台湾 入国 制限。 台湾の日本人入国規制はいつまで続くと思いますか?ゴールデンウィークに台湾へ...

外務省 海外安全ホームページ|新型コロナウイルスに係る日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国・入域後の行動制限

台湾 入国 制限

日本の緊急事態宣言解除後に入国可能な国と時期について予想をしました。 まず入国可能になる国ですが東南アジアではタイ、ベトナム、台湾のどこかが先になるだろうと予想しています。 理由は単純に新規感染者0人が一月以上継続しているから。 そして、この記事を書いている今現在も0人が継続されています。 当時はこの3つの国を上げていましたが、どうやらタイは他の2国よりもう少し先になりそうな感じです。 タイ政府は極めて慎重 緊急事態宣言を解除した日本よりもずっと新規感染者0人を更新してきたタイですが、未だなお非常事態宣言を解除しておらず延長に次ぐ延長で、今のとこ7月末まで継続となっています。 これも今までの経緯からすると7月末頃には「8月末まで延長する」と発表されても何ら不思議ではありまあせん。 ビジネス目的やタイ人が配偶者でタイ在住の外国人、留学生等のビザを持っている外国人は8月から徐々に入国する事が可能になるようです。 指定ホテルでの15日間滞在の検疫措置やその期間3度のPCR検査、出国時の陰性証明書発行と手続きがかなり大変で、その方ですら容易に入国審査をクリアできない状態ですから、観光目的、旅行での入国となるとまだまだ先になるのは容易に想像出来ると思います。 タイ観光・スポーツ相は9月から離島限定に観光再開するとの発表がありました。 これも今の日本の感染者数増加の状況からすると、いくらプーケットやサムイ島といった離島限定とは言え実現はかなり難しいでしょう。 残るはベトナムと台湾か? タイが無理だとすると一番可能性があるのはベトナムが最有力候補だと思っています。 ベトナムは6月下旬からビジネス目的での往来便が他国よりもいち早く再開されましたし、前述のタイ政府ほど厳戒態勢、慎重さという部分についてはハードルが下がります。 もう一方の台湾ですが、台湾は6月上旬の意外と早い時点で三段階による国際線の再開を打ち出してきました。 この3ステップの3段階目が観光目的での入国再開にあたり一番早ければ10月より開始という事で現在準備を進めているとのことです。 YouTube動画で予想を立てた入国可能時期ベスト3 5月下旬の時点で僕が立てた予想は以下の通り• 1位:2021年2月• 2位:2021年8月• 3位:2020年8月 と予想を立てました。 第3位の今年8月ですが、その時期が来てしまいましたのでどうやらハズレに終わりそうです・・・。 次の第2位ですが 日本の感染拡大による状況からオリンピックも中止となり、約1年間の観光鎖国状況を強いられてしまうというシナリオです。 この予想をした時期は5月下旬で新規感染者は1人や2人とコロナ収束成功を掲げていた時期でしたが、この記事を書いている7月18日時点では東京都が過去最大の新規感染者数を更新し、くしくもこの第2位の予想も満更でも無さそうになってきました。 そして第1位の来年2月ですが、年末年始までに観光による入国再開をしてしまうと1年の中でも一番旅行のピークにあたる時期に持ってくる訳は無く、やるとしてもタイミングとしてはその前か後ろになるのは間違いないだろうという事で年末年始を避けた翌月の2月からというのが自分が1位に予想した理由です。 海外旅行に行けるのは来年以降かも知れないが ここで再度、来年以降ではなく今年中に入国可能な国が出たら・・という楽観視パターンで国別に予想してみると• 1位:ベトナム 9月• 2位:台湾10月• 3位:タイ11月(ただし最初はリゾートの島限定) という所が仮に最短だった場合の海外旅行可能時期ではないだろうか。 ベトナムはビジネス目的での往来が既に再開。 台湾は当初からの計画発表の通り(現在も観光局からまだ延長の発表もない) タイは慎重さから一番最初に手上げする雰囲気は無さそうという観点から、ベトナムや台湾が開始してからの状況を見定めて、かつプーケットのようなリゾート島限定から徐々に開始といった所では無いだろうか・・・。 東南アジア観光再開時期のまとめ 現在はタイ、ベトナム、オーストラリア、ニュージーランドの4国とトラベルバブルを結ぶ事でコロナ収束国同士での往来を可能にする計画が進められています。 しかし現在日本が拡再び拡大傾向にある状況や、今後GoToトラベルキャンペーンの実施による日本全国に感染者が飛び火する可能性も含んでいるという非常に危うい状況からも、海外旅行は来年以降になってしまう事がも十分に考えられる。

次の

新型コロナウイルス 各国の入国制限に関する一覧(2020年8月13日09:00時点)

台湾 入国 制限

日本政府が新型コロナウイルス流行を受けて講じていた出入国制限を緩和する最初の対象に台湾が含まれていなかった。 台湾のネットユーザーから反響が寄せられている。 写真は台北松山国際空港。 日本政府が新型コロナウイルス流行を受けて講じていた出入国制限を緩和する最初の対象に「コロナ対策の模範」とされる台湾が含まれていなかった。 台湾のネットユーザーからは歓迎の声が多く寄せられている。 首相は18日、新型コロナウイルスの感染状況が落ち着いているベトナム、タイ、オーストラリア、ニュージーランドの4カ国との出入国制限を優先的に緩和する方向で調整することを発表した。 入国前にPCR検査を行い陰性であること、入国後の行動計画書を提出することなどが条件になるという。 第1弾となる緩和措置の対象に、新型コロナウイルスの抑え込みで成果を挙げている台湾は含まれなかった。 台湾メディア・自由時報は19日付の記事で、上記4カ国の出入国制限を緩和する一方で「台湾の名前は挙がらなかった」と報道。 日本のネットユーザーからは「台湾なしはおかしいだろう」「タイやオーストラリアが入っているのに台湾はなし?」「台湾にすごく行きたい。 制限を解除してほしい」といった失望の声が上がったと伝えた。 フェイスブックでは「中国に気を遣った?」「日本の政治には失望した」といった声が一部あるものの、「良いことだ。 今は海外より台湾の方が安全」「日本はまだコントロールできていない。 行くのは危険。 正しい判断だと思う」「実は日本はこのウイルスに汚染されていないきれいな台湾を守ってくれてるんだ」「たぶん、台湾側が拒否したんでしょう」「台日友好のため、日本のネットユーザーに感謝。 でも今は距離を保とう」「ありがとう。 でもホント、急いでませんので」などの声が寄せられている。

次の

台湾コロナウイルス最新情報まとめ(2020年8月11日更新)

台湾 入国 制限

お持ちのブラウザーでJavaScriptが有効になっていない場合、当サイトのサービスを快適にご利用できない場合があります。 ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてください。 出入国案内 ビザ 2008年2月1日より、日本国籍の旅客がノービザで台湾に入国した場合、滞在できる期間が90日間までとなりました。 ただし入国時に残存有効期間が3カ月以上のパスポートと、往復航空券(または船の切符)あるいは第三国への航空券を所持している必要があります。 入国後のビザの変更、ならびに期限の延長はできません。 台湾のビザは、台北駐日経済文化代表処にて発行が受けられます。 入国規定 以下の内容には随時変更される可能性がありますので、詳細につきましてはをご覧ください。 入国手続き: 入国審査を済ませた後に、以下の免税範囲を超過している物品、または課税物品や制限物品を持ち込む場合、あるいは不明の場合には、税関申告書(中華民國海關申報單)に記入した上で、赤のカウンターにて税関審査を受ける必要があります。 免税の場合は税関申告書の記入は免除されますが、緑のカウンターで簡易審査を受ける必要があります。 免税範囲品目:• 有価証券、金、現金:米ドル10,000ドル以内、台湾元100,000元以内、人民元20,000以内、金20,000米ドル以下の価値まで。 物品:総額で2万元までの物品 酒:1リットル以内 タバコ:紙巻タバコ200本以内、葉巻25本以内、刻みタバコ1ポンド(454g)以内、携帯品輸入物品20,000米ドル以下。 禁止品目:• 貨幣、通貨、有価証券、クレジットカードなどの偽造品および偽造貨幣印刷型。 麻薬品(アヘン、コカイン、大麻、覚せい剤、MDMA)などの不法薬品及びその製剤。 銃砲(猟銃、空気銃、銛を含む)、弾薬、毒ガス、刀剣、弾丸、炸薬及びその武器および武器の部品。 偽ブランド品、海賊版などの知的財産権侵害物品、猥褻図、画動画。 制限物品外の土壌、生果物、動植物あるいはその製品、絶滅危惧動物製品など。 出国規定 出国手続き: 出国者は下記を該当する場合、税関に申告する必要があります。 申告必要品目:• 有価証券、金:20,000米ドルの価値を超過する場合、現金:米ドル10,000ドル、台湾元100,000元、人民元20,000元を超過する場合です。 個人用あるいはサンプル用の高性能機器(パソコン・業務用カメラ・撮影用機材)で、その価値が免税限度額を超過し、かつ後日国外から持ち込む予定がある場合です。 コンピューターソフト 制限物品:• 個人用荷物以外の物品の価格(価値)の合計が20,000米ドルを超過し、かつその物品が「制限輸出貨物表」に記載されている物品に相当する場合は、一般の貿易貨物と同様の輸出手続・審査が必要となります。 出国者は以下に該当する物品の持ち出しは、禁止あるいは制限されます。 禁止品目:• 偽ブランド品、海賊版などの知的財産権侵害物品、猥褻図、画動画。 文化資産保存法(文化財保護法)に規定された文物。 銃砲 猟銃、空気銃、銛を含む 、弾薬、毒ガス、刀剣、弾丸、炸薬及びその武器、武器の部品。 麻薬品(アヘン、コカイン、大麻、覚せい剤、MDMA)などの不法薬品及びその製剤。 絶滅に瀕している稀少な動物、植物、種子等(CITESの認可証を添付したものは、税関に申告すれば可)。 その他法律で規定された輸出不可物品。 機内持ち込み制限品:• 電信管制物品、飛行に干渉する通信機材の種類は、交通部電信局より電信器材輸入パスポート或いは輸出証明書を取得し、税関に申請することです。 あらゆる液体物は、100ml以下の容器に入れることです。 容器が100mlを超えていれば、入っている液体物が100ml以下の場合でも不可です。 旅客1人当たり、機内に持ち込める袋の数は1つのみです。 但し、液体物の機内での必要性について照会されることがあります。 保安検査後の免税店等で購入した酒類等は機内持込が可能です。 しかし海外で乗り継ぐ場合は、その国のルールによって没収される可能性があります。 受託手荷物制限品:• 旅行用品類:ポマード、定形液、医療用アルコールを含む液状瓶詰め物、虫除け液等、1瓶0. 5リットル(kg)以下で、総量が2リットル(kg)を超えなければ、受託手荷物とする事ができます。 (1瓶0. 25リットルを超えないポマード或いは定形液を機内に持込み可)• アルコールを含む飲料:完全な包装(封を切っていない)の状況下で、アルコール濃度(%VOL)が70%を超えない場合、総量5リットル以内で機内に持込めますが、5リットルを超えるか、或いはアルコール濃度が70%を超える場合は、受託手荷物としなければなりません。 工具棍棒類:各種材質の棍棒、野球バット、ゴルフクラブ、釣竿、鍬、ハンマー、ドライバー、鋸、果物ナイフ、ハサミ、包丁、スイカ包丁、刺身包丁、山刀、鎌、鑿、アイスピック、大型釣り針、チェーン、厚さ0. 5㎜以上の金属製物差し、長さ5㎝以上の金属釘、手裏剣、強力な弓、スポーツ用弓矢、観賞用刀剣、護身用スプレー、消火器、玩具銃等攻撃武器になり得る物品、及び中央主管機関が認可した銃砲刀剣弾薬管制条例に属する各種銃砲、弾薬、刀剣類武器です。 その他飛行の安全に影響する物品。

次の