浮気調査 アプリ。 【19年最新版!】使える浮気調査アプリ9選とアプリで調査するリスク|浮気調査ナビ

浮気調査に使えるアプリ8選、浮気防止アプリ利用時の注意点

浮気調査 アプリ

地獄の番犬ならぬ浮気の番犬「ケルベロス」アプリの特徴 彼氏のスマホにLINEの新着通知があったら注目してみましょう。 今やスマートフォンの利用者数は日本国内で5000万人を突破しています。 日本人の3人に1人はスマホを持つ時代となっています。 浮気調査でも、スマートフォンの存在は大きく、スマホがきっかけとなって浮気の証拠を見つけることもあります。 そんなスマホのセキュリティアプリに「ケルベロス」というアプリケーションがあります。 ケルベロスでは、もしもスマートフォンを紛失したり、盗まれたりしたとき、スマホがある場所を特定したり、他人に自分のスマホを使わせないようロックすることができます。 このケルベロスにどのような機能があるのか、まずは機能を一覧で見てみましょう。 スマホのカメラ機能を遠隔操作して静止画、動画の撮影が可能。 スマホ周囲の音を遠隔操作で録音が可能。 スマホのデータをメールで転送が可能。 スマホの通話履歴やSMSの通信記録が遠隔操作で取得可能。 遠隔操作でスマホのスクリーンショットが可能。 スマホの現在位置、位置情報のログが閲覧可能。 ストレージ内で非表示設定が可能。 ケルベロスでは、こうした機能を使うことができます。 機能の一覧を見て気付かれたと思いますが、このアプリはスマホを遠隔操作することができる アプリケーションです。 この遠隔操作で、自宅のパソコンから、ケルベロスをインストールしたスマホを操作したり、監視に使うことができます。 もしも、このケルベロスが浮気をしている人のスマホにインストールされていたら、 浮気相手とよく会う場所、ラブホテルなどへ行ったかどうかを位置情報のログから調べるたり、 浮気相手との通信記録を閲覧・保管することが出来てしまいます。 ケルベロスの音声録音で浮気現場の音を録音 ケルベロスをスマホにインストールさえしておけば、浮気をしているかどうか調べることができます。 このアプリを使った浮気を調べる方法ですが、音声録音が意外と使えます。 恋人や夫婦の浮気を調べようとする方の中には、ICレコーダーや盗聴器を使って、 情事の様子を録音して調べるという人もいますが、これにはいつか欠点があります。 ICレコーダーや盗聴器は、それら機器を仕掛けた狭い範囲でしか音声を録音することが出来ません。 そのため、パートナーと浮気相手が一緒にいる場面を録音しようとしても上手く録音出来ないことが 多いのです。 しかし、ケルベロスを使えば、この欠点を解消できます。 ケルベロスがインストールされているスマホですが、 スマホを自分の身近に置かないという人は少なく、常に手元の置いています。 特に、浮気をしている人は スマホを手元から離さないという傾向が強いため、 パートナーと浮気相手の情事を録音するのにうってつけです。 パートナーが移動中でも遠隔操作で録音を開始することができるため、盗聴器を仕掛けるよりも、 かなり高い確率で情事を録音できると思われます。 ケルベロスで行先のログから怪しい場所を特定 探偵が浮気調査をすると、尾行や張り込みで浮気の証拠を映像や写真に記録します。 しかし、探偵が尾行や張り込みを行ったとして、必ずしもその調査を行った日に浮気相手と 会うとは限りませんし、尾行中にまかれてしまう可能性も無いわけではありません。 確実に浮気の証拠を取ろうとすれば、調査対象者の行先に先回りして 撮影ポイントを見つけておく必要があります。 この先回りに使えるのが、ケルベロスの位置情報のログです。 あらかじめ位置情報のログを確認すれば、浮気をしている恋人や夫婦がよく行く場所を特定することができます。 またケルベロスは位置情報のログを確認するためでなく、現在地の確認もできるので、尾行調査で調査対象者を見失ったとしても、対象の現在地を調べ、尾行を再開することも可能でしょう。 ケルベロスを使った浮気調査は違法? ここまで、セキュリティアプリのケルベロスを使って、浮気調査の方法をご紹介してきましたが、 ケルベロスの使用は違法行為になる可能性があります。 ケルベロスではありませんが、 別のセキュリティアプリを使った人で、逮捕者も出ています。 どういった理由で、このアプリの使用が違法行為となるのかは下記をご覧ください。 他人のスマートフォンに勝手にアプリをダウンロードする行為• 他人のスマートフォンを了解もなく遠隔操作する行為• スマートフォンから持ち主のプライバシーを勝手に覗き見した行為。 スマートフォンを通して勝手に他人の位置情報を監視する行為。 こうした行為は、違法行為となるためケルベルスを相手のスマートフォンに了解もなく ダウンロードするのは、かなり危険な行為だということを覚えておきましょう。 また、ダウンロードしていることが相手に気付かれなければ大丈夫、という考えを持った人もいますが、これはかなり危険な考えです。 もしも、相手のスマートフォンにケルベロスを勝手にダウンロード・インストールして、 そのアプリのおかげで浮気の証拠が手に入ったとしても、違法な行為で手にいれた証拠は、証拠能力を持たないだけでなく、逆に違法行為を行った証拠として、アプリを仕掛けたあなたが訴えられる可能性があります。 そのため、ケルベロスのような セキュリティアプリを使った浮気調査は、 推奨することが出来ません。 どうしても浮気を調べたいという人は、アプリを使って集めた証拠は表に出さず、 あくまで「 参考資料」として自分で保管するようにしましょう。

次の

浮気調査するならこのアプリ!iPhone、androidでも使えるアプリを解説|探偵NOTE

浮気調査 アプリ

浮気調査 iPhoneの「探す」 旧iPhoneを探す アプリで浮気調査する方法 「探す」は、iPhoneに標準搭載されている、登録した端末や友達、また家族の現在位置が分かるアプリです。 元々は、「iPhoneを探す」と「友達を探す」という2つのアプリでしたが、iOS13以降のバージョンにアップデートをすると「探す」という1つのアプリにまとめられます。 iOS13以降のバージョンをお使いでない場合は「iPhoneを探す」というアプリを使用してください。 こちらでは、「探す」を浮気調査に活用する方法を解説していきます。 「探す」の機能 「探す」には様々な機能が備わっており、浮気調査にも活用できるような優れた機能もあります。 この項目では、「探す」に搭載されている機能をいくつか紹介していきます。 「探す」の機能一覧• iPhoneの現在位置を地図上に表示• 位置情報の共有• エリア通知機能• 共有したiPhoneへのナビゲーション• サウンドを遠隔で再生• 紛失モード• 遠隔でデータ全消去 本来は、 紛失したiPhoneを探したり、盗難による悪用を防止したりといった用途に利用することが目的のアプリであるため、防犯の機能が充実しています。 GPSなどを利用して位置情報を教えてくれる機能により、紛失した自分のiPhoneを探すことや、家族や友人、恋人の携帯電話の現在位置を把握することができます。 iOS13以降では、Bluetoothを活用した方法でオフラインのiPhoneも追跡が可能となっているため、より現在位置を取得しやすくなっています。 また、 ナビゲーション機能も備わっているので、登録したiPhoneまでの道順を示してくれます。 このとき、移動ルートを車や交通機関、徒歩から選ぶことができる点も便利です。 他にも、 iPhoneからサウンドを鳴らすことで、見つけやすくなったり、防犯に使うことができたりします。 遠隔で紛失モードを設定すれば、iPhoneをロックして、個人情報などへのアクセスを制限できるだけでなく、任意のメッセージを表示させることもできます。 さらに、iPhoneのデータを全消去することができるので、どうしても端末が見つからず、せめて個人情報の拡散は防ぎたい、というときも対応できます。 このように、いざという時に活用できる機能がたくさん揃っています。 「探す」の使い方 「探す」は、初期設定でオンになっていますが、仮に自身で「探す」機能をオフにしているのならば、「設定」からApple IDを開き、「探す」をオンにしてください。 まず、現在位置を表示させる方法を解説していきます。 「探す」と表記されているアプリを開いて、サインインを求められたらApple IDを入力してサインインしてください。 このとき、 位置情報の設定を許可していない場合は、許可を求められることがあるので許可してください。 次に、マップとメニューが表示されます。 メニューは左から 「人を探す」、「デバイスを探す」、「自分」という項目があります。 まず、「自分」メニューをタップして、「自分の位置情報共有」をオンになっていることを確認してください。 これで、家族や恋人に自分の位置情報を共有する準備ができました。 次に、恋人など、位置情報を共有したい人のデバイスを登録しましょう。 まず、自分のiPhoneの「人を探す」メニューから、「位置情報の共有を開始」を選択します。 次に、メールアドレスを入力するか、連絡先から位置情報を共有したい相手を選択し、「送信」を押します。 すると、相手方のデバイスに通知が届くため、OKを押せば認証を行えば共有が完了し、新しいデバイスが追加されています。 「デバイス探す」メニューから、好きなデバイスを選択することでマップ上に表示させることができます。 デバイスの名前をタップすることで、 特定の場所へ出発や到着したことを知らせるエリア通知などの設定も行うことができます。 基本的にはこのような使い方になりますが、パートナーのApple IDとパスワードを知っていれば、自分でログインをすることでデバイスを追加することもできます。 ただし、このとき 認証などの通知が相手のiPhoneに届く可能性があるので、注意しましょう。 「探す」を使った浮気調査の方法 「探す」の機能や使い方が分かったら、浮気調査の方法を確認していきましょう。 GPSの位置情報で浮気のチェックをする 相手の現在位置を把握できるため、ラブホテルや風俗店、デートスポットなど、リアルタイムで浮気をしていないかどうかを確認する方法です。 また、エリア通知機能で指定の場所から動いたり、指定の場所へ到着したりすることを確認することができるので、職場や怪しいと思っているデートスポットを指定しておけば、常にマップを見なくてもよくなります。 先に触れたような浮気スポットや、事前に伝えられた場所と違う個所に向かっている場合や、アイコンが表示されていたら、浮気をしている可能性が高くなります。 日々のルーティンを把握できる 相手がどのような日々を過ごしているのかがある程度わかるようになるので、 大体の動きを把握しておけるようになります。 人が生活するには、多少なりとも習慣というものがつくので、その習慣から逸脱した行動を取ったときには怪しいかもしれない、と予測することができるようになります。 「探す」を使った浮気防止 ここまで「探す」を浮気調査に活用する方法を解説しましたが、本来であれば「探す」は、浮気調査よりも浮気防止として活用することに向いているアプリです。 なぜなら、 相手にもアプリの存在を認識されることが前提となったり、登録時にバレてしまったりする可能性が高いからです。 それを認識した上で堂々と浮気をする可能性は低いですし、こっそり登録しようとすると、バレてしまったときにトラブルが起こりかねません。 そのため、 あくまでも浮気防止のための抑止力として、お互いに監視し合えるようにしておこうという認識でいるくらいがよいでしょう。 登録していることでも十分なけん制になりますが、GPS位置情報を探そうとすると相手のiPhoneに通知が行くため、さらに監視されていると認識させることができます。 その上で、表示設定を変えてこちらに見えないようにしていた場合や、実際に浮気スポットに行っていた場合などに、浮気を疑う根拠の一つにするという使い方が望ましいです。

次の

旦那の浮気調査アプリを紹介|iPhone、アンドロイド対応|旦那の浮気調査 研究所

浮気調査 アプリ

この記事の目次• アプリは浮気調査に使える!一体何ができるのか まず、浮気調査ができそうなアプリを使うことで、一体何ができるのか解説しておきます。 もちろん、アプリによって内容が変わってきますので、基本的なことだけご紹介しておきましょう。 これからご紹介するアプリを使えば、 LINEのやりとりやメールの内容、通話履歴だけではなく、 パートナーが今どこにいるのか位置情報まで知ることもできます。 アプリによっては遠隔操作で カメラ撮影ができたり、 LINEを操作することも可能です。 また、保存している 動画や画像を見ることができたり、位置情報と言っても現在地だけではなく どんな行動をしたのかも知ることができます。 浮気調査で使えるアプリランキングBest5【iPhone編】 では、浮気調査で使えるアプリにはどのようなものがあるのか、ランキングで解説していきます。 浮気調査として使うものではなくても、こんな使い方もあるんだと驚く内容となっておりますので、自分に合ったアプリが見つかるでしょう。 それでは、まずiPhone編のランキングから解説してきます。 LINEやfacebook、SNSなどの閲覧• スマホのモニタリング• 気になるメニュー画面のアイコン消去• インターネットの閲覧記録 などができるようになり、 パートナーのスマホを常に監視できる状態になりますし、アイコンの消去もできるのでバレる可能性が低くなります。 mSpyならパソコンがなくても自分のスマホがあれば使えます。 mSpyは 基本料金が 1か月で約25ドル、 3か月で約50ドル、 12か月で約85ドルとなっており、 プレミアムプランになると、 1か月約70ドル、 3か月約120ドル、 12か月で約200ドルとなっています。 また、浮気調査ができるアプリはAndroid専用のものが多いのですが、 mSpyはパートナーがiPhoneを使っていてもAndroidでも、どちらでも問題なく使えます。 mSpyは基本有料ですが、1か月・3か月・12か月と料金を選ぶことができますので、試しに1カ月から利用してみると良いでしょう。 mSpyのすべての機能を使うには、 脱獄(iPhoneに元々かかっている機能制限を無理矢理解除すること)が必要になります。 そのままのiPhoneでも位置情報や通話履歴は見られますが、SNSの内容や写真を見ることはできません。 脱獄するとAppleのサポートを受けられなくなる、一歩間違えればiPhone自体が使えなくなるなどのデメリットもありますので、詳しくない方は慎重に検討してください。 mSpyはApp Storeでは販売されていないため、のカートから購入する必要があります。 【第2位】位置情報特定に優れた機能!無料アプリ「Prey Anti Theft(プレイアンチセフト)」 「Prey Anti Theft」も浮気調査で使えるものとして、常にランキング上位にありながら 無料のアプリとなっています。 このアプリは、元々盗難防止のアプリですので、できることとしては• スマホのロック• メール通知• スマホの警告アラーム作動• 位置情報の確認• 画面のアイコンを隠す(セキュリティ迷彩)• カメラで位置情報の確認と写真レポート作成ができる• スクリーンショット撮影• Wi-Fi検索 などがあります。 特に機能として浮気調査に使えるのが 「位置情報の特定」と 「写真レポート作成」です。 もちろん、画面のアイコンを隠す「セキュリティ迷彩」がありますので見つかりにくいというのも大きな特徴です。 「位置情報の特定」に関してはとても優れているアプリで、パートナーのスマホにアプリをインストールしておけば、 指定した特定の場所に立ち寄った時に、その場から離れるとアラームやメールで知らせてくれる機能が付いています。 ですので、パートナーがよく行く行きつけのお店や浮気相手との密会場所と思われる場所を指定すれば、そこに立ち寄った時にアラームやメールが鳴るため確認できるのです。 「写真レポート作成」は、 一定時間になるとカメラで現在地を撮影して写真を保存してくれます。 指定できる時間は10分ごと、20分ごとなど選べるようになっているため、パートナーの行動を常に把握することができます。 うまく写真が撮れれば浮気相手と密会している写真を収めることができるかもしれません。 【第3位】現在地の特定は《iPhoneを探す》でできる「iCloud」 実は、 「iCloud」はiPhoneに最初からインストールされているクラウドサービスです。 アプリではありませんが、もともとiPhoneに備わっているサービスを使えるという点で、ランクインしました。 パートナーがiPhoneの場合、 わざわざパートナーの目を盗んでアプリをインストールする必要はありません。 「iCloud」はiPhone内にあるデータを自動バックアップしてくれる機能です。 iPhone内にあるデータを一旦クラウドに保存するので、 パソコンや自分のiPhoneからパートナーのデータを見ることができます。 さらに、浮気調査に欠かせない現在位置を確認することもできるのです。 パートナーの現在位置を確認する時は 《iPhoneを探す》の機能を使います。 ただし、この機能を使う時は相手のアップルアカウントのIDやパスワードが必要になりますので、事前にさりげなく聞いておきましょう。 もし、聞けない時はパートナーがアプリなどをインストールする時に盗み見るなどして確認する必要があります。 パートナーの持つiPhoneで「iPhoneを探す」機能をオンにしておけば、自分のパソコンやiPhoneからiCloudにログインして位置情報を確認することができます。 《iPhoneを探す》の機能を使えば、パートナーの現在位置を知ることができますので、職場や行きつけの場所ではなく、特定の場所に頻繁に立ち寄るようなことがあれば浮気現場となっている可能性もあります。 さらに、iCloudにはファイルの共有機能がありますので、 パートナーがメールでどのような会話をしたのか確認することもできます。 ただし、閲覧できるのはファイルの共有設定をしている場合に限ります。 【第4位】子供など家族の位置情報確認機能で浮気調査ができるGPS「Life360」 子供を心配する親のために家族の位置情報を確認するためのアプリが 「Life360」で、使い方次第では浮気調査に利用することもできます。 本来、災害時や緊急時に子供や家族の居場所がわからないという時に便利なアプリです。 ですので、パートナーに 「災害時や緊急事態のためにインストールしてほしい」と言えば疑われることはないでしょう。 Life360の機能を使えば、パートナーの現在位置をアプリに搭載されている地図で確認することができます。 他にも、• 特定の場所を選択しておけばパートナーが到着すると通知してくれる• グループチャットができる• 緊急通知発信ができる• スマホの警告音を鳴らす• 盗難や紛失したときに、スマホを追跡・監視することができる などがあります。 パートナーや家族をメンバー登録しておけば、いつでも現在位置を調べることができますので、普段行かない場所に頻繁に通っている場合は浮気の可能性があります。 浮気調査ができるアプリはたくさんありますが、機能が多いため使いにくいという人もいるでしょう。 ですが、Life360はとてもシンプルですので 機械が苦手という人でも扱いやすいアプリです。 ただし、一つ問題点があります。 【第5位】LINEの操作、ファイルの転送ができる「Pushbullet(プッシュバレット)」 「Pushbullet」は地図やファイル、URL、メモなど様々な機能を別の端末間で送受信できるアプリですので、パートナーのiPhoneやスマートフォンから自分のパソコンなどに、自由に送受信ができるのです。 ですので、「Pushbullet」最大の特徴となっているのが、 パートナーのLINE操作ができたり、ファイルの転送機能が使えるということです。 浮気相手との連絡手段にLINEを使っている人は多く、メールよりもLINEという人がほとんどです。 LINEはアカウントも複数作れるため、浮気相手との連絡手段としては最適と言えるでしょう。 ですが、「Pushbullet」を使うことで本来見ることができないLINEの中身を確認することができます。 また、LINEだけではなくSNSやポップアップなども確認できるため、浮気かどうか確認するには最適です。 さらに、「ファイルの転送機能」があるため、スマホに保存されている写真や動画を「Pushbullet」を通じて自分のパソコンに転送することができます。 「Pushbulllet」は通知を溜めておくこともできるため、 常に確認する必要はなく、自分が確認したい時できるのも特徴と言えるでしょう。 他にも、• 位置情報の確認• GPSによる追跡• 遠隔操作でのカメラ起動・撮影• 音声の録音• 通話履歴の確認• 電話帳の閲覧• スマホに保存されている画像や動画の閲覧• SNSの閲覧 などがあります。 機能を見ると、どれも浮気調査に使えそうなものばかりですし、「ケルベロス」の凄いところは 起動しても相手にばれないという点です。 多くのアプリは、起動したことでパートナーに知られてしまいバレることが多いのですが、ケルベロスは起動してもバレないようになっています。 さらにすごいところは、 パソコンの管理画面からパートナーのスマホを遠隔操作できるという点です。 位置情報を確認して、遠隔操作で写真や動画が取れるため、浮気の証拠を確実に撮ることもできます。 起動してもバレないため、浮気調査として使うには最も優れているアプリと言われているのがケルベロスです。 ただし、有料となっており、 1端末で年間約650円(端末が増えるたびに料金がかかります)かかりますが、本気で調査をしたい人には価値の高いアプリだと言えます。 ダウンロードはこちら アプリを使うには細心の注意が必要!浮気調査でも違法行為になる可能性が 浮気調査に使えるアプリはたくさんありましたが、選りすぐりのBest5をご紹介してきました。 ただし、ここで一つ注意しておかなければならないことがあります。 それは、 アプリを使う方法によっては違法となってしまい、浮気しているか調査するどころか逆にパートナーから訴えられる可能性もあるのです。 また、浮気調査に最適だと思われているアプリにも弱点がありますので、使う上で注意しなければならないことをお話ししておきましょう。 無断でパートナーのスマホにアプリをダウンロードをするのは違法 色々アプリをご紹介してきましたが、多くのアプリがパートナーのスマホにインストールする必要があります。 ですが、 パートナーに無断でアプリをインストールすると違法になってしまうのはご存知でしょうか。 無断でアプリをインストールした場合、 「不正指令電磁的記録供用罪」という罪に問われ、3年以下の懲役、もしくは50万円以下の罰金となります。 さらに、遠隔でスマホを操作できるアプリもありましたが、 「不正アクセス禁止法」に触れることになり、こちらも刑法上で罰せられます。 他にも行動を監視することで 「ストーカー規制法」に触れる可能性も出てきます。 ですので、アプリをインストールする場合、パートナーの許可を取らなければなりません。 浮気調査アプリはパートナーにバレる可能性が高い 浮気調査できるアプリは色々ありますが、ほとんどのものが 起動音がしたり、 インストールした時点でバレてしまうことが多いのです。 特に、アプリが起動するたびにパートナーに 通知が送られるため、見つかる確率は高くなります。 パートナーと浮気相手が肉体関係を持ったとされる ホテルなどの建物と顔がハッキリ写っている 写真や動画• 探偵事務所の調査による報告書 となっています。 つまり、 浮気している相手と2人でいる所を写真に撮ったところで証拠にはならないのです。 2人が肉体関係を持った、つまり不貞行為を行ったという確実な証拠になる写真や動画がなければ浮気としては立証されないため、浮気調査ができるアプリでは限界があります。 アプリを使うのは意外と危険!浮気調査は探偵を使う方が得策 浮気調査で使えるアプリはたくさんあり、導入してみたいと思われたかもしれませんが、法律に触れる可能性が高いということを覚えておきましょう。 もし、使う場合はパートナーに アプリのインストールを承諾してもらえるものにし、アプリを使って浮気の証拠を掴むのではなく、 浮気しているかどうかを確認する程度にする方が良いでしょう。 浮気調査はとてもデリケートなものですので、本格的に調査を行うのであれば合法的に調査ができる探偵に依頼する方が得策です。

次の