きゅうり 長期保存。 [レシピ]1年以上の長期保存が可能なきゅうりのピクルスの作り方

[きゅうりの冷凍保存]超簡単!おいしく保存&解凍するコツ

きゅうり 長期保存

レシピ• きゅうり … 2本• 塩 … 小さじ1• しょうが … 1かけ• 調味料A• しょうゆ … 大さじ1• 酢 … 大さじ4• 砂糖 … 大さじ4• 砂糖 … 大さじ4• ごま油 … 小さじ1• ラー油 … 小さじ1 作り方はまずはきゅうりを縦に4等分して、5cmの長さに切り分け、ボールに移して塩を振り、軽く揉みこんでから30分ほど置いておきます。 しょうがはせん切りにします。 次に鍋に調味料Aと千切りにしたしょうがを加え、一煮立ちさせたら水けをきったキュウリを加えて軽く混ぜ合わせ、冷まします。 冷める間に味が染み込みます。 これで完成です。 冷蔵庫で保存すれば3日ほど持ちます。 レシピ• きゅうり … 2本• にんじん … 長さ1. 5cm分• しょうが … 1かけ• 調味料A• 水 … 100ml• しょうゆ … 50ml• 酒 … 50ml• 赤唐辛子 … 1本• 砂糖 … 大さじ1• 酢 … 小さじ1• 塩 … 少々 作り方はまずはきゅうりを0. 7mmの厚さに小口切りにします。 しょうがとにんじんはそれぞれ皮をむき、1. 5cmの長さに千切りにします。 鍋に調味料Aを入れて一煮立ちさせたら火を止め、カットしたきゅうりとしょうが、にんじんを加えて時々かき混ぜながら冷めるまで待ちます。 きゅうりとしょうがとにんじんをこしたら、再び残った汁を再加熱して一煮立ちさせて火を止めます。 きゅうりとしょうがとにんじんを再び加えて冷まします。 冷める過程で一番味が染み込むのでこの工程を3〜4回は繰り返します。 さいごはつけ汁を切って保存します。 保存は冷蔵庫で1週間ほど可能です。 レシピ• きゅうり … 2本(200g)• みょうが … 3個• 調味料A• みりん … 50ml• 酒 … 50ml• 調味料B• 酢 … 200ml• 薄口しょうゆ … 50ml• 赤唐辛子 … 1本 作り方はまずはきゅうりを縦4等分に切って、5cmほどの長さに切り分けます。 大根は1cmの厚さのいちょう切りにします。 みょうがは縦に4等分に切ります。 保存瓶にきゅうりと大根とみょうがをランダムに詰めていきます。 小鍋に調味料Aを加えて中火にかけ、40秒ほどしたら調味料Bも加えて一煮立ちさせます。 野菜の入った瓶に熱いうちに回しかけ、冷めたら蓋をして3時間ほど室温で漬けたら完成です。 保存は冷蔵庫で1ヵ月ほど可能です。

次の

きゅうりの大量消費レシピ14選!捨てるのがもったいない時や作り置きに!

きゅうり 長期保存

「きゅうり漬物」の種類は? 日本には様々な漬物がありますが、 「きゅうり」だけで 一体どのくらいの種類があるでしょうか。 少し考えてみただけでも、 昔からよく知られている 「浅漬け」「ぬか漬け」をはじめ、 近年では「からし漬け」「ビール漬け」など、 考えられないような漬物も登場しています。 その数今や 20種類以上あると言われています。 もはやそれぞれの 家庭のオリジナル漬物まで数えあげれば きりがないといった アレンジの効く料理なんです。 「きゅうり漬物」の基本レシピ紹介! 「きゅうり」の漬物が、 他の野菜の漬物と比べて 圧倒的に優位なところと言えば、 誰にでも簡単に作れるというところです。 そのレシピによっては、 ほとんど包丁すら使わずに 作れるものさえあります。 では、まず基本レシピを見てみましょう。 「きゅうり漬物」の1位レシピ紹介! では、 1位のレシピは何が違うのでしょうか? それは、単に「塩」を使うだけでなく、 2つのものを一緒に混ぜ込みます。 それは、 「塩昆布」 「鰹節」 実はこのコンビは様々な 料亭などで隠し味として応用されています。 味は和風になり、 ご飯だけでなくお酒との相性も抜群になります。 ただ、日数がたつとこの風味は悪くなるので、 このレシピはできれば その日の内に食べたいレシピとなります。 他にも、少し甘めが好きな方は 「砂糖、からし」 辛めが良い方は 「豆板醤」 を使うものも人気なので試してみて下さい。 「きゅうり」の賞味期限、保存方法は? 「きゅうり」と言えば、 あまり長期保存できない印象があります。 通常「きゅうり」は 常温で3日程度 美味しく食べられる状態で保存できますが、 冷蔵庫でもそのまま寝かせておくだけでは、 常温の時よりもせいぜい 1日長く保存できる程度です。 一方で、 「きゅうり」の水気を取り 一本一本キッチンペーパー等で包み、 立てて保存すると 10日程度は保存できます。 しかし、様々な野菜がそうであるように、 「漬物」にしてしまうと、 「生」の場合と異なり 想像以上に長期保存が効きます。 「きゅうり漬物」の長期保存方法は? 「生のきゅうり」の保存期間が短く、 日持ちがしないと言われるのは、 「きゅうり」が極めて 水分の多い野菜だからです。 そこで、 「漬物」にして長期保存しようとする場合には、 「きゅうり」の水分を抜く技法による 「漬物」とすることが最適です。 そんな最も保存できる方法は 「きゅうり」を「塩」で 1週間から10日間漬け込み、 取り出した「きゅうり」に ザラメ糖と酢を加えて 冷蔵庫で漬けこむと 何と 半年持ちます。 さらに漬け替え、 ザラメ糖、酢を加え 冷蔵庫保存によって 何と 1年まで長期保存をできる 方法もあります。 どうでしたか? そもそも「漬物」は、 野菜を長期保存する方法の一つとして 今に引き継がれています。 中でも「きゅうり漬物」は 味、種類、保存期間のアレンジ幅が大きく、 楽しみかたも多い料理なので 一度チャレンジしてみて下さいね。

次の

農産物の上手な利用法(キュウリの長期保存漬け・漬け方のアドバイス)

きゅうり 長期保存

きゅうり50本程度の場合 ・漬物樽 ・あら塩 500g程度(下漬け用) ・水 1Lくらい ・あら塩 500g(本漬用) ・漬物袋 (一斗用 18~20L用) ・重石 (7.5kgもっと重くてもいいかも) 漬物樽には、いくつも種類があります。 今回は、きゅうり50本程度だったので、N15型にしました。 これでも十分余裕がありました。 きゅうりの長期保存 漬物レシピ 下漬け ・最初にきゅうりを軽く水洗いし、水気を切ります。 ・漬物樽に隙間なく並べていきます。 今回は、きゅうりが50本程度だったので 水1L 塩 500g 鍋に入れて、沸かします。 沸騰したら、そのままきゅうりにかけます。 塩が完全に溶けていませんが大丈夫です。 熱いお湯をそそぐことで、きゅうりのパリパリ感が楽しめます。 この上に重石を乗せます。 今回は、7.5kg 数日(5~7日)するとブクブクと泡が出てきます。 そうなったら、一旦水分をすてて きゅうりを外に出します。 きゅうりの長期保存 漬物レシピ 本漬け きゅうりの水分が切れたら、漬物袋にきゅうりを敷き詰めます。 きゅうりを敷いて、その上に塩をふり さらにきゅうりを敷いて、また塩をふるということをくり返します。 ビニール袋を絞って重石を乗せます。 5日程度。 水分が出たらその都度捨てて、さらに塩をふります。 水分が出なくなったら出来上がり。 涼しいところで保管します。 これで春先まで長持ちします。 食べるときは、塩抜きをしないと食べられません。 水につけておいて加減をみて食べてください。 きゅうりを切って水につけた方が早く塩抜き出来ます。 <スポンサーリンク> きゅうりを長期保存させる簡単な漬物レシピいかがでしたか。 塩さえあれば、保存できますからね。 夏に飽きたといって食べないきゅうりがあったら 塩漬けにするといいです。 是非お試しください。 <関連記事>.

次の