痛いニュース。 [B! あとで読む] 痛いニュース(ノ∀`) : 雑誌SEVENTEEN「バスではつり革捕まらず体幹鍛えるのが正解」バス運転手「喧嘩売っとんのか!」

痛いニュース(ノ∀`)とは (イタイニュースとは) [単語記事]

痛いニュース

「同点」となったかと思われたが... 初回、いきなり守備の乱れが出た。 2つの内野ゴロで2アウトを取った桜井は、3番・青木宣親外野手(38)を四球で歩かせた。 2死1塁の場面で打席に立った村上の打球は、レフトとセンターの間に上がった。 レフト亀井善行(37)とセンター丸佳浩(31)ともに捕球可能な位置にいたが、2人が「お見合い」する形で打球はグランドに落ちた。 この間に1塁走者の青木がホームをおとしいれ1点を先制。 巨人は守備のミスで1点を献上した。 6回の攻撃では、ヘラルド・パーラ外野手(33)の「積極走塁」が裏目に出た。 1死1、3塁、一打同点のチャンスに炭谷銀仁朗捕手(32)がショートゴロを放ち、ヤクルトはゲッツーの態勢に。 セカンドの山田哲人(27)がベースカバーに入ったところ、1塁走者パーラが果敢にスライディング。 山田がジャンプ一番、パーラのスライディングをかわしたが背中から崩れ落ち、1塁に送球出来なかった。 併殺崩れの間、3塁走者の亀井がホームイン。 3-3の同点になったと思われたが、高津臣吾監督(51)がベンチから飛び出しこのプレーに対してリクエストを要求した。 検証の結果、パーラのスライディングは危険なスライディングと判定され、守備妨害としてパーラがアウトとなり、打者の炭谷もアウトとなった。 パーラのスライディングがなくても1塁は微妙なタイミングだっただけに悔やまれるプレーとなった。 新守護神・沢村に原監督も渋い顔 開幕から18試合を消化し、少しずつほころびが見え始めた原巨人。 この日は新守護神・沢村拓一投手(32)も不安を露呈した。 左脇腹の肉離れで登録を抹消されたルビー・デラロサ投手(31)に代わって新守護神に指名された沢村は9回のマウンドを任されたが、制球が安定せず四球と死球を1つずつ与えランナーを背負う投球に。 結果的にはこの回をゼロで抑えたものの、相変わらずの制球力の悪さに指揮官の表情も渋かった。 チームの要である坂本勇人内野手(31)の調子も気がかりとなる。 左脇腹違和感のため、7月9日の阪神戦でスタメンから外れ、スタメン復帰後はプレーに精彩を欠く場面がみられる。 守備ではスローイングが手投げとなり、11日のヤクルト戦では平凡なショートゴロを捕球した後、一塁への送球がハーフバウンド。 今シーズン初失策を記録した。 打撃も3試合連続無安打と元気がなく、体調が不安視される。 ヤクルトと0. 5ゲーム差で2位につける巨人は14日の広島戦(マツダスタジアム)から12試合連続でロードが続く。 本拠地・東京ドームに戻ってくるのは7月28日のDeNA戦から。 投手陣では先発・田口麗斗(24)と守護神デラロサを故障で欠き、チームリーダー坂本も本調子ではない。 14日からは5年連続で負け越している広島との3連戦。 今シーズン初の4連敗で首位から陥落した巨人の勝負どころとなりそうだ。

次の

痛いニュース(ノ∀`)とは (イタイニュースとは) [単語記事]

痛いニュース

タモリがゲスト出演! 生駒里奈、磯山さやか、三四郎小宮が「地味に痛い事件」を熱演 『ザ!世界仰天ニュース』SP 笑福亭鶴瓶と中居正広がMCを務める「ザ!世界仰天ニュース」。 2020年3月31日(火)放送分[日本テレビ系 19:00〜22:54]は、「地味に痛い&危険な食べ物!犯人は誰?未解決事件に迫る!20年突入!仰天4時間スペシャル!」を展開していく。 教師である父が仕事から帰宅後、いつものように食事をしていたが、間違えてあるものを食べてしまい、家族が大パニックに! 原因は、母のイタズラ好きがもたらしたものだった。 少し半生のままだったモツを食べたせいか、お腹が痛くなった妻がトイレへ。 しかし、夫が使用中だったため、家から徒歩1分の実家のトイレに駆け込んだ。 彼氏にフラれたばかりでテンションが上がらず、うんざりしていると、サプライズでケーキが用意されていた。 そのケーキは食べる用ではなかったが、なんと悪ノリで顔面に! この顔面ケーキが真希子さんにとんでもない悲劇とハッピーエンドをもたらす!? 家の中で遊べる小型のドローンにハマっていた息子の晃くんに、ふざけたお父さんが「ここを狙ってみろ!」と…。 すると、お父さんが超悶絶する事態に! 一体何があったのか!? 祖母の手紙にショック受け-65kg、筋トレマニアの彼にイラついて-35kg、先生に一目置かれる女子になりたくて-40kg、父親の裏切りにブチ切れ-41kg…と、おデブ街道まっしぐらだった女子達にダイエットの神が降臨! まさかの美女に変身する様子に注目したい。 ある日の夜、子供を寝かしつけた後、赤ちゃんを見守るためのベビーモニターを入れた。 いつものシイタケとはちょっと違う様子であったが、一家は何とか完食。 すると、地獄の苦しみを味わうことに! 原因は、祖父のとんでもない誤解にあった。 母と子ども3人が殺害され、家に火が放たれた。 二男の誕生日に起きた、あまりにも悲惨な事件。 なぜ犯人は見つからないのか? 未だ解決されていない、謎多き事件に迫る。 甲子園を目指す息子には言わないでほしい…。 家族で約束を守り切り、そして起こった奇跡に、スタジオは涙に包まれる。 また「地味に痛い事件」のVTRでは、生駒里奈、磯山さやか、小宮浩信(三四郎)らの熱演も見どころとなる。 気になる人は放送のチェックをお忘れなく。 ntv.

次の

痛いニュース(ノ∀`)とは (イタイニュースとは) [単語記事]

痛いニュース

「同点」となったかと思われたが... 初回、いきなり守備の乱れが出た。 2つの内野ゴロで2アウトを取った桜井は、3番・青木宣親外野手(38)を四球で歩かせた。 2死1塁の場面で打席に立った村上の打球は、レフトとセンターの間に上がった。 レフト亀井善行(37)とセンター丸佳浩(31)ともに捕球可能な位置にいたが、2人が「お見合い」する形で打球はグランドに落ちた。 この間に1塁走者の青木がホームをおとしいれ1点を先制。 巨人は守備のミスで1点を献上した。 6回の攻撃では、ヘラルド・パーラ外野手(33)の「積極走塁」が裏目に出た。 1死1、3塁、一打同点のチャンスに炭谷銀仁朗捕手(32)がショートゴロを放ち、ヤクルトはゲッツーの態勢に。 セカンドの山田哲人(27)がベースカバーに入ったところ、1塁走者パーラが果敢にスライディング。 山田がジャンプ一番、パーラのスライディングをかわしたが背中から崩れ落ち、1塁に送球出来なかった。 併殺崩れの間、3塁走者の亀井がホームイン。 3-3の同点になったと思われたが、高津臣吾監督(51)がベンチから飛び出しこのプレーに対してリクエストを要求した。 検証の結果、パーラのスライディングは危険なスライディングと判定され、守備妨害としてパーラがアウトとなり、打者の炭谷もアウトとなった。 パーラのスライディングがなくても1塁は微妙なタイミングだっただけに悔やまれるプレーとなった。 新守護神・沢村に原監督も渋い顔 開幕から18試合を消化し、少しずつほころびが見え始めた原巨人。 この日は新守護神・沢村拓一投手(32)も不安を露呈した。 左脇腹の肉離れで登録を抹消されたルビー・デラロサ投手(31)に代わって新守護神に指名された沢村は9回のマウンドを任されたが、制球が安定せず四球と死球を1つずつ与えランナーを背負う投球に。 結果的にはこの回をゼロで抑えたものの、相変わらずの制球力の悪さに指揮官の表情も渋かった。 チームの要である坂本勇人内野手(31)の調子も気がかりとなる。 左脇腹違和感のため、7月9日の阪神戦でスタメンから外れ、スタメン復帰後はプレーに精彩を欠く場面がみられる。 守備ではスローイングが手投げとなり、11日のヤクルト戦では平凡なショートゴロを捕球した後、一塁への送球がハーフバウンド。 今シーズン初失策を記録した。 打撃も3試合連続無安打と元気がなく、体調が不安視される。 ヤクルトと0. 5ゲーム差で2位につける巨人は14日の広島戦(マツダスタジアム)から12試合連続でロードが続く。 本拠地・東京ドームに戻ってくるのは7月28日のDeNA戦から。 投手陣では先発・田口麗斗(24)と守護神デラロサを故障で欠き、チームリーダー坂本も本調子ではない。 14日からは5年連続で負け越している広島との3連戦。 今シーズン初の4連敗で首位から陥落した巨人の勝負どころとなりそうだ。

次の