エンジン ブレーキ 使い方。 エンジンブレーキ(エンブレ)のかけ方や原理を簡単に説明してみた

エンジンブレーキとは?仕組みから使い方、燃費への影響を徹底解説

エンジン ブレーキ 使い方

そもそもエンジンブレーキとは? エンジンブレーキの話を始める前に、ブレーキの種類についてお話しします。 車のブレーキにはフットブレーキ、、エンジンブレーキの3種類あります。 フットブレーキ フットブレーキとは、いわゆる「ペダルを踏むブレーキ」。 車輪と一緒に回るローターを油圧の力で抑えることで制動します。 この時に大量の熱が発生します 後述。 仕組みとしては、自転車のブレーキと似たようなもの、と考えるとわかりやすいですね。 余談ですが、普通はフットブレーキには2系統あり、もし片方が壊れても、もう片方の機能により止まることができるようになっています。 「X配管方式」という系統分けがよく使われています。 carrex. 以下の画像で示している「ラチェット機構」が使われています。 エンジンブレーキ 最後に、今回の主役であるエンジンブレーキを紹介します。 エンジンブレーキはその名の通り、エンジンの摩擦を使って速度を落とします。 車を運転している時に、アクセルを戻すとだんだん速度が落ちていきますよね?あれは空気抵抗やエンジンの抵抗によるものです。 そこで、エンジンの回転数を意図的に上げることによってより高いエンジン抵抗を得て、制動するものがエンジンブレーキです。 一般的には、シフトレバーやハンドルの後ろについているでエンジンブレーキをかけます。 なぜエンジンブレーキを使うべきなのか フットブレーキの使いすぎで発生する怖い現象 運転している時に一番よく使うブレーキは、もちろんフットブレーキですよね。 しかし、フットブレーキには弱点があります。 例えば、長い下り坂でダラダラと長い時間フットブレーキをかけている状況を考えてみてください。 前述の通り、フットブレーキは油圧の力を使っているわけですが、この「油 ブレーキフルード 」はあまりにも高温になりすぎると蒸発して気体になってしまい、この気体がクッションとして働き、ブレーキの効きが悪くなってしまいます。 これをベーパーロック現象と言います。 エンジンブレーキの出番 このような事故につながりかねない危険な現象を防ぐためにエンジンブレーキを用います。 長い坂道でフットブレーキをダラダラ踏む代わりに、エンジンブレーキを使うことでエンジンのギヤをより低い数字にして、エンジンの回転数を上げてやります。 そうすることで、フットブレーキをあまり踏むことがなくても、適切な速度で坂道を下っていきます。 エンジンブレーキの仕組み動画.

次の

燃費よく運転するには?? ハイブリッドカーにある「B」レンジの上手な使い方

エンジン ブレーキ 使い方

AT車におけるエンジンブレーキは、減速すべきタイミングを見はからって操作をする、というイメージですよね。 実際、ひと昔前のAT車にはオーバードライブギヤからシフトダウンを行う「OD-OFF」スイッチがありました。 私は普段AT車に乗っているのですが、エンジンブレーキを多用しているほうだと思います。 アクセルを踏んでいない「空走」状態でも速度が上がってしまうような下り坂を想像してみてください。 エンジンブレーキを効かせるタイミングとして最適なのは、まさにこのような場面。 「危険を感じる少し前」というイメージですね。 ただし、エンジンブレーキはブレーキランプが点灯しないので、あまりに急激なシフトダウン操作は後続車にとって迷惑であり、かつ危険をともないます。 とくに高速道路など速度域が高いときのシフトダウン時には、バックミラーで後続車との距離感には気を配っています。 エンジンを守るセーフティ機構 細かくシフトダウンできるパドルシフト付き車両なら、落としたい速度になるまでシフトすることも可能です。 ただ、どんなときでもミッションの段数だけシフトダウンできるわけでなく、速度によっては一定以下のギヤには下がらない安全設計がされています。 高い回転数でシフトダウンしてしまったことによるオーバーレブを防ぎ、エンジンを守る制御になっているんですね。 この機構を上手に使い、望んだ速度に達するまでに「D」(ドライブ)と低いギヤとの間を何度か行き来させることもあります。 頻繁なシフト操作になじめないなら、エンジンブレーキの効きを強めた「スポーツモード」等を選んでおけば、イージードライブが可能です。 いずれにせよ、前走車の急な減速などいかなる場合でもフットブレーキを踏むことができるよう、心の準備をしておくことが大事ですね。

次の

運転が上手い人のエンジンブレーキの使い方とは|中古車なら【グーネット】

エンジン ブレーキ 使い方

はじめに MT車 マニュアル車 を運転していると、常日頃からエンブレ エンジンブレーキ を意識するものだと思うのですが、オートマ車 自動変速車 を運転している場合は「あまり意識しない」という方も多いのだろうな、と個人的には思っています。 そして新車で販売されるクルマの「ほとんど」がオートマ車、という状況になって久しく、またオートマ限定免許もかなり普及してきた現在においては、そもそも「エンブレって何?」という方も多いのかも知れないと、そのように思っています。 と言う訳で、ここではエンブレに関して「簡単に」説明してみます。 エンジンブレーキ エンブレ のかけ方 「エンブレってどうやって掛けるのか?」という質問文は冗談のようにも聞こえるのですが、真剣にそのような質問をされているケースもあるようです。 原理は後ほど説明しますが、「エンブレの掛け方 掛ける方法 」は原理的には、 アクセルペダルを緩めるだけ となります。 MT車 マニュアル車 の場合、超低速 歩くような速度 の時を除き、どのような速度域であっても、またギアが何速に入っていても、 加速時、巡航時を問わず 「アクセルを踏みながら走っている」状態からアクセルを緩めると、それだけで ギアをシフトダウンしなくても エンブレが掛かるのがはっきりと分かります。 しかしオートマ車の場合、アクセルを緩めただけでは「エンブレを全く感じない」 恐らくほんの少しは掛かっているのだろうが体感できない というクルマが普通に存在するように思います。 ただし、近年はアクセルを緩めただけ セレクターはDレンジのまま でも適度にエンブレが掛かるクルマも普通にあると思います 掛からないクルマも両方あると思います。 エンジンブレーキ エンブレ の原理 「力の大きさ」と「回転数の多さ =速度 」を厳密に分けて書くと複雑になりますので、ここでは大雑把に「力=速度」で考えます。 クルマというのは当たり前ながら、エンジンとタイヤが繋がっていて、エンジンの力 回転 をタイヤに伝えて走ります。 加速する場合、力関係としては、 エンジン > タイヤ となっています。 エンジンのほうが力が大きいので、その力がタイヤに伝わってゆき、どんどん速度が上がる訳です。 巡航 一定速度 に入ると、力関係は、 エンジン = タイヤ となっています。 ここで肝要なのは、エンジンは勝手に回っている訳ではなく、アクセルを一定量だけ踏み続けてエンジンにガソリンを送り続けながら、一定の回転数をキープしている、という点です。 ここでアクセルを緩めるとどうなるかと言うと、力関係は、 エンジン < タイヤ となってしまいます。 すなわち、例えばアクセルを完全に離せばエンジン回転数は1000rpm弱 アクセルを踏んでいない時の最小回転数 いわゆるアイドリング回転数 に落ちようとします。 ここで肝要なのは エンジンの回転数は「すぐに落ちる」訳ではなく「落ちようとする」がすぐには落ちないということです。 何故かと言えば、エンジンはタイヤと繋がっている為です。 そう、これが「エンブレ」の正体です。 従ってエンブレと言うのは原理的には「アクセルペダルを緩めただけ」で発生します。 なお、ポイントは「エンジンとタイヤが繋がっている」という点ですので、これを切り離している場合、すなわちクラッチを踏んだりギアをニュートラルに入れたりして両者を切り離せば、エンブレは効きません。 オートマ車の一部で「アクセルペダルを緩めただけ」ではエンブレが効かないのは、そうなるようにトルコン オートマ車のクラッチのようなもの を電子制御している為だと思われます。 余談:シフトダウンするとエンブレの効きが大きくなる訳 以上のように、エンブレと言うのはギアチェンジ シフトダウン しなくても「アクセルペダルを緩めただけ」で原理的には発生しますし、またMT車では実際にその通り体感する訳ですが、更にシフトダウン 低いギアに入れる とエンブレの効きが大きくなります。 その部分を説明します。 ギアは低いほうが「同じエンジンの回転数なら速度が遅い」訳ですから、「同じ速度ならエンジン回転数が高い」訳です。 これが低いギアのほうが「エンブレの効きが大きくなる」原理となります。 おわりに 以上、普通の人が普通に理解する分においては大きな間違いは無いと思っていますが、私は自動車工学などに関しては全くの素人ですので、そのような意味での正確性は有しません。 最後に念のため申し添えます。 ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~ t-kazu-t.

次の