黒いツム 150 コンボ。 [ツムツム]ディズニーストア攻略、難関ミッションとクリア+イベントガチャをまとめたもの

[ツムツム]ディズニーストア攻略、難関ミッションとクリア+イベントガチャをまとめたもの

黒いツム 150 コンボ

スポンサーリンク 耳がとがったツムで150コンボをするコツは? コンボの基本は「細かく消す」こと 1プレイで150コンボは、コンボミッション特化のタップで消せるタイプのツムがいないと、なかなか大変な数字です。 しかし、工夫すれば不可能な数字ではありません。 基本は「細かく消す」を頭においてプレイしましょう。 以下のコツを参考にしてくださいね。 フィーバー中はスキルやボムを使わない フィーバー中はコンボが途切れないので、スキルやボムはフィーバー中は温存しておきましょう。 通常に戻ったタイミングでスキルやボムを使うことで、時間延長+コンボを途切れさせない効果があります。 ロングチェーンで消さずにこまめに消す ロングチェーンを使うと、コンボ数が稼げないだけではなく、ボムキャンセルを行わない限りは演出時間が長くなります。 その間画面上では消すことができるツムが減ってしまい、コンボが途切れやすくなります。 コンボミッションの時は、ロングチェーンは作らず3~4個のツムでショートチェーンをいくつも作るのがベストです。 「+Time」はプレイ時間を5秒プラスしてくれますので、その分コンボ数を稼ぐ余裕ができます。 おすすめの耳がとがったツム 以下のツムは、耳がとがったツムの中でもコンボを続けやすいものになります。 ホリデーマリー ホリデーマリーは、スキル発動中の間、マイツム(ホリデーマリー)をボムに変化させます。 変化したボムはなぞるだけで爆破でき、しかもコンボ数にカウントされます。 通常のマリーはもちろん、他のボム生成スキルのツムよりも多くボムを生産できます。 フィーバーゲージも溜めやすいです。 マリー ホリデーマリーほどではありませんが、ボムを生産してくれる通常のマリーもコンボミッションには向いています。 初期からいるツムだけに、スキルが育っている方も多いのではないでしょうか。 スキルで作ったボムを温存して、通常時に一気に使うことによって、フィーバー突入もしやすくなり、時間を延長できます。 さむがりピグレット さむがりピグレットは、一種類のツムを消すことができるスキルを持っています。 ツムを消すとき、ひとつずつカウントしてくれるため、コンボ数を稼げます。 さらに、確定でタイムボムを1つ生成するので、プレイ時間の延長も可能です。 難点はスキルレベルが低いうちはスキルが若干重く、期間限定でスキルレベルが上げづらい点です。 ピグレット ハピネスツム最強と名高い、通常のピグレットです。 スキルがオート発動で、プレイ時間を延長することができます。 スキルが発動し続ける限り延々とプレイができますので、その分コンボ数を稼ぐことができます。 エンジェル エンジェルはスキルを発動させることで、一時的に画面上のツムを2種類にすることができます。 スキル発動中の間にひたすらショートチェーンでコンボ数を稼ぎまくりましょう。 他のツムに比べてスキルが重く、時間制限付きです。 エンジェルでコンボミッションをクリアするなら、かなり急いでショートチェーンを量産する必要があります。

次の

【ツムツム】プリンセスのツムを使って1プレイで150コンボしよう

黒いツム 150 コンボ

スポンサーリンク 耳がとがったツムで150コンボをするコツは? コンボの基本は「細かく消す」こと 1プレイで150コンボは、コンボミッション特化のタップで消せるタイプのツムがいないと、なかなか大変な数字です。 しかし、工夫すれば不可能な数字ではありません。 基本は「細かく消す」を頭においてプレイしましょう。 以下のコツを参考にしてくださいね。 フィーバー中はスキルやボムを使わない フィーバー中はコンボが途切れないので、スキルやボムはフィーバー中は温存しておきましょう。 通常に戻ったタイミングでスキルやボムを使うことで、時間延長+コンボを途切れさせない効果があります。 ロングチェーンで消さずにこまめに消す ロングチェーンを使うと、コンボ数が稼げないだけではなく、ボムキャンセルを行わない限りは演出時間が長くなります。 その間画面上では消すことができるツムが減ってしまい、コンボが途切れやすくなります。 コンボミッションの時は、ロングチェーンは作らず3~4個のツムでショートチェーンをいくつも作るのがベストです。 「+Time」はプレイ時間を5秒プラスしてくれますので、その分コンボ数を稼ぐ余裕ができます。 おすすめの耳がとがったツム 以下のツムは、耳がとがったツムの中でもコンボを続けやすいものになります。 ホリデーマリー ホリデーマリーは、スキル発動中の間、マイツム(ホリデーマリー)をボムに変化させます。 変化したボムはなぞるだけで爆破でき、しかもコンボ数にカウントされます。 通常のマリーはもちろん、他のボム生成スキルのツムよりも多くボムを生産できます。 フィーバーゲージも溜めやすいです。 マリー ホリデーマリーほどではありませんが、ボムを生産してくれる通常のマリーもコンボミッションには向いています。 初期からいるツムだけに、スキルが育っている方も多いのではないでしょうか。 スキルで作ったボムを温存して、通常時に一気に使うことによって、フィーバー突入もしやすくなり、時間を延長できます。 さむがりピグレット さむがりピグレットは、一種類のツムを消すことができるスキルを持っています。 ツムを消すとき、ひとつずつカウントしてくれるため、コンボ数を稼げます。 さらに、確定でタイムボムを1つ生成するので、プレイ時間の延長も可能です。 難点はスキルレベルが低いうちはスキルが若干重く、期間限定でスキルレベルが上げづらい点です。 ピグレット ハピネスツム最強と名高い、通常のピグレットです。 スキルがオート発動で、プレイ時間を延長することができます。 スキルが発動し続ける限り延々とプレイができますので、その分コンボ数を稼ぐことができます。 エンジェル エンジェルはスキルを発動させることで、一時的に画面上のツムを2種類にすることができます。 スキル発動中の間にひたすらショートチェーンでコンボ数を稼ぎまくりましょう。 他のツムに比べてスキルが重く、時間制限付きです。 エンジェルでコンボミッションをクリアするなら、かなり急いでショートチェーンを量産する必要があります。

次の

ツムツムのイベントで、おまけで、黒いはなのツムで、130コンボ取るにはどうした...

黒いツム 150 コンボ

スポンサーリンク 耳がとがったツムで150コンボをするコツは? コンボの基本は「細かく消す」こと 1プレイで150コンボは、コンボミッション特化のタップで消せるタイプのツムがいないと、なかなか大変な数字です。 しかし、工夫すれば不可能な数字ではありません。 基本は「細かく消す」を頭においてプレイしましょう。 以下のコツを参考にしてくださいね。 フィーバー中はスキルやボムを使わない フィーバー中はコンボが途切れないので、スキルやボムはフィーバー中は温存しておきましょう。 通常に戻ったタイミングでスキルやボムを使うことで、時間延長+コンボを途切れさせない効果があります。 ロングチェーンで消さずにこまめに消す ロングチェーンを使うと、コンボ数が稼げないだけではなく、ボムキャンセルを行わない限りは演出時間が長くなります。 その間画面上では消すことができるツムが減ってしまい、コンボが途切れやすくなります。 コンボミッションの時は、ロングチェーンは作らず3~4個のツムでショートチェーンをいくつも作るのがベストです。 「+Time」はプレイ時間を5秒プラスしてくれますので、その分コンボ数を稼ぐ余裕ができます。 おすすめの耳がとがったツム 以下のツムは、耳がとがったツムの中でもコンボを続けやすいものになります。 ホリデーマリー ホリデーマリーは、スキル発動中の間、マイツム(ホリデーマリー)をボムに変化させます。 変化したボムはなぞるだけで爆破でき、しかもコンボ数にカウントされます。 通常のマリーはもちろん、他のボム生成スキルのツムよりも多くボムを生産できます。 フィーバーゲージも溜めやすいです。 マリー ホリデーマリーほどではありませんが、ボムを生産してくれる通常のマリーもコンボミッションには向いています。 初期からいるツムだけに、スキルが育っている方も多いのではないでしょうか。 スキルで作ったボムを温存して、通常時に一気に使うことによって、フィーバー突入もしやすくなり、時間を延長できます。 さむがりピグレット さむがりピグレットは、一種類のツムを消すことができるスキルを持っています。 ツムを消すとき、ひとつずつカウントしてくれるため、コンボ数を稼げます。 さらに、確定でタイムボムを1つ生成するので、プレイ時間の延長も可能です。 難点はスキルレベルが低いうちはスキルが若干重く、期間限定でスキルレベルが上げづらい点です。 ピグレット ハピネスツム最強と名高い、通常のピグレットです。 スキルがオート発動で、プレイ時間を延長することができます。 スキルが発動し続ける限り延々とプレイができますので、その分コンボ数を稼ぐことができます。 エンジェル エンジェルはスキルを発動させることで、一時的に画面上のツムを2種類にすることができます。 スキル発動中の間にひたすらショートチェーンでコンボ数を稼ぎまくりましょう。 他のツムに比べてスキルが重く、時間制限付きです。 エンジェルでコンボミッションをクリアするなら、かなり急いでショートチェーンを量産する必要があります。

次の