガランに可愛がってもらい、鍛えてもらうこととなる。 遂にはガランの推薦でラスタルとの運命的な出会いを果たす。 親友からの推薦ということもあって、ラスタルはジュリエッタを迎え入れた。 彼女がラスタルの私兵扱いで階級がないのは、こうした経歴に起因している。 唯一自慢できる自らの能力と、それを認めてくれたラスタルに強い誇りを抱き、ガランの事も「ひげのおじさま」と慕っている。 その意思はそのまま本人の強さや生命力に繋がっており、特に生命力は作中屈指のものでバルバトスに重傷を負わされてもわずかな時間で復帰するという驚異的なものであった。 その反面、気に入らない相手に対しては凄くシビアだったり辛辣だったりする。 特にイオクとヴィダール。 中でもヴィダールに対しては感情を隠さず、ジト目になったり、ドヤ顔になったり表情豊か。 かなり可愛い。 当然ながらイオクには良く思われておらず、「猿」呼ばわりされる犬猿の仲。 乗機のレギンレイズは両腕にツインパイルを携行した近接戦仕様。 ハシュマル戦で自身の無力さを見せつけられた後、ラスタルのためにより強い力を求めるようになり、ついにはラスタルの忠告を聞きながらも、新型MSであるレギンレイズ・ジュリアのテストパイロットの任に就くばかりか、作戦そのもの と、ついでにイオク に嫌悪感を感じながらも、タービンズ掃討作戦に加担してしまう。 MSの性能差は圧倒的、本来ならば膠着にすらならない勝負。 しかし状況はレギンレイズ・ジュリアの装備を最大限に活用してもなおジュリエッタの方が圧倒されていた。 何故自分では止めることさえできないのか。 対峙する相手を駆りたてるものは何なのか。 ダインスレイヴによる砲撃で機能停止した相手に対し、ジュリエッタは安堵してしまった事に驚いていた。 作中を通して尊敬する相手のために強敵と対峙し、あらゆる価値観を学び成長していくという主人公属性を兼ね備えたヒロインであり、実質ギャラルホルン側の主人公ポジションであるといってもおかしくはないキャラクター。 彼女の孤児という設定も三日月やマクギリスと出発点を同じくしながらもちょっとしたことで運命は変わっていくということを表現するためのものだったことがスタッフインタビューで明かされている。 また、作中でも言及されていた誇りある上官のために戦う姿はアインと、本人の意思に関わらずジャンヌ・ダルクのような救世主として称えられる姿はクーデリアと似通っており、様々な本作のキャラクターと対比するようにイメージされている。 依頼によりコメント欄をリセットしました -- 名無しさん 2017-12-02 14:57:31• 後ろ盾のいないスペースコロニーの出身の石動は親がギャラルホルン関係者の地球人なの? -- 名無しさん 2018-06-26 19:04:54• ガンダムで一番階級に謎が多い組織 -- 名無しさん 2018-10-29 13:53:46• ある意味シリーズでは珍しい自滅した組織…に当てはまるのだろうか? -- 名無しさん 2018-10-29 14:39:30• 内容は胸糞だが、ここに書いてある通り、ほかのサイトを見れば真実が載っているからな… -- 名無しさん 2020-02-06 21:53:25.

次の