エポス カード 自転車 保険。 エポスカードは付帯保険・保険商品が充実!

自転車保険はクレジットカードオプション保険で安く簡単に入れる!年会費無料カード4枚の保険を解説

エポス カード 自転車 保険

エポスプラチナカードには最高1億円まで補償する海外旅行傷害保険が自動付帯しています。 国内旅行傷害保険 国内旅行傷害保険は、エポスプラチナカードで旅行代金を支払った場合にのみ付帯される保険です。 旅行代金には、パッケージツアー代金はもちろん、公共交通乗用具や宿泊料金なども含まれます。 エポスプラチナカードの主な会員特典 ビザ・ワールドワイドがVISAプラチナカード会員へ提供する各種優待特典・サービスを利用することが出来ます。 Visaプラチナカード会員向けに提供されるコンシェルジュサービス。 世界各国から電話またはオンラインで申込み可能です。 世界1,300ヵ所以上の空港ラウンジを無料で利用できるプライオリティ・パスへ年会費無料で登録できます。 国内で無料利用できる空港ラウンジは少なめです。 空港ラウンジをよく利用される方はプライオリティ・パスへの入会をお勧めします。 ボーナスポイントが優れたエポスカードは、年会費相当分のポイントをゲットするのも難しくありません。 最高1億円まで補償する海外・国内旅行傷害保険を付帯しています。 月額1,026円の有料サービス「Visaゴールドライフサポート」。 90万件以上の旅行やレジャーなどの割引優待を用意するほか、入会と同時に12,000円相当の特典がもらえます。 全国100店舗以上の対象レストランで、2名以上のコース料理を予約すると1名分のコース料理が無料になるクーポン。 全国の提携レストランや居酒屋、遊園地、カラオケ、美容院、ネイル、温泉などで割引等の特典を受けられます。 さらに、映画館や劇団四季などでも優待特典が!.

次の

自転車保険は月額200~300円程度で入れます!クレジットカードの付帯保険・個人賠償責任保険がお得!家族も安心のおすすめカード3選

エポス カード 自転車 保険

壊れ物がおおく展示されているお店なのに、子供が走り回って危なっかしい…とか、何度ダメだと叱っても自転車を暴走させるとか、そういった育児の悩みをお持ちの方のために、今回はクレジットカードを持っていれば加入可能な「損害賠償責任補償」についてまとめてみたいと思います。 これらの保険に加入すれば、仮に展示商品を壊してしまったり、自転車で誰かに衝突して大怪我をさせてしまったとしても保険で補償してくれるようになるので安心。 月額負担費用も100円~200円程度なものばかりなので、是非、この機会に加入を検討してみてくださいね。 損害賠償責任補償の解説: 損害賠償責任補償とは? まず基礎知識として、損害賠償責任を補償する保険とはどんなものかをカンタンに解説。 楽天ピンクカードのによると、この保険は住宅内や日常生活に関連する偶然な事故の損害を補償してくれるとのことです。 住宅の所有、使用または管理に起因する事故や、日常生活に起因する偶然な事故による損害賠償責任を実額で補償する保険です。 例をあげるとこんな感じになります。 洗濯機から水漏れし、下に階に漏水させてしまった• 子供がデパートで走り回り、展示商品を壊してしまった• 自転車に乗っていたら突然、人が飛び出してきて怪我をさせてしまった• 飼い犬が噛み付いて、大怪我をさせてしまった• ベランダから鉢植えが落ちて、下にあった車を傷つけてしまった• ゴルフプレー中にボールを隣のコースにいた人にぶつけてしまった• スノーボードを滑走中に他人に衝突してしまった なんだか可能性はありそうな事故ばかりですよね。 こういった問題が起こった際、相手側から損害賠償を請求されたら助けてくれるのがこの損害賠償責任補償の保険。 総じて1億円程度までの賠償請求であれば保険がカバーしてくれるので、これだけの補償があれば、よほどのことがない限り十分なはずです。 対象は子供や同居の親にも適用: また、この保険は原則として同居している両親や兄弟、そして子供にも適用されるので、タイトルにも書かせていただいたように元気いっぱいの小さな子供がいる家庭には必要不可欠(勝手に走り回ったりしますからね、子供は)。 万が一のことが起こったときに対処できる預貯金があれば別ですが、そういった貯蓄がないのなら加入を是非、検討してみてください。 また、一人暮らしをしている未婚の子供にも保険が適用になるので、大学に通いはじめた子供のために加入しておくというのも手。 加入者ご本人のみならず、その家族も被保険者となります。 なお、これらの方が責任無能力者である場合は、親権者・法定監督義務者・監督義務者に代わって責任無能力者を監督する方(責任無能力者の6親等内の血族、配偶者および3親等内の姻族に限ります。 )も補償の対象となります。 こういったものも親心…といったところでしょうか(子供が木造アパートの2階に住み始めたとか、スノーボードやスキーが趣味だ…という場合には尚更)。 損害賠償責任補償保険に加入できるカードまとめ: 次に肝心の損害賠償責任補償保険に加入可能なおすすめクレジットカードを紹介していきます。 冒頭でも解説させていただいたように、どのカードを選んでも月額数百円程度の出費で保険加入ができるため、万が一が怖い方は率先して加入するようにしてください。 それだけで安心が買えるはずです。 楽天ピンクカード(月額220円、最高1億円): 女性向けの楽天カード、楽天ピンクカードでも損害賠償責任補償が受けられる保険に加入することが可能です。 こちらは月額220円で最高1億円までの補償があるので、よほど大きな事故でも起こしてしまわない限りはこの範囲でどうにかなることでしょう。 日常生活での損害賠償を、1億円を限度に補償します。 傷害により死亡、または後遺障害を負った場合には100万円を限度にお支払いします。 示談交渉サービスもあるので安心です。 (国内のみ) 適用範囲も同居の親族までOK。 やんちゃなお子さんが居る方はもはや加入が必須ですね(詳しくは公式サイトにて)。 万が一の補償を手に入れよう: ここまで解説させていただいたように、クレジットカードを利用すれば月額150~300円程度の負担で損害賠償責任補償に加入可能。 特に活発的な子供がいる家庭においては重要な保険になると思うので、『危なっかしいなぁ…』と思ったことがある方は是非、加入を検討ください。 それだけで万が一のトラブルにも慌てずに対応できるようになりますよ。 以上、やんちゃな子供がいる家庭はもはや加入必須!自転車事故や商品破損などの損害賠償を補償してくれる、クレジットカードの保険まとめでした。 参考リンク: クレジットカードの保険はなにも損害賠償責任補償だけではありません。 実質、無料で加入できる旅行保険…なんてものもあるので、保険加入に興味がある方は下記記事もあわせてご覧ください。

次の

エポスカードの自転車保険は月々460円! 身近な事故から自分や家族を守るために保険に入ろう

エポス カード 自転車 保険

カードの自転車保険の口コミ・評判 安い自転車保険でGO! 月500円で得られる安心|エポス自転車保険の口コミ フジワラさん(女性・28歳)おすすめの自転車保険 加入した自転車保険 エポラク傷害保険 自転車コース 保険料(月額) 460円 ほぼ毎日自転車通勤 私が自転車保険に加入していたのは3年ほど前なのですが、当時は最寄りの駅まで仕事の通勤で使っていたので朝晩ほぼ毎日自転車に乗っていました。 きっかけダイレクトメッセージ 自転車保険に加入したのは、使っているクレジットカード会社からのダイレクトメッセージがきっかけで、一年だけ試しに加入してみないかという内容だったので試しに入ってみました。 そのダイレクトメッセージには、高校生が自転車で20歳代の会社員をひいてしまい、その会社員に言語障害が残ったため数千万円の賠償金を払わないといけなくなったという事が書いてありました。 それを見て、もし私が自転車で傷害事件を起こしてしまい、家族に損害賠償が請求されたらという事を考え、不安になって試しに加入してみようと思い、それから1年間、そのエポスカードの自転車保険に加入しました。 比較する事なく加入 そんな感じだったので、他社と比較する事もなく加入したのが実際のところです。 安心が得られてよかった 加入して良かった点は、それで少なからず安心が得られた事です。 悪かった点は、月額460円と安かったので傷害死亡後遺傷害の補償が100万円という内容だったことでした。 現在は自転車に乗らなくなったので、加入していませんが、当時毎日自転車に乗っていたにも関わらず、私は自転車保険の事は知りませんでした。 自転車は子供から高齢者まで資格なしで乗れる乗り物なので、日本一乗っている人の多い乗り物だと思うので、せめて自転車通学、通勤している家族がいる家庭には、学校で保険について説明するなど、もう少し自転車保険について知るきっかけがあれば良いなと思います。

次の