お姫様抱っこ。 【炎上】NGT48荻野由佳、男性マネージャーにお姫様抱っこされラブラブ大はしゃぎ→批判殺到wwwww│エンがちょブログ

お姫様抱っこをする男性の心理♡ “重い”と感じさせないコツは?

お姫様抱っこ

女子が、好きな男性や彼氏にされて嬉しい行動に「壁ドン」や「後ろからハグ」などがありますが、日常的ではないけれど憧れているのが「お姫様抱っこ」です。 身長が172センチもある筆者ですら、淡く「お姫様抱っこをしてくれる王子さまはいないかしら」と思っていたほどなので、世の中の女性の多くがお姫様抱っこに憧れていることは間違いありません。 簡単にできるものではありませんし、憧れだけで終わってしまう女子も多いと思いますが、だからこそ男性が力強くお姫様抱っこをしてくれたら喜ばない女子はいません。 しかし、お姫様抱っこは簡単にできるものではありません。 軽い気持ちでやってしまって取り返しがつかなくなるのは避けたいですね。 彼女にお姫様抱っこをしてあげたいと考えている男性や、告白、サプライズでお姫様抱っこを計画している男性は、失敗しないために入念に準備をしていただきたいのです。 女子が間違いなく胸キュンする正しいお姫様抱っこの方法や、ロマンチックなお姫様抱っこにするためのシチュエーションを一緒に考えていきましょう。 お姫様抱っこを計画中のあなたへ! 彼女の誕生日が近づいている・・・。 できればそこでサプライズ的にお姫様抱っこをしてみたい。 彼女にプロポーズを考えている・・・。 OKをもらえたときはそこでお姫様抱っこをしてあげたい。 そんな風に思っている素敵な男性もいらっしゃることでしょう。 女性はドラマや漫画でしかお姫様抱っこには縁がないと考えることも多いので、実際にお姫様抱っこをされたら感激間違いなしです。 しかし、間違ったお姫様抱っこや、場所・シチュエーションを間違えると、感激どころか最悪な思い出になってしまいます。 大好きな彼女に夢のような体験をさせてあげたいのなら、しっかり「正しいお姫様抱っこ」を知り、自分自身も準備をしなければなりません。 最高のお姫様抱っこをして、彼女の最高の笑顔を見られるように、お姫様抱っこについてしっかり勉強しておきましょう。 お姫様抱っこの形とは? 漠然と「両腕で抱きかかえればいいんだよな」と思っている人もいるでしょうが、何となくの形だけ想像していても実際やろうとしたらうまくいきません。 ですのでまずは形をしっかり覚えましょう。 まず片腕を女性のわきから入れ、背中に手を回ししっかり女性の体を受け止めます。 もう片方の手は膝の下に入れ、そこもぐっと力を入れ、女性を落とさないように持ち上げます。 背中に回した方の手が胸の近くに行くと思いますが、そこで胸を触ってしまわないように自然に腰のほうに移動しましょう。 膝の裏に回した腕も、お尻に近くなってしまっては不快に感じる女性もいるので、下半身は膝に回した腕で受け止められるようにします。 当然ですが、膝に回した腕のほうの手を太ももやお尻に這わせるのは厳禁です。 女性を持ち上げて、抱きかかえられた女性が自然と男性の首に手を回せる形だと正しい形でお姫様抱っこができていると言っていいでしょう。 わきの下ががっちりホールドされていないと女性は安心して体重を預けられませんし、膝の下に回した腕が頼りないと女性が持ち上がりません。 正しいお姫様抱っこをするには腕力もいりますし全身の力も必要になってきます。 簡単に持ち上がると思わずに、自分の体を鍛えることも大事な準備です。 両腕だけでは女性の全身を持ち上げるのが難しかったら、抱えてから自分の胸のほうに女性の体を引き寄せて、そこに体重を預けてもいいですね。 とにかく女性を落とさないように大事に、しっかり抱きあげるのが正しいお姫様抱っこです。 どちらかの腕が上すぎたり下すぎたりすると女性も体勢をキープするのが大変ですので、女性がつらそうにしていないかも確認するといいでしょう。 女子はどうして喜ぶの? それにしても、なぜ女子は「お姫様抱っこ」を喜ぶのでしょうか。 もちろんこれには「憧れのシチュエーション」というのが一番ですが、お姫様抱っこをしてもらうことで得られることがあるからです。 どうして女子がお姫様抱っこに憧れ、喜ぶのか解説していきますね。 お姫様気分を味わえるから 文字通り、「お姫様抱っこ」は、童話に出てくるお姫様が王子様にしてもらうような抱っこのイメージです。 子供が大人に抱っこやおんぶされるのとは全く違います。 大切にしてもらっている。 女性として最高のおもてなしをされている。 やさしく扱ってもらえている。 まるで絵本の中のお姫様になったような気分になれる・・・。 そんな風に思うから女子はお姫様抱っこに憧れますし喜びます。 それに、簡単にできるものではありませんから、男性が自分をお姫様抱っこしてくれるというのは特別な感じがします。 自分が何もかもから守られているような気分にもなれる。 まさに自分がお姫様になったような気持になるので、お姫様抱っこを喜ぶ女性が多いのです。 お姫様になるというのは、女性にとっては永遠の憧れなのです。 身を全て委ねて安心感を得られるから お姫様抱っこは、男性の腕と体に自分を全て委ねた格好になりますよね。 気を許していない人には自分の気持ちも体も委ねませんが、大好きな彼氏になら安心して身を任せます。 そんなお姫様抱っこをされたとき、女性は大きな安心感に包まれます。 この人の腕の中で守られている。 この人が自分のすべてを受け止めてくれている。 そんな風に思えるのがお姫様抱っこなのです。 子供なら、親にすっぽり抱きしめてもらって安心感を得ますが、大人になったらそういうわけにはいきませんからね。 大人になってしまい、親に抱きしめてもらうのは何か違う、けれど安心したい。 そんな女子がお姫様抱っこをされたとき、心から安心して幸せな気持ちになります。 自分を全て委ねるというのは、本当に好きな人にしかしません。 大好きな人からの「お姫様抱っこ」は、女性にとって本当に特別なのです。 大好きな男性とべったりくっつけるから 稀に、彼氏彼女間でなくてもお姫様抱っこをするシチュエーションがあります。 飲み会で女性が羽目を外して飲みすぎてしまい、立てなくなった女性を男性が介抱するときにお姫様抱っこで運ぶことになるなどの場合があります。 これは、普通に抱っこはできないし、かといっておんぶは、密着度か高かったり女性の身長の問題で難しかったりして難しく、流れでお姫様抱っこをせざるを得なくなるパターンです。 しかしこのお姫様抱っこ、計画的に狙っている女性もほんの少しですがいます!狙っている男性とくっつくことが難しい時に、酔って歩けない~と言えば、意中の男性が抱きかかえてくれるかもしれないからです。 初対面などの関係ではお姫様抱っこはできないでしょうが、ある程度気心の知れた男性や意中の男子に、甘えておねだりしてうまくお姫様抱っこに持っていけたら女性の勝ちです。 お姫様抱っこをしてもらったどさくさに、男性の首に腕を回して、落ちないようにしがみついているようなふりをすれば、大好きな男性とかなり密着できます。 きっかけがなければ触れられない男性にも、お姫様抱っこにさえ持ち込めば、べったりくっつくことができます。 このように、自然な形で好きな男性と密着できるのも、女性がお姫様抱っこを喜ぶ理由の一つなのです。 お姫様抱っこの難しさとは 女性にとって「お姫様抱っこ」がいかに特別かわかっていただけたところで、お姫様抱っこの難しさについてもお話ししなければなりません。 いざお姫様抱っこを決行しようとしても、「あれ?持ち上がらない?」「ん??なんか自分も彼女もしんどい感じだぞ??」となってしまう可能性があるのです。 お姫様抱っこの何が難しいのか見ていきましょう。 慣れていない女子は身体がガチガチなので持ち上げにくい 世の中に、お姫様抱っこをされ慣れてる女性など数えるほどしかいないでしょう。 いや、正確には、外国ではお姫様抱っこも珍しくないのかもしれませんが、日本では間違いなくお姫様抱っこは女性にはそんなに縁のないものです。 お姫様抱っこをされ慣れていない、ということは、女性だって「正しい抱っこのされ方」がわかっていないわけです。 そんな女性を、いざお姫様抱っこしてみても、女性側がどうしたらいいかわからない可能性が高いです。 リラックスして、安心して男性に全体重を預けたらいいのですが、重くないのかしら?どうやって抱っこされていればいいのかしら??と少しでも女性が思ってしまうと、体がガチガチになって男性は非常に抱っこしにくくなります。 何も考えずに体を預けてくれたらいいよ、と言っても、慣れていなければそれもなかなかできません。 足に力が入ってまっすぐにのばされてしまうと腕を回しづらいですし、上半身も力が入ってカチカチだと、抱きかかえるほうが体勢を取りにくいです。 こういう理由で、お姫様抱っこがうまくいかないケースもあります。 女子が太っていると重くて持ち上げられない場合も 女性にとっては耳の痛い話ですが、やはりある程度、体重の軽い女性でないと持ち上げるのがしんどい、というのが男性の本音ですよね。 普通に考えて、自分より体重が重い女性は、抱っこするのがつらいでしょう。 力自慢の男性でも、かなりふくよかな女性は重たくて抱えきれないかもしれません。 一番嫌な場面になるのが、さぁお姫様抱っこをしてみせるよ!と息巻いて、腕を回し抱きかかえる、というところで女性を持ち上げられなかった場合です。 女性は「私が太っているから持ち上がらなかったのね・・・」とショックを受けます。 男性も「こんなはずじゃなかったのに・・・」と気まずくなるでしょう。 また、男性にあまり力がない場合も、女性の体重次第でまったく抱っこできない可能性があります。 「私ってそんなに太ってるの??」と女性が勘違いしてしまうことにも繋がりかねませんので、女性の体重というのは非常に大きな問題です。 自分の腕力に自信がない男性や、彼女が太っている場合は、無理にお姫様抱っこには手を出さない方がいいと思われます。 お互いが傷つきますからね。 何キロまでなら持ち上げられる? ここで、男性の正直な声を見てみたいと思います。 多くの男性が、「自分より重いとお姫様抱っこは難しい」と答えています。 がっちりした男性や力に自信がある男性は多少女性が重くても大丈夫なようですが、自分より重いのはちょっと・・・と思う男性が多いのは事実です。 また、「一瞬だけなら抱えられても、ずっと抱っこするには50キロが限界」という声もあったので、お姫様抱っこをしてほしいと思うなら50キロ以下をキープしていなければいけないということでしょうか・・・。 逆に、「運動部だったし何キロでもいける」という男性や、「好きな彼女なら何キロでもお姫様抱っこできる」と答える頼もしい男性も存在します。 とは言え、あまり太ってしまうと抱っこされる女子のほうが申し訳なくなりますよね。 「どれだけ重くても気にしないよ!」と言われるのは「重いけど頑張るよ」と同じですからね。 とにかく、多くの男性は、自分の体重を越えたら無理。 50キロまでが限度。 と思っているようなので、お姫様抱っこをしてあげようと思っている男性は、50キロを超える女性は簡単には持ち上げられないと頭に入れておく方がいいでしょう。 自分は大丈夫、と思っていても、経験者の声は参考にした方が賢明です。 女子はどうやって男子につかまったら良いかわからない 先ほども書きましたが、お姫様抱っこは女子の憧れであるにもかかわらず、経験できる女子は少ないです。 ですので、いざやってもらうとなった時に、自分がどうしたらいいかわからない女子は多いです。 体がガチガチの女性は持ち上げにくいのはわかっていただけたと思いますが、持ち上げた後に、女性が協力してくれないとお姫様抱っこを続けるのは男性には苦しいです。 男性がぐっと抱え上げてくれたら、女子は恥ずかしがらずに男性の首に腕を回してしまいましょう。 男性も、お姫様抱っこをしてあげたときに、女性がどうしたらいいかわからないのだな、と思ったら、首に腕を回して、とか、楽にしていいよ、など、声をかけてあげるといいですね。 女性も緊張すると思うので、リラックスしてお姫様抱っこを楽しんでもらえるように誘導してあげる余裕も持って接してあげてください。 まだ付き合っていない時にしてはいけない 彼氏彼女であれば問題ないのですが、好意を持っているだけの関係ではお姫様抱っこは早いと言えます。 女性にとって、お姫様抱っこは一つの夢です。 大好きな男性にされるのはとても嬉しいですが、まだ付き合っていない段階や、男性だけが好意を持っているだけの関係では、嬉しさは半減します。 また、好きな男性でも、付き合うまでの関係でなければ、申し訳なさや恥ずかしさで、嬉しい気持ちよりモヤモヤしたものが勝ってしまいます。 ですので、まだ付き合っていないうちは、お姫様抱っこは将来のために取っておくのがいいと思います。 ただ、誰もが相思相愛だとわかる二人を、友人たちが盛り上げてくっつけよう!と計画しているときなどは、男性が告白した後に思い切って彼女をお姫様抱っこするのはいいかもしれません。 カップル誕生と同時に、女性がお姫様気分を味わえて、最高の思い出になるでしょう。 失敗すると腰を痛めることも お姫様抱っこをするときに大事なのが、「腰を痛めないこと」です。 男性はかがんだ状態から女性を抱え上げるので、もし失敗してしまうと腰に負担をかけてしまいます。 最悪、ぎっくり腰にでもなったら大変です。 腰を丸めた状態から抱っこをしようとすると、腰には大きな負荷がかかります。 腰から上だけの力で抱えると、ぎっくり腰へまっしぐら、ですので覚えておきましょう。 また、もし女性を持ち上げた瞬間に「やばい、腰やってしまった!!」などと口走ってしまったら、女性も申し訳なくていたたまれなくなりますし、自分は男性が腰を痛めるほど重いんだ、とショックを受ける可能性もあります。 せっかくの夢のお姫様抱っこになるはずだったのに最悪の経験になってしまうと悲しいですよね。 お姫様抱っこは、腰に絶対の自信があるときだけにしておきましょう。 女性を落としてしまったら大変なことに! どんなにイメージトレーニングをしていても、実際に持ち上げてみないことにはどうなるかわからないのがお姫様抱っこです。 彼女の体重はわかっているし、自分は力に自信があるから大丈夫、と軽く考えている人ほど気を付けたほうがいいでしょう。 いざ持ち上げると、自分が考えていたところと違う場所に負荷がかかったり、聞いていた体重で予想していたよりも重たく感じたり、想像と違う!と感じる人も必ずいると思います。 そんな時に、女性をもし落としてしまったら大変です。 けがをさせてしまう可能性もありますし、自分たちの関係にもヒビが入ります。 何より、せっかく大好きな人にお姫様抱っこをしてもらえた!と感動しているときに落とされてしまう女性の気持ちも考えてください。 お姫様抱っこは、これほどに大事なことなのです。 ちょっとお姫様抱っこしてやろうか、など、、軽い気持ちでやってはいけません。 事前の筋トレと練習を! 力自慢や、お姫様抱っこをし慣れている人はいいですが、初めて彼女を抱っこする、とか、人生でお姫様抱っこをしてあげたことはほぼない、という人は、とにかく筋トレをして少しでも腕力をつけてください。 もちろん足腰を鍛えることも忘れてはいけません。 先ほど書いたように、抱っこした瞬間にぎっくり腰にでもなったら大変です。 また、イメージして練習するのも大事です。 少し恥ずかしいですが、小柄の友人に手伝ってもらって練習してもいいかもしれません。 弟や妹がいたら、遊んであげるふりをして抱っこしてみてもいいかもしれませんね。 とにかく、お姫様抱っこは、どんなところの力が必要で、どんな体勢を取っていればいいのかを少しでも体に覚えさせることが大事になります。 壁ドンよりも人気? お姫様抱っこをする男性の気持ちとは? 多くの女性が喜ぶお姫様抱っこですが、中には「恥ずかしいしやめてほしい」「自分はそんなキャラじゃないからしてほしくない」という女性もいます。 しかし、男性側も「彼女をお姫様抱っこしたい!」と考えるときがあるのです。 男性が彼女をお姫様抱っこしたいと思う心境とは何なのでしょうか。 彼女のことが大好き! 男性が、彼女のことが好きで好きでたまらない!という場合、気持ちが高ぶって抱き上げてしまうことがあります。 大好きだ!という気持ちが溢れてしまうのですね。 うらやましい話です。 こういった素敵な彼氏のお姫様抱っこは、彼女も嬉しいですよね。 女性も甘えて、彼氏にべったりくっついてしまいましょう。 彼女は自分のものだ!という独占欲の表れ 自分の腕で彼女を抱え上げる、ということは、この女性は自分のものなんだ、という男性の独占欲の表れでもあります。 周りの男性に、これは俺の彼女なんだ、手を出すんじゃないぞ、と見せつけるように悠々とお姫様抱っこをして見せる男性もいます。 誰にも渡さないぞ、という独占欲は、彼氏彼女だから成り立ちますね。 女性も、彼氏の愛を存分に感じて嬉しいでしょう。 彼女を喜ばせたい お姫様抱っこは女性の憧れ。 それを知っている男性が、彼女を喜ばせたくてお姫様抱っこをする場合もあります。 二人で過ごしているときに、急に彼氏にお姫様抱っこをされたら、女性はびっくりするけど絶対に嬉しいです。 私が喜ぶと思って彼氏が頑張ってくれたんだ、と思うと、彼女の感動もひとしおです。 彼女が油断しているときに、びっくりさせるように抱っこしてみてもいいですね。 力持ちであることをアピールしたい 男性は常に褒められたい生き物です。 特に女性に「頼もしい!」と思われるのは嬉しいものです。 自分は彼女を軽々とお姫様抱っこできるんだぜ、とアピールしたくて、お姫様抱っこをする男性もいるのです。 女子が胸キュンする正しいお姫様抱っこのやり方とシチュエーション お姫様抱っこが女性にとって憧れなのはわかっていただけたと思いますが、どうせなら彼女が胸キュンするようなシチュエーションで抱っこして、喜ばせたいですよね。 いったいどんなシチュエーションだと、女子は胸キュンするのでしょうか。 注意点も含めて書いていきます。 恥ずかしいので他の人がいない場所を選ぶ お姫様抱っこが多くの女性の憧れであるのは間違いないですが、さすがに人が大勢いる前でされるのは恥ずかしいです。 それに、男性に思い切って抱きついて甘えるのも、人前ではできません。 どちらかの部屋で過ごしているときなど、まずは二人きりの時を選ぶことが大事です。 部屋でなくても、夜の食事を終えて人のいない場所で夜景を見ている時などでもいいかもしれませんね。 休みの日にドライブで、人があまりいない公園に行くなど、人がいない場所をあらかじめ探しておくのもいいです。 とにかく、お姫様抱っこをされた彼女が「人前でこんなことされて恥ずかしい!!」と思ってしまわないようなシチュエーションを選んでください。 誰もいない場所で、さっそうと彼女をお姫様抱っこすれば、彼女は驚きながらも喜んでくれるでしょう。 思い切って彼女が甘えてくれるように、しっかり抱きあげてあげてください。 プロポーズしてOKをもらった瞬間に 多くの女性は、プロポーズにも夢を見ています。 ロマンチックなシチュエーションで、一生に一度しかないプロポーズをされたいと思っています。 プロポーズはあくまで普通がいい、という女性も、どこかでロマンチックなものがいいと思っているのではないでしょうか。 そこで、感動のプロポーズの後、彼女をお姫様抱っこしてみてはいかがでしょうか。 「結婚してください」と申し込んだあなた。 「お願いします」と彼女が答えてくれた瞬間に、「ありがとう!!」と彼女を抱き上げてみましょう。 大好きな彼氏にプロポーズされたうえに、憧れのお姫様抱っこをされたら、彼女にとって忘れられないプロポーズになること間違いなしです。 お姫様抱っこして、耳元で「一生幸せにします」とささやけば完璧です。 彼女も嬉しさをかみしめるように、あなたの首にしがみついてくれるでしょう。 ハネムーンの写真撮影の時 最近は、ハネムーンで記念撮影をすることも多いですね。 日常とかけ離れたきれいな景色を見ながらの撮影を考えているのなら、その時にお姫様抱っこするのもいいアイディアです。 彼女がドレスを着ると、なお一層素敵な写真が撮れます。 ドレスのフリルやベールがなびくように彼女を高々と抱き上げた瞬間の写真は、一生の思い出として、写真にも彼女の心にも残ります。 二人で打ち合わせて素敵なお姫様抱っこの写真を残すのもいいですし、彼女には内緒にしておいて、シャッターを切る瞬間に抱き上げれば、彼女がびっくりした写真も撮れていい思い出になります。 ハネムーンという特別な時間に、憧れのお姫様抱っこをされれば、彼女にとって素敵で忘れることのできないハネムーンになりますので、お姫様抱っこをしたことがないカップルは、ハネムーンの写真撮影でチぜひャレンジしてほしいです。 【ハネムーンについては、こちらの記事もチェック!】• 胸やお尻には触らないようにする 正しいお姫様抱っこの仕方の所でも書きましたが、抱き上げるときに女性の胸やおしりを触るのは厳禁です。 せっかくの憧れのお姫様抱っこがいやらしいものになっては、感動も何もありませんからね。 わきから手を入れるので、胸の近くに手が当たってしまうのは仕方がないのですが、それをいいことに胸を触っては感激のお姫様抱っこにはなりません。 お尻もそうです。 せっかくお姫様抱っこをされて嬉しいのに、胸を触ったりおしりを触ったりしては、それが目的なの?と勘違いされてしまう可能性もあります。 いやらしい雰囲気にならないように、あくまでお姫様抱っこをして喜んでもらうことを忘れないようにしてください。 王子様のようなジェントルマンの態度で じゃれあっている中でのお姫様抱っこも楽しくていいですが、改めて抱っこする場合は、紳士的に振る舞いましょう。 お姫様抱っこに憧れる女性は、お姫様のように扱われたがっているので、抱き上げる男性も、王子様になり切ってください。 ぜひ、やさしい王子様のような紳士的な振る舞いとともに、やさしく抱き上げましょう。 大切な宝物のように大切に抱き上げられた女性はきっと感激します。 こういう雰囲気の時は、ふざけたり、冗談を言ったり、「お前、重いな~!」のようなおふざけはダメですよ。 一緒に寝る前にベッドに連れて行く時に カップルがお泊りデートをする場合や、同棲中のカップルも、お姫様抱っこを楽しむことができます。 それは、寝る前に彼女をお姫様抱っこでベッドに運んであげることです。 そろそろ寝ようか?となった時に、普通にベッドへ向かうのではなく、彼女を軽々とお姫様抱っこして運んであげれば、ムードもよくなります。 これから一緒に寝ようというときにお姫様抱っこなんてされたら、彼女は幸せな気持ちになるはずです。 眠るときもその気持ちのまま眠れるので幸せな夢が見られそうですね。 また、同棲していると毎晩がマンネリな生活になりそうですが、そんなカップルは、男性が率先して「寝るぞ!」と言って彼女を急に抱き上げてみてください。 マンネリから一気にロマンチックなムードになって、彼女も嬉しく思うでしょう。 特別な時だけでなく、普段だってお姫様抱っこをしてもいいのです。 思いついたときに、彼女をお姫様抱っこしてびっくりさせちゃいましょう。 女性がいつもより綺麗だったり何か嬉しいことがあった日に デートの待ち合わせ。 やってきた彼女がいつもよりなんだかきれいに見えるとき、ありませんか?あなたに知られないように頑張ってオシャレしてきたのかもしれませんし、ダイエットに励んでいたのかもしれません。 そんな時、「今日はいつも以上にきれいだね!」と言ってお姫様抱っこをしてみましょう。 彼女は驚くでしょうが、喜んでくれるでしょう。 また、何か嬉しいことがあった時に抱っこしてもいいですね。 仕事で認めてもらえた。 頑張っていたことで結果が出た。 それを報告しながら、「最高だ!」と彼女をお姫様抱っこしてしまいましょう。 彼女も嬉しくなって、一緒に喜んでくれるはずです。 具合が悪い時にベッドまで運んでくれる 具合が悪い時は、多かれ少なかれ誰でも気が弱くなります。 体の具合もよくないうえに精神的にもつらい・・・。 そんな時に、やさしく「ベッドまで連れて行ってあげる」と言ってお姫様抱っこなどされたら、女性は彼氏の愛情を感じて幸せな気持ちになれます。 やさしくお姫様抱っこしたままベッドに運んで、そっと休ませてあげると、間違いなく彼女は胸キュンするでしょう。 この人が彼氏でよかった。 と思ってもらえる瞬間かもしれません。 壊れ物を扱うように、やさしくやさしく抱っこして運んであげてください。 酔っ払ってフラフラしている時 彼女が酔っ払って、まともに歩けないようなときは、ためらわずに彼氏であるあなたがしっかりとお姫様抱っこをしてあげましょう。 「飲みすぎだぞ、大丈夫か?」と声をかけながら抱っこするといいですね。 彼女は酔いすぎてお姫様抱っこ自体を覚えていないかもしれませんが、幸せな気持ちになったことは覚えているはず。 翌日、「昨日は飲みすぎた・・・。 あれ?どうやって帰ってきたんだっけ?」となる彼女に、覚えてないのか?と聞いてみると面白いかもしれませんね。 なんだかいい気分だったのは覚えてるんだけどな~。 と困った顔をする彼女を見て、さらにいとおしさが増すかもしれません。 普通にお姫様抱っこするのは恥ずかしい、と思う人は、このように彼女が酔っ払っているときを狙ってみてはいかがでしょうか。 正しいお姫様抱っこを理解して、彼女を喜ばせよう いかがでしたでしょうか。 女性の永遠の憧れ、お姫様抱っこについて書いてみました。 多くの女性が「いつか大好きな彼氏にしてほしい」と思っているお姫様抱っこ。 ここだ!と思うタイミングで、ぜひやってみてください。 彼女はびっくりすると思いますが、絶対に喜んでくれます。 大好きな彼氏にお姫様抱っこされて幸せな気持ちになる女子が増えてほしいので、やってもいいのかな、嫌がられないかな、と思わずに、思い切って抱っこしてください。 もちろん入念な準備や練習も欠かさないでくださいね。 彼女のとびっきりの笑顔が見られますように。 参考になれば幸いです!.

次の

【オフィスでチャレンジ!】花嫁をお姫様抱っこするための筋トレ術

お姫様抱っこ

お姫様抱っこの理想の体重差 お姫様抱っこをするときに最適な男女の体重差はいったいどれくらいなのでしょうか? 基本的には男性が重くて女性が軽く、ふたりの差が大きければ大きいほど無理なくおこなえると考えられます。 2018年に総務省が発表している平均体重のデータによると、20代後半女性の平均体重は52. 8kg、20代後半男性の平均体重は68. 3kg、男女差は15. 5kgとなっています。 そのため、 ふたりの体重差がだいたい15kg程度になるのが理想だと考えられます。 しかし、それだけでは男性の筋力は判断できません。 もし、男性がかなり重かったとしても、筋肉が少なく脂肪が多くて筋力が弱いという可能性もあるのです。 いくらふたりの差が大きかったとしても、男性の筋力が足りなかったら女性を軽々と持ち上げることはできませんよね。 つまり、重要なのはふたりの体重の差よりも男性の筋力だといえます。 お姫様抱っこした時に男性が重いと感じる女性の体重 女性を持ち上げたときに男性が重いと感じるボーダーラインは、一般的に55kg程度だと考えられます。 ただし、 やはり持ち上げる男性側の筋力によって、重いと感じる体重は大きく変わってくるでしょう。 また、全体的な筋肉量だけではなく、腕などの抱きかかえるときに使う部位の筋肉が発達しているかどうかも重要です。 日常的に筋トレをおこなっている男性や、力仕事によって腕が鍛えられている男性なら、60kg程度までは大丈夫かもしれません。 反対に、普段ほとんど体を動かすことがなく、筋肉も体力もない男性の場合には、50kgでもキツイと感じる可能性があります。 そのような場合には、男性側の問題なので、女性側が気にする必要はまったくありません。 体重は関係ない!お姫様抱っこをしたがる男性心理 とはいえ、男性は体重に関係なく、好きな女性に対してお姫様抱っこをしてあげたいという願望を持っています。 その男性心理について詳しく解説していきます。 彼女に喜んでもらうため• 彼女のことが好きだという気持ちを表現するため• 純粋な好奇心によるもの• 彼女に対する独占欲や支配欲によるもの• 自分の筋力や男らしさをアピールしたい• 彼女の体重を確認するため• 気持ちを高揚させてベッドインするため 続いて、それぞれの男性心理について詳しくみていきます。 男性は、ほとんどの女性が抱きかかえられることに対して憧れを抱いていると思っています。 そのため、 男性がお姫様抱っこをしたがるのは、彼女を喜ばせてあげたいという心理なのです。 彼女のことが好きだという気持ちが高まったとき、抑えきれない気持ちを行動で表現したくなってしまうのです。 また、彼女が可愛く見えた瞬間にも、ギュッと抱きかかえたいという気持ちが高まるようです。 テレビやマンガなどで見たことがあり、なんとなく一度やってみたい、自分にもできるのか試してみたい、という心理かもしれません。 一度だけで満足してしまい、それ以降は興味を示さなくなってしまうようであれば、それは純粋な好奇心によるものだったのでしょう。 彼女のことが好きすぎて苦しかったり、自分から離れていってしまうのではないかという不安を抱えたりしている可能性も。 このような心理を抱いている場合、もし彼女が嫌がっていたとしても自分の願望を押し通そうとする可能性があります。 自分の気持ちを押しつけて、彼女が自分のものだということを確認して、ただ安心したいだけなのです。 とくに、普段から体を鍛えていて筋肉に自信がある男性は、つい力自慢をしたくなるもの。 軽々と持ち上げてみせて、男らしくて頼れる彼氏だということを彼女に認めてもらいたいのでしょう。 彼女はいったいどれくらいの重さなのか、一度持ち上げてみたいという好奇心によるものが多いでしょう。 しかし、なかには彼女が太ったのではないかと心配して、持ち上げることでコッソリと体重をチェックしているという厳しい男性もいるようです。 まるで映画のワンシーンのようで、男女ともに憧れますよね。 このように、 抱きかかえてベッドまで運ぶことによって気分を高揚させる効果が期待できるため、男性は本能的におこなっていると考えられます。 お姫様抱っこを上手にお願いするコツ お姫様抱っこをしてもらうには、どのようにしてお願いすればよいのでしょうか? 男性に伝えるのに最適なタイミングや、上手にお願いするコツをみてみましょう。 ストレートに気持ちを伝える• お酒を飲み過ぎたときにお願いしてみる• お泊まりしたときにお願いしてみる• 記念撮影をしようといってお願いしてみる 続いて、それぞれのお姫様だっこを上手にお願いするコツを詳しくみていきます。 多くの男性は、女性からの可愛いおねだりを断ることができませんし、 ましてや大切な彼女からのお願いであれば喜んで受け入れてくれるでしょう。 謙虚な姿勢で少し恥ずかしそうにしながら、まっすぐ正直に気持ちを伝えてみましょう。 普段は恥ずかしくてなかなか言い出せないという方におすすめです。 部屋のなかでは誰かに見られるかもしれないという心配もありませんし、ベッドインのタイミングならお姫様抱っこをしてもらいやすいでしょう。 いつもの彼氏の家よりも、旅行先のホテルなどがおすすめです。 いつもと違った非日常の空間なら彼氏の気持ちも盛り上がって、快諾してもらえるかもしれません。 写真を撮るためだというのが良い口実になりますし、憧れのお姫様抱っこをしてもらった瞬間をずっと残しておくことができるというメリットもあります。 どこかに旅行にいったときや、お互いの誕生日や記念日などの特別な日にお願いしてみてはいかがでしょうか? お姫様抱っこで体重が重いと思われないようにするコツ では、実際にお姫様抱っこをしてもらえることになった場合、体重がなるべく重いと思われないようにするにはどうすればいいのでしょうか? お姫様抱っこでなるべく重いと思われないようにする具体的な方法ををみていきましょう。 ソファやベッドなど、高い位置から持ち上げてもらう• 男の人が持ち上げやすい体勢になる• 男の人の体になるだけ密着する• 背中を丸めてなるべく体を小さくする• 男の人が持ち上げる瞬間に合わせて上体を起こす• 男の人の首や肩につかまる• お腹に力を入れる• 完全に力を抜き過ぎない• なるべく動かないようにして重心を安定させる• 日頃から筋トレをして体を鍛えておく 続いて、お姫様抱っこで男の人に体重が重いと思われないようにする方法をそれぞれ詳しくみていきましょう。 こうすることによって、 最初の持ち上げるときにかかる負荷を減らし、あなたが重いと思われてしまうのを防ぐことができます。 というのも、 同じくらいの重さだったとしても持ちやすさによって重さの体感が変わるからです。 重い荷物を持ったときのことを思い出してみてください。 持ちやすい形状をしている物と、持ちにくい形状の物では、体にかかる負担も、耐えられる時間も格段に違ったはずです。 そのため、 男の人が腕を回しやすいような体勢をとることで、負担を減らし、体重が重いと思われないようにすることができます。 体の重心に近い所で物を持つ方が力が入りやすく、より重い負荷に耐えられるからです。 ハンドバッグよりもリュックの方が、ラクに重い荷物を持つことができますよね。 それと同じで、なるべく男の人に密着しての体の中心部に近い所で持ってもらうことで、実際の体重よりも軽く感じさせことができます。 背中や足を伸ばしてしまうと、重心が不安定になり、男の人があなたを支えるのに大変になってしまいます。 なるべく体を小さくまとめて持ち手である男の人の負担を減らすことで、体重が重いと思われないようにすることができます。 お姫様抱っこで一番大変なのは、抱き上げる瞬間です。 そのため、タイミングを合わせて上体を起こすことで、男の人の負担を減らすことができるのです。 ダンサーやフィギュアスケートの選手がリフトをするときにも、この方法を用いています。 お姫様抱っこをされる側である女性が、自ら男の人の首に腕を回してつかまることで、体重を男の人の首や肩にも分散させることができます。 双方の力が作用し、男の人だけで全体重を支えるよりも負担が少なくなり、実際の体重よりも軽く感じるはずです。 お腹にしっかりと力を入れることで体幹を安定させ、男の人の負担を減らしてあげることができます。 子どもが起きているときに持ち上げたときよりも、眠っていて意識がないときの方が重く感じたという経験はないでしょうか? お姫様抱っこしてもらった時に、男の人に完全に脱力した状態で身を委ねてしまうと、本来の体重以上に重く感じてしまいます。 お姫様抱っこをされている状態で、足をバタバタしたり頻繁に体勢を変えたりすると、重心の位置が安定しません。 そうすると、バランスを取ろうとして必要以上に男の人が疲れてしまい、重く感じてしまうのです。 お姫様抱っこをされている時はなるべく動かないようにしましょう。 脱力せずに体勢をキープしたり、タイミングよく状態を起こしたりするためには、筋力が必要です。 ある日突然、お姫様抱っこをしてもらうことになっても焦らないよう、日頃から筋トレをして体を鍛えておきましょう。 お姫様抱っこで体重が重いと感じさせてしまうNG行動 お姫様抱っこをされるときには、どのようなことに気をつければよいのでしょうか? お姫様抱っこで体重が重いと感じさせてしまうNG行動をみていきましょう。 男の人から離れようとしてしまう• バタバタと暴れてしまう• 脱力して全体重をかけてしまう 続いて、お姫様抱っこで男の人に重いと感じさせてしまうNG行動をそれぞれ詳しくみていきましょう。 初めてお姫様抱っこをされたときには、どうしても照れてしまい、顔を見られないように離れたくなってしまうもの。 しかし、ふたりの体が離れれば離れるほど体重が重く感じてしまうためNGです。 初めてのお姫様抱っこでは、恥ずかしさやうれしさ、驚きなどのさまざまな感情が一気に込み上げてきて、軽くパニックになってしまうかもしれません。 しかし、その感情を体で表現してバタバタ暴れてしまうと、男の人は支えるのが大変です。 必要以上に疲れさせてしまい、その疲労感から実際の体重よりも重く感じさせてしまうのでNGです。 全体重をかけてしまうと男の人の負担が大きくなり、体重が重いと感じさせてしまうためNGです。

次の

お姫様抱っこをする男性の心理♡ “重い”と感じさせないコツは?

お姫様抱っこ

抱くこと、抱かれることをいう )から派生した「抱きかかえること、抱きかかえられること」の一形態を意味する、比較的新しい言語表現の一つ。 具体的には、抱きかかえられる側の人の体を横向きにしておき、抱き上げる側はを閉めつつ両を差し出して、対象者の上半身と下半身をそれぞれの腕で分担する形で支え持ち、を支点にして自分のの位置まで抱え上げるというもの。 の構造を考えればとして無理の無い持ち上げ方であるが、言語表現としては新しい。 の的(、、、〈特に〉、など)において「高貴な」に等しい特別扱いを受けるがからもからもこの抱き方をされることが多かったため、憧れを含意してその名で呼ばれるようになった。 少なくとも時代には既存した 「 横抱き 」が類義語としてあるが、「横抱き」は「小脇にかかえる」所作を含んでいるため、「お姫様だっこ」より広義であり、したがって「お姫様だっこ」は「横抱き」の下位に分類されるべき形態と言える。 なお、「抱っこ」および「横抱き」と違って生まれの若い「お姫様だっこ」という語は、・が2003年(平成15年)に言及した時点でまだの段階にある。 外国語にはこのを表す語が存在しないため、例えばでは "carrying a person in one's arms" 以上に詳しく言い換えるとなると個々人の考え次第と言うほかに無く、前置きも何も無く "" を使えば齟齬が生じかねない。 また、" bridal carrying" という言い回しは新婚夫婦に限定された抱き上げを指すことになるため、「お姫様だっこ」の訳語には当たらないが、結果的の類義ということにはなる。 概要 [ ] 一般ではを終えてに旅立つがを抱きかかえてをアピールするとしても広く知られているが、元々はので、新郎新婦が新居に入る際に花嫁が入り口から屋内まで抱きかかえられたまま運ばれたことに由来する。 これは花嫁が入り口でつまづくことが凶兆であるとみなされたことにちなみ、こういった風習は現代の洋風結婚式に継承され、これが日本にも伝わったものと解される。 持ち上げる際には、被運搬者が運搬者の肩越しに腕を首の後ろに回して反対側の肩につかまり、運搬者側は被運搬者の背面から腕を回して胴体を支えると共に、の下に差し入れた腕で足を支える。 なおこの際、運搬者の腕は水平からやや前方の方が持ち上がった状態となり、加えて立った時の重心はやや後方にずらす。 当然のことながら運搬者の腕力が被運搬者の重量より強くなければならない、負担の大きい持ち上げ方である。 なお、運搬者と被運搬者の体の密着度が高いほど安定性が増し、運搬者の負担は低くなる。 (平成26年)以降の日本では、20歳代を中心とする若い女性の間でが急増したが、この現象における「相撲好き女子」を略して「」といい、彼女達は憧れのにお姫様だっこをしてもらうことを夢に描いている。 が主催する「お姫様抱っこ」はスー女人気に対応して生まれた。 介護とだっこ [ ] この運搬方法はロマンチックな側面だけではなく、の現場でも被介護者がやの際や、移動に際してに乗せ替える場などでも見受けられる。 しかしこの運搬方法は持ち上げる際に、運搬される側の相手が健康であれば腕の力のほかにも腹筋や背筋・脚力を使って運搬者に飛び付いて「運びやすい」よう協力できるものの、やの場合にはこういった協力が難しいこともあり、寝床から持ち上げる際には、運搬者側の腰に負担が掛かる。 ある程度慣れた者であれば重心移動もスムーズにでき、腕力もつくが、慣れない内は腰を傷めたり要介護者が投げ出されたりといった事故も懸念される。 こと家庭内で高齢者が高齢者を介護するではこういった問題から十分な看護ができずを起こしたり、介護者が腰を傷めて要介護者になってしまったりという問題も見られる。 この点で、介護者の力仕事を機械的にサポートしようというアプローチもあり、家庭内で簡易ホイスト(天吊)を利用したり、あるいはを利用したり ロボットに代行させる といった模索も見られる。 なおなどの範疇では、負傷者や失神者を一人で運搬する方法はいくつかの様式があるが、足元が見えず、安定性の良くないお姫様だっこで運搬することはむしろ稀で、いわゆる「」と呼ばれる方法がよく知られているが、応急的なものでは危険からいち早く移動させるため「足は引きずる」ような運搬法も見られる。 サブカルチャー [ ] 5 1959年公開のアメリカ映画『』の1シーン。 した美女が化した(演者:)に抱きかかえられている。 右側の画像で言えば、2はヒーローに救出されたヒロイン、3・4・5は人ならざる者に拉致されるヒロインである。 の出世作となった公開のアメリカ映画『』では、ヒーローとヒロインによる非常になお姫様だっこ とそこからの・シーンが映像化されて話題を呼んだ。 日本において、など文化の範疇では辺りより、の一種としても扱われるようになってきたため、お姫様に限らず女性全般を抱きかかえて持ち上げることを「お姫様だっこ」として扱う傾向も見られる。 お姫様抱っこは、持ち上げる側が貧弱では心もとなく、身体的接触に拒否感の無い相手同士でないと安定性が悪く危険であるという事情もあって、上に挙げた「恋愛フラグ」上では「持ち上げる側のたくましさのアピール」であると同時に抱きかかえられる側もまんざらではないという意味付けが見られる。 これらではストーリー上、怪我をした場合や気絶した場合の運搬方法などで登場するが、前述したように長距離の運搬には向かず、一時的に持ち上げるための抱きかかえ方であるため、平均的体格の者同士の条件下ではあくまでもの延長的なものであると言えよう。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 2020年5月1日閲覧。 コトバンク. 2020年5月1日閲覧。 コトバンク. 2020年5月1日閲覧。 2020年5月1日閲覧。 2020年5月1日閲覧。 , p. 133. Linguee. com. GmbH. 2020年5月1日閲覧。 Weblio和英辞書. 株式会社. 2020年5月1日閲覧。 , p. コトバンク. 2020年5月1日閲覧。 こばやしゆたか「」『 News』アイティメディア株式会社、2002年1月23日。 2020年5月1日閲覧。 「」『ITmedia News』アイティメディア株式会社、2015年2月23日。 2020年5月1日閲覧。 公式ウェブサイト. 名取市消防本部. 2020年5月1日閲覧。 2002年3月26日. さるさる日記. ベースケットボール・ダイアリーズ. 2016年3月4日時点のよりアーカイブ。 2007年3月18日閲覧。 参考文献 [ ]• 『日本俗語大辞典』 編、、2003年11月1日。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]• - この項目は、 に関連した です。 などしてくださる。

次の