崩壊 3rd ランキング。 崩壊3rd 攻略wiki

株式会社miHoYo、『崩壊3rd』のVer.4.0アップデートを6月23日(火)に実施。新戦乙女「諸葛孔明・星詠の朔夜(テレサ)」(CV:田村ゆかり)登場!他

崩壊 3rd ランキング

はじめに ver. 7のアプデ後から3周年記念として特別ログインボーナスが獲得できます。 1日目に好きなS級戦乙女と交換できるアイテムが手に入る他、ガチャチケも沢山入手出来るようです。 どのキャラを選択するかの参考に各キャラの紹介をしてみようかと思います。 これから始める方は、先に基地補給の確定枠等を消費してから入手するキャラを選択するようにしましょう。 白騎士・月光 おすすめ度: B タイプ:生物 役割:物理アタッカー・サポーター QTE発動条件:浮遊 このゲームにおける主人公的立ち位置のSキャラ。 最初期キャラですが、QTE・必殺技が特殊演出となっていて見ごたえがあります。 麻痺特効のスキルを持っていて物理アタッカーとして活躍ができます。 一時期アタッカーとしての評価は低くなっていましたがモチーフ超限武器「陽電子ハンドキャノン」が追加され、評価が見直されました。 麻痺効かない相手でも回避スキルの時空断裂を自由に発動できる点を活かしてサポーターとして活躍することも出来ます。 スポンサードリンク 雷電女王の鬼鎧 おすすめ度: A タイプ:異能 役割:サポーター・雷アタッカー QTE発動条件:浮遊 初期EPが大幅にアップする全キャラ屈指のリーダースキルを持つキャラ。 また、攻撃で感電という敵が受ける雷ダメージがアップする強力なデバフを付与することが出来ます。 雷アタッカーのサポートとして必須な能力の他、超限武器「重磁気嵐・斬」を装備させることで感電を付与しつつ自分でダメージも与えられる優秀な雷アタッカーとして活躍することも出来ます。 但し、アタッカーとして運用する場合、SSランクで開放されるスキルが重要なので記憶戦場でキャラの欠片集めを頑張りましょう。 次元限界突破 おすすめ度: C タイプ:機械 役割:サポーター QTE発動条件:浮遊 出場スキルで最大7秒の時空減速を付与できるサポーターキャラです。 他のキャラには無い非常に優秀なスキルではありますが、良くも悪くも役割はそれしか無いと思って良いかと思います 時空減速がQTEとなっているアタッカーをメインとして使いたい方などにおすすめです。 スポンサードリンク 熾鳶 おすすめ度: A タイプ:異能 役割:サポーター・サブアタッカー QTE発動条件:燃焼 神通ゲージを溜めることで味方の元素ダメージをアップできる優秀な元素サポーターです。 離火の印や回避反撃でダメージを稼ぐことも出来る他、EP回復アイテムをドロップさせることも出来るので元素パーティにはとりあえず入れておいて良い性能を持っています。 SSランクへランクアップするとサポート能力が一段と優秀になるので欠片集めも頑張りたいところです。 但し、この評価はver. 6までで、ver. 7で実装される「雲墨丹心」の影響を一番受けるキャラではないかと思います。 個人的には神恩と聖女のように敵によって使い分けたりして共存できるんじゃないかと思ってはいますが。 御神装・勿忘 おすすめ度: A(曇天あり) タイプ:機械 役割:氷アタッカー QTE発動条件:シールド破壊 KPを溜めて強力な分岐攻撃を放つ氷アタッカー。 ver. 4で大幅な修正と超限武器「御霊刀・寒獄氷天」の実装によりトップクラスのアタッカーに返り咲きました。 モチーフ武器に対する依存度が高いので曇天(寒獄氷天)を持っていない方にはあまりおすすめできません。 必殺技後の継続火力が非常に優秀となったので記憶戦場、深淵どちらでの活躍も期待ができます。 スポンサードリンク 血染の薔薇 おすすめ度: C タイプ:異能 役割:炎アタッカー QTE発動条件:スタン 必殺技を発動するとHPを消費して大ダメージを与える炎アタッカー。 ピーキーな性能なため活躍出来る場面が限られてしまうのであまりおすすめはできません。 恐らく一番輝くのは時空基地の炎の試練だと思うので、そこでMVP争いをしたい方向けに(笑) 影騎士・月輪 おすすめ度: B タイプ:機械 役割:雷アタッカー QTE発動条件:凍結 必殺技発動中の火力がものすごい雷アタッカー。 装備とキャラランクが揃えばトップクラスの瞬間火力を叩き出せます。 但し、モチーフ超限武器である「朧光のヌアダ」もさることながらキャランクがSとSSでは火力差がかなり有り、強さを感じるまでにちょっと時間がかかるかもしれません。 スポンサードリンク 黒羽の夜想曲 おすすめ度: B タイプ:異能 役割:氷アタッカー QTE発動条件:シールド破壊 非常に使いやすい氷アタッカー。 攻撃は基本的にボタン連打でいいので操作に慣れていない初心者でも強さを実感しやすくなっています。 時空減速を付与しながら戦うことが出来、分岐攻撃や必殺技の無敵時間も長いので安全に立ち回ることが出来ます。 実装からだいぶ時間が経ち、火力面では他キャラに比べ物足りなくなってきましたが、ver. 7でモチーフ超限武器「幽夜のカプリチオ」が実装されているので火力面での底上げも期待されます。 以上、個人的な意見ですがS級戦乙女福の石で交換できるキャラの紹介でした。

次の

【崩壊3rd】リセマラ当たりキャラランキング【06/29更新】|ゲームエイト

崩壊 3rd ランキング

原作ゲームありきの内容。 一巻はキアナが学園に入るまでといった感じ。 絵柄はきれい。 バトルはそこそこ。 プロローグ的内容。 ゲームをやる前にちょっと気になるから漫画から~という人にはオススメしない。 崩壊3rd本編ではいまいち主人公感の薄いキアナや芽衣(と第三律者)がメイン。 姫子さんが姫子さんをしているので、姫子さん成分がほしい人は是非。 あと誓約の十字架に座ってるテリテリがむちゃくちゃテリテリなので、以下略。 ただ、今のところ漫画版オンリーの強敵や未登場の神の鍵、超技術の解説はでてきてないので、 そのあたりを続刊に期待したい。 一巻の最後にでてきた「彼女」についての話がこのまま進めば 彼女がゲームでいつのまにか仲間になっている経緯がわかるかも……?.

次の

【崩壊3rd】最強武器ランキング【8/29時点】

崩壊 3rd ランキング

オープンワールドで進めていく 外伝ストーリー「桜の輪廻」では、八重桜に焦点が当てられた物語が展開されており、彼女が八重村で発生した崩壊に対してどのように立ち向かっていくのかが描かれています。 八重村の巫女として村を守るという使命には敏感になって戦っているものの、 実の妹を救うことができなかったという後悔の念が彼女をずっと縛り付けているため、どのような影響を与えるのかに注目してみてください。 ゲーム内では、雷電芽衣の身体を借りて現世に蘇るという設定になっており、そこでは八重桜自身が生きた時代にはない文明に戸惑いながらも、崩壊に立ち向かっている様子があります。 ブローニャは無表情で口数も少ないキャラクターですが、 基地で発生するデートイベントでは様々な様子を見せており、彼女の可愛らしい一面を垣間見ることができるでしょう。 年相応らしくキアナとはゲームをして楽しんでいる様子で、その他にも任務では ハッキングに長けており、遠方から支援を行うなど活躍している場面が多々描かれています。 その正体はME社社長でネゲントロピー革新派であるカカリアの養女で、物語を進めていくとカカリアによって操られたブローニャと戦うことになり、強力な攻撃を繰り出してはプレイヤーを苦しめていきます。 キアナからは求婚されるかのように接近されていますが、その行動に多少動じている様子はあるものの、雷電芽衣自身もキアナのことを溺愛している様子があります。 彼女もまた17歳らしく年相応の反応を見せている様子がゲーム内ではあり、 クエスト中に敵からダメージを与えられると「女の子」を強調するセリフが頻発します。 また料理が得意であり、その様子はデイリー任務の「芽衣のランチ・ディナー」で表現されているほか、キアナが雷電芽衣の手料理は残さず食べるといった様子で描かれています。 しかし主人公補正なのか、あまり真面目ではないキアナに対して叱責しながらも愛情を持って接している雷電芽衣や、プレイヤーである艦長はキアナの借金を肩代わりしているなどの様子が描かれています。 ここまでの紹介でダメ人間であるかのような内容になっていますが、どこか 憎めない部分がキアナにはあり、何よりも演じている声優が釘宮理恵さんということもあってか、言動の一つ一つが愛らしいと感じずにはいられません。 崩壊に立ち向かう姿は歴戦をくぐり抜けてきたことを感じさせる立ち振る舞いを見せる一方、 普段は12歳の少女らしく天真爛漫かつ無邪気に振る舞っている様子が描かれているため、ギャップに萌えた人も多いでしょう。 演じている声優も永遠の17歳・田村ゆかりさんが務めており、テレサ・アポカリプスの魅力が存分に引き出されているだけでなく、夢中になってしまっていることも珍しくありません。 テリテリ別バージョン 崩壊3rd可愛いキャラクターランキング最後に! 『崩壊3rd』に登場するキャラクターから、可愛いキャラクター5人をピックアップして紹介しました! いずれも人気声優が演じているため、 自然とキャラクターの魅力に引き込まれてしまうばかりか、基地のデートイベントを見ると更に引き込まれてしまうばかりです。 聖痕を含めるとさらに魅力的なキャラクターは多くなりますが、操作可能なキャラクターに焦点を当てて見てもより取り見取りのラインナップになっていることが分かるでしょう。

次の