ブルネイ王国 王子。 歴史的な皇室の結婚式

マーティン王子(ブルネイ)のイケメン画像やwiki経歴!結婚や彼女は?ペットがトラですごい

ブルネイ王国 王子

一覧参照• ラシーダ ムタ=ワキラ マジーダ ハフィザ アブドゥル・マリク アゼマ ファジラ アブドゥル・マティーン アブドゥル・ワキール アミーラ 王家 ボルキア家 父親 母親 ペンギラン・アナク・ダミト 宗教 ウィキメディア・コモンズには、 ハサナル・ボルキアに関連する および があります。 ハジ・ハサナル・ボルキア・ムイザディン・ワッダラー(: Haji Hassanal Bolkiah Mu'izzaddin Waddaulah、 - )は、()。 第29代に当たる。 日本では「 ハサナル・ボルキア国王」の呼称が主に用いられる。 ・・を兼任し、ブルネイの国体下において、事実上のと言える強大な権限を有している。 ブルネイで発行されている複数の紙幣に肖像が使用されている。 また、世界各国の君主の中でも有数の資産家としても知られ、に世界一の富豪として記録されていたこともある。 スルターン在位期間は52年間にも及びの中ではの に次ぐ長さである。 略歴 [ ]• 7月15日、当時のブルネイで国王の長男として誕生。 となる。 オマール・アリ・サイフディン・カレッジ入学。 サレハ王妃と成婚。 イギリスのへ留学。 翌年までをイギリスで過ごす。 父王の退位に伴い帰国。 10月5日、第29代に即位。 8月1日、にて戴冠式が挙行され 、正式に国王となる。 視察のため初訪日。 以後数回の訪日履歴がある。 2月17日、サレハ王妃との間に後の皇太子誕生。 マリアム第2王妃と成婚(のちに離婚)。 ブルネイ独立。 同時に首相・蔵相・内相を兼任する。 設立構想を発表、同年開学、総長に就任。 首相・国防相を兼任。 現在の首相・国防相・蔵相兼任の肩書に。 アズリナ・マズハル第2王妃と成婚(のちに離婚)。 大統領選に絡んだの被害に遭う。 被害額は200億インドネシア・ルピア。 政策 [ ] 軍を視察中のハサナル・ボルキア国王 ブルネイの政体は形式上を採ってはいるが、においては法律の最終制定権を国王に置き、においても裁判官の任命権を国王が有する など、事実上はと言ってよい。 ハサナルは独立以来この国王の地位にあり、前述の通り・・をも兼任し絶大な権限を振るっている。 ・の豊富な産出に基づく安定した経済力を背景に、の整備、高福祉政策を実現し、更にの大量雇用によって国民の経済水準を引き上げてきた。 また公務以外においても、毎年明けの大祭の際には王宮を開放し、国内外からの数万人に及ぶ参列者一人一人とを交わす など、国民との融和に努めている。 また、訪問者には、手土産に類を渡し、子供にはお小遣いを渡すという。 高い生活水準を享受する国民からの信頼は全般に篤く、毎年7月15日の国王の誕生日には市中に装飾がなされ、国を挙げた祝賀会が催される。 現在のところ、国民のは皆無でありながら大規模な民主化運動や反体制運動も発生していない。 ただし近年は将来の資源枯渇に備えた経済の多角化の必要性もあり、徐々に国政を変化させつつある。 ハサナルは、独立以来停止していた立法評議会()を再開すると共に、改正によって従来の任命議員に公選議員を加えるものとした(しかし2011年現在も選挙が実施されるには至っていない )。 またには大規模な内閣改造での刷新を行い、エネルギー大臣職を新設した。 外遊 [ ] 平成時代の、弟の ()、駐日大使および同夫人と共にに参列した。 令和時代の10月22日に開催されたにも参列し、翌23日には赤坂離宮でと会談を行った。 家族 [ ] 3人のとの間に5男7女、計12人の子女がある。 このうち、サレハ第一王妃との間に生まれた長男アルムタデー・ビラが1998年にに立てられ、2005年からは上級大臣として筆頭の地位にある。 また、実弟のモハメッド・ボルキアも1984年の独立以来(2005年の内閣改造以降は外務貿易相)として政務を補佐している。 サレハ第1王妃( - 、成婚)• ラシーダ王女( - )• ムタワキラ王女 ( - )• 王太子( - )• マジーダ王女( - )• ハフィザ王女( - )• アブドゥル・マリク王子( - )• マリアム第2王妃( - 、成婚、離婚 )• アブドゥル・アジム王子( - )• アゼマ王女( - )• ファジラ王女( - )• アブドゥル・マティーン王子( - )• アズリナ・マズハル第2王妃( - 、成婚、離婚)• アブドゥル・ワキール王子( - )• アミーラ王女( - ) 資産 [ ] ハサナル・ボルキア国王により建設された遊園地、 ハサナルは、その莫大な個人資産と豪奢な生活振りでも知られる。 の米経済誌では、個人資産は200億と見積もられており、これは国家元首としては世界第4位である。 王宮の部屋数は1788を数え、趣味のに用いる馬が多数飼育されている。 また、自身の50歳の誕生日に合わせて東南アジア最大級の「」 を個人資産から建設して国民に開放し、のを無料開催する など、豪遊の話題が非常に多い人物である。 特に彼が熱を上げているのがの蒐集である。 コレクションの総数は5000台に上ると言われ、英紙がに伝えたところによれば、コレクションには以下の車が含まれる。 531台• 367台• 362台• 185台• 177台• 160台• 130台• 20台 これらのコレクションの中には、世界で1台しか存在しないの右ハンドル車や、28台のみ生産されたなど大変希少なモデルや、が製作したの(456GTベニス)や、非公開の等、彼の発注による独自()モデルも多数存在する。 これらのカーコレクションは専用に建設された巨大な立体駐車場に収められているという。 また、やを始めとする、も多数所有している。 陸軍士官学校時代の経験を生かし、自ら操縦を行う場合もある。 脚注 [ ]• 外務省. 2008年7月17日閲覧。 アジア・リンケージ. 2008年7月17日閲覧。 現在、68年間在位中• Freme Travel Services Sdn Bhd""(、2011年8月14日閲覧。 芝田征二(2008)""立命館国際研究. 21 3 :45-64. - 、2013年5月12日閲覧。 2008年7月17日閲覧。 在ブルネイ日本国大使館. 2008年7月17日閲覧。 社団法人日本ブルネイ友好協会. 2008年7月17日閲覧。 livedoorニュース. 2008年7月17日閲覧。 外務省. 2008年7月17日閲覧。 外務省. 2008年7月17日閲覧。 社団法人日本ブルネイ友好協会. 2008年7月17日閲覧。 Forbes. com. 2009年1月1日閲覧。 Mirror. 2008年7月17日閲覧。 2008年7月17日閲覧。 2008年7月17日閲覧。 Web-Tab. 2008年7月17日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の

ブルネイ王子だけじゃない…世界のイケメンすぎる王子・5人衆

ブルネイ王国 王子

マーティン王子 ブルネイ wiki風プロフィール 年齢・大学 マーティン王子 ブルネイ wiki風プロフィール 年齢・大学 です。 名前:アブドゥル・マティーン王子 生年月日:1991年8月生まれ 年齢:28歳 2019. 10現在 ペット:トラ 大学:ロンドン大学 趣味:スポーツ ブルネイのハサナル・ボルキア国王の第2王妃であるマリアム妃の4男がマティーン王子です。 Instagramのフォロワー数も77万9千人を超える有名人です。 スポンサードリンク マーティン王子のブルネイとは? マーティン王子のブルネイ王国とはどんな国なんでしょうか。 ブルネイは東南アジアのイスラム峡谷でイギリス連邦加盟国です。 ブルネイの場所は、東南アジアのボルネオ島(カリマンタン島)北部に位置します。 首都はバンダルスリブガワン。 イスラム教国で、イギリス連邦加盟国です。 北側が南シナ海に面するほかは陸地ではマレーシアに取り囲まれている。 石油や天然ガスなどの資源を多く埋蔵しています。 スポンサードリンク マーティン王子 ブルネイ イケメン画像! マーティン王子 ブルネイ イケメン画像です。 スポンサードリンク 本当にカッコいいですね。 今後もイケメンで注目されそうですね。 マティーン王子の王位継承の順位は、5番目です。 マティーン王子の学歴も、016年にロンドン大学で文学修士を授与されておりとても優秀です。 スポンサードリンク マーティン王子 ブルネイ ペットがトラですごい マーティン王子 ブルネイ はペットを飼っていますが、ぺっとがトラです。 日本では考えられませんね。 画像がこちらです。 トラの名前はカワンだそうです。 かわいいですね。 大きくなったら大変そうですね。 スポンサードリンク マーティン王子 ブルネイ 結婚や彼女は? は次のページへ.

次の

ハサナル・ボルキア

ブルネイ王国 王子

1 面積 5,765平方キロメートル(三重県とほぼ同じ) (注)三重県は5,777平方キロメートル。 愛知県(5,163平方キロメートル)より大きく,茨城県(6,096平方キロメートル)より小さい。 2 人口 42. 1万人(2017年) (外国人在留者含む。 出典:ブルネイ首相府) 3 首都 バンダル・スリ・ブガワン 4 民族 マレー系66%,中華系10%,その他24%(2017年,出典:ブルネイ首相府) 5 言語• 憲法で公用語はマレー語と定められている。 英語は広く通用し,華人の間では中国語もある程度用いられている。 6 宗教 イスラム教(国教)(78. 8%),仏教(8. 7%),キリスト教(7. 8%),その他(4. 7%) 7 略史 年月 略史 14世紀末 アラク・ベタタール王がイスラム教に改宗して初代スルタン・モハマッドとなる。 16世紀 ・マゼラン艦隊,ブルネイ湾に入港。 ・第5代スルタン・ボルキアの統治下,サバ州,サラワク州及びフィリピン南部を統治,ブルネイ王国の最盛期。 1888年 英国と保護協定を結び,外交を英国が担当。 1906年 内政を含め英国の保護領となる。 1959年 内政の自治を回復。 1962年 アザハリの反乱(ブルネイ人民党のメンバーによる,スルタン制及びブルネイのマレーシア連邦参加に対する反乱)。 非常事態宣言を発布(現在に至る)。 1984年 英国から完全独立(1月1日)。 1 政体 立憲君主制 2 元首 ハサナル・ボルキア国王(第29代スルタン) 3 議会 立法評議会が1984年の独立直後から停止されていたが,2004年9月に再開。 2006年以降,例年3月に2週間開催されている。 2011年11月に憲法が改正され,評議員の一部を選挙で選出することが規定されたが,これまで立法評議員選挙関連法規が整備されておらず,選挙により選出された評議員はいない。 国王が評議員(45名以内)を任命している。 現在の議員は2017年1月13日付で任命された。 ( 注:立法評議会はブルネイの一院制議会であるが,その権限は限定されており,予算審議等を行うのみに留まっている。 ) 4 政府 (1)首相 ハサナル・ボルキア国王が兼任 (2)外相 ハサナル・ボルキア国王が兼任 5 内政 国王は宗教上の権威であるとともに,独立以来国政全般を掌握(現在も国王が首相,国防相,財務経済相及び外相を兼任)。 石油と天然ガスが産出することから経済水準も高く,社会福祉も充実している。 「マレー主義に立つ,イスラム的王政の維持( MIB:Melayu, Islam, Beraja)」を国是とする。 2014年5月からシャリア刑法を段階的に施行。 1 主要産業 (1)石油• (ア)埋蔵量:約11億バレル(2017年)• (イ)生産量:約11. 3万バレル/日(2017年)• (ウ)輸出量:576. 2万トン(2016年) (2)天然ガス• (ア)埋蔵量:約3,000億立方メートル(2017年)• (イ)生産量:約120億立方メートル(2017年)• (ウ)輸出量:677. 3万トン(2016年) (出典:BP統計。 ただし,石油の輸出量のみIEA統計。 ) 2 名目GDP 121億米ドル(2017年) (出典:世銀) 3 1人当り名目GNI 29,600米ドル(2017年) (注)GDPの5割以上を占める石油,天然ガス部門の動向に大きく左右される。 (出典:世銀) 4 実質GDP成長率 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 実質GDP成長率(%) 2. 6 3. 4 0. 9 -2. 1 -2. 3 -0. 6 -2. 5 1. 3 (出典:ブルネイ首相府) 5 物価上昇率(前年比変化率) 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 物価上昇率(%) 0. 0 0. 1 0. 1 0. 4 -0. 2 -0. 4 -0. 7 -0. 2 (出典:ブルネイ首相府) 6 失業率 7. 1%(2017年) (出典:世界銀行) 7 総貿易額(2017年)• (1)輸出 約77. 1億ブルネイ・ドル(2017年)• (2)輸入 約42. 5億ブルネイ・ドル(2017年) (出典:ブルネイ首相府) 8 貿易品目(2017年) (1)輸出(2017年) 石油・液化天然ガス等(約89. 5%),化学製品(3. 6%),雑品(3. 0%),機械・輸送用機器等(約2. 5%),その他(約8%) (2)輸入(2017年) 機械・輸送用機器(約32. 5%),工業製品(約23%),食料品(約12. 6%),鉱物燃料(8. 2%),雑品(7. 9%),化学製品(約7. 6%)その他(約24. 3%) (出典:ブルネイ首相府) 9 貿易相手国(2017年) (1)輸出(2017年) 日本(29. 2%),韓国(14. 1%),マレーシア(11. 2%),タイ(10. 9%),シンガポール(7. 6%) (2)輸入(2017年) 中国(20. 7%),シンガポール(18. 4%),マレーシア(18. 2%),米国(9. 4%),日本(3. 9%) (出典:ブルネイ首相府) 10 通貨 ブルネイ・ドル 11 為替レート 1ブルネイ・ドル=約81円(2018年12月下旬時点) ( 注:ブルネイ・ドルはシンガポール・ドルと等価交換されている) 12 経済概況 ブルネイは,豊富な石油,天然ガス生産により安定した経済,高い所得水準を維持している。 しかし,2008年及び2009年には世界金融危機で資源価格が大幅に下落したこともあり,経済成長率はマイナスとなった。 原油価格の回復から2010年は2. 6%,2011年は3. 4%のプラス成長。 しかし,2012年及び2013年は石油及びガスの生産が予想より伸びなかったことが影響し,2012年は0. 9%,2013年は-2. 1%,2014年は-2. 3%,2015年は-0. 6%と落ち込んだ。 また,2015年には世界的な原油価格の大幅下落があった後,2016年もその状況が継続し,これによる影響がブルネイ政府予算の縮小等各方面に出ている。 石油・ガス価格の緩やかな回復などにより,2017年第2四半期から経済成長率はプラスに回復しているものの,財政状況は依然厳しい。 ブルネイはエネルギー資源への過度の依存から脱却すべく,2006年には石油・天然ガスを原料にメタノールを製造する工場を設立するなど,石油「川下」産業の開発を含めた経済の多様化を目指している。 1 政治関係 活発な要人往来が行われる等両国関係は良好。 0 42. 2 14. 4 12. 6 6. 日・ブルネイ査証免除取極 (1986年6月2日発効)• 日・ブルネイ航空協定 (1994年8月30日発効)• 日・ブルネイ経済連携協定 (2008年7月31日発効)• 日・ブルネイ租税協定 (2009年12月19日発効).

次の