カワサキ zxr400。 冷却用の2本のパイプが特徴的!400ccレプリカバイクの名車・カワサキZXR400とは

カワサキ ZXR400

カワサキ zxr400

ホンダ 578• ヤマハ 755• スズキ 321• カワサキ 3• 国内メーカーその他 0• ハーレーダビッドソン 0• ドゥカティ 20• BMW 22• KTM 68• トライアンフ 1• SYM 0• ベスパ 5• アプリリア 1• キムコ 9• プジョー 0• PGO 0• モトグッチ 0• ビューエル 0• MV アグスタ 0• アディバ 0• ロイヤルエンフィールド 0• ハスクバーナ 24• ピアジオ 1• デイリン 0• マラグーティ 0• ジレラ 0• BRP 0• Aモーター 0• クリーブランド 0• ベータ 2• その他 0• トライク 0• 電動スクーター 0• スノーモービル 0• TGB 0• イタルジェット 0• ノートン 0• インディアン 0• デルビ 0• メガリ 0• スネークモータース 0• ザックス 0• ガスガス 0• プロッツァ 0• ハートフォード 0• ビモータ 0• トモス 0• 富士重工 0• エルエムエル 0• ヴィクトリー 0• カジバ 0• モト・モリーニ 0• ロードホッパー 0• ATV バギー 0• SWM 5• テラモーターズ 0• ラベルダ 0• ノメル 0• ヒョースン 0• アクセス 0• オーヴァークリエイティブ 0• パジャジ 0• 海外メーカーその他 0• 除雪機 1• TM 0• MZ 0• モンテッサ 0• BSA 1• ベネリ 0• ソレックス 0• フサベル 0• ランブレッタ 0• ブリヂストン 0• リエフ 0• ポケバイ 0• ロデオモーターサイクル 0• ダイハツ 0• セーガレ 0• スコルパ 0• MBK 0• モトベガン 0• VOR 0• AJP 0• ウラルモト 0• GPX 0• アタラ 0• アエルマッキ 0• デンリン 0• 東京マルイ 0• フェニックス 0• ボスホス 0• TVS 0• ベルティマーティ 0• ファンティック 0• マットモーターサイクルズ 0• ブルタコ 0• シェルコ 0• アパックスパワー 0• ヨシムラ 0• モリワキ 0• メグロ 0• CPI 0• サンモーターサイクルズ 0• マーニ 0• モンディアル 0• エフワイエム 0• ヤディア 0• シンユー 0• ジョンウェイ 0• ボスアー 0• CKファクトリー 0• ウエストコーストチョッパーズ 0• 原付スクーター 0• 原付二種スクーター 0• ビッグスクーター 0• ミニバイク 0• ストリート 0• クラシックタイプ 0• ネイキッド 0• ツアラー 0• 海外メーカー 0• ビジネスバイク 0• 4stミニ/ミニモト 0• 絶版名車 〜1979年 0• 絶版名車 1980年〜 3• ビンテージモトクロス 0• ダートトラック 0• トライアル 0• ストリートファイター 0• カフェレーサー 0• ローライダー/チョッパー 0• ニュースクール/ウォンウォン系 0• トライク/サイドカー 0• ビルド/フルカスタム 0• アドベンチャー/ビッグオフ 0• モトクロッサー 0• エンデュランサー 0• ネオクラシック 0• 3輪バイク 0• モペッド 0• 北海道 0• 北海道 0• 東北 0• 青森県 0• 岩手県 0• 宮城県 0• 秋田県 0• 山形県 0• 福島県 0• 関東 1• 茨城県 0• 栃木県 0• 群馬県 0• 埼玉県 0• 千葉県 0• 東京都 1• 練馬区 1• 神奈川県 0• 北陸・甲信越 0• 新潟県 0• 長野県 0• 山梨県 0• 富山県 0• 石川県 0• 福井県 0• 東海 2• 静岡県 2• 静岡市清水区 2• 岐阜県 0• 愛知県 0• 三重県 0• 関西 0• 大阪府 0• 京都府 0• 滋賀県 0• 兵庫県 0• 奈良県 0• 和歌山県 0• 中国 0• 鳥取県 0• 島根県 0• 岡山県 0• 広島県 0• 山口県 0• 四国 0• 香川県 0• 高知県 0• 徳島県 0• 愛媛県 0• 九州・沖縄 0• 福岡県 0• 佐賀県 0• 長崎県 0• 大分県 0• 熊本県 0• 宮崎県 0• 鹿児島県 0• 沖縄県 0• 探す バイク選びお買い得コンテンツ• 探す 価格から探す• 探す バイクライフから探す• 通勤通学• 個性重視• アニバーサリーモデル大集合!• 個性派カラーリング!• 渋さ・味わい• 大人の味わい、カフェレーサー• こだわり• 250cc4発マルチネイキッド• 軽さ速さで選ぶ2ストローク• 通勤に最適なバイク• 初心者にも最適• 小柄な人にオススメ• 航続距離が長いバイク• お財布にやさしいバイク• 快適ロングツーリング• セカンドバイクに最適な一台• パワーウエイトレシオランキング• コンパクトランキング• コダワリの2サイクルスポーツ• 80年台、90年台レプリカスポーツ• 空冷エンジンが好き!• 探す 地域から探す• 北海道• 情報 ランキングから探す• 情報 マイページ機能• 情報 バイクサービス•

次の

カワサキ・ZXR

カワサキ zxr400

概要 [ ] ZZR400はに発売された。 本格派ツアラーとして日本国外向けに製造されていたと大半の部品が共通で、日本国内向けとして本来600ccであったエンジンをダウンボア・ダウンストロークした400ccのエンジンを搭載し、足回りを変更した仕様になっている。 このため、400ccクラスでありながら大型バイク並の車格を持っているオートバイとして有名。 車体に伴い重量も乾燥重量で193kg(N型では195kg、N型排ガス規制後は197kg)と大型バイクそのものであるが、堅牢なフレームや、余力のあるサスペンション、制動力で、十分な運動性も確保していた。 しかし、いざ降りてしまうと、多少取り回しが重い。 また、400ccとしては、タイヤやブレーキパッドなど、各種消耗品の消耗が早い傾向がある。 また、雑誌などで大柄な車体をグイグイ引っ張る力強いエンジンなどと紹介されたこともあるが、本来の姿である600cc版と比較するとアンダーパワーである感は否めない。 ただし、加速性も含めて、同じ400ccとの比較において、劣ると言うほどのものではない。 先に述べたように600ccクラスの車体によるデメリットも大きいが、その反面、剛性の高い安定したフレームは長距離ツーリングや高速走行時の安定性に寄与する。 車格としてZZR400の比較対象となる大型自動二輪車は実際には有り余るほどの高出力を発揮するため、スロットル操作がシビアになることを考えると、総合的に見た場合の疲労感の少なさにおいてはクラスの中でも非常に評価が高い。 ZZRの外装は空力特性に優れ、気流の乱れがライダーや車体を直接たたくことがないため、高速走行時の安定性をもたらすとともに、疲労の軽減や、寒さ対策に大きく寄与する。 また、積載性能も装備が充実している。 反面、フレームをしっかり覆った構造になるため、軽整備でもカウリングを取り外す必要が出てくるため、整備性には、やや劣る。 馬力規制によるモデルチェンジで、当時のK型から1993年にN型へ変更された。 また、の排ガス規制によるモデルチェンジで馬力が若干低下したが顕著な差はなく、引き続きN型となった。 最終的にはにおいて、唯一市販されていたフルフェアリング(カウル)装備の車両となっていたが、モデル(追加カラーのみ)をもって現行モデルとしての新車販売は終了となった。 位置づけは若干異なるものの、400ccクラスのNinjaとして君臨していたGPZ400R系列の車種であったため、2010年にER-6fベースのが発売されるまでの間、400ccクラスのNinjaは一時姿を消した。 スピードメーターは時速190kmまで刻みがあり、最高速度は時速190km(速度リミッター作動)まで達することが可能である。 最大エンジン回転数は14000rpm。 モデル一覧 [ ] ZX400-K1 1990年 [ ]• 1990年デビュー。 型式は「ZX400K」。 車体カラーは2種類をラインナップ。 車体カラー一部変更、細部変更(車体名デカール色)。 車体カラー細部変更(車体名デカール色)。 1993年フルモデルチェンジ。 型式は「ZX400N」となる。 馬力規制に対応したため、58PSから53PSへ。 ツインラムエアシステムの導入。 車載工具入れ装備。 燃料計搭載。 燃料計搭載により燃料警告灯廃止。 燃料リザーブが追加。 シートがメインキーで着脱可能になる。 ヘッドランプが常時点灯となる。 車体カラー一部変更、細部変更(車体名デカール位置)。 この年式あたりでクランクケースを改良。 車体カラー一部変更。 電気系統変化。 ジャンクションボックスとイグニションの位置が変化。 車体カラー全面変更。 キャンディワインレッド H3• パールパープリッシュブラックマイカ 20 ZX400-N4 1996年 [ ]• 車体カラー一部変更。 キャンディワインレッド H3• ルミナスウインザーグリーン DS ZX400-N5 1997年 [ ]• デジタルクロック搭載。 デジタルクロック搭載による積算計が2個から1個に変更。 車体カラー全面変更。 キャンディアマランスレッドマイカ 2D• パールジェントリーグレー T8 ZX400-N6 1998年 [ ]• フロントフォークインナーチューブガードが装備される。 伴ってフォークアウター変更。 車体カラー全面変更。 車体カラー全面変更。 キャンディパーシモンレッド A5• エボニー H8 ZX400-N8 2001年 [ ]• マイナーチェンジ。 型式は「BC-ZX400N」となる。 排ガス規制対応モデルに変更。 排ガス規制により馬力低下。 アクセル開度連動点火進角システムK-TRICの追加。 クランク変更に伴い減速比が変更になる。 メインフレームの色が黒になる。 スイングアームの色は変更なし。 車体カラー全面変更。 ルミナスビンテージレッド P5• ブラックパール B5 ZX400-N9 2003年 [ ]• 車体カラー全面変更。 キャンディサンダーブルー 235• ムーンライトシルバー 473 ZX400-N10 2004年 [ ]• フロントブレーキキャリパー変更。 車体カラー変更なし。 キャンディサンダーブルー 235• ムーンライトシルバー 473 ZX400-N11 2005年 [ ]• すでに黒色になっているメインフレームに続き、スイングアームが黒色に変更。 車体カラー全面変更、部分変更(アンダーカウル別色)、細部変更(車体名デカール位置)。 メタリックオーシャンブルー 726• ギャラクシーシルバータイプ2 474 ZX400-N6F 2006年 [ ]• 車体カラー一部変更。 メタリックオーシャンブルー 726• パールメテオグレー 10H ZX400-N6S 2007年 [ ]• 2007年1月19日発売。 シリーズ最終モデル。 エアクリーナーボックスが熱で歪んで2次エアを吸い込むことの対策として初めて対策部品(異形ワッシャー)が導入された。 この部品は以前の年式にもそのまま使用が可能である。 車体カラー一部変更、部分変更(アンダーカウル同色)。 メタリックオーシャンブルー 726• メタリックマジェスティックレッド 665 参考文献 [ ]• カワサキモータースジャパン パーツカタログ検索システム 脚注 [ ]• - データなし(2010年8月8日時点の)• - データなし(2011年5月29日時点のアーカイブ) 関連項目 [ ]• - 先代モデル• - 先々代モデル(上位機種のGPZ600Rは、ZZR600の先代モデルに相当する) 外部リンク [ ]• - データなし(2010年10月4日時点の)• などしてくださる()。

次の

冷却用の2本のパイプが特徴的!400ccレプリカバイクの名車・カワサキZXR400とは

カワサキ zxr400

北海道• 青森県• 岩手県• 宮城県• 秋田県• 山形県• 福島県• 甲信越・北陸• 新潟県• 富山県• 石川県• 福井県• 山梨県• 長野県• 東京都• 埼玉県• 神奈川県• 千葉県• 茨城県• 群馬県• 栃木県• 大阪府• 兵庫県• 京都府• 滋賀県• 奈良県• 和歌山県• 愛知県• 岐阜県• 三重県• 静岡県• 鳥取県• 島根県• 岡山県• 広島県• 山口県• 徳島県• 香川県• 愛媛県• 高知県• 福岡県• 佐賀県• 熊本県• 大分県• 長崎県• 宮崎県• 鹿児島県•

次の