スクルド アンド カンパニー。 スクルドアンドカンパニー

代表挨拶

スクルド アンド カンパニー

保育所経営とは 保育所経営は社会的に意義のある事業です。 近年、 女性の社会進出に伴い、全国的に待機児童が増えています。 待機児童とは、認可保育所の入園待ちの児童のことをいい、現在、社会問題となっています現象です。 その背景には、共働きの増加と核家族化の進行があります。 子どもを産み、育児と両立させるには、 保育所はもはや不可欠なものとなり、民間の保育所の必要性が年々高まってきています。 また、国や自治体の財政難は、保育所の民営化を意味し、今後、 有望な市場へと成長が予想されます。 現在のところ保育所の需給実態は質・量ともに保育ニーズを満たしているとはいえず、 これから 保育所経営を目指す方には、絶好のチャンスが到来したわけです。 この新制度の中でも特に保育園事業者や、これから保育事業に参入を検討されている方に最も注目されているのが市区町村による認可事業である「小規模保育」になります。 「小規模保育」が注目される理由は、やはりなんと言っても、「市区町村による給付金」を受けられることによる経営の安定化をはじめ、認可事業ならではの経営メリットが数多くあります。 特に・・・自治体にもよりますが、 平均年間3,500万前後の給付金が得られるのです。 施設整備に関する補助金• 施設開設までの家賃補助• 各金融機関による融資・資金調達のハードルが下がる• 認可園と同様、役所(保育課等)が園児募集窓口となるため園独自での園児募集(営業)の必要がない(園児が集まらない等の苦労が無い)• 保護者の利用料(保育料)負担が認可保育所とほぼ同じ水準であるため利用希望者が格段に増加する• 開園と同時に園の定員(19名)を満たすことも決して不可能ではない• 認可保育所や幼稚園等の連携施設からサポートを受けることが出来る• 自治体の認可事業であるための社会的信用度と経営の安定性 など、これまでの認証・認定システムと比較しても如何に経営的なメリットが多いかお分かりになるかと思います。 しかし、財源の殆どは税金を投入する市区町村の認可事業である以上、誰でも簡単に小規模認可園を開設出来るわけではありません。 そこには、自治体から選定されるための 「公募・プロポーザル」をクリアするノウハウが必要となります。 弊社では、直営での複数の認可保育園の運営はもとより、この 「小規模認可保育園」も2015年4月1日現在、既に日本全国で9施設の開園実績(FC園を含むと12園)がございます。 この実績をもとに、弊社では新たに「小規模保育事業」採択サポートを従来の認証・認定取得サポートとは別に、新サービスとして開始致します。 各自治体により、給付金の額や、公募・プロポーザル内容が異なりますので、当該サポートにご興味をお持ちの方はには、個別での戦略立案や、サポートをご提案させて頂きますので、直接お問い合わせを頂ければ幸いです。 申請をご希望の方の属性により、プロポーザルの戦略プランは全てその方独自のオーダーメイドとなりますので、サポート金額もその都度お見積りをさせて頂きます。 ぜひ、この大きなチャンスに、あなたも「小規模保育事業」にチャレンジされては如何でしょうか?.

次の

代表挨拶

スクルド アンド カンパニー

保育所経営とは 保育所経営は社会的に意義のある事業です。 近年、 女性の社会進出に伴い、全国的に待機児童が増えています。 待機児童とは、認可保育所の入園待ちの児童のことをいい、現在、社会問題となっています現象です。 その背景には、共働きの増加と核家族化の進行があります。 子どもを産み、育児と両立させるには、 保育所はもはや不可欠なものとなり、民間の保育所の必要性が年々高まってきています。 また、国や自治体の財政難は、保育所の民営化を意味し、今後、 有望な市場へと成長が予想されます。 現在のところ保育所の需給実態は質・量ともに保育ニーズを満たしているとはいえず、 これから 保育所経営を目指す方には、絶好のチャンスが到来したわけです。 この新制度の中でも特に保育園事業者や、これから保育事業に参入を検討されている方に最も注目されているのが市区町村による認可事業である「小規模保育」になります。 「小規模保育」が注目される理由は、やはりなんと言っても、「市区町村による給付金」を受けられることによる経営の安定化をはじめ、認可事業ならではの経営メリットが数多くあります。 特に・・・自治体にもよりますが、 平均年間3,500万前後の給付金が得られるのです。 施設整備に関する補助金• 施設開設までの家賃補助• 各金融機関による融資・資金調達のハードルが下がる• 認可園と同様、役所(保育課等)が園児募集窓口となるため園独自での園児募集(営業)の必要がない(園児が集まらない等の苦労が無い)• 保護者の利用料(保育料)負担が認可保育所とほぼ同じ水準であるため利用希望者が格段に増加する• 開園と同時に園の定員(19名)を満たすことも決して不可能ではない• 認可保育所や幼稚園等の連携施設からサポートを受けることが出来る• 自治体の認可事業であるための社会的信用度と経営の安定性 など、これまでの認証・認定システムと比較しても如何に経営的なメリットが多いかお分かりになるかと思います。 しかし、財源の殆どは税金を投入する市区町村の認可事業である以上、誰でも簡単に小規模認可園を開設出来るわけではありません。 そこには、自治体から選定されるための 「公募・プロポーザル」をクリアするノウハウが必要となります。 弊社では、直営での複数の認可保育園の運営はもとより、この 「小規模認可保育園」も2015年4月1日現在、既に日本全国で9施設の開園実績(FC園を含むと12園)がございます。 この実績をもとに、弊社では新たに「小規模保育事業」採択サポートを従来の認証・認定取得サポートとは別に、新サービスとして開始致します。 各自治体により、給付金の額や、公募・プロポーザル内容が異なりますので、当該サポートにご興味をお持ちの方はには、個別での戦略立案や、サポートをご提案させて頂きますので、直接お問い合わせを頂ければ幸いです。 申請をご希望の方の属性により、プロポーザルの戦略プランは全てその方独自のオーダーメイドとなりますので、サポート金額もその都度お見積りをさせて頂きます。 ぜひ、この大きなチャンスに、あなたも「小規模保育事業」にチャレンジされては如何でしょうか?.

次の

園児獲得力のノウハウが豊富なスクルドアンドカンパニーを調査

スクルド アンド カンパニー

保育所経営にご興味をお持ちの皆様、この度は株式会社スクルドアンドカンパニーが運営する、「スクルドエンジェル保育園」フランチャイズシステムにご関心をいただき、ありがとうございます。 現在既に社会問題化している少子高齢化とそれに伴う核家族化により、児童の数は年々減少しているにも関わらず、ライフスタイルの多様化をはじめ、2008年の金融危機に端を発した急激な国内景気の悪化が家計の圧迫に拍車をかけ「働きたい主婦」が急増し、待機児童(保育園に入りたくても定 員の関係で入園出来ない児童)問題は非常に深刻な状況になっています。 各自治体も必死に対応策を打ち出してはいますが、保育園の絶対数は不足したままで、まさに「焼け石に水」の状況が続いています。 この様な折、大きな期待を持たれているのが「民間運営の私立保育園」なのです。 しかしながら、単に保育園を設立すれば、直ぐに園児が集まるほど保育園事業は簡単ではありません。 また、当社のポリシーといたしましては、質の低い託児所、保育園等を数だけ増やしたいとも考えておりません。 もちろん、「保育事業」もビジネスである以上、利益を追及する事は当然であり、必然ではありますが、このビジネスは他の事業とは決定的に異なる重要な点があります。 保育所の運営とは、大切な小さな命を親御さんからお預かりするというだけではなく、そのお子さんの将来の人格形成にも関わる本当に重要で責任ある事業なのです。 すなわちこの事業の経営を行う方には、一般のビジネスとは比較にならない位高いモラルや責任感、使命感が必要であると考えています。 よって「保育事業」を単なる「お金儲け」の手段としてしかお考えではない方や、「保育」に無関心の方のFC加盟は当社ではお断りさせて頂いております。 当社が展開する「スクルドエンジェル保育園」は、これまでの単なる託児所・保育園ではなく、「保育園でありながら、幼児教育のいっぱいつまった教育特化型保育園」を最大の特徴としており、他園との決定的な差別化をはかり、保護者の方から大変な好評を頂いて参りました。 その結果開園初月より園児の定員を満たし、完全黒字化を達成し、常に10数名のキャンセル待ちのご予約を頂いている状況です。 スクルドエンジェル保育園フランチャイズシステムでは、当社直営保育園の経営実績で培った保育園事業成功のノウハウを余すところなく加盟園様に提供させて頂き、きめ細やかで質の高い経営サポートにより、FC本部とFC加盟園オーナー様が二人三脚で今までにない、付加価値の高い「教育特化型保育園」を作り上げる事を目指しております。 当社の理念に賛同して頂き、お互いが本当に信頼出来るパートナーとなり得る方を心よりお待ちしております。 株式会社スクルドアンドカンパニー 代表取締役社長 若林雅樹.

次の