参院 選 情勢。 与党、改選過半数の勢い…参院選・読売情勢調査 : 参院選2019 : 参院選 : 選挙・世論調査 : 読売新聞オンライン

改憲勢力、3分の2割れか=与党、改選過半数確保-立憲伸長、国民苦戦【参院選情勢】:時事ドットコム

参院 選 情勢

参院選 東京・大阪選挙区の終盤情勢=JX通信社情勢調査 米重克洋 - Y! 本稿では、その中から東京・大阪の両選挙区について、過去の選挙結果や独自調査データを加味して分析した終盤情勢の内容を掲載する。 調査の概要は本稿末尾に記載の通りだ。 東京(定数6) 終盤も引き続き丸川氏ら4氏リード 東京選挙区では、終盤でも引き続き現職の丸川珠代氏(自民党)、吉良佳子氏(共産党)、山口那津男氏(公明党)、武見敬三氏(自民党)がリードしている。 その後にともに新人の塩村文夏氏(立憲民主党)と山岸一生氏(立憲民主党)が続き、音喜多駿氏(日本維新の会)が激しく追い上げている。 野原善正氏(れいわ新選組)は出馬表明が遅れたがその後に続いている。 水野素子氏(国民民主党)、朝倉玲子氏(社民党)らは支持が広がっていない。 丸川氏は自民党支持層の3割を固めた。 吉良氏は共産党支持層の7割超から支持を受けるほか、無党派層からも支持を得ている。 山口氏は公明党支持層の大半を固めたほか、自民党支持層の一部からも支持がある。 武見氏は自民党支持層の2割強を固めている。 塩村氏は立憲民主党支持層の3割超を固めたほか、中盤にかけて態度を決めた有権者を取り込み、無党派層で最多の支持を得ている。 山岸氏は立憲民主党支持層の3割弱を固めたほか、無党派層からの支持も積み上げている。 音喜多氏は無党派層から一定の支持を受けるほか、自民党支持層の一部からも支持を集めているが、基盤である日本維新の会支持層からの支持拡大が課題だ。 野原氏は、れいわ新選組の支持層を足がかりに、野党支持層や無党派層の取り込みを進めている。 なお、3割台後半の有権者が態度を決めていないか明らかにしておらず、情勢はなお流動的だ。 大阪(定数4) 東・太田・梅村氏リード 大阪選挙区では、現職の東徹氏(日本維新の会)、太田房江氏(自民党)と新人の梅村みずほ氏(日本維新の会)がリードしている。 その後を現職の杉久武氏(公明党)と辰巳孝太郎氏(共産党)、新人の亀石倫子氏(立憲民主党)が激しく追い上げる展開だ。 にしゃんた氏(国民民主党)らは厳しい。 東氏は日本維新の会支持層の4割強をまとめた他、自民党支持層の1割台半ばや無党派層の一部からも支持を得ている。 太田氏は自民党支持層の4割を固めたほか、無党派層からも一定の支持がある。 梅村氏は日本維新の会支持層の4割弱を固めたほか、自民党支持層の1割と無党派層の一部からも支持を集める。 杉氏は公明党支持層を基盤に支持を固めている。 辰巳氏は共産党支持層の8割を固めたほか、同党支持層以外の政権不支持層の支持を集めて追い上げている。 亀石氏は立憲民主党支持層の6割を固めたほか、無党派層の一部からの支持もある。 大阪選挙区で態度を決めていないか明らかにしていない有権者は2割台半ばとなっている。 調査の概要:7月13日(土曜日)から15日(月曜日)までの3日間、無作為に発生させた電話番号に架電するRDD方式で、東京都・大阪府内の18歳以上の有権者を対象に調査した。 情勢分析は6月22日〜23日、同29日〜30日、7月6日〜7日に行った電話調査の結果と過去の選挙結果のデータをもとに行った。 有効回答は計1608件だった。 米重克洋 JX通信社 代表取締役 1988年(昭和63年)山口県生まれ。 2008年、報道ベンチャーのJX通信社を創業。 「報道の機械化」をミッションに、テレビ局・新聞社・通信社に対するAIを活用した事件・災害速報の配信、独自世論調査による選挙予測を行うなど、「ビジネスとジャーナリズムの両立」を目指した事業を手がける。 >その後にともに新人の塩村文夏氏(立憲民主党)と山岸一生氏(立憲民主党)が続き、音喜多駿氏(日本維新の会)が激しく追い上げている この内容ならば、5ポイントは差がついている予感。 とはいえ、色んな音喜多有利の情勢予測が多くて混乱している。 何を信じれば。。。 — 宮寺達也 miyaderatatsuya 「吉良氏は共産党支持層の7割を固め…」やばい。 まだ、7割。 私たちの声がかかっていない方々がまだまだたくさん。 参院選 東京・大阪選挙区の終盤情勢=JX通信社情勢調査 米重克洋 - Y! これをみてると後半は野党側が伸びるとみれますね。 — ふす fusu3 東京選挙区 現職の丸川珠代氏(自民)、吉良佳子氏(共産)、山口那津男氏(公明)、武見敬三氏(自民)がリード その後に塩村文夏氏(立憲)と山岸一生氏(立憲)が続き 音喜多駿氏(維新)が激しく追い上げ 野原善正氏(れいわ)は出馬表明が遅れたがその後に続く— レジスト yatoukyoutou555 丸川氏は自民党支持層の3割を固めた 吉良氏は共産党支持層の7割超から支持を受けるほか、無党派層からも支持を得ている 山口氏は公明党支持層の大半を固めたほか、自民党支持層の一部からも支持がある 武見氏は自民党支持層の2割強を固めている— レジスト yatoukyoutou555 塩村氏は立憲民主党支持層の3割超を固めたほか、中盤にかけて態度を決めた有権者を取り込み、無党派層で最多の支持を得ている 山岸氏は立憲民主党支持層の3割弱を固めたほか、無党派層からの支持も積み上げている— レジスト yatoukyoutou555 音喜多氏は無党派層から一定の支持のほか、自民支持層の一部からも支持を集めているが、維新支持層からの支持拡大が課題 野原氏は、れいわ新選組の支持層を足がかりに、野党支持層や無党派層の取り込みを進る 3割台後半の有権者が態度を決めていないか明らかにしていない— レジスト yatoukyoutou555 2. : : [11801] 新潟で打越が一歩先行、塚田も激しく追う 東日本情勢 2019年7月17日07時00分 朝日新聞 21日投開票の参院選について、朝日新聞社は15、16の両日、注目10選挙区の有権者を対象にした電話による情勢調査を実施しました。 取材で得た情報を合わせて分析した東日本の各選挙区(岩手、宮城、秋田、山形、東京、新潟)の情勢を詳報します。 岩手 横沢と平野の激戦が続いている。 梶谷は引き離されている。 横沢は立憲支持層をほぼ固め、共産支持層の多くをまとめた。 自民支持層の一部も取り込んでいる。 平野は自民支持層の大半をまとめ、公明支持層にも浸透。 自営業者層の支持が厚め。 無党派層からの支持では横沢がリード。 横沢は男性、平野は女性の支持が比較的厚い。 宮城 石垣が競り合いから抜け出して優位に立ち、愛知が懸命に追っている。 三宅は支持の広がりが見られない。 石垣は立憲支持層をほぼ固め、国民、共産の各支持層にも浸透。 無党派層からも6割近くの支持を得ている。 4選を目指す愛知は自民支持層の大半を固めたものの、無党派層の支持に広がりが見られない。 秋田 寺田が依然としてやや有利な情勢で、中泉が懸命に追う。 石岡は厳しい。 寺田は立憲支持層の大半を固め、共産支持層にも浸透。 無党派層からは7割以上の支持を得ている。 主婦層から6割以上の支持を集めている。 中泉は自民支持層の7割の支持を集め、公明支持層をまとめたが、無党派層への支持の広がりが弱い。 山形 芳賀と大沼が競り合い、互角の激戦が続いている。 小野沢は厳しい。 芳賀は立憲支持層を固め、無党派層の5割以上の支持も集める。 序盤は女性の支持が低めだったが、男性と同程度の支持を集めるようになっている。 大沼は自民支持層の8割以上を固め、公明支持層もほぼまとめている。 自営業者層と農林漁業者層の支持が比較的厚い。 東京 改選数6を20人で争い、自民と立憲が2人ずつ擁立した東京。 丸川、山口、吉良が序盤から引き続き安定した戦いを続けている。 山岸、武見がやや優勢となっているほか、音喜多と塩村が激しく争っている。 水野もわずかな差で続いている。 野原、朝倉らは厳しい。 丸川は自民支持層の5割、無党派層からも2割近くの支持を得ている。 山口は公明支持層をまとめ、無党派層からも1割程度の支持を得ている。 吉良は共産支持層を固め、無党派層からも2割の支持を集めている。 山岸は立憲支持層の半数程度をまとめ、無党派層からも一定の支持を得ている。 武見は自民支持層からの支持を3割程度得ている。 音喜多は維新支持層の支持を集め、無党派層の一部にも浸透している。 塩村は立憲支持層の支持がやや薄く、無党派層の支持で伸び悩んでいる。 水野は国民支持層の支持を集めている。 新潟 打越が塚田との競り合いから一歩抜け出し、やや先行しているが、塚田も激しく追っている。 小島は厳しい戦い。 打越は立憲支持層をほぼ固め、共産支持層にも浸透。 無党派層からは6割以上の支持を集め、60代の支持が比較的厚い。 塚田は自民支持層の8割以上を固め、公明支持層もほぼまとめたが、無党派層の支持が伸び悩んでいる。 対象者の選び方は無作為3段抽出法。 有効回答の目標数は、改選数1の選挙区600人、東京・大阪の両選挙区1200人。 選挙区については、過去4回(07年、10年、13年、16年)の調査結果と選挙結果から作成した予測式を用いて得票率を推計。 さらに、調査による支持の強度や年齢などの候補者の属性から各候補者の強さを見極め、当選確率を算出した。 調査データに本社取材による情報も加え、総合的に分析した。 : : [11809] 大阪、東と太田がリード 梅村一歩抜け出す 西日本情勢 2019年7月17日07時00分 朝日新聞 21日投開票の参院選について、朝日新聞社は15、16の両日、注目10選挙区の有権者を対象にした電話による情勢調査を実施しました。 取材で得た情報を合わせて分析した西日本の各選挙区(三重、大阪、愛媛、大分)の情勢を詳報します。 三重 吉川が引き続きリードを保つ一方、芳野が激しく追っている。 門田は支持の広がりが見られない。 吉川は自民支持層の8割以上を固め、公明支持層もまとめた。 製造・サービス従事者層の支持が比較的厚い。 芳野は勢いを増している。 立憲支持層をまとめ、共産支持層にも浸透しているほか、無党派層の6割近くの支持を得ている。 大阪 東が序盤からの優位を保ち、太田も有利な情勢になっている。 梅村は競り合いから一歩抜け出し、やや先行。 序盤はやや優勢だった杉と、追い上げてきた辰巳が接戦を繰り広げ、亀石も激しく追っている。 にしゃんたらは厳しい。 東は維新支持層の4割強の支持を得ているほか、無党派層の5割を取り込む。 太田は自民支持層の7割の支持を集めている。 梅村は維新支持層の4割近くの支持を得ている。 杉は公明支持層をほぼまとめた。 辰巳は共産支持層をほぼ固め、立憲支持層も一部取り込む。 亀石は立憲支持層の多くをまとめ、無党派層の一部からも支持を得ている。 愛媛 永江が序盤に続き、安定した支持を得ている。 らくさぶろうと椋本は厳しい戦い。 永江は立憲支持層をまとめ、無党派層からも8割以上の支持を得ている。 公明支持層の一部も取り込んでいる。 らくさぶろうは自民支持層の8割近くをまとめたが、無党派層の支持が伸び悩んでいる。 大分 礒崎が序盤に続き、ややリードしている。 安達が懸命に追い、牧原は厳しい戦いとなっている。 礒崎は自民支持層と公明支持層をまとめているほか、農林漁業者層の支持が比較的厚い。 安達は立憲支持層と社民支持層を固め、共産支持層にも浸透している。 無党派層では、安達の方がやや支持を集めている。 対象者の選び方は無作為3段抽出法。 有効回答の目標数は、改選数1の選挙区600人、東京・大阪の両選挙区1200人。 選挙区については、過去4回(07年、10年、13年、16年)の調査結果と選挙結果から作成した予測式を用いて得票率を推計。 さらに、調査による支持の強度や年齢などの候補者の属性から各候補者の強さを見極め、当選確率を算出した。 調査データに本社取材による情報も加え、総合的に分析した。 これを読む限り、大阪の立憲はまずいではないか。 大阪、東と太田がリード 梅村一歩抜け出す 西日本情勢:朝日新聞デジタル — 早 智敬 HAYAtomoyuki 大阪、東と太田がリード 梅村一歩抜け出す 西日本情勢:朝日新聞デジタル みんな、かめいし倫子に、入れてくれ〜 太田は、大阪で借金を作ってあまり、解消出来ずに、橋下に引きついたヤツやし。 — タカ jhVJyP4OQkAk2rW 自公維維では、国会ではすべて与党と補完勢力。 : : [1] 東京選挙区の最新情勢データが出たことで、吉良さん安定っぽいから投票しなくても大丈夫かとか立憲の二名と音喜多の勝負っぽいからそれなら立憲のどちらかに入れなきゃとか、そういう揺らぎに繋がりそうで危険。 一番入れたい人に入れなきゃだめよ。 最後まで分からないんだから。 奇跡の一議席だったんだよ。 : : [-485].

次の

第25回参院選情勢報道集約 最終更新|三春充希(はる) ⭐みらい選挙プロジェクト|note

参院 選 情勢

2019年参院選は中盤戦に突入した。 21日の投開票に向けて、候補者や政党は必死の訴えを続けているが、どうも盛り上がりに欠ける。 安倍晋三政権が電撃的に、韓国向け半導体素材の輸出管理強化に踏み切り、ハンセン病患者の家族訴訟での控訴断念を決断したことで、世間の注目は、そちらに奪われてしまった。 年金問題や消費税増税問題、憲法改正はどうなるのか。 手堅い選挙分析で知られる政治評論家の有馬晴海氏に、首都圏(1都5県)と、近畿圏(2府4県)の計13選挙区の情勢分析を依頼したところ、序盤戦に比べて大きな変動が見られた。 そこで、持続可能な形でプラス成長できるよう、活力ある健康長寿社会をつくる」 自民党の武見敬三氏は8日夕、サラリーマンの街、東京・JR新橋駅前でこう訴えた。 首都・東京選挙区は、6つの議席を20人で争う超激戦区だ。 自民党では、丸川珠代氏が「優勢」で、武見氏は2議席目を狙う。 序盤こそ、「苦戦中」(都連幹部)と伝えられたが、遠縁の麻生太郎副総理兼財務相も応援に入ってテコ入れし、盛り返した。 有馬氏は「公明党の山口那津男氏、共産党の吉良佳子氏は組織票を手堅くまとめている。 武見氏と立憲民主党の塩村文夏氏がこれに続き、活動エリアを分け合う立憲民主党の山岸一生氏にも可能性が出てきた」と語る。

次の

参院選、東京6議席の行方 終盤調査と評論家の見立ては...: J

参院 選 情勢

各社の情勢調査などによると、自民現職・丸川珠代、公明現職・山口那津男、共産現職・吉良佳子の3氏はいずれも「他候補を引き離している」という。 残る3議席をめぐっては、激戦の様子。 朝日新聞の情勢調査(7月18日朝刊)によると、立憲新顔・山岸一生、自民現職・武見敬三両氏が「やや優位」で、維新新顔・音喜多駿、立憲新顔・塩村文夏両氏が「激戦を繰り広げている」と伝えた。 国民新顔・水野素子氏は「激しく追う」という。 産経新聞がFNNと実施した情勢調査(7月17日産経朝刊)によると、丸川、吉良、山口各氏以下の3議席をめぐって、武見氏と、塩村、山岸両氏が「続き」、音喜多氏が「激しく追い上げる展開」と伝えた。 れいわ新選組新人・野原善正、NHKから国民を守る党新人・大橋昌信、水野、社民新人・朝倉玲子の各氏らについては、「伸び悩んでいる」という。 JX通信社の米重克洋代表が、16日にヤフーニュース個人で配信した、同社情勢調査の記事では、丸川、吉良、山口、武見の4氏が「リード」と伝えた。 その後に塩村、山岸両氏が「続き」、音喜多氏が「激しく追い上げている」と報じた。 野原氏は「その後に続いている」とし、水野、朝倉氏らは「支持が広がっていない」という。 各社の調査によって、優位となっている3人以外の候補者順位は分かれている。 残る3議席は? 識者に聞いてみた。 激戦の東京選挙区だが、識者はどう見ているか。 政治評論家の有馬晴海氏は19日、J-CASTニュースの取材に対し、「(丸川、山口、吉良各氏の)3人はネームバリューや組織で間違いないだろう。 前回、丸川氏はトップ当選して106万票取った。 少し発言についてはあるが、語気の荒いことを言うのがあの人の持ち味。 東京オリンピック・パラリンピック担当大臣をやった功績の方が大きく、そういう意味では前回以上に取ってもいい。 山口氏と吉良氏は前回と今回も同じぐらいだと思っているが、ほかの人たちは50万票ぐらいしか取れないのでは」と分析する。 残りの候補者の情勢について有馬氏は、「少し投票率が低く、全体的に票が上積みできない。 武見氏、塩村氏、山岸氏と基本的に続くと言われているが、音喜多氏が出てきた。 れいわも伸ばしている。 塩村氏は4位という話があったが6位に落ちるかもしれず、音喜多氏に負けるという話も出てきている。 4~8位ぐらいで団子レースが起こっている」と見解を示す。 「前の世論調査を見るとばらつきが出てきて、これまで(当選)圏内と思われた人が案外そうでもないようになって、我々専門家もかく乱されている。 1週間前の世論調査などを見ると全然流れが変わってきて、判断がつかない」とした有馬氏は、現時点での4位以降の順番について「非常に難しい」と前置きしたうえで、 「躍進しているのは山岸氏。 演説がうまく、記者出身だから野党にぴったりで追及型という。 その次は武見氏、塩村氏、音喜多氏、水野氏、れいわ(野原氏)も入れると9位。 だが正直に言って、5番目から6番目は悩んでいる」 と語った。 山岸氏の情勢については、「安定的に『この人にしよう』という人が少し出てきたと思う」と分析。 ほかの候補者については「1週間ほど前の世論調査が参考になっており、(上位3候補以降は)武見氏、塩村氏、音喜多氏と言った。 その調査が頭に残って、音喜多氏がいくような気もするが難しい。 この1週間で相当(流れは)入れ替わっている可能性があり流動的という感じなので、本当に僅差で順番が決まるのでは」と推測していた。 (J-CASTニュース編集部 田中美知生).

次の