夏休み 宿題 ポスター。 夏休みポスター教室(豊橋。田原。豊川。)

小学生の夏休みの宿題!厄介なポスター制作を2時間で終わらせる方法|きららぼし

夏休み 宿題 ポスター

夏休みを満喫中の良い子の皆さ~ん、宿題のポスターはもう描きましたか~? 絵を描くのってどうも苦手だから・・・といって、つい後回しにしていませんか? 今日はそんな皆さんに、超簡単な絵の描き方をお教えします。 この方法なら、30分もあれば完成しちゃいますよ! では、夏の題材の中でもポピュラーな、山の絵を描いてみましょう。 まずは、道具をそろえましょう。 必要なのものは、画用紙2枚・絵の具・台所用スポンジ1個・お化粧用のパフ数種類 です。 筆は必要ありません!! 絵が苦手な子が挙げる理由として「筆を使うのが苦手」って意見があります。 解ります。 筆を使うと色ムラができたりして、何だか上手に描けてる気がしないんだよね。 でも大丈夫。 今日使うのはスポンジとパフです。 お化粧用のパフは、100円ショップに行くと大袋で売っていたりしますので、近くのお店を覗いてみてください。 さて、道具が揃ったら、さっそく描いていきましょう。 パレットに水色を作り、 それをいきなり台所用スポンジに含ませます! そしてそれを、 画用紙に塗りたくってください。 大丈夫です!何も心配ありません!!(笑) 水色が塗れたら、ドライヤーで一気に乾かしましょう。 スポンジでなぞった画用紙の表面は毛羽立って、紙のカスがついていると思います。 カスは、 紙の表面が完全に乾いてから、手で払うようにしてください。 山を描く下ごしらえとして、はじめに用意して頂いたもう1枚の画用紙を出してください。 そしてその画用紙に、簡単な山のラインを描きます。 描き終わったら、そのラインをカッターナイフで切り取りましょう。 できましたか?そしたら山の色をのせていきますよ! ひとことで「山」といっても、山の色って一色じゃないですよね。 濃い緑、薄い緑、黄色や茶色・・・。 身の回りに山の写真などはありますか? 実際の山の色をよく見て、パレットに絵の具を出してみましょう。 パレットに色がのったら、再び台所用スポンジの出番です。 今度は絵の具に あまり水を含ませないようにしてスポンジにつけ、絵の上にポンポン!と叩くように色をつけていきます。 山のかたちに色をのせ終わったら、上にかぶせてあった画用紙を取り除きましょう。 すると、こんな感じになります。 植物を描くのに使うのは、お化粧用のパフ。 袋から出してみると、丸いものや三角のものなど、色んな形があります。 今日は、その中から三角のものをチョイスし、ハサミを使って葉っぱの形にカットしてみました。 カットできたら、それに絵の具をつけて、山の絵の上にポンポンしていきます。 植物をポンポンするときも、山のときと同様、 あまり水を含ませないようにしたほうが良いと思います。 雲も、暗い色(灰色)と明るい色(白)の2色を使うと、リアリティがグンと増します。 化粧用パフの丸いものを使って、ポンポンしてみましょう。

次の

中学生向け!夏休みの課題ポスターの書き方のコツは?ポスターコンクールの入賞基準は?

夏休み 宿題 ポスター

夏休みのポスターコンクールで中学生部門の入賞ポイントは? 入賞するためのポイントはコンクールによってそれぞれですが、外せないポイントは、もちろん、 遠くから見てもパッと目を惹くかどうかです。 また、 文字が読みやすいことも大切です。 絵が目につきやすいのも大切なので、細かくきれいに描くよりも、 イラストタッチでよいので、はっきりと描くことが大切です。 ポスターのデザインが難しいと思った場合は、 電車やバス、街中に溢れている広告をたくさん見てみるといいでしょう。 これらはポスターと同じなので、とても参考になると思いますよ。 審査や入賞賞金、審査する審査委員は、コンクールによってまちまちです。 入賞賞金が設けられているものは少ないですが、 盾や賞状をもらえることが多く、入賞した場合は、内申書などに記載することもできるでしょう。 中学生向け!夏休みの課題ポスターの書き方のコツ その1:何を書く?テーマの決め方は? 中学生の夏休みの宿題として、ポスターが出された場合に、結構多いのが自由課題でのポスター制作です。 この場合は、まずテーマ決めからしないといけませんね。 中学生におすすめのテーマとしては、 環境問題、人権問題(いじめ)、交通安全、日ごろのマナー、インターネット上のセキュリティ関連などがありますね。 どのテーマであれ、コンクールが実際に開催されており、 募集がある課題を選ぶ方がいいでしょう。 また、 自分が興味を持っていることをテーマとして選ぶと考えやすいと思います。 何を書くか選んだら、過去の入選作品をいくつか調べてみると良いでしょう。 まったく同じ構図、言葉を選ぶとNGですが、参考にすることが大切です。 いくつか実際に見てみると、どんな風に描けばいいのか分かりやすくなりますよ。 中学生向け!夏休みの課題ポスターの書き方のコツ その2:構図や標語の決め方は? 絵をうまく見せるためには、構図が一番大切です。 細かい描写がうまいか下手は本当に絵を描き慣れている人じゃないと難しいでしょう。 でも、構図はセンスがよければいいので、技術が追い付いていなくてもできます! ポスターは普通の絵と違って、 不特定多数の人の眼が向くようなデザインでなければなりません。 なので、綺麗に細かく描くよりも シンプルで分かりやすい絵の方が向いています。 また、ポスターの場合は、絵だけでなく、絵をバックに文字がのります。 なので、 文字が遠くからでもはっきりと見えるデザインであることも重要です。 普通の絵ならば、バックが一色で塗られているのはあまりよくありませんが、ポスターでは、文字が見えやすくなる工夫となるので、OKなんです。 ポスターの場合は、まずは絵に目が行く人も多いでしょう。 なので、 絵を見た後に文字に視線が流れやすい配置も重要です。 中学生向け!夏休みの課題ポスターの書き方のコツ その3:絵のうまい描き方は?コツは? 絵をうまく描きたいと思うことは誰にだってあります。 絵をうまく描く際に重要なのは、まず 正確さです。 人を描く際に、足の長さが手の長さよりも短いとおかしいですよね。 頭が体よりも大きいと変ですよね。 そういった等倍をきちんと正確に描くことが大切です。 なので、絵を描く際には、 まずは大まかな物の位置や全体の大きさなどを決めてから、細かい部分を描くようにしましょう。 さらに、よりよく見せるためには、 影に注目することです。 ペタッと一色で塗ってしまうと、子供っぽい絵になってしまいますが、赤い色のリンゴでも、よく見ると、濃い茶色のような色の部分もあれば、つやっと光って、白く見える部分もあります。 そういった細かい部分を表現していくと、絵はぐっとうまくなりますよ! さらに、 光と影を表現できるようになると、絵が立体的に見えるようになって、とってもリアルな絵が描けるようになります! 【絵の初心者向け】これさえやれば絵が上手くなる!.

次の

花と緑のポスター

夏休み 宿題 ポスター

交通安全ポスターの標語は何を書けばいい? 小学校によっては標語は決まっているものから選ぶスタイルもあります。 「気をつけよう 危険がひそむ 慣れた道」 「小さな手 大きくあげて わたろうね」 「自転車に 一緒に乗せよう 交通マナー」 その場合は選んだ標語によってだいたいどんな絵を描いたらいいかが 浮かんできますね。 「気をつけよう 危険がひそむ 慣れた道」 こちらは、少し怖い感じのする絵を入れることになるかな?とイメージしました。 「小さな手 大きくあげて わたろうね」 こちらは手をあげて横断歩道を渡る小学生の絵がイメージできますね。 「自転車に 一緒に乗せよう 交通マナー」 こちらは自転車を描くことになりそうですね。 また、標語を自分で考える小学校だったとしても、 交通安全ポスターの標語は上であげたように、 普通なこと、当たり前なことを標語にする傾向にあります。 たくさんの人に伝わるようになのかもしれないですね。 見本となる標語をご紹介します。 これに自分らしいアレンジを加えるとグンと入賞が近づきますね。 「守ろうルール 守ろう命」 交通安全ポスターで簡単な自転車の描き方 いざ書こうと思っても意外と自転車って難しいですよね。 かなりざっくりですが、簡単な自転車の描き方をご紹介します。 何となくそれらしくなったでしょうか? バランスが崩れると自転車らしくならないので、 参考に線の角度をご説明しますね。 ちなみに私が書いた時の車輪の半径なども参考に載せておきます。 車輪と車輪の間が長すぎても自転車らしくならないようです。 この自転車をベースに好きな自転車を描いてくださいね。 交通安全ポスターで簡単な横断歩道の描き方 横断歩道はそれほど難しくはないと思いますが、小学生だと平面的な横断歩道になって しまってる場合があります。 こちらでもおかしくはないのですが、 このように向こうから白線がだんだん太くなっていると 立体感がありますね。 さらに下の絵のように、横から横断歩道を見た描き方も いいですね。 横断歩道の横の白い線が消えた? 以前はこのように縦に白い線が入っていたのですが、 平成4年頃から縦線が無くなりました。 なぜ横断歩道の縦線は消えたの? ・水はけを良くするため ・設置が容易で、補修も楽になるので経費節約になる ・ドライバーから見えやすくなる 3つの理由から縦線が無くなったようです。 交通安全ポスターのポイントは? 標語は背景と反対色(補色)を使うとより文字が目立つようになります。 例えば、今回は背景にブルー系、標語にピンクを使用してみました。 文字が目立つ色使いがポイントです! 交通ポスターのコンクール入賞作品では 赤や黄色、黒といった標語が多いですよ。 夏休みの交通安全ポスターの書き方!標語は?自転車や横断歩道が簡単に!まとめ いかがでしたか? 他にも信号の色は左から青・黄・赤。 シートベルトはななめだけでなく、横の部分も書くこと。 歩行者用信号機の中のイラストは正確に書くなど、細かい注意事項などがありますので、学校から配布された説明書をしっかり確認してくださいね。 こちらは夏休みの思い出の絵について説明しています。

次の