エン 転職 口コミ。 エン転職の口コミと評判は?

株式会社グローバー(81441)の転職・求人情報|【エンジャパン】のエン転職

エン 転職 口コミ

エン転職は、日本最大級の転職サイトです。 エン転職の担当者が直接企業を取材し、詳細な求人情報を作成。 徹底した「求職者目線」の追求にこだわっています。 取材者からみた「やりがい・厳しさ」や「向き・不向き」に加え、現社員や元社員からのクチコミ情報など、信頼性の高い転職・求人情報を提供しています。 求人の検索方法は、多数ご用意しています。 人気が高いのは、希望する職種や業種、勤務地、会社のタイプをもとに、マッチ度の高い求人を検索できる「希望条件検索」。 他にも、人気のテーマにあわせて選りすぐりの求人を紹介する「求人特集」や、"誰に役に立つ仕事か"を軸に探せる「働きがい検索」などもあります。 さまざまな角度から求人を見ていただくことで、自分では気づけなかった仕事を探すことが可能に。 あなたの希望にピッタリの求人との出会いをサポートします。 初めての転職の方や、転職経験が少ない方には、「転職ノウハウ」も人気のコンテンツです。 書類作成に使えるネタや、転職活動のヒントがつまった「転職大辞典」、ひと足先に転職活動を成功させた方にインタビューした「わたしの転職体験記」、求職者から寄せられた疑問・お悩みにお答えする「転職Q&A」など、転職活動を有利に進めていくためのノウハウやお役立ち情報が満載です。 また、エン転職に会員登録すると、多彩なサービスが無料で利用可能になります。 職務経歴を匿名公開することで企業から届くスカウト機能や、編集部がピックアップしたオススメ求人が届くメールサービス、応募先企業の面接内容が事前にわかる「面接対策レポート」により、あなたの転職成功の可能性が広がります。 転職なら、エン・ジャパンの転職サイト「エン転職」。 転職活動の始まりから、選考、内定、そして「入社後の活躍」まで、ワンストップでサポートします。 ぜひご利用ください。

次の

クチコミサイトを活用しよう

エン 転職 口コミ

転職サイト「エン転職(en転職)」の評判・口コミ 2017年10月07日更新 テレビCMやネット広告でよくみかける大手転職サイト「エン転職(en転職)」の評判・口コミをご紹介します。 良い口コミ• エン転職独自の求人が多い• 全国対応• 無料で登録できる• 転職支援も受けることができる• スカウト機能がある• CMが記憶に残る(バカリズム)• ハイクラス向けの求人が多い• ミドル向けの求人が多い 悪いクチコミ• ハイクラス向けにしすぎで、普通に転職したい人が困る• ってやっぱり使いやすいんだなと実感• ブラック求人を見かけた• 微妙なスカウトが多かった• サイトが他社の大手転職サイトに比べて使いにくい• 求人数が大手転職サイトに比べると少なく感じる• 求人の質にばらつきがある• 転職系サービス多すぎて違いがよくわからん エン転職(en転職)とは エン転職(en転職)はエン・ジャパン株式会社が運営している大手転職サイトです。 ミドルとか女性とか対象者別に細かく転職サイトが分かれています。 統一したほうがSEO的には強いですし、ユーザーも探しやすいです。 更新は週2回 毎週月曜日、木曜日に更新しています。 スカウト機能 定番のスカウト機能ももちろんあります。 おすすめの年代 昔は20~30代でしたが、最近はハイクラス・ミドル向けにシフトをしているようです。 エン転職(en転職)とリクナビネクストはどちらがおすすめ? ジョブインフォとしては、エン転職よりリクナビネクストへの登録をおすすめします。 筆者が転職活動をしていた時より、サイトが微妙になっている感があります。 女性なら? エン転職(en転職)は同一ドメイン内にサブカテゴリとして、「エン転職 WOMAN」として女性向けの求人情報を紹介しています。 エン転職(en転職)の評判・口コミなどをご紹介しました。 転職サイトランキング1位 4. 9 32歳までにおすすめの転職サービス! 転職サイトランキング2位 4. 8 NO1転職サイト!転職者の8割が利用! 転職サイトランキング3位 4. 6 年収600万円以上なら登録必須!.

次の

エン・ジャパンの評判・口コミ・評価の一覧

エン 転職 口コミ

スマホで転職活動ができる「転職アプリ」が増えてきています。 わざわざPCを開かずとも、移動中や空き時間にコツコツ転職活動をすすめられるのが人気の秘密。 今回紹介する「en転職アプリ」も、そんな転職アプリのひとつで、高評価を獲得しています。 一体どんな機能や特徴があるのでしょうか。 転職したい人が、必ず候補に入れる 【enジャパン】の「エン転職」。 実際に使っている人の評判はどうなのでしょうか? 今回は、実際に使っている人の評判や口コミ、そして筆者も過去に使っていたので、その感想を述べたいと思います。 「リクナビNEXT」と並んで、転職業界においてその活用が重要になる「エン転職」(en転職)ほか【enジャパン】の各種サイトですが、その使い方次第で転職の成功が大きく影響します! en転職を使うことに間違いがないことを、今回の記事ではお示ししたいと思います。 en転職はみなさんの新しいステップへの大きな助けになります! 目次【クリックして移動できます】• エン転職(en転職)の口コミ、評判をまとめてみた 【enジャパン】が行っているサービスは、転職サイト「エン転職」(en転職)だけではありません。 いくつもターゲットを絞ったサービスを行っています。 それぞれの口コミを順番に解説していきます。 エン転職(en転職)全体の口コ 個人的にエン転職、めっちゃ使いやすいな — らのぴ lyonadon2 「Facebookのアカウントで登録できるので、その都度メールアドレスやパスワードを入力する手間が省けます。 」 「アプリがあるので、外出中でも、電車の中でも求人を確認できます。 使いやすいので 重宝しています」 とにかく使いやすいのは明白です。 UI(ユーザーインターフェース:使い勝手のよさ)が他の転職サイトよりも格段にやさしいようです。 転職サイトになれるまでに時間がかかり、検索できなった、応募に間に合わなかった、書類が不備だった・・というリスクを大幅に減らすことができます。 <求人>の口コミ 「求人が多く、リクナビと比較しても遜色がありません。 これはやりたい人も多いのではないでしょうか? アリスソフトがソシャゲに参入。 これなら採用条件が明確で待遇もわかりやすいですね。 「こんな会社が募集しているんだ!」という発見がエン転職にはありそうです。 異色の業種や芸能関係の求人も多く、こうした業界に転職したい人は、エン転職を使うと思わぬ「掘り出し物」がありそうです。 <検索の口コミ> ステマとか言われそうだけど、マイナビ転職はエン転職の足の爪の垢でも煎じて飲んでろってレベルだなあ。 マイナビはWebとアプリで違う求人が出るし検索条件保存しないし共有しない。 アプリが容赦なく違う地域の違う職種を勧めてきて「ノルマ大変なんすね!死ね!」としか思えなかった。 — 猛菌類 maboroshiitake エン転職リニューアル! ・働きがい検索 ・動画つき転職者インタビュー ・エリア版 日経新聞のカラーで広告、いくらすんのやろ…? — Takeo Kikuchi takeox0223 どんどんユーザーに使いやすいよう、視覚的にわかりやすいように検索画面や求人画面が改良されているのがわかります。 検索がしにくいという口コミは少なくともtwitter上には上がっていないですね <スカウトの口コミ> エン転職のサイトに登録したんだけど スカウト数が半端ないな。 ってかこんなんでスカウトするとかバスバス送ってくる企業って 基本みんな入っても続かんってことなんだろ? 誰でもいいから手あたり次第ポチしてるな~。 って思うぐらいの件数。 とりあえず世間の人材不足って本当だったんだ???? まったく興味がない分野だったけど、ちょっと話だけでも聞いてみようかな、と思いました」 スカウトについては賛否両論です。 まとめると ・ブラック企業が手当たり次第にスカウトメールを送ってくる ・企業側がこちらのプロフィールを読んでいない ・過去にお断りされたところからまたスカウトが来る ・思ってもみなかった良求人が来る スカウト全般で見ると、「スカウト常連」のブラック企業からのオファーが多いようで、もちろん、そうしたものは無視していただき、本当に「掘り出し物」があった時のみ返信で構いません(ブラック企業はそのまま無視してください)。 スカウト中心で行きたい場合、転職エージェント(enならば「エンエージェント」)などを使うとよろしいかと思います。 <WEB履歴書の口コミ> エン転職のアプリをダウンロードして、希望する勤務待遇・給与額とweb履歴書を入力しとけばいろんなとこ紹介してもらえるし、企業からのスカウト、オファーも届くよ。 現状が嫌で仕方がないなら、転職を視野に入れてやってみてはいかがでしょう。 応募するのもweb選考あるところだと面接前にエン転職に入力したwebの履歴書と職務経歴書を送るだけだし、その選考に進んだらメッセージで面接日とか決められるし。 電話でやりとりするより楽。 職場だと休憩でも電話出来ないし…。 そもそも電話苦手だし… — なぎな 転職中 nagina1342 ハイクラス求人が多く、よりキャリアを充実させたい人にとってはぜひとも有効に使いたい転職サイトになります。 アラフォー以上は、プレイヤーとしての求人はブラック企業の割合が多くなり、マネージャー(管理職)として活躍できる探しが面倒になります。 ここならば、ハイクラスのマネージャー求人が揃っています。 enウィメンズワークの口コミ 「女性」の「事務職」の「正社員」に特化した求人サイトです。 仕事と子育てを両立できる優良企業が掲載されています。 口コミは以下になります。 「30代の転職は様々なリスクが伴い、結婚や出産と向き合わなければなりません。 なぜ女性ばかり・・という思いもありいますが、そうした中でこのサイトはあらかじめ当たり前の配慮がある会社ばかりなので、面接で嫌な思いをせずに済んでいます」 「正社員の求人だけではなく、正社員としての直接雇用を前提とした「紹介予定派遣」の求人も案内メールで届きています。 実際に数か月働いて、正社員として働くのがいいかどうか判断できるので、働きやすい職場探しに役立っています」 普通の「エン転職」(en転職)を使うと、外食や小売り、「ガテン系」など体力勝負の仕事も多くヒットしてしまいます。 こちらの「enウィメンズワーク」であれば、体力的にも問題なく、ゆとりある働きか方ができる求人が揃っています。 AMBIの口コミ 20代で500万円以上の年収が得られる「20代」「高収入」限定の転職サイトになります。 外資系、コンサルタント、金融など大変ですがやりがいがあり、高い報酬を得られる求人が揃っています。 口コミについては、リンク先の記事にありますので、そちらをご覧ください。 高評価でとても使いやすいことがわかります。 エンのやってるAmbiという転職サイトは、企業に対して興味あり!ボタンをを押すと企業からではなく、その企業を担当しているエージェントから「お前じゃ無理!」などの返信が来て応募すらできない素敵な仕組みになってる — 意識 ichirinzashi21 エン・ジャパンさんのambi からめちゃんこ採用できたという話を知人から聞いたので、どんな感じなのかとユーザー登録をして色々触ってみた。 — 澤田皇汰 sawadakota かなりドライに能力がある人のみを対象にしている、という印象です。 それ以外の人は最初からこのサイトのターゲットではないという、【enジャパン】側の意思を感じます。 このように、エン・ジャパンの転職サイトの口コミや評判を見てみると、批判している人は少なくて、多くの方々が転職のための有効活用していることがわかりました。 かなり使いやすいのは間違いないようです。 実際に使っていた筆者の評価、感想 実は筆者も15年前~10年前に「エン転職」(en転職)に登録して転職活動を細々とやっていた時期がありました。 久しぶりにエン転職のサイトに入ってみましょう。 もう7年~8年ログインもしていなかったのですが、当時と変わりないメアドを入力し、パスワードも何個か試したらログインできました。 当時はFacebookやGoogle+アカウントでのログインはできなかったと思います。 「タクシー運転手になりませんか?」というスカウトでした。 どうやら新規ログインと同時にスカウトメールが送られてきたようです。 つまり、プロフィールを見ずに、ログインした人全員にスカウトを送れるサービスがあるようです。 当然、そんな会社はブラック企業なので完全無視でいきましょう。 次に、トップ画面右上の「WEB履歴書」を見てみましょう。 「最終更新日2009年12月26日現在」、つまり10年近く前に入力したデータがそのままありました。 写真も若いです(笑)。 10年前と比較して、サイトのデザインも大きき変わりましたが、データはそのままコンバートされていましたし、「WEB履歴書」の各項目は変更しなかった、ということになりますね。 職務経歴もそのままあります。 今思えば、相当時間をかけて入力したのがわかります。 その労力は、例え10年後に転職活動を再開しても、無駄にならないということですね。 実際に応募はしませんが、いろいろな企業を検索してみましょう。 今の筆者の仕事(ライター)の仕事を正社員として募集しているところはあるのでしょうか? 「編集、エディター、記者、ライター」 を選択して検索してみます。 WEBライターとは別の紙媒体のライターです。 すると、37件の「ライター求人」がヒットしました。 結構多いですね。 専門誌の編集等、昔調べた時よりもいろいろな求人がヒットしました。 求人数自体、10年前よりも増えているかもしれません。 もう1つ、口コミにあった芸能系求人を探してみましょう。 トップ画面の「キーワードを探す」からダイレクトに「芸能 タレント」と入力してみます。 すると このような有名事務所のマネージャー求人など、24件がヒットしました。 労働条件的にはなかなかハードです。 好きではないと務まらないかもしれません。 経験・年齢・能力等を考慮の上、優遇いたします。 固定残業代を超える勤務をした場合は、追加支給いたします。 めったにない求人を探せるのも、エン転職の醍醐味です。 この求人についても、芸能プロダクションの信頼があるから求人を出しているわけで(芸能ならばコネとかも多いはず)、【enジャパン】に求人が集まるのも納得です。 詳細な条件もできますし、このようにキーワード、フリーワードでピンポイントに求人検索できるのもエン転職(en転職)の大きな魅力になります。 転職する気はないですが、データ(職務経歴等)だけは更新しておこうかな・・と思った次第です。 転職市場の老舗である「エン・ジャパン株式会社」がリリースしているアプリのため、安心してダウンロードできますね。 このen転職アプリですが、なかなかの高評価を獲得しています。 具体的に言うと、 Android用のアプリダウンロードができるGooglePlay上では、「1056件の評価数で平均評点が3. IOS用のiTunesレビューでは、「177件の評価数で平均評点が4. 2」となっています。 なかなかの評価数と平均点ですよね。 評価は5点満点ですので、平均で4前後というのはかなり高い評価を得ている部類といえるでしょう。 en転職アプリのリアルな口コミ・評判 インターネット上に投稿されていた「en転職アプリ」の口コミや評判を集めてみました。 ・「完全にスマホ用として最適化されているので、 見やすいし、操作性もなかなかです。 」(30代男性) ・「 社員の求人情報が多く載っているので仕事を探している人にとってはうれしいアプリです。 」(20代男性) ・「正社員転職を考えている人に役立ちます。 見出しがわかりやすく、デザインや使いやすさが魅力です。 」 (50代女性) ・「求人も多く、 アプリは通知で知らせてくれるので便利。 実際応募してみないとわからないが、大手だし信頼 できそう。 さくさく見れるサイトに比べると、アプリはやや重い印象。 」(30代女性) 幅広い年齢層からの回答がありましたが、男女ともにおおむねの評判はよさそうです。 エン・ジャパンがスマホアプリをリリースした背景 元々はウェブサイトのみで運営されていた「エン転職」ですが、2014年のリニューアルをきっかけに利用者数はうなぎのぼり。 会員数は400万人を突破しました。 会員数400万人のうちの約7割が、スマートフォンを使って求人検索を行っていることが判明しています。 アプリを導入すれば、もっと利用者が増えるのでは?と考えたエン・ジャパンは2015年にアプリをリリース。 現在は会員数も着実に増えていて、高評価を得ています。 なぜ高評価を獲得しているのか? エンジャパンが提供している転職サービス「エン転職」は、転職サイトの中でも老舗であり、独自求人が多いことで有名です。 こういった独自求人を豊富にもつ会社は、転職の成功率も高いように思います。 筆者も実際にあまり市場に出ていない独自求人で転職を成功させたことがありますが、そもそも「競争率が無駄に高くない」「提示された時点でかなり希望とマッチしている」 「誰でも良いという大量採用ではない」という点が好印象でした。 エン転職ではこのような独自求人を数多く保持することで、より求職者の希望に近い転職を成功させているのだと思います。 こういった 転職サイト運営で培ったノウハウを、スマホアプリにも反映していることが高評価の理由ではないでしょうか。 また、 ・わかりやすくシンプルな画面構成で使いやすい ・ワンポイントアドバイスなどが丁寧でわかりやすい。 ・WEB履歴書が作りやすい といった「使いやすさ」に対する高評価も多いようですね。 面接内容が事前にわかる「面接サポート」がありがたい! エン転職のサービスとして 「面接サポート」というものがあります。 転職活動では、面接が最大の山場です。 ここさえクリアできれば、採用される可能性はかなり高まります。 面接サポートは、求職者に対し、 「面接対策レポート」を提供するサービスです。 企業別の面接情報を独自に調査し、その傾向や対策などをレポート形式でアドバイスしてくれます。 また、面接のスケジュール管理をサポートする 「お知らせアラート」機能もあり、面接対策の心強い味方です。 エン転職自体の信頼度が高い! エン転職は「2017年オリコン日本顧客満足度ランキング 転職サイト」で、「サイトの使いやすさ」や「営業職」「事務職」など計6部門で見事1位に輝いた転職サイトです。 求職者の視点に立って、利用しやすいサイト作りに定評があります。 そのスキルはアプリにも活かされているのではないのでしょうか。 転職初心者も気軽に利用できる点がエン転職のメリットといえるでしょう。 正社員求人に特化したアプリ 転職サイトは多数ありますが、「エン転職」は 正社員求人に特化しています。 エン転職にしか載っていない企業の中には、アップルやルイ・ヴィトンなど超有名な外資系企業もあります。 en転職は非公開求人もアリ en転職の魅力は、一般に公開されていない 非公開求人のスカウトも届くこと!非公開ならではの優良求人に巡り会える可能性大です。 en転職アプリの使い方 インストールから登録まで en転職アプリは 無料でいつでもダウンロードでき、特に難しい操作を必要としません。 使い方を順にまとめてみると、以下の通りです。 アプリインストール後に表示される画面で「登録してお仕事を探す」をクリック。 続いて職務経歴書の登録です。 これもスマホアプリから可能なのはありがたいですね。 業界やマネジメント経験などを聞かれますので、順次選択していきましょう。 ちなみに、ここで顔写真の登録もかのうです。 スマホのカメラを使って撮影した写真を登録できます。 職務経歴書の作成が完了したら、実際にアプリで求人の検索が可能になります。 登録後は…? 職種や勤務地、閲覧履歴、マッチングなどを使って求人を探していきましょう。 駅やフリーワードを指定した検索はかなり使いやすいですよ。 気になった求人は「気になる」機能をつかってストックし、あとから一覧で見やすいようにしておくと便利です。 また、 スカウト機能や応募・メッセージ管理などもアプリ上で行えるため、移動しながらでも転職活動が可能です。 en転職アプリの総合評価 ここまで紹介した内容をもとに総合的な評価を下すならば 「転職アプリの中では優等生」という感じに落ち着きそうです。 そもそもスマホ用転職アプリ自体がまだまだ若い分野ですし、本格的にリリースされるようになったのはここ2年くらいですからね。 大手転職サイトでも、まだまだ試行錯誤の段階といえるでしょう。 その中で、操作性の良さや画面のシンプルさを維持しつつ、検索のしやすさを実現しているのは評価できます。 2017年時点では、かなり実用性の高いスマホ転職アプリなのではないかと思います。 まとめ 今回は大手転職サイト「エン転職」用のスマホ転職アプリ「en転職アプリ」をご紹介しました。 近年の人手不足を受けて、転職市場ではサービスがどんどん変化しており、いかに人を集めるかといった視点から様々な工夫がされています。 そのひとつが「スカウトサービス」の充実やスマホアプリでのチャット機能などです。 また、企業が人を探すという「待ち」専門のアプリなどもあり、仕事探しはかなり楽になってきているといえるでしょう。 紙媒体やPC用サイトだけではなく、こういった先進的なサービスを取り入れているスマホアプリも活用して、転職活動の効率をあげていきたいですね。

次の