髭男 宿命 歌詞 意味。 Official髭男dism

【Official髭男dism(ヒゲダン)/宿命】の歌詞の意味を徹底解釈

髭男 宿命 歌詞 意味

スポンサーリンク Official髭男dism「バッドフォーミー」歌詞の意味とは? 「バッドフォーミー」ーOfficial髭男dism 作詞:藤原聡 作曲:藤原聡 笑っちまうほど 夢見がちなのさ 君に会ってから 余計にひどくなったな とどめを刺された 群青色の涙 指でぬぐったら 引っ付いて離れなくなった 季節外れの装いに 悲しみがフィットした微笑み あっと あっと いう間に 引きずり込まれるファンタジー 通り雨みたいな恋心 Oh Oh あっと あっと いう間に 全然タイプじゃないのに ときめきが浪費されていく No No Bad for Bad for Bad for me 変わっちまったな 愛想を振りまいたり 誰が見たって 好かれそうな服を着たり 俺は落ちぶれて 鏡みたいになって 君は垢抜けて みんなの「キミ」になった あっと あっと いう間に 遠くに感じるファンタジー 吐き捨ててしまいたい恋心 Oh Oh パッと パッと パッと見 お幸せそうでなにより ときめきが歪みかけている No No Bad for Bad for Bad for me さよなら さよなら それがきっと答えだ さよなら さよなら わかってるはずなのに 言い出せず何度も曖昧に 忘れたふりでごまかしてる 今も あっと あっと いう間に 引きずり込まれるファンタジー 通り雨みたいな恋心 Oh Oh あっと あっと いう間に 全然タイプじゃないのに ときめきが浪費されていく No No あっと あっと 言う間に ぬけ出せなくなるファンタジー 得体の知れない恋心 Oh Oh あっと あっと いう間に やっぱりタイプじゃないのに ときめきが無限に増えて行く No No Bad for Bad for Bad for me 笑っちまうほど 夢見がちなのさ 君に会ってから 余計にひどくなったな とどめを刺された 群青色の涙 俺はまたしても ふりだしに戻ってしまった Official髭男dismはドラマ「グッド・バイ」の主題歌になっている「バッドフォーミー」についてこのようにコメントしています。 自分の意思と裏腹に暴れ出す厄介な恋心の歌です。 ドラマの世界とのリンクを大切にしながら、丁寧に、そして笑っちまうほど大胆にグッドミュージックに仕上げる事が出来たと思っています。 笑っちまうほど 夢見がちなのさ 君に会ってから 余計にひどくなったな とどめを刺された 群青色の涙 指でぬぐったら 引っ付いて離れなくなった あっと あっと いう間に 引きずり込まれるファンタジー 通り雨みたいな恋心 Oh Oh あっと あっと いう間に 全然タイプじゃないのに ときめきが浪費されていく No No Bad for Bad for Bad for me ここの部分では、 青々とした純粋な涙を持ったまだ垢抜けない、決してタイプではない君に心を射抜かれ、 通り雨の様なあっという間のスピードで君に惹かれ、恋に落ちてしまったことが歌われていますね。 変わっちまったな 愛想を振りまいたり 誰が見たって 好かれそうな服を着たり 俺は落ちぶれて 鏡みたいになって 君は垢抜けて みんなの「キミ」になった あっと あっと いう間に 遠くに感じるファンタジー 吐き捨ててしまいたい恋心 Oh Oh パッと パッと パッと見 お幸せそうでなにより ときめきが歪みかけている No No Bad for Bad for Bad for me この部分では先ほどとは裏腹に、 垢抜けて変わってしまった君はもう 僕の君ではなくて、みんなの君になってしまい、急に遠い存在に感じる様になってしまった。 それと同時に君への恋心も捨ててしまいたいと思う様になってしまい、「お幸せそうでなにより」なんて嫌味を言ってしまうくらい君への気持ちが歪んできてしまっている。 ということが歌われていますね。 さよなら さよなら それがきっと答えだ さよなら さよなら わかってるはずなのに 言い出せず何度も曖昧に 忘れたふりでごまかしてる 今も そしてここでは、 さよならと言って別れる方が良いと分かっているのに、自分に対して忘れたふりして誤魔化している。 そんな曖昧な状態が続いているということが分かります。 あっと あっと いう間に 引きずり込まれるファンタジー 通り雨みたいな恋心 Oh Oh あっと あっと いう間に 全然タイプじゃないのに ときめきが浪費されていく No No あっと あっと 言う間に ぬけ出せなくなるファンタジー 得体の知れない恋心 Oh Oh あっと あっと いう間に やっぱりタイプじゃないのに ときめきが無限に増えて行く No No Bad for Bad for Bad for me 笑っちまうほど 夢見がちなのさ 君に会ってから 余計にひどくなったな とどめを刺された 群青色の涙 俺はまたしても ふりだしに戻ってしまった そして最後の部分では、 また君に気持ちが奪われてしまい恋心が復活します。 そんな厄介な恋心を笑ってしまうほど大胆に見事に描いている歌詞になっているのではないでしょうか。 そして歌詞の中に何回か出てきていて、一部がタイトルにもなっている 「No No Bad for Bad for Bad for me」というフレーズは、 「そんなの僕にとって良くないよ〜良くない良くない」という気持ちがうまく表現されていますが、その気持ちとは裏腹に恋心が進んでいってしまうところもまた面白いですね。

次の

【Official髭男dism(ヒゲダン)/Pretender】の歌詞の意味を解釈

髭男 宿命 歌詞 意味

宿命とは前世から定まっている運命。 避けることも変えることもできない運命的なもの。 という意味がありますが、どう言った意味で曲名として使われているのでしょうか? この曲は楽曲の紹介でも触れたように、2019年夏の高校野球応援ソングに起用されているんですよね。 つまり、「高校野球」のイメージに沿って歌詞が作られ、曲名が決められていると考えられます。 高校野球といえば毎年数々のドラマが生まれ、世間を沸かせますよね。 9回裏ツーアウト満塁で逆転サヨナラホームランなんて打った選手がいたら、まるで生まれた瞬間から運命的に決まっていたんじゃないかなんて思ってしまうものです。 そんな、まるで運命的に決められていたかのような高校野球のドラマをイメージして「宿命」と曲名にしたのかもしれませんね。 解釈 無意識のうちに胸の奥から溢れ出してくる想いで 未来に突き進んだ。 君の想いも合わさって一緒に前に進んだんだ。 青い夏の空の下。 夏の群青の空。 どこまでも透き通っているかのような夏の青は、選手たちの清々しい心を表現しているかのように感じますよね。 この歌詞だけで青春を感じさせてくれて、ぐっと曲に引き込まれる気がします。 心臓から溢れ出した声。 これは高校野球の選手の 甲子園に行きたいという純粋な想いを表現しているのではないでしょうか。 混じりっけのない純粋な想いだからこそ数々のドラマが生まれるのかもしれませんね。 夢じゃない夢じゃない 涙の足跡 嘘じゃない嘘じゃない 泥だらけの笑顔 夢じゃない夢じゃない 肩を組んで叫びたい 僕らの想い 届け 解釈 うまくいかなくて泣いた涙は夢じゃない。 泥だらけの笑顔という努力の結晶も夢じゃない。 みんな一丸になって「僕らの想いが届け」って叫びたい。 ここの歌詞は、努力して時には泣いて。 野球を通してチームが一丸となっていくという清い青春の一面を歌っているのでしょう。 そもそも、別に野球でなくても青春なんてできるのですから、野球が好きでないならやめて他のことをすればいいわけです。 それでもここに残ったチームの一員だからこそ、みんな同じ方向を向いて歩めるのかもしれませんね。 奇跡じゃなくていい 美しくなくていい 生きがいってやつが 光り輝くから 切らないバッテリー 魂の限り 宿命ってやつを 燃やして暴れ出すだけなんだ 解釈 奇跡じゃなくてもいい。 美しく勝てなくてもいい。 君と一緒に野球ができるということが何よりも価値があるから 僕らは絶対に裏切らないバッテリーなんだ。 魂が尽きるまで宿命を信じるだけなんだ。 ここの説明をする前に前提知識として、藤原さんの歌詞に込めた想いを見ておきましょう。 美しいものばかりじゃなくてもいいし、奇跡みたいなことばかりが起こらなくてもいい、という歌詞がサビの部分にあるのですが、これは僕が伝えたかった思いです。 試合の中にドラマや奇跡のようなことがなくても、選手や応援団も含めた「勝ちたい」「戦いたい」「応援したい」という両チームの思いに、言葉が必要ないぐらいのすばらしい奇跡がすでに起こっている。 そんな思いを込めたつもりです。 つまりインタビュー は、 仲間とともに今試合にいるだけで、すでに奇跡が起きてるんだということを伝えたいのだと思います。 その藤原さんの想いが「生きがいってやつが光り輝くから」という歌詞で表現されているのでしょうね。 Official髭男dism(ヒゲダン)の歌ってなんというか、歌詞の伝えたいことがびしっと一本、筋が通っていて訴えかけてくるものがありますよね。 解釈 音がなっていることにも気づかないほど悔しかった日もあった。 自分の弱さに未来が遠ざかっていくような気がした。 「大丈夫」「頑張れ」って励ましてばっかくる曲が嫌になる夜もあった。 ここは主人公の「 挫折」を歌っている部分なのだと思います。 「沈黙が続いたイヤホン」という歌詞がより主人公の余裕のなさを印象付けますよね。 甲子園ではキラキラしている球児も、影ではこうやって何度も挫折を繰り返して成長していっているのかもしれませんね。 そんな努力があるからこそ、あの晴れ舞台に立てるのかもしれません。 夢じゃない夢じゃない あの日の悔しさと 忘れない忘れない 手のひらの爪痕 無駄じゃない無駄じゃない それも全てたたえたい もうあと少し 解釈 あの日の悔しさは絶対に忘れない。 手のひらの豆は無駄じゃない。 今までの小さな努力だって讃えたい。 あと少し。 夢じゃない夢じゃない、忘れない忘れないと繰り返し歌詞にすることで、主人公が自分に言い聞かせているかのように聞こえますね。 ものすごく不安な様子が想像できます。 手のひらの爪痕とは、手のひらの豆のことを言っているのだと思います。 高校時代ではありませんが私自身野球をやっていた経験があるんですが、 バットを素振りしているとすぐ手のひらに豆ができてしまうんですよね。 普通なら、痛くて嫌な物のはずなんですけど、なんだか 努力が認められた気がしてすごく嬉しい物なんです。 主人公もそうだったのではないでしょうか? 自分の無力さに挫折したくなってしまうけれど、今までの努力の結晶を見てもう少し頑張ってみようかなと思う。 そんな想いが手に取るようにわかります。 願いの熱さに 汗まみれになったり 光背負ってたって 重さに臆病になるけど 僕らの背番号 それは背中じゃなく 瞳の奥のanswer 重なって照らし合ってくforever.

次の

【Official髭男dism/115万キロのフィルム】歌詞の意味を解釈!なぜ115万?タイトルの意味が素敵すぎる!

髭男 宿命 歌詞 意味

君とのラブストーリー それは予想通り いざ始まればひとり芝居だ ずっとそばにいたって 結局ただの観客だ 感情のないアイムソーリー それはいつも通り 慣れてしまえば悪くはないけど 君とのロマンスは人生柄 続きはしないことを知った もっと違う設定で もっと違う関係で 出会える世界線 選べたらよかった もっと違う性格で もっと違う価値観で 愛を伝えられたらいいな そう願っても無駄だから グッバイ 君の運命のヒトは僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ たったひとつ確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」 誰かが偉そうに 語る恋愛の論理 何ひとつとしてピンとこなくて 飛行機の窓から見下ろした 知らない街の夜景みたいだ もっと違う設定で もっと違う関係で 出会える世界線 選べたらよかった いたって純な心で 叶った恋を抱きしめて 「好きだ」とか無責任に言えたらいいな そう願っても虚しいのさ グッバイ 繋いだ手の向こうにエンドライン 引き伸ばすたびに 疼きだす未来には 君はいない その事実に Cry... そりゃ苦しいよな グッバイ 君の運命のヒトは僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ たったひとつ確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」 それもこれもロマンスの定めなら 悪くないよな 永遠も約束もないけれど 「とても綺麗だ」 「Pretender」は、直訳すると「ふりをする人、詐称者」という意味がありますが、なぜこの単語が使われているのでしょうか。 おそらくですが、この曲は映画「コンフィデンスマンJP」主題歌に起用されていますから、映画の内容に沿って「Pretender」と曲名につけられているのでしょう。 では、曲中ではどういう意味で使われているのでしょうか。 歌詞を簡単に見たところ、どうやらこの曲は「恋愛」について歌われているようです。 なので、あくまで予想ですが、Pretenderとは「好き」という気持ちを詐称するという意味で使われているのかもしれません。 曲名だけで意味を捉えるのは難しいので、歌詞を詳しく見ていきましょう。 解釈 君と付き合うことは予想できていた。 それでも、付き合えば何か変わると思っていたけど結局何も変わらず一人芝居。 ずっとそばに君がいたって、結局君は僕の人生の観客でしかない。 「付き合う」とは一般的に愛し合った二人が互いを呪縛するために取る形式のことです。 わざわざ「付き合う」という行為をとる人間の心理には様々あると思いますが、代表的なものは「自分を満たして欲しい」という気持ちと、「誰にも取られたくない」という心理だと思います。 その代表的な心理のうちの「自分を満たして欲しい」という心理でこの曲の主人公は「君」と付き合い始めたのではないでしょうか。 だから思っていたように自分が満たされなくて、「一人芝居をしているかのようだ。 」と歌っているのでしょう。 感情のないアイムソーリー それはいつも通り 慣れてしまえば悪くはないけど 君とのロマンスは人生柄 続きはしないことを知った 解釈 もっと違う状況で、もっと違う関係性で 出会えたら何かが変わっていたかもね。 もっと違う性格で、もっと違う価値観で。 君に愛を伝えられたらいいのに。 もっと違う状況で、もっと違う関係性で....。 もっと、もっと。 と切なくすがるような歌詞は主人公の心の奥底の思いを表現しているのかもしれませんね。 ここの歌詞だけ見ると主人公はパートナーのことを本当に好きだったように感じますね。 もしかしたら元から大好きだったけれど、パートナーの日頃の態度から「自分を満たして欲しい」という欲求が満たされなくなってしまったから別れてしまったということなのかもしれません。 グッバイ 君の運命のヒトは僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ たったひとつ確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」 解釈 さようなら。 君の運命の人は僕ではなかったようだ。 辛い事実だけどもう否定できない。 それでも別れたくはないのさ。 その髪に触れただけでも心が痛むのさ。 いやでもそんなんで別れなかったら甘いな。 いやでも... さようなら。 こんな気持ちを感じるってことは僕にとって君はなんなんだろう? 答えはわからないし、わかってはいけないのさ。 たったひとつ確かなのは、「君は綺麗だ」ということ。 どうやらPretenderという歌は主人公はパートナーのことが大好きだけれどパートナーの運命の人ではないから別れるという歌のようですね。 「いやでも」や、「いやいや」という歌詞からは主人公にいかに未練があるかという様子を表現していますね。 しかし、長年連れ添ってきた人と別れるというのは、相当な心理的ストレスがかかります。 ストレスを避けようとするのが人間ですから、未練を感じてしまうのも仕方ないのかもしれません。 解釈 さようなら。 一緒にいれば必ず終わりは来る。 その終わりを引き延した先の未来には君はいないという事実に涙がでる。 そりゃあ苦しいよ。 恋人と付き合えば、「死別」や「浮気による別れ」、「すれ違いによる別れ」など必ず何かしらの「別れ」は来ます。 もし今、読んでいただいている方に大切なパートナーがいらっしゃるなら... 少しでも今の幸せな時間を大切にすることが重要なのかもしれませんね。 グッバイ 君の運命のヒトは僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ たったひとつ確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」.

次の