鬼滅の刃 186。 【鬼滅の刃】第186話画バレあらすじ解説ネタバレ|炭治郎生き返る?

最新ネタバレ『鬼滅の刃』186

鬼滅の刃 186

鬼滅の刃186話の展開ネタバレ記事です。 186話が出版されるまでネタバレ記事をまとめていきたいと思います。 【鬼滅の刃】前話 あらすじ 炭治郎の危機に「起きろ」と夢の中で禰豆子に語りかける一人の男の姿 その声に目覚める禰豆子、そしてそのまま屋敷を飛び出してしまいます、 その後を急いで追う鱗滝 禰豆子の行動に慌てる警備をしている元柱の宇髄天元や杏寿郎の父 輝利哉に追うか、追わないか指示を聞くが、その予想外の行動に戸惑う輝利哉 「 禰豆子は好きにさせなさい、大丈夫だから…」 自分の体を支えるように父の声、産屋敷輝の声が聞こえました。 その声の通りに禰豆子を追わず、好きにさせることを選んだ… そして禰豆子は鱗滝を振り切って炭治郎の下へと急ぐ その一方で無惨との戦闘中…戦う3人の柱 3人がかりで戦っているのにも関わらず、無惨の攻撃は鋭く 呼吸の息が続かなくなります。 するとその隙についに無惨の攻撃を受けてしまう 毒の効果で動けなくなってしまった甘露寺!そこに無惨の止めの攻撃… すると…… その攻撃を黒死牟を倒し、遅れてやってきた行冥が防ぎます。 その隙を、無惨の背後から実弥が… 一太刀入れ、真っ二つにするがすぐに再生します。 振り返り攻撃する無惨に酒瓶をい投げつけ、さらにその場から離れ火を放つ 燃え上がる無惨…小賢しい真似をと怒る無惨に「ブチ殺してやる、この塵屑野郎」とさらに怒り込みあがる実弥 そこから少し離れたところで生きていた村田…殺された家族の仇と怒りを見せているがそれに気づいた義勇が炭治郎を安全なところに連れて行き、手当てしてほしいと頼みます。 炭治郎は青空を見ていました…… 画バレ 186話予想 禰豆子が炭治郎の元へ駆けつけ、柱や炭治郎の中に入った無惨の毒のみを燃やすのではないかと思います。 炭吉らしき人物の回想で、これから炭治郎の痣もまた覚醒するかもしれませんね。 186話確定のネタバレ 炭治郎は困惑していました。 薪割りをしていたらしき状況、自分は走馬灯を見ているのだろうか・・・。 戸惑う炭治郎にを父と言ってまとわりついてくる小さな子供。 炭治郎には一体誰の子か分かりません。 その子が指さす先を見ると、そこには始まりの呼吸の剣士、縁壱が立っていてこちらに向かって小さく会釈します。 その現実では、村田が炭治郎を蘇生しようと必死に心臓マッサージを続けていました。 しかし、先に愈史郎を助けようと他の隊員に呼ばれて炭治郎を放置することになってしまいます。 炭治郎と縁壱は家の縁に座り、話をしていました。 炭治郎は13番目の型について聞こうとしますが、炭治郎は自分の意志では話すことが出来ませんでした。 それもそのはず、これは遺伝した先祖の記憶なのです。 縁壱は、幸せそうな人を見るのは嬉しいと言うと、自分の母の話を始めました。 この世から諍いが無くなるようにと毎日祈っていた縁壱の母は、耳の聞こえない縁壱のために太陽の神様に祈り、耳飾りのお守りをくれたと言います。 兄もとても優しかったけれど、縁壱は母の死後、すぐに家を出ました。 出家するはずだった縁壱が寺に行かなかったのは、美しい空の下を思いっきり走ってみたいと言う思いからだったようです。 疲れることがなかった縁壱は走り続けてたどり着いた山の中で、同じ年頃の女の子を見つけました。 その子は家族が皆病で死んでしまい、1人は寂しいからと田んぼでおたまじゃくしを捕まえていました。 しかし、家族がばらばらになるのは可哀想と言って結局おたまじゃくしを放した女の子を、縁壱は一緒に連れて行くことにしました。 縁壱はうたと一緒に暮らし始めました。 うたはよくしゃべる元気な女の子でした。 うたはずっと縁壱の手を握ってくれ、10年後、2人は夫婦になりました。 うたの出産が近づき、縁壱は産婆を呼びに出かけました。 途中で困っている人を助けた縁壱は産婆を呼ぶのは翌日にして帰ることにしましたが、家に帰るとうたと胎児は殺されていました。 10日ほど何もできずにいた縁壱のもとに、鬼の足跡を追って剣士がやって来ました。 剣士に言われてうたと胎児の弔いを済ませると、縁壱は美しい世界を汚す鬼を殺すために鬼殺隊となりました。 柱の剣士は呼吸を使うようになったことで飛躍的に力が向上しました。 鬼を殺して回るうちに兄も仲間に加わった事、縁壱は鬼の始祖、無惨に出会いました。 縁壱は無惨を見た瞬間、自分が無惨を殺すために生まれてきたことを悟りました。

次の

鬼滅の刃186話をネタバレ!縁壱の悲しい過去に切なさが止まらない|大漫画時代

鬼滅の刃 186

『鬼滅の刃』最新話185話ネタバレ速報! いよいよ待ちに待った展開がいくつかやってきそうですね! それでは最新話の 185話『 匂いのない世界』についてふれていきたいと思います! ついにこのタイミングで屋敷で 鱗滝左近次に見守られながら深い眠りについていたねずこが目覚めます!!! しかも、前回 炭治郎のピンチの時に ねずこに語り掛け 「ねずこ起きて!炭治郎が危ない!炭治郎を救ってあげて!」 と意識の中で語り掛けていたのは母の 葵枝(きえ)でしたが、今回は父の 炭十郎(たんじゅうろう)でした! やはり前回の母の時のように、 ねずこに父の炭十郎が語りかけ 「ねずこ起きなさい。 」「炭治郎が危ない・・・」と、驚いた顔をして起き上がるねずこに 鱗滝左近次も「ねずこどうした!?」とおどろいていました。 大きな音をたてて走るねずこをおいかける 鱗滝、そして音の方向を見る屋敷で護衛中の前音柱の 宇随天元(うずいてんげん)と前前炎柱の 煉獄槇寿郎(れんごくしんじゅろう)はすぐさま現お館様である 産屋敷輝利哉(うぶやしききりや)に ねずこが起きたことを伝えると、 こちらも止めようとする 輝利哉に「好きにさせなさい。 ねずこは大丈夫だから」と今は亡き先代お館様の 耀哉(かがや)の声が聞こえてきます。 そしてねずこがおそらくは 炭治郎の元へと疾走し、高い崖の上から飛び降りていきます。 話は無惨との戦闘の場へと移します。 倒れたままの 炭治郎以外の柱3人は攻撃を試みますが、それぞれ 無惨から毒入りの攻撃を受けてしまいます。 特に胸に受けてしまった恋柱の 甘露寺蜜璃(かんろじみつり)は毒をうまく制御できずに倒れこんでしまいます。 他の人よりも余計に出っ張ってる場所ですからしょうがないのですかね!? 笑 そこで、倒れこんだ 甘露寺蜜璃めがけて攻撃をしかけようとする 無惨に待ちに待った最強の人がやってきて鉄球を投げつけます! そうです!岩柱の 悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)がやってきて 「遅れてすまない」といよいよ戦いに参加します! 続いてもちろんまだ参加してなかった風柱 不死川実弥(しなずがわさねみ)もやってきて、油の入った瓶をいくつも投げつけ無惨に火をつけ「テメエにはこれくらいが似合いだぜぇ!ブチ殺してやるよこのゴミ屑野郎!! 」と 実に頼もしい2人が駆けつけてきてくれましたね! そして、戦いに参加しようとする隊士の 村田さんも来て戦いに参加しようとしますが、 水柱の 冨岡義勇に名前を呼ばれ静止されて、 炭治郎の介護を命じます。 名前を憶えていてくれたことに感激する 村田は 炭治郎を背負い安全な場所まで連れて行きます。 どうやら 村田さんは 義勇と同期だったらしいですね! そこで 炭治郎は深い意識の中で気が付きます。 目が覚めると、青空がひろがっていました。 しかし異変に気付きます。 「あれ!?匂いが全くしない!?」と そこで見る自分に似た姿には痣もなく耳飾りもしていない炭治郎によく似た姿でした。 『鬼滅の刃』186話の考察 それでは次週の考察に行きたいと思いますが・・・ これですよ!これっ! 炭治郎の顔が大変なことになってしまいました! この画像だけでは無惨の言うように死んでしまったのか、まだ息があるのかまではわかりませんが、一つ言えることは傷口から間違いなく鬼化の細胞のようなものが侵食してきてる!? ような気がします。 これを見て思った今後の展開は、いくつかあるのですがおさらいしておくと・・・ 1.一瞬確かに呼吸は止まりかけたが、すぐに息を吹き返しまだ死には至っていない。 2.まだ死んでもいないのに勝手に 鬼憮辻無惨(きぶつじむざん)が「死んだ」と思い込んでしまった。 3.しばらく仮死状態におちいったが、 竈門炭治郎(かまどたんじろう)の妹の 禰豆子(ねずこ)が眠りから覚め、 炭治郎のピンチを救いにやってきて自身の 血鬼術である 『爆血』(ばっけつ)により鬼の細胞を燃やして 炭治郎を復活させる。 このうちのどれかだと思っています。 おそらくは1と3ではないかと推測しています。 この ねずこの能力である血鬼術 『 爆血』、今思うと秀逸な能力ですよね! 作者もこれを見込んで ねずこの能力設定をしたんだと思えばなんとなく辻褄が合う気がしてきました。 と、勝手な妄想をしてしまいましたが 笑 上記にあげた1,2,3,の考察以外には 炭次郎自身の描写が出てくる気がしました。 それは、以前作中に登場していた 『記憶の遺伝』です。 『記憶の遺伝』とは、 炭治郎が夢の中で見た出来事でおそらくは実際に 炭治郎の先祖の誰かが見た景色と言葉だと思われます。 内容ははじまりの呼吸の使い手であり、最初に痣を出現させ 無惨をあと一歩までおいつめた剣士である 継圀緑壱(つぐくによりいち)と、 炭治郎の祖先である 竈門炭吉(かまどすみよし)の会話のシーンで竈門家の庭での出来事でした。 それが判明した後には、自分はすべての型を受け継いではいない・・・と落ち込んでしまいましたが、 今回の瀕死状態中(私は死んではいないと思ってます)にまた 『記憶の遺伝』を垣間見て、 『ひのかみかぐら』のまだ会得していない13の型を知ることに成功して 無惨に致命の一撃をおみまいするのではないか!?と推測しています。 キメツ学園』紹介第2弾も大好評です!.

次の

鬼滅の刃ネタバレ最新186話確定【禰豆子が向かう先】

鬼滅の刃 186

・タイトル名 ・扉絵 ・炭治郎がいた場所 ・縁壱のお話 ・叶わなかった小さな夢 の5つの大見出しをご用意!!! 鬼滅の刃ネタバレ186話:タイトル名 今回のタイトル名は… 「古の記憶」 となっております。 このタイトルってことは、やはり 竈門家の記憶編突入ってことですね! 今までも重要な場面で登場してきた記憶編。 ここで何かをつかむのでしょうか? 鬼滅の刃ネタバレ186話:扉絵 そんで今回の扉絵はこんな感じです!!! その風景が語るのはー 見覚えのある羽織を着た人物・・・ 炭治郎の先祖の誰か・・・ 一体なにが起こるのでしょうか? 鬼滅の刃ネタバレ186話:炭治郎がいた場所 瀕死だったはずの炭治郎は、何故か 自分の家によく似た家の前にいた。 とーたん 幼い子が炭治郎の事を お父さんと呼び、どこかを指差す。 そこには、 始まりの呼吸の剣士・縁壱の姿が! 鬼滅の刃186話:現実の炭治郎 現実世界の炭治郎は、変わらず 瀕死状態。 村田が必死に蘇生を試みていた。 息もしてない、心臓も・・・!? 村田が自分の心音と息の音がうるさいと思うほど、炭治郎は死にそう・・・ そこに現れた一般隊士。 「むらた!」 ドキーン 「うわぁああ」 突然名前を呼ばれ、びっくりしすぎる村田。 愈史郎が瓦礫の下敷きになっているから手伝ってくれという隊士。 涙を流し 「炭治郎も死にそうで・・・」という村田。 しかし、 愈史郎を助けられれば手当てしてもらえるはずだと隊士は村田を連れて行く。 鬼滅の刃ネタバレ186話:縁壱のお話 縁側に座る縁壱と炭吉 炭治郎 、すみれ。 この世は ありとあらゆるものが美しい そうして、縁壱は語りだす。 鬼滅の刃186話:縁壱の過去 信心深く、縁壱を想ってくれていた 母の事。 耳が聞こえない縁壱の為、 耳飾りのお守りも作ってくれた。 いつも縁壱を気にかけてくれた、優しい 兄の事。 父に縁壱に構ったことを怒られた翌日でも、 手作りの笛をくれた。 笛を吹けばいつでも自分が助けにくる、 何も心配ないと笑ってくれた。 そして、母の病死後、自分が忌み子だとわかっていた縁壱は家を出る。 寺には行かず、 どこまでも続く美しい空の下を思いっきり走った。 一昼夜走っても疲れなかった縁壱は、山の中で女の子と出会う。 流行病で家族が死んでしまった女の子。 じゃあ俺が 一緒に家に帰ろう 黒曜石のような瞳の うたと、一緒に暮らすことにした縁壱。 うたのおかげで、 他人と自分の世界の視え方が違うことを知る縁壱だった。 鬼滅の刃ネタバレ186話:叶わなかった小さな夢 10年後には夫婦になり、うたのお腹には子もできる。 出産に備えて、産婆を呼びに行く壱だったが、道中人助けに手を取られ、帰るのが遅くなってしまう。 家に着くと、 うたは腹の子諸共殺されていた・・・ 縁壱の夢。 小さな家で家族と静かに暮らすこと。 それだけで良かったのに、鬼が存在しているためにそれすら叶わなかった・・・ 鬼の足跡を追ってきた剣士と出会い、縁壱は 鬼狩りとなる! 縁壱が使う呼吸を教え、飛躍的に力を向上させる柱達。 兄もまた、鬼狩りに加わり、力を貸してくれた。 鬼滅の刃186話:鬼の始祖 間もなくして、 鬼の始祖を見つける縁壱。 そばに女性 珠世!? を連れている鬼の始祖に出会った瞬間、 この男を倒すために 生まれてきたのだと わかった とここで終了!!! 次が気になりますね!! 鬼滅の刃の最新単行本が無料で読める方法! これからご紹介する内容は 無料で最新刊を読めてしまう方法になります。 最新刊がどこも売り切れ…• 炭治郎の状況• 毒で生死不明• 意識の世界なう• 手には斧• 嗅覚が死亡!? と言う感じになっています。 もう強化確定でしょこんなの!!! 個人的に、「手には斧」と「嗅覚が死亡」と言うところが引っかかります。 そして炭治郎が強化する所は、 「透き通る世界」の絶対発動。 だと思いますね。 鬼滅の刃186話考察:引っかかった理由を解説。 ではまずは、 「手には斧」から。 手に斧を持っている状態は、炭十郎が病死する前に熊を討伐した状態を想像できますよね。 その時に炭十郎が行ったことは、炭治郎への 「透き通る世界」の見取り稽古です。 そして、嗅覚がないと言う点。 炭治郎自身、「透き通る世界」に入るときは「嗅いだのか」「見たのか」わからないと発言していたため、完全に世界に入れたと言うのは違和感を覚えます。 なのでここでは「透き通る世界」の絶対発動を取得して、戦いに戻っていくのではないでしょうか。 まとめると….

次の