ボーナス 所得税 計算。 ボーナス(賞与)に対する所得税の基礎知識と計算方法

賞与の所得税の源泉徴収の計算方法とは?前月給与を基準に算出

ボーナス 所得税 計算

賞与の所得税の計算には前月の給与を使う 所得税の計算上、賞与とは、毎月の給与とは別に支払われるものをさします。 たとえば、 ボーナス、賞与、夏期手当、年末手当、期末手当などの名目で支払われるものがあてはまります。 賞与から天引き(源泉徴収)される所得税は、次のような手順で計算されます。 賞与支給月の前月の給与を基準にする点が特徴です。 1 賞与支給月の前月の給与から社会保険料等を差し引きます。 2 上記 1 の金額と扶養親族等の数を「」に当てはめて、賞与の金額にかける税率を求めます。 このとき、「」を会社に提出している場合は「甲欄」を、提出していない場合は「乙欄」を参照します。 【例】Aさんの12月の賞与と前月(11月)の給与が次のとおりであった場合、12月の賞与から源泉徴収される税額を求めます。 12月の賞与(社会保険料等を差し引いた金額):80万円 11月の給与(社会保険料等を差し引いた金額):30万円 扶養家族等の人数:3人 Aさんは「給与所得者の扶養控除等申告書」を会社に提出しています。 11月の給与(社会保険料等を差し引いた金額)30万円と、扶養親族等の人数3人を「賞与に対する源泉徴収税額の算出率の表」に当てはめて、賞与の金額にかける税率を求めます。 Aさんは「給与所得者の扶養控除等申告書」を会社に提出しているので、甲欄を参照します。 表を参照すると、賞与にかける税率は4. 084%であることが読み取れます。 12月の賞与(社会保険料等を差し引いた金額)80万円に税率の4. 084%をかけた、32,672円が賞与から源泉徴収する所得税の額となります。 084%=32,672円 前月の給与がなかった場合 賞与支給月の前月の給与がなかった場合、賞与から源泉徴収される所得税は次のように計算されます。 2 1 の金額を6倍したものが、賞与から源泉徴収する所得税の額になります。 賞与が前月の給与の10倍を超える場合 前月の給与が極端に少ないなどの理由で、賞与の額が前月の給与の10倍を超える場合、賞与から源泉徴収される所得税は次のように計算されます。 なお、10倍を超えるかどうかは、前月の給与と賞与のどちらも社会保険料等を差し引いた後の金額で判定します。 2 1 の税額-(前月の給与から源泉徴収された税額)で求めた金額を6倍した額が、賞与から源泉徴収する所得税の額になります。 給与計算や社会保険料に関するより詳しい情報はこちら。 まとめ 賞与から源泉徴収される所得税は、前月の給与を基準にして税率が決まるなど、給与の場合とは異なる方法で計算されます。 多くの場合、賞与から源泉徴収される所得税の額は正しく計算されていることでしょう。 しかし、賞与は金額が大きいだけに、間違えると誤差も大きくなってしまいます。 もし、賞与の所得税の額が間違っているのではないかと心配になった場合は、ここでご紹介した計算方法をもとに、自分でチェックしてみてはいかがでしょうか。 なお、給与等支給時に徴収される源泉所得税額(復興特別所得税を含む)と年税額との過不足は年末調整にて精算(還付又は追徴)されます。 関連記事 監修:土屋 英則 税理士 ゆびすいグループは、国内8拠点に7法人を展開し、税理士・公認会計士・司法書士・社会保険労務士・中小企業診断士など約250名を擁する専門家集団です。 創業は70年を超え、税務・会計はもちろんのこと経営コンサルティングや法務、労務、ITにいたるまで、多岐にわたる事業を展開し今では4500件を超えるお客様と関与させて頂いております。 「顧問先さまと共に繁栄するゆびすいグループ」をモットーとして、お客さまの繁栄があってこそ、ゆびすいの繁栄があることを肝に銘じお客さまのために最善を尽くします。 お客様第一主義に徹し、グループネットワークを活用することにより、時代の変化に即応した新たなサービスを創造し、お客様にご満足をご提供します。

次の

ボーナスで引かれる税金多すぎ問題

ボーナス 所得税 計算

誰もが楽しみにしている ボーナス。 しかし実際に支給されたときに 額面金額に比べて 手取り額が少ないと感じる人は多いと思います。 この差は何なのか、気になっていたり具体的に知りたいと思っている人もいるはずです。 そもそもボーナス支給日まで手取り額が分からないと、 あらかじめ生活設計を立てることができなくて困ることにもなりかねません。 そこで今回のこの記事では 「ボーナスの手取り額の計算方法」について• ボーナスから控除されているお金の内訳• 控除される所得税の詳しい計算方法• 具体的な控除額の計算事例 以上のことを中心に説明します。 この記事を読んでいただければ、 ボーナスの額面金額と手取り額の差を正しく理解できることと思います。 また手取り額が思っていたよりも少なくて落ち込んだり、生活設計が狂って困ることもなくなるはずです。 ぜひ最後までご覧ください。 早速、具体的な事例を用いながらシミュレーションをしてみたいと思います。 以下の条件の下、計算式を使ってボーナスの手取り額を計算してみましょう。 賞与支給月:2019年12月• 賞与支給額:50万円• 年齢:38歳(40歳未満の区分)• 加入している健康保険:協会けんぽ• 勤務地:東京• 厚生年金保険の区分:一般の被保険者• 雇用保険の区分:一般の事業• 前月給与額(社会保険料控除後):30万円• 扶養親族:1人 [健康保険料] この事例では賞与額(千円未満切捨)は500,000円、保険料率は9. 90%です。 (協会けんぽ:) 保険料率は労使折半(社会保険料を企業と労働者が半分ずつ負担すること)のため、ご自身の負担は4. 95%となります。 95%=24,750円 [厚生年金保険料] この事例では賞与額(千円未満切捨)は500,000円、保険料率は18. 3%です。 保険料率は労使折半のためご自身の負担は9. 15%となります。 15%=45,750円 [雇用保険料] この事例では賞与額(額面金額)は500,000円、保険料率は0. 3%です。 3%=1,500円 [社会保険料控除額] 健康保険料・厚生年金保険料・雇用保険料を合計して社会保険料控除額を求めます。 健康保険料:24,750円+厚生年金保険料:45,750円+雇用保険料:1,500円=72,000円 [源泉徴収税額] この事例では前月給与30万円、扶養親族1人です。 「賞与に対する源泉徴収税額の算出率の表」から算出率は6. 126%であることが分かります。 賞与額(額面金額)500,000円、社会保険料控除額72,000円なので、以下のようになります。 126%=26,219. 28円 1円未満の端数は切捨てとなります。 源泉徴収税額は26,219円です。 [手取り額] 社会保険料控除額と源泉徴収税額が計算できました。 これらの控除額を額面金額から引くことで、手取り額を求めることができます。 額面金額:500,000円ー社会保険料控除額:72,000円ー源泉徴収税額:26,219円=401,781円 額面金額50万円に対して 手取り額はおよそ40万円になることが分かります。 このようにシミュレーションをして1つ1つ計算をすることで、ボーナスの額面金額と手取り額の差を具体的に理解することができたことと思います。 そしてご自身のケースについても是非シュミレーションをしてみて下さい。 さらに理解を深めることができるはずです。 大体の手取り額が分かったところで、次はボーナスの支給額から控除された税金について詳しく見ていきます。 ボーナスから控除されている社会保険料は 「健康保険料」「厚生年金保険料」「雇用保険料」の3つです。 加入している健康保険制度や地域、そして年齢が40歳以上かどうかによって保険料率が変わってきます。 加入している健康保険制度や地域によって保険料率が変わってきます。 保険料率は事業の種類によって変わってきます。 以上で計算した健康保険料・厚生年金保険料・雇用保険料を合計することで、 ボーナスから控除されている社会保険料を求めることができます。 「ボーナスの手取り額の計算方法」について説明してきましたが、いかがでしたでしょうか? この記事のポイントは• ボーナスからは社会保険料と所得税が控除されている• 所得税の金額は前月の給与や社会保険料、扶養親族の数によって変わる• 賞与50万円、前月給与30万円、扶養親族1人の場合の手取り額は約40万円 でした。 この記事を読んでいただけたことで、ボーナスの額面金額と手取り額の差が一体何なのかを理解していただけたことと思います。 また一見すると難しそうに思えていた手取り額の計算も、実は簡単であることが分かっていただけたかと思います。 これからは家族構成や収入の変化など ライフスタイルの変化があったとしても、手取り額をあらかじめ計算できるので生活設計も立てやすくなったはずです。 ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、是非ご覧ください。

次の

賞与にかかる所得税の計算法。算出率の表から簡単に計算できます

ボーナス 所得税 計算

所得税を理解しよう! 給与に対する所得税を計算するには、所得税に関する理解を深める必要があります。 まずは所得税について詳しく見ていきましょう。 所得税とは? 所得税とは、年間に得た所得に対する税金のことです。 所得を求めるためには、年間に得た総収入から経費と所得控除を差し引きます。 経費は主にその収入を得るために要した費用のことであり、一例としては事務所のオフィス代や設備機器代、そして従業員の給与が挙げられるでしょう。 しかし、サラリーマンの場合は具体的な金額ではなく、ある程度一律の「給与所得控除」という形で差し引くことができます。 また、所得にはさまざまな種類があり、給与を得たことで発生する「給与所得」、事業から得られる「事業所得」、副業から得た「雑所得」などがあります。 基本的には、これらの所得を合算し、決まった税率を掛け、そこから税額控除を差し引けば所得税額を求めることができます。 所得税と住民税の違いを確認 所得額に対して発生する税金としては、所得税のほかに住民税も挙げられます。 所得税が国に納める税金であることに対し、住民税は居住している地方自治体に納める税金です。 また、所得税は累進課税制度が設けられているため、所得額が多ければ多いほど税率も高くなるのに対し、住民税は一律の税率で課税されます。 そして、所得税は所得がゼロであれば税金額もゼロになるのに対し、住民税は均等割というものが設けられているため、所得額がゼロでも税金が発生するケースがあります。 所得税を計算しよう! では、実際に所得税額を計算してみましょう。 所得税額の計算における大まかな考え方は、下記の通りです。 総収入ー諸経費ー所得控除=課税所得額• ここには給与や事業で得た収入、何かを売却して得た収入、副業を行って得た収入、投資で得た収入などが含まれます。 そこから、収入を得るために要した経費を差し引き、さらに所得控除額を差し引きます。 経費は、事業を行っているのであれば設備機器代や従業員への給料、副業や投資を行っている場合はその勉強代や手数料が該当します。 給与に対する経費は一部認められているものの、基本的には「給与所得控除」という形で一律に設定されているため注意しましょう。 差し引かれた課税所得に決まった税率を掛け、税額控除を差し引けば所得税額を求めることができます。 課税所得の確認 「課税所得」は上述の通り、総収入から経費と所得控除を差し引いた額です。 課税所得を求めなければ最終的な所得税額を算出することができないため、まずは総収入から課税所得を求める必要があります。 計算方法は上記で解説した通りですが、所得にはさまざまな種類があることを念頭においておきましょう。 所得は、給与から得た「給与所得」、事業から得た「事業所得」、株式などの譲渡から得た「譲渡所得」、銀行預金の利息による「利子所得」などに分類されます。 また、所得にはそれぞれ「総合課税」と「分離課税」のものがあり、原則的には総合課税に該当するもののみを合算し、所得税額を割り出します。 分離課税のものは他の所得と合算せず、それ単体で税額計算を行います。 所得控除の確認 総収入から経費と所得控除を差し引けば課税所得を求めることができますが、所得控除にはどのようなものがあるのでしょうか。 一例を挙げると、社会保険料を支払ったことによる「社会保険料控除」、医療費を一定以上支払ったことによる「医療費控除」、保険代を支払ったことによる「生命保険料控除」などがあります。 どのような所得控除を受けられるかは個々人の状況によって異なるため、ケースに応じて対応する必要があるでしょう。 基本的には所得控除額が多くなればなるほど税金は安くなるため、受けられる所得控除は漏れなく申告するのが節税のコツです。 所得税の税率の確認 所得税には累進課税制度が採用されているため、税率は所得によって異なります。 詳しくは、下記の通りです。 0円〜195万円以下 5%(税額控除額:なし)• 330万円〜695万円以下 20%(税額控除額:427,500円)• 695万円〜900万円以下 23%(税額控除額:636,000円)• 900万円〜1,800万円以下 33%(税額控除額:1,536,000円)• 1,800万円〜4,000万円以下 40%(税額控除額:2,796,000円)• 4,000万円〜 45%(税額控除額:4,796,000円) 基本的には所得額が大きくなればなるほど税率も高くなります。 所得が多くない人の課税は抑え、所得が多い人からは多く徴収するといったやり方です。 給与から源泉徴収を行おう 所得税の求め方は分かりましたが、では源泉徴収の場合はどうでしょうか。 給与から源泉徴収を行うためには、所得税に対する理解に加え、源泉徴収に対する理解も深めておく必要があるでしょう。 源泉徴収って何?所得税との違いは? 所得税と源泉徴収はそもそも概念が異なります。 所得税が税金の一種であるのに対し、源泉徴収は給与から予定税額を差し引き、前もって納税することです。 源泉徴収を行うメリットとしては、間違いなく税金が納められるという点が挙げられます。 通常は当人が年度中に得た所得を確定申告し、その後に決まった税額を支払う形になりますが、源泉徴収であれば前納税になるため、ほぼ確実に納税が行われます。 源泉徴収で納めた税金はあくまでも年度中の仮計算によって行われるため、実際の税額と異なることも多いです。 その場合は年末調整や確定申告を行うことで、オーバーした分の税金の返還を受けられます。 源泉徴収額を計算しよう! 源泉徴収額の計算は、「源泉徴収税額表」を参照して行います。 まずは当人の給与から社会保険などの控除を差し引き、源泉徴収の元となる額を算出します。 それに加え、源泉徴収額の計算には当人の扶養人数も必要になるため、あらかじめ確認しておきましょう。 扶養というのは誰かが誰かの生活の面倒を見ている状態のことであり、扶養人数が多ければ多いほど控除額が大きくなるため、税額が安くなります。 たとえば、世帯の構成員として会社勤めの夫、専業主婦の妻、そして子どもが2人いる場合、扶養人数は3人となります。 源泉徴収額表で確認 源泉徴収の元になる給与額と扶養人数が分かれば、あとは源泉徴収税額表を参照するだけで源泉徴収額を割り出せます。 金額によって税率が定まっており、それに対する納税額も一目で分かるようになっているため、それほど難しいことはないでしょう。 なお、源泉徴収税額表には月額・日額・賞与の3種類が設けられています。 給与が月ごとに支払われている場合は月額表を、日払いや週払いの場合は日額表を用いるのが一般的です。 そして、ボーナスに対する計算を行う場合は「賞与に対する源泉徴収額の算出率の表」を用いましょう。 年末調整で所得税を最終確認 源泉徴収で先取りされた税金は年度の途中で計算されるため、必ずしも最終的な額と合致しているとは限りません。 超過している場合は還付しなければなりませんし、不足している分は追加で納税する必要があります。 そのための制度として、年末調整が設けられています。 年の終わりに年末調整を行えば、12月に支給する給与に超過分の税額を加えて支払うことができます。 もちろん、不足している場合は追加で徴税する形になるでしょう。 年末調整が正しく行われることで、正しい税額が納められます。 それにより、会社に勤めているサラリーマンは確定申告義務から解放されるというわけです。 給与計算と所得税を理解してミスなく行おう 給与計算は非常に大切な業務になるため、所得税の意味を理解し、正しい計算を行うことが大切です。 税金の仕組みさえ理解することができれば、自分の給与に対する手取り額も算出することができるので、これを気にしっかりと学んでおきましょう。

次の