エニュオ。 グライアイ

ぼっちが本気でダンまちを考察してみた!⑥ ロキ・ファミリア (中編)

エニュオ

殺戮の女神エニューオー [ ] 殺戮および戦闘ので、エニューアリオス(戦いの神の別名)の女性形である。 ギリシア神話の争いの女神と同一視されている。 またのと同一視されている。 エニューオーは「都市の破壊者」の別名によって知られる古代のあるいはで、『 ()』に描かれたように、しばしば血にまみれ武器を携えた姿で描かれた。 と名を並べて語られるほど強く恐ろしい戦女神である。 戦争の神アレースの供として戦場に立ち、残忍な「 乱戦)」を従えている 、 アーレスの母とも娘とも姉妹とも様々に言われてきた。 『』1巻8章4節では、のにはアレースの神殿があり、祭神アレース像、像、アテーナー像と並び、の息子たちが制作したエニューオー像があったとされる。 グライアイのエニューオー [ ] との娘である姉妹の1人で、の姉妹でもある。 ヘーシオドスの『』ではグライアイはとエニューオーの姉妹であり、頬美しい老女で灰色の髪をしており、エニューオーはサフラン色の衣を纏っている。 『神話集』序文ではペンプレードー、エニューオー、ペルシス(または)の姉妹、『』ではペンプレードー、、エニューオーの3人の姉妹をグライアイと呼び、生まれながらに老婆で、3人は一つの目と一つの歯を持ち、互いに共有していたが、ゴルゴーン退治のため英雄は「翼のあるサンダル・キビシス(ゴルゴーンの首を入れるための袋)の兜を持つの居場所」を尋ねるため、彼女たちの目と歯を奪い、道を示すまで返さなかった。 詳しくはの項を参照。 脚注 [ ]• 『ギリシア神話(上)』、247頁。 69a。 ホメーロス『イーリアス』5巻333。 ホメーロス『イーリアス』5巻590-595。 ヘーシオドス、270行-273行。 アポロドーロス『ビブリオテーケー』2巻4・2。 参考文献 [ ]• 『ギリシア神話』訳、(1953年)• 『』訳、岩波文庫(1984年)• 『(上)』訳、岩波文庫(1992年)• パウサニアス『ギリシア案内記』 訳 岩波文庫• ヒュギーヌス『ギリシャ神話集』 ・ 訳 講談社学術文庫• 『ギリシア・ローマ神話辞典』、(1960年) 関連項目 [ ]• - で対応する女神。

次の

ソードオラトリア4巻ネタバレ!59階層の精霊とエニュオの正体は?

エニュオ

概要 黒い皮膚を持つミノタウロスの異端児 ゼノス。 正確には深層種のブラックライノスの亜種だと作中で考察されていた。 がLv. 1の時に戦って討ち取った片角のミノタウロスの記憶を持っており、アステリオス 雷光 という名も前世で最後に見たベルの魔法ファイアボルトから付けたもの。 ベルにとっての好敵手。 また作者曰く異端児編における 猛牛 ヒロイン とのこと。 「え?」「え?」 解説 口数は少なく、外見とは裏腹に低い声音と静かな語調から武人を彷彿とさせる。 彼の持つ願望から常に闘争に餓えており、強者との闘いでは思わず笑みを浮かべるほど。 異端児の中では新参者ではあるが、 その実力は作中トップレベルで、純粋な力のみで戦術も戦略も覆してしまう事の出来る存在。 作中では異端児討伐の為にリヴィラの街に集まった多くの上級冒険者達をたった一人で全滅させ、仲間達を傷つけてきた【イケロス・ファミリア】の団員達やLv. 5の実力を持つを瞬殺。 【】の幹部を複数同時に相手しても互角以上に渡り合えるほどのポテンシャルを誇り、大抵の冒険者は彼が放つ咆哮 ハウル を受けただけで戦意喪失してしまう。 さらにアイズ達の推察によるとその実力は未だ成長途中であり、今後無視できない脅威としてギルドにより潜在能力を Lv. 7と定められ、第一級の賞金首 バウンティ・モンスター として記憶されることとなった。 他の異端児達が地上や人類に対し強烈な憧憬を持っているのに対し、アステリオスの願望は『夢の中で見る人間との再戦』、すなわち ベルとの再戦と決着こそがアステリオスの憧憬であり願望である。 一方、他の異端児達に対しても「闘争への餓え以外の感情」を抱かせてくれる存在として仲間意識や大切に思う感情も持ち合わせているのだが、自らの憧憬が他の異端児達の憧憬…つまりは「人間との共存」の妨げになっている事も理解し、内心苦悩も抱いている様で、彼等の憧憬の邪魔だけはしないよう、距離を置く形で行動してもいる。 作中行動 リヴィラの街の冒険者や【イケロス・ファミリア】のメンバーを相手にした後、【ロキ・ファミリア】を相手にし窮地に立っていた同胞達の前に現れ、幹部メンバーを一人で相手取り、瞬く間に戦況を覆す。 魔法を使用したアイズによって片腕を切り落とされてしまうが、その場はの介入によって仲間たちと逃亡。 一部の仲間を引き連れ彼らをダンジョンに逃がすために遭遇した冒険者達を蹴散らしていくが、同時に自身の追い求める憧憬を探し続けていた。 そうしているうちにの命を受け彼を探していたが目の前に現れる。 彼に何処か懐かしさを感じる中、今の自分の状態では勝てる相手ではないと察しながらも、圧倒的強者との出会いに喜び、彼に挑もうとするが、そこでオッタルから「この先にお前の望むものがいる」という言葉を聞き、ついにと邂逅することになる。 再戦を—自分をこうも駆り立てる存在が、いる あの夢の住人と会うために、今、自分はここに立っている 自分の名は、アステリオス 名前を、聞かせてほしい ベル、どうか 再戦を そしてベルとアステリオスによる再戦が幕を開ける。 片腕を失い、大量の血を流し、多くの冒険者を相手取ってきたそれまでのダメージにより既に瀕死の身でありながら、圧倒的な力でベルを追い込んでいき、最終的にはかつての決闘の再現のようにお互いが向かい合う形となり、互いに最大の一撃を持って突貫し、結果ベルのスキルを使った英雄の一撃を破り、二人の再戦はアステリオスの勝利となる。 戦績は1勝1敗となり、次こそは決着を付けようと伝えその場を去っていった。 その後は同胞達と再会しフェルズに傷の治療と仲間が回収していた片腕も直してもらい、更なる力を付けるために深層へ修行に向かっていった。 二人の戦いはオラリオにいる多くの民衆や冒険者、神々が目撃することになり、皆がその壮絶な戦いに目を奪われ、結果的に異端児を巡る事件によって一度は地に堕ちたベルの名声は強大な怪物にたった一人立ち向かった冒険者として再び讃えられる事になる。 またこの再戦と敗北はベルにとっても特別なものとなり、とは別の新たな超えるべき目標として深く刻まれ、大きく変わりだす切っ掛けとなった。 本編ではそれ以降の出番は未だないが、外伝の都市の破壊者 エニュオ 編にて再登場。 第二次クノッソス攻略戦において異端児陣営の強力な援軍として呼び戻される。 第一級冒険者クラスの実力者複数でさえ苦戦を強いられる精霊の分身『祭壇の支柱 スピリット・オルター 』を ただの突撃で粉砕し、オッタル同様たった一人で祭壇の支柱を蹂躙してみせた。 戦いの中、大鐘楼の音を聞きベルも同じ戦場にいる事を察して、目を血走らせながら彼のもとに向かおうとするが、その場は同胞達に静止されることとなる。 流石猛牛 ヒロイン である。 ベルが強くなっていることを肌で感じながら歓喜し、自分も決着の為に更なる力を付けると誓い、祭壇の支柱にトドメを刺した。 余談 アニメシリーズ1期第9話Web予告にてまさかのセリフ付きで出演。 多くの視聴者の腹筋が崩壊することとなった。 「正々堂々戦ったから悔いはない」「むしろ清々しい」と語っているが 実際は当記事を読んで貰えれば分かる通り悔いありまくりである。 最も当時はまだ原作も8巻発売前で異端児編も始まっていなかったが。 関連タグ :憧憬であり好敵手。 :前世の師的存在。 その圧倒的な実力から彼を彷彿とする者も多い。 、、、、:同胞達。 アステリオスにとって戦いによる餓え以外を芽生えさせてくれる存在達。 同時に自分の憧憬が彼らの憧憬の妨げになってしまうことを理解し、距離を置こうとしている。 関連記事 親記事.

次の

ぼっちが本気でダンまちを考察してみた!⑥ ロキ・ファミリア (中編)

エニュオ

レヴィスと外套に紋様の仮面を被った男 51階層には選抜したパーティーで進攻し、残りのメンバーはヘファイストス・ファミリアと共にキャンプの防衛をすることになった。 52階層より下は、50階層までの常識が通用しない領域らしい。 その頃レヴィスはダンジョン内のある広場にいた。 紫紺の外套に不気味な紋様の仮面を被った謎の人物が、アイズたちが深層に辿り着いたことを知らせてくる。 だが先日の戦いで体力を失っているレヴィスは、モンスターの魔石を食べて体力を回復しているところだった。 外套の男はすぐに動かないレヴィスに向かって 「エニュオに逆らうつもりか?」と問いかける。 自分たちが利用されることは構わないが、その代わり自分たちも勝手に動く、とレヴィスは言い切り、外套の男はその場から去っていった。 階層無視の攻撃 フィンたち選抜組は59階層へと向かい始めるが、52階層からは本当に地獄と言えた。 更なる数百m下の深層から竜が大火球を放ってくる。 火砲により地面が爆砕し、冒険者たちを狙い撃ちしようとしてくる。 まさかの 「階層無視」にパーティーは焦りを隠せない。 過去ゼウス・ファミリアが58階層に辿り着いたのが最高記録だったが、その58階層に居座っているのが砲竜 「ヴォルガング・ドラゴン」だった。 ベートやレフィーヤたちは大火球によって空いた大穴に落ちてしまい、下で待ち構える竜の元へ行ってしまった。 だがフィンは58階層が単一の特大広間だと把握しているので、リヴェリアたちが生きていればすぐに合流できるだろうと冷静に考えていた。 落下しているベートとティオナは、58階層まで後200mを切った。 下には砲竜が4匹いることが確認できた。 紫紺の外套を羽織った謎の人物の襲来 ガレスたちが砲竜を仕留めたおかげで、フィンたちは下からの砲撃に苦しまずダンジョンを進むことが出来ていた。 しかし芋虫型の大型モンスターの上に、以前24階層で 「胎児の宝玉」を回収してどこかへ持ち去った紫紺の外套が揺らめいている。 外套の人物は芋虫型と食人花を操りフィン達に攻撃を仕掛けてくる。 それに対抗しアイズが反撃をする。 外套の人物がどことなくアイズを狙っていることが分かったフィンは、長槍を持って外套の人物へ向かっていった。 目の前の外套の人物はレヴィスより弱いことをフィンは見抜いた。 椿が隙をついて外套の人物の片腕を切断する。 その後外套の人物は食人花に自分を飲み込ませ、素早く逃走していってしまった。 アイズを「アリア」と呼ぶ女体型 58階層で敵を倒し続けていたガレスたちの元へフィンたちが合流する。 地面に座り込み束の間の休憩をとる。 続く59階層は「氷河の領域」。 少なくともゼウス・ファミリアの報告では59階層は氷河と言われているのだが、フィンたちが足を踏み入れてみると59階層は密林になっていた。 荒野と見間違う階層の中心には以前出現した女体型や、食人花、芋虫型のモンスターが大量にいる。 しかしその女体型は 「強化種」で、周りのモンスターから魔石を食らってサナギから羽化するように女の体が産まれた。 上半身を極彩色の衣で多い、横顔は女神にも劣らない美貌を誇る。 下半身も無数の触手や巨大な花びらが咲いている。 しかもその女体型はアイズを見て 「アリア アリア」と歓声をあげた。 アイズは「精霊」だと確信する。 穢れた精霊 アイズの腰具に取り付けられた青水晶を通し、ウラノスとフェルズもその光景を見ていた。 「やはり、か」とウラノスはこぼす。 精霊は神が地上に降臨するまで、地上で神と人間の間を取り持つ存在だった。 外界のモンスターを排除する為、一部の神が放った武器でもある。 そんな中、ダンジョンには多くの精霊が遣わされた。 今も 「迷宮神聖譚」として残っている史実は、精霊を通して闘争してきた英雄の歴史でもある。 つまり今アイズたちの前にいる女体型は、 モンスターに喰われなおも自我を持ち続けた存在、かつての精霊だった。 怪物に取り込まれた精霊は今や原始的な欲求に支配された化物に成り果てている。 神々の子「精霊」と「モンスター」の融合。 神も把握できなかった外界の可能性。 そしてウラノスは 「あれはもはや、『穢れた精霊』だ」と言い切った。 精霊のあまりの強さ 「アイタカッタ」「あなたも一緒に成りましょう」「あなたをたべさせて」とアイズに呼びかけてくる精霊。 フィンのアイズで総員戦闘態勢へ。 しかし驚いたことに女体型の精霊は魔法を放ってくる。 通常モンスターが呪文を詠唱することなどない。 「超長文詠唱」を唱える精霊とリヴェリアだが、なんと精霊はあのリヴェリアの詠唱速度を上回る。 精霊は魔法を放ち、辺り一体は紅に染まった。 リヴェリアの結界がパーティーを保護するが、結界すら破壊されてしまう。 リヴェリアとガレスが精霊の魔法に包まれ焼け焦げ、その場に倒れ伏し、再起不能となる。 最大戦力の二人が倒れてしまいパーティーに絶望感が。 更に精霊は魔法で隕石を降らせ、続けて食人花まで召喚してくる。 パーティーの誰もが「終わりだ」と思った。 確信めいた神々の憶測 ロキ・ファミリアはすぐに50階層へ引き返した。 恐らく女体型の精霊の本体は他にいるとフィンは予想する。 「宝玉の胎児」を産む根源である、 「穢れた精霊」本体が60階層以下に潜伏しているはずだと青水晶で見ていたウラノスは推測している。 かつて人類を救うために遣わされた精霊達が、今はオラリオを脅かす全ての元凶になっている。 そして敵の狙いは、宝玉の胎児を地上に運び精霊を召喚することだとフィンは推測した。 もし地上で59階層の精霊のような存在が数体出現したら・・・。 そう考えるとリヴェリアやガレスもことの深刻さを把握したような表情を見せる。 その頃ロキ、ディオニュソス、ヘルメスの三人の神は、24階層で闇派閥の残党が運ぼうとしていた食人花の黒檻について話していた。 あんなでかいモンスターの運び出しを完璧に隠蔽するのはまず不可能。 ということは ダンジョンの出入り口が「バベル」という大穴以外にも、少なくとももう一つあるのではないかと、ロキ含む神たちは直感していた。 ここで 「ソード・オラトリア(ダンまち外伝)」4巻のネタバレが終了です。 エニュオというのが今回登場した「穢れた精霊」の本体ということで、次は60階層以下に焦点を絞って遠征が繰り返されそうです。 地下勢力と手を結ぶ地上勢力の存在もほのめかされていましたが、そちらの正体も非常に気になりますね。 ディオニュソスはまだギルドを疑っているようですが、バベル以外にダンジョンの穴がありそうだということはロキも疑っている様子。 ヘルメスは自分のファミリア数人が命を落としているという理由でディオニュソスに接近しましたが、こちらもまた怪しげな神ですね。 笑 今のところ世間のイメージ通りの風格を持った神はウラノスだけに思えます(笑) ベルの成長も著しく描かれており、アイズ含むロキ・ファミリアの皆がライバル意識を燃やすほどの存在になりかけています。 今回の精霊がアイズを 「アリア」と呼ぶ理由や、エニュオとは一体何なのかが今後近い内に判明していきそうです。 今回でフィンやガレスなどのレベル6の冒険者が、ベートたちレベル5より圧倒的に強いことが分かりました。 レベル7のオッタルはもっと化物でした。 笑 今後の展開が楽しみです。 というわけで以上「 ソードオラトリア4巻ネタバレ!59階層の精霊とエニュオの正体は?」でした。

次の