政治経済学部。 【早稲田大学】政治経済学部の評判とリアルな就職先

【早稲田大学】政治経済学部の評判とリアルな就職先

政治経済学部

「ニュースで大学生の就活してるのを見たけど、大学生って卒業したあとみんな就職するのかな?」 「早稲田大学に行きたいけど、先輩たちはちゃんと就職できてるの?」 今回はみなさんのこんな疑問にお答えしていきたいと思います! 早稲田大学政治経済学部。 早稲田大学でも最難関の 看板学部であり、卒業生は 政界や経済界、メディアなどの第一線で活躍しています。 志望する学部を決める際の重要な指針になる「就職先」 受験する大学や学部を決めるのに就職先をはじめとした進路情報は大事な基準になります。 高校を卒業した後の進路に向けて、受験勉強を頑張っている皆さんには、 「 その後の進路なんて考える余裕ないよ!」 と思うかもしれません。 ですが、 進む学部によってはその後の進路に影響を与えることもあります。 極端な話ですが、医者になりたい人が工学部に進学してしまっては目標を叶えられませんよね。 また、自分が憧れている会社・業界に、その大学・学部から入社している先輩がいなければ入るのは難しいかもしれません。 将来の目標がある人、やってみたい仕事がある人は入った学部で そのための勉強、進路が選べるのかを事前に調べておく必要があります。 就職する人が圧倒的に多いですね。 また、キャリアセンターを利用したインターンシップやOB訪問もさかんなのが特徴です。 政治経済学部の先輩はどこに就職しているの?大きな特徴を3つ紹介 卒業生の大半が 就職していると言っても、日本には数え切れないほどの会社があります。 その中で政治経済学部の学生はどんな企業を選んでいるのか。 公式サイトのデータと、 政治経済学部で就職活動を行なっている学生から聞いた話をもとに、その特徴について解説します!• 圧倒的に金融志望、特に大手銀行に行く人が多い• マスコミ業界の学生もちらほら• このほかにも保険会社や証券会社などに進む先輩も多く、 大手銀行を中心として金融業界に行く人は日本の大学の中でも特に多いと言えます。 「 早稲田の政経」と呼ばれるくらい、経済学などでは有名であった早稲田大学。 金融系の企業に 多くの先輩が進んできた歴史を持つため、「自分もそこに行くのか」という空気が生まれやすいのだそうです。 また、 OB・OGの数が多いため、インターンシップやOB訪問などを通した、 情報のやり取りが非常に多いことも、金融業界の人気を後押ししていると考えられます。 似たような勉強をしている商学部と、就職における大きな違いと言えるかもしれません。 政治経済学部には、昔 新聞学科が設置されていた過去があり、その名残からか、現在でも メディア論を専門にしてる先生がいます。 その先生のゼミや授業などを通して、 マスコミへの興味・関心を持つ学生が意外といるのだそうです。 テレビ局や 新聞社などを志望する人が多く、代表的なところだとNHKに11人、日本経済新聞社に3人、共同通信社に1名が進んでいます。 マスコミ業界は就活生の間で非常に人気があり、 倍率が高い業界であるため志望はしていても実際に行ける人はそれほど多くはないようです。 ベンチャー企業というのは、これまでに無いような、新しいサービスやビジネスを展開する企業のことを言います。 皆さんがご存知の企業はほとんどがいわゆる 大企業だと思いますが、あのソフトバンクやメルカリもかつてはベンチャー企業でした。 そういったベンチャー企業で、学生でありながら インターン生として、社員と一緒に仕事をしている学生がいます。 こうした学生は、政経の中でも多いらしく、そのまま インターン先の企業への就職を決める人もいるんだそうです。 学部全体で見るとこのような学生は 少数ですが、ライバルである 慶應義塾大学と比較してみると、ベンチャー志向の人は多いように感じます。 早稲田大学建学の際の「 在野の精神」「 反骨の精神」が現代でも脈々と受け継がれているのでしょうか? また、そのベンチャー企業を学生時代に自分で作って、高田馬場に会社を持っている人もいます。 進路と一言で言っても、たくさんの道がありますね!• 人気の参考書を、オススメの使い方で勉強したのに、知識が定着しない• 志望校に向けて何からはじめたらいいかわからない 実に多くの受験生が、このような状況に陥っています。 そして、他者を 真似た勉強が 上手くいかないのには、 明確な理由があります。 だから、そうした 「違い」を無視して 誰かの勉強法を真似しても、自分にぴったりハマることはなく、成果にはつながりません。 成果の出る本物の勉強とは、自身の学力などの現状を 客観的に把握した上で、• 「どんな教材を、いつまでに、どんな方法で」勉強するのか、具体的なアクションに落とし込み• 実際に行動して得た結果を材料に、より良い学習計画に改善していく という サイクルを生み出すことです。 そして、それを 自らの意志で継続的に回し、磨いていくことが成功の鍵です。 センセイプレイスは、 志望校合格から逆算した、戦略的な学習の進め方を指導。 「どの参考書がオススメか」ではなく、それを「いつ・どんな目的で・どう使うか」という『実践』の部分に最も注力。 専属のコーチが マンツーマンで、 1人ひとりに合った勉強のやり方を指導します。 皆それぞれ状況が違うのだから、100人100通りのやり方があって当たり前。 参考書に、また闇雲に手をつける…その前に、いま立ち止まって『勉強のやり方』を180度変える体験をしてみよう!.

次の

法律・政治・経済を学べる大学・短期大学(短大)一覧(483校)【スタディサプリ 進路】

政治経済学部

質問文にある「最上位学部」という意味は、偏差値や難易度の話であり、この場合は政治経済学部がそうだと言われることがほとんどです。 それに対し、「看板学部」は偏差値や難易度とは別の次元の話であって、その大学の沿革や由来からそうだと言われる学部のことで、明治の場合は商学部がそうです。 ただ、明治の場合は日本大学と同様、沿革学部は法学部なのに、看板学部はほかの学部となっており、この点で大学関係者以外の第三者が勘違いしやすい要素となっているのが特殊なわけです。 説明それ自体は簡単な話です。 すなわち、日本史で習う明治時代の民法典論争における法学部の敗北と、その敗北から学校経営を建て直すため、新たに創設された次世代の看板学部が、当時としては最先端で私大初の試みだった商学部だったのだという知識と理解があれば、すぐにでも納得がいくはずです。 明治大学の創設学部と看板学部がズレているのは、この民法典論争に由来があるわけで、事情を知らない大学関係者以外の人が混乱する原因となっています。 そこに加え、偏差値や難易度はあくまで第三番目の学部である政治経済学部のほうが上だったりするので、これまた事情を知らない大学関係者以外の第三者が、ますます混乱してしまっているわけです。 明治の看板学部につき、ああだこうだと勝手な推論や議論を生じさせてしまっているのには、こういった理由と背景があります。 ただ、最近では、その明治大学自体が今度は「明治はひとつ」などというスローガンを自分たちから展開しています。 (参照: ) これは学部やキャンパスの新設などで学内改革をする際、歴史的な沿革で学内にヒエラルキーができることを善しとしない意思であり、ハッキリとぶっちゃけて言ってしまえば、法学部だけの評価が突出している中央大学へのあてつけであり、宣戦布告のようなものです。 つまり、先にご紹介した明治時代の民法典論争でイギリス法推進派だった早稲田と中央が勝利して大いに栄え、反対に、法政大学とともにフランス法推進派だった明治が完全敗北し、結果において学校経営が傾いて以来、中央大学に対して二度目の敗北は喫しないことこそが、明治の悲願であり続けているわけです。 たとえば、中央がキャンパス移転で自滅したのを尻目に、明治は駿河台キャンパスからは絶対に移転しない、などとこだわり続けてきたのもそうですし、いろんな学部を付け足して新設しようとも、中央のようなあからさまな学部間序列は絶対に阻止しようとする大学当局の意固地な方針もまた、その現れなのです。 明治や中央の間柄に限らず、こういった歴史的背景をちゃんと知った上で、大学間の争いや競争を見ると、普通の人の10倍は大学論が面白く感じられるはずです。 一見すると、受験勉強とは直接関係ないように思えます。 でも、英語や国語、日本史や世界史などといった試験科目だって、いわゆる閑話休題、つまり、「ここだけのこぼれ話」や「コーヒーブレイク」などのような話で違った角度から勉強し直すと、俄然、勉強が面白くなってくるのと一緒なわけです。 以上、ご参考までに。

次の

早稲田大学政治経済学部

政治経済学部

国語 【センター】 現代文は止まらないで読めるように速読の練習をしておく。 古漢は設問をヒントに読み進める。 現代文に関しては、センターに特化した読み方を身につけなければいけないため、過去問をしっかり解くことが重要。 【2次・個別】 センターに比べて時間制約が緩いため、特に設問部分を精読して取捨選択する。 800字以上の記述があると小論文の参考書が役に立つ。 利用した参考書 予備校 東進 のテキスト。 現代文志望大レベル別問題集。 古文はゴロゴ。 漢文は授業展開に読み進められる参考書。 外国語 【センター】英語、英語リスニング スピードを意識した過去問演習を心がける。 一問ずつどのくらいのスピードで解くべきか頭に入れる。 文法は一問5秒くらいで解かなければならないため、標準レベルの文法問題を何度も解く。 【2次・個別】英語 長文はわからないイディオムがあったら文章中からヒントを探す作業が必要になる。 一部に固執せず、わからない部分を飛ばしながら読むとよい。 利用した参考書 東進英単語帳。 東進テキスト。 社会 【センター】日本史B 記述がないため、基本的な参考書の勉強でよい。 【2次・個別】日本史 記述対策は、とにかく過去問演習。 解けなかったものは、解答を見た後に自分で書けるか試してみる。 何度も繰り返して模範解答に近づける。 利用した参考書 進研ゼミ。 用語参考書。 受験時に利用した塾、予備校、家庭教師 【受験生活を振り返って】 高3の夏まで部活で全く手を付けられていない状態だった。 夏休みは机に向かうものの全く集中できずに時間を費やす日々が続いた。 予備校の担任助手の先生に英単語と英文法をしっかりやるよう言われたため取り組んだら他もついてきてリズムに乗れた。 基礎基本が重要だと思った。 【2次・個別試験を振り返って】 第一志望の過去問は三年二学期くらいから解き始めて20年分くらいできるようにするべき。 難易度の高い大学でもまずはセンターレベルの知識をしっかり身につけないといけない。 難しい参考書に飛びつく人も中にはいるが、自分は英単語、基本文法、古文単語、漢字、、、と基礎を繰り返すのが先だと思う。 受験データ 国語 【センター】 過去問を何十年分も解きまくり、間違えたところを添削しました。 【2次・個別】 塾で問題を解いた後、それを要約し、要点をつかむようにした。 利用した参考書 塾のプリント。 【2次・個別】 過去問をいっぱい解き、いろいろな解き方を覚えていった。 利用した参考書 チャート。 外国語 【センター】英語、英語リスニング 二次試験の勉強をして、センターの問題を簡単に感じれるようにした。 【2次・個別】英語 トフルの問題を解いて、二次試験の問題を簡単に感じれるようにした。 利用した参考書 トフル問題集。 社会 【センター】世界史B、日本史B 教科書やノートの復習で縦横の関係をしっかり身につけた。 【2次・個別】世界史、日本史 ノートや教科書で復習し、記述で抜け目なく書く練習をした。 利用した参考書 学校のプリント。 理科 【センター】 過去問や模擬問題をやって、間違えたところを復習した。 利用した参考書 センター過去問。 受験時に利用した塾、予備校、家庭教師.

次の