阪九フェリー。 入手難? フェリーのスタンプ 船内でのみもらえる!

阪九フェリー いずみ 泉大津→新門司 乗船記

阪九フェリー

12時間滞在にしては十分すぎる豪華さなフェリー 阪九フェリーは 大阪府泉大津市泉大津港~北九州市新門司港航路と 神戸港~新門司港航路を持つフェリーで、長距離フェリー激戦区ともいえる関西~九州航路のうちの1社です。 僕は泉大津から新門司港の航路で乗船しました。 大阪市以南から出発する分には便利な場所ですが、大阪市よりも東~北の方向から出発すると 泉大津港まで想像以上に時間がかかるので、かなり時間に余裕を持って出発するのが無難です。 特に大阪市街を迂回する 中環 府道2号 が意外にも長く続く上、高速道路もちょくちょく渋滞するポイントが多めです。 そんなわけで僕も予想以上に時間がかかってしまい、受付期限ギリギリでの到着。 フェリーターミナルの外観しか写真を撮ることができませんでした・・・ 今回乗ったのはツーリング当時 2015年 に就航したばかりの新造船 「ひびき」です。 ここ数年の間に関西~九州航路の各会社が新造船を投入していて、さながら乗客の奪い合いの様相が伺えますが、こちらとしてはきれいで便利になった快適な船で過ごせる機会が増えたのは嬉しいことです。 そんなわけで早速乗船 出発前の泉大津港。 中央に見える橋はフェリーターミナルのある小津島をつなぐ泉大津大橋。 エントランスの吹き抜けエリア。 北海道行きのフェリーよりも短い航行時間のフェリーなのに、北海道行きのフェリーと同等以上設備の充実さと豪華さがあります。 さすがに ほどの充実度では無いですが、それでもどことなく太平洋フェリーに近いレベルのサービスの良さがありました。 吹き抜けのエントランスでミニライブもありました。 こういう生ライブ的なイベントがあるのもちょっと太平洋フェリーっぽいですね。 こちらは6階の展望ラウンジ。 ラウンジも各階至る所にあってスペースをゆったりと利用できるのが良かったです。 もちろん売店もあり。 このほかに電子レンジや給湯器も用意されていました。 飲水機はあったっけ・・・? ちなみにお風呂は内風呂に加え展望露天風呂までついています。 ガラス張りの展望風呂のフェリーは多いが露天はさすがに初めての体験でした。 本当にお気持ち程度のスロットとクレーンゲームがあるだけでした。 各フェリー会社に言えるけど、ゲームコーナーに関しては新造船になってもあんま充実してない むしろ縮小傾向 ので、時間を潰せるゲームが少ないのがちょっと残念。 そして部屋ですが、いつものように2等で予約したのですが、受付で 「本日は空いておりますので1ランク上のスタンダード洋のお部屋を無料でご用意できます。 」と嬉しい心遣いが! そんなわけでお言葉に甘えて スタンダード洋の部屋を借りることが出来ました。 中にはドリンクホルダーやコンセント付き照明や・・・ そして地味にうれしい貴重品BOXと簡易的な空調が付いていました。 この客室については太平洋フェリー「いしかり」の同タイプの部屋よりも快適でした。 レストランは食べ放題バイキングではなく、カフェテリア方式となっています。 こちらはコースディナーほどかしこまった感じじゃなく、自分が食べたいものだけチョイスしてお金を払うシステムなので気軽に利用できたのがちょっとケチな僕には大助かりでした 笑 とりあえず温かいのが欲しかったのでご飯と豚汁と煮物を取りました。 ご飯 160円 180円 2019年 はおかわり自由なのでとりあえず腹いっぱいにはなりますね。 そして瀬戸内航路最大の魅力は 明石海峡・瀬戸大橋・しまなみ海橋の橋をくぐるシーンです。 写真は 明石海峡大橋。 こちらが 瀬戸大橋。 だいぶ写真がブレてますが。 瀬戸大橋は意外とライトアップは控えめでした。 この他にも朝用の単品メニューもあり。 そしてほどなくして新門司港到着のアナウンスが。 11月の空、まだ薄暗い6:00前に新門司港に到着しました。 新門司港に上陸! 関西~九州のフェリーは翌日の朝早くに着く便が多いので、1日を存分に有効活用できるのが大きなメリット。 新門司港に着いてまずびっくりしたのが、阪九フェリーの新門司港ターミナルがめちゃくちゃ奈良っぽい建物だったこと 笑 平城宮? 各社が運行している関西~九州航路のフェリーの中では現時点では一番快適だったと思えるフェリーです。 唯一のネックとしては、泉大津港までのアクセスが意外としんどかった、かなぁ・・・? 泉大津までのアクセスさえOKだったら料金の割には充実した船旅ツーリングが楽しめると思います。 基本情報 案内:泉大津港・・・大阪府泉大津市小津島町1-3 最寄ICは阪神高速泉大津ICまたは堺泉北有料道路助松IC。

次の

阪九フェリー クチコミ・アクセス・営業時間 2ページ目|門司・関門海峡【フォートラベル】

阪九フェリー

12時間滞在にしては十分すぎる豪華さなフェリー 阪九フェリーは 大阪府泉大津市泉大津港~北九州市新門司港航路と 神戸港~新門司港航路を持つフェリーで、長距離フェリー激戦区ともいえる関西~九州航路のうちの1社です。 僕は泉大津から新門司港の航路で乗船しました。 大阪市以南から出発する分には便利な場所ですが、大阪市よりも東~北の方向から出発すると 泉大津港まで想像以上に時間がかかるので、かなり時間に余裕を持って出発するのが無難です。 特に大阪市街を迂回する 中環 府道2号 が意外にも長く続く上、高速道路もちょくちょく渋滞するポイントが多めです。 そんなわけで僕も予想以上に時間がかかってしまい、受付期限ギリギリでの到着。 フェリーターミナルの外観しか写真を撮ることができませんでした・・・ 今回乗ったのはツーリング当時 2015年 に就航したばかりの新造船 「ひびき」です。 ここ数年の間に関西~九州航路の各会社が新造船を投入していて、さながら乗客の奪い合いの様相が伺えますが、こちらとしてはきれいで便利になった快適な船で過ごせる機会が増えたのは嬉しいことです。 そんなわけで早速乗船 出発前の泉大津港。 中央に見える橋はフェリーターミナルのある小津島をつなぐ泉大津大橋。 エントランスの吹き抜けエリア。 北海道行きのフェリーよりも短い航行時間のフェリーなのに、北海道行きのフェリーと同等以上設備の充実さと豪華さがあります。 さすがに ほどの充実度では無いですが、それでもどことなく太平洋フェリーに近いレベルのサービスの良さがありました。 吹き抜けのエントランスでミニライブもありました。 こういう生ライブ的なイベントがあるのもちょっと太平洋フェリーっぽいですね。 こちらは6階の展望ラウンジ。 ラウンジも各階至る所にあってスペースをゆったりと利用できるのが良かったです。 もちろん売店もあり。 このほかに電子レンジや給湯器も用意されていました。 飲水機はあったっけ・・・? ちなみにお風呂は内風呂に加え展望露天風呂までついています。 ガラス張りの展望風呂のフェリーは多いが露天はさすがに初めての体験でした。 本当にお気持ち程度のスロットとクレーンゲームがあるだけでした。 各フェリー会社に言えるけど、ゲームコーナーに関しては新造船になってもあんま充実してない むしろ縮小傾向 ので、時間を潰せるゲームが少ないのがちょっと残念。 そして部屋ですが、いつものように2等で予約したのですが、受付で 「本日は空いておりますので1ランク上のスタンダード洋のお部屋を無料でご用意できます。 」と嬉しい心遣いが! そんなわけでお言葉に甘えて スタンダード洋の部屋を借りることが出来ました。 中にはドリンクホルダーやコンセント付き照明や・・・ そして地味にうれしい貴重品BOXと簡易的な空調が付いていました。 この客室については太平洋フェリー「いしかり」の同タイプの部屋よりも快適でした。 レストランは食べ放題バイキングではなく、カフェテリア方式となっています。 こちらはコースディナーほどかしこまった感じじゃなく、自分が食べたいものだけチョイスしてお金を払うシステムなので気軽に利用できたのがちょっとケチな僕には大助かりでした 笑 とりあえず温かいのが欲しかったのでご飯と豚汁と煮物を取りました。 ご飯 160円 180円 2019年 はおかわり自由なのでとりあえず腹いっぱいにはなりますね。 そして瀬戸内航路最大の魅力は 明石海峡・瀬戸大橋・しまなみ海橋の橋をくぐるシーンです。 写真は 明石海峡大橋。 こちらが 瀬戸大橋。 だいぶ写真がブレてますが。 瀬戸大橋は意外とライトアップは控えめでした。 この他にも朝用の単品メニューもあり。 そしてほどなくして新門司港到着のアナウンスが。 11月の空、まだ薄暗い6:00前に新門司港に到着しました。 新門司港に上陸! 関西~九州のフェリーは翌日の朝早くに着く便が多いので、1日を存分に有効活用できるのが大きなメリット。 新門司港に着いてまずびっくりしたのが、阪九フェリーの新門司港ターミナルがめちゃくちゃ奈良っぽい建物だったこと 笑 平城宮? 各社が運行している関西~九州航路のフェリーの中では現時点では一番快適だったと思えるフェリーです。 唯一のネックとしては、泉大津港までのアクセスが意外としんどかった、かなぁ・・・? 泉大津までのアクセスさえOKだったら料金の割には充実した船旅ツーリングが楽しめると思います。 基本情報 案内:泉大津港・・・大阪府泉大津市小津島町1-3 最寄ICは阪神高速泉大津ICまたは堺泉北有料道路助松IC。

次の

入手難? フェリーのスタンプ 船内でのみもらえる!

阪九フェリー

阪九フェリー 泉大津航路 乗船記 おはようございます。 NakaNaka115です。 今回は、阪急フェリー「いずみ」に泉大津から新門司まで乗船してきたので、乗船記をお届けします。 泉大津港まで 私は、青春18きっぷを使って、名古屋から新宮を回って和歌山に至るルートで旅をしていました。 その先、九州に行くために泉大津発の阪九フェリーを使いました。 電車・バスでのアクセス 公共交通機関を使った泉大津港へのアクセスは、あまり良くないです。 JR利用だと阪和線の和泉府中駅から連絡バス(270円・40分)になり、南海電車だと泉大津駅から連絡バス(無料・15分)を使ったアクセスになります。 また、なんばOCATからも連絡バスが出ているので、大阪市内から乗り換えなしでアクセスできます。 私の場合 今回私は和歌山駅からJR阪和線で北上していましたが、JR阪和線羽衣支線の乗車とバス代の節約を兼ねて、南海泉大津駅から連絡バスに乗ることにしました。 南海の泉大津駅の駅前にはダイエーがあるので、飲食物を買い込むことができ、大変便利です。 泉大津駅では時間に余裕を持たせて買い物をするのがよいでしょう。

次の