強力粉 amazon。 薄力粉、強力粉、中力粉の違いってあるの?小麦粉の正しい保存方法も伝授

パン作りにおすすめ!小麦粉(強力粉)の種類と違いを徹底解説

強力粉 amazon

「小麦粉」と聞くと、まず薄力粉を思い出す人が多いと思います。 一般的にも薄力粉を指していることがほとんどですし、クッキーやケーキなどのお菓子や天ぷら、ムニエルなどの料理にも使われているのも薄力粉です。 でもパン作りで主に使われているのは 中力粉と強力粉、フランスパン専用とも言われる準強力粉と呼ばれる小麦粉なんですね。 小麦粉の種別は、含まれるタンパク質の量によって異なります。 中力粉や強力粉はいずれも薄力粉よりタンパク質を多く含み、パン作りに適しています。 特にソフトなパンにはグルテンを多く含んでいるものが最適。 小麦粉に含まれているたんぱく質が水とくっついて「グルテン」を形成し、このグルテンがイーストの発する炭酸ガスを覆うことで膨らむ仕組みだからです。 このように、料理には料理向きの、またパンにはパン向きの小麦粉があり、 パンの種類によっても適したタイプは異なります。 そのためしっかり特徴を押さえて小麦粉を選べば、より美味しいパンを作ることができますよ! 先ほども少しお伝えしたように、グルテンの含有量によってパンの膨らみ方が大きく変わってくるので、こちらはまずチェックしてほしいポイントです。 一般的には含有量が高いほどよく膨らみますが、 種類によるグルテン含有量の違いについてはまずしっかりと押さえておきましょう。 なお薄力粉はグルテン含有量が6. 5~8. 5%と少なく、パンにはあまり向いていません。 強力粉はグルテン含有量が11. 5~13. 5%と多く、粒が粗く粘りが強いという特徴を持っており、 ハード系以外のパン全般に使用されます。 中力粉はグルテン含有量が8. 0~12. 0%で、 薄力粉と強力粉の中間の性質を持っています。 準強力粉はグルテンが10. 0~12. 0%で、 フランスパン専用として売られていることも多くありますよ。 作りたいパンを決めてから、それに合った小麦粉を選ぶのも一つの方法です。 小麦粉自体の味や香りが良いタイプなら食パンやイギリスパン、チョコチップやナッツなどをたくさん加えるなら、「釜伸び(オーブンでパンが膨らむこと)」の良いもの、デニッシュなどサクサク感のあるものには中力粉または準強力粉というように 使い分けるのがおすすめ。 なお、グルテンの質や量などで小麦粉は3種類に分けられ、ハード系のパンには中力粉または準強力粉、それ以外のパンは強力粉が向いているというお話をしましたが、同じ中力粉・強力粉であっても製品によってグルテン含有量には幅があり、味・香り・製パン性なども様々です。 いくつかの小麦粉を試したり、ブレンドしたりと 好みの生地に出会うまで追求するのも楽しいですが、どんな小麦粉でもパンは焼けるので、初めての方はとりあえず焼いて試してみる、というのも悪くないでしょう。 外国産の小麦粉はグルテン含有量が多いためパンが 膨らみやすく、とても扱いやすいのも特徴的。 また、国産小麦は吸水率にばらつきが多く、そもそも吸水率が低いものも多いので、本通りのレシピで作るとべちゃっとした生地になってしまうこともあるようです。 そのため、初めてパン作りに挑戦する人には外国産の物をおすすめします。 外国産と一口に言っても、アメリカ・カナダ・イギリス・フランスなど様々な国の小麦粉があります。 中でも多くを占めているのがアメリカとカナダからの輸入小麦ですね。 日本はグルテンの質や量で分類されていますが、 アメリカでは小麦の加工法、フランスでは灰分量によって分類されているなどの違いがありますから、外国産の小麦粉を購入する際にはこちらも覚えておきましょう。 最近は健康ブームも手伝って、全粒粉パンなども人気がありますよね。 扱いが少し難しくはなりますが、興味のある方は全粒粉でのパン作りにも挑戦してみてはいかがでしょうか。 小麦は、表皮・胚芽・胚乳から成り立っていますが、私たちがよく使用する小麦粉はこの中で83%を占める胚乳部分のみを粉にしています。 しかし、2%程度しか含まれない胚芽部分に、実は必須脂肪酸などの脂質・ビタミン・ミネラルなどの栄養が多く含まれているので、この部分まで 全て取り込める全粒粉は積極的に摂取していきたいところ。 全粒粉だけでなく、 食物繊維が豊富で糖質の低い表皮部分(ふすま)を加えた小麦粉にも注目が集まっています。 ヘルシーな手作りパンを作りたいなら、こうしたタイプを使ってみるのも良さそうですね。 日東富士製粉 商品名 パウダースノー 強力粉 春よ恋 100 強力粉 はるゆたかブレンド プレミアム7 小麦粉 キタノカオリブレンド 強力粉 スーパーノヴァ(1CW) デュエリオ 強力粉 スーパーキング 毎日おいしい お手軽食パンミックス ソフトパン キタノカオリ強力小麦粉 パリス 特徴 さまざまなスタイルのパンに対応できるベース粉 吸水性がよく、扱いやすい「春よ恋」を100%使用 幻の小麦「はるゆたか」を贅沢に使った北海道産100%小麦粉 キタノカオリ・つるきち・春よ恋のブレンド小麦粉 パン用小麦として高い評価を得ているカナダ小麦1CWを使用 生パスタにも使える!デュラム小麦100%の強力粉 パンのふっくら感にこだわりたい人におすすめ 軽量不要で簡単にパンづくりができる! 農協直販。 地元産のキタノカオリ100%使用 その名の通り、フランスパンに適した準強力粉 最安値.

次の

【最強力と強力粉との違いとは?】Amazon、楽天で買える最強力粉10選

強力粉 amazon

小麦粉の種類の違いは理解していただけただろうか。 次は、小麦粉の正しい保存方法について説明する。 小麦粉の天敵は湿気。 床下やシンク下など湿気がこもる場所での保存はおすすめできない。 未開封での保存期間の目安は、中力粉、薄力粉は1年ほど。 強力粉は半年ほどだ。 開封したら保存期間はもちろん短くなる。 できたら1、2ヶ月のうちに使いきるのが理想だ。 「この小麦粉いつ開けたっけ?」と分からなくならないために、開封日を袋に記入しておくのもいいだろう。 小麦粉の保存方法を間違えると、質が落ちるだけでなくカビやダニなどが入り込み身体に被害を及ぼす危険がある。 次は知っているようで意外と知らない、小麦粉の正しい保存の仕方を方法別に紹介する。 小麦粉を使用する頻度が高く、比較的早く使いきれるなら常温保存でもよい。 湿気防止のため開封したら密閉できる保存容器などに袋ごと入れ、涼しく直射日光の当たらない場所へ保存しよう。 しかし、たいていの家庭では小麦粉を一度開けるとなかなか使いきれないというのが現実だろう。 すぐに使いきれないときは、カビやダニが発生するのを防ぐために冷蔵庫で保存するのがおすすめだ。 一般的に冷蔵庫内はダニが活動しにくい湿度といわれている。 しかし、冷蔵庫に保存するデメリットとしてあげられるうちの1つがにおいを吸着しやすいこと。 ほかの食材のにおいが移ってしまい、小麦粉の味が落ちてしまう可能性がある。 ほかにも冷蔵庫から出したままの状態でいる時間が長いと結露が発生してしまう。 その結果、湿気が入り、カビの発生に繋がってしまうということもある。 冷蔵庫で保存するときのおすすめは、密閉容器に1回で使いきれそうな量に小分けをしておくこと。 しかし冷蔵庫に入れているからといって安心せず、なるべく早めに使いきろう。 小麦粉の保存に最も適している方法は冷凍保存だ。 冷凍保存の1つ目のメリットはなんといっても長期保存が可能なこと。 常温だと開封後1、2ヶ月で使いきらなければならないのに対し、冷凍だと約6ヶ月まで保存できるといわれている。 また、小麦粉は冷凍しても凍ることはなくサラサラの状態のままなので、使おうと思った時にすぐ使えるので不便はないだろう。 2つ目のメリットはカビ、ダニの発生を防げることだ。 冷蔵庫でも繁殖することは防止できるが、冷凍庫のほうが冷蔵庫より湿度、温度どちらも低いのでより繁殖するのを防げる。 この数字を見る限り冷凍庫は安心ということがわかるだろう。 ただ冷蔵保存と同じでにおい移りは防げないので、密閉容器に入れて保存しよう。 ジッパー付きの保存袋でもいいが、においはわずかな隙間からも入ってくるのでパッキン付きの密閉容器がおすすめだ。 結露の発生も冷蔵保存よりリスクが高いので使うときはすばやく取り出しすばやく冷凍庫にしまおう。 どれだけ徹底した保存状況でもカビやダニが発生してしまい、廃棄しなければならない状況になることもあるだろう。 カビは見た目、においで見つけられることが多いが、ダニは小麦粉に入り込んだらなかなか見つけられない。 どの保存方法でも早めに使いきるのが望ましいだろう。 小麦粉は掃除に使えたり、器の目止めに使えたり、子どもが遊べる粘土として使えたりと料理以外にも活用方法はあるので、捨てるのがもったいないと感じたらこれらの方法を使って消費するのもおすすめだ。

次の

【小麦粉の種類】強力粉、パン用粉はどう違う?

強力粉 amazon

小麦粉の種類と特徴 パンやめん類、お菓子、料理などに幅広く使われている小麦粉。 日本では小麦粉について国が定めた規格はありませんが、性質をわかりやすく伝える方法として、小麦粉に含まれる「たんぱく質」の量をもとにした、次のような分類が行われています。 強力粉 たんぱく質含有量:11. 5〜13. 0% 粒の硬い「硬質小麦」からつくられた粉で、たんぱく質の量が多い。 パンの骨格となるグルテンを形成する力が強い。 用途:食パン、テーブルロールなど 商品例:日清製粉「カメリヤ」、日本製粉「イーグル」、昭和産業「強力小麦粉クオリテ」など 準強力粉 たんぱく質含有量:10. 5〜12. 5% 強力粉と同様に「硬質小麦」からつくられる。 強力粉に準ずるたんぱく質量、グルテンの力がある。 用途:フランスパン、菓子パン、中華麺など 商品例:日清製粉「リスドォル」、日本製粉「ジェニー」、日東富士製粉「パリス」など 中力粉 たんぱく質含有量:7. 5〜10. 5% 粒の柔らかい軟質小麦の中でも、比較的たんぱく質が多い「中間質小麦」からつくられる。 強力粉と薄力粉の中間的な性質の粉。 用途:日本めん、フランスパン、菓子など 商品例:日清製粉「雪」、日本製粉「たけ」、木下製粉「さぬきの夢」など 薄力粉 たんぱく質含有量:6. 5〜9. 0% 粒の柔らかい軟質小麦からつくられる。 たんぱく質含有量が少なく、グルテンを形成する力が弱い。 用途:菓子、調理一般 商品例:日清製粉「バイオレット」、日本製粉「ハート」、江別製粉「ドルチェ」など パン用粉、フランスパン用粉の違い 上でもご紹介したように、日本では長らくたんぱく質含有量の多い順に「強力粉」「準強力粉」「中力粉」「薄力粉」とする分類法が一般的でした。 ところが、最近は「強力粉」や「準強力粉」と表記する代わりに「パン用」「フランスパン用」「めん用」「菓子用」などの用途を記載した小麦粉が増えています。 その理由は、製粉技術が進化して多種多様な粉がつくられるようになった現在は、たんぱく質の量だけで粉の特徴を伝えるのがむずかしくなったから。 メーカーがフランスパン用に開発した粉とめん用につくった粉では、風味はもちろん、弾力やねばり具合、のび方など、粉の持つ性質がまったく違います。 それなのに、たんぱく質を基準にするとどちらも同じ、中力粉に分類されてしまう……。 というわけで、粉の違いをよりわかりやすく紹介するために、 「この粉は、こんなメニューに向いています」と、おすすめの用途を記載するようになったのだそう。 ちなみに、パン用粉、フランスパン用粉と表記されている粉には、次のような違いがあります。 パン用粉 パンに向く小麦粉の総称。 フランスパン用粉を含まないことが多い。 食パン、テーブルロール、菓子パンなどに使用すると、ふんわりとした食感に仕上がる粉が主流。 フランスパン用粉 バゲット、バタール、ブールなど、小麦粉、食塩、パン酵母、水だけでつくるシンプルなフランスパン向きに開発された小麦粉。 たんぱく質の含有量は中力粉〜準強力粉程度。 日本の一般的なパン用粉に比べて灰分(ミネラル)含有量が高く、粒子が粗いフランス産の小麦粉に近い性質に仕上げらている。

次の