お茶の水 ケア サービス 学院。 お茶の水ケアサービス学院株式会社|医療 看護 介護のセミナー・研修情報サイト メデュケーション

お茶の水ケアサービス学院|医療 看護 介護のセミナー・研修情報サイト メデュケーション

お茶の水 ケア サービス 学院

そのため、常に業務に追われる状況が一般的であり、個々の職員やチームが疲弊していることも少なくありません。 また、制度改正、利用者・家族からの要望や苦情、法人の方針転換等により、その都度、現場の業務改善・変革を求められます。 このように極めて多忙で、日常的に業務改善を求められる現場では、管理職やリーダー層のみならず一般職員においても、サービスの質やチームワークの向上、働きやすい職場環境の整備等実践的かつ実効性の高い取り組みが求められています。 この研修会では、「情報共有がうまくいかない」、「決まったことが実行されない」、「人が定着しない」、「職員の育成が上手くいかない」等をはじめとする様々な課題(新たに発生した課題も含め)に対し、現場の課題の分析を踏まえて業務改善に結び付けるためのプロセス及び手法を学びます。 本研修のご受講を通して、経営層、リーダー層とともに現場の職員の理解を促し、実践的かつ実効性の高い業務改善を実現し、働きやすい職場環境を創っていただけることを願っております。 また、主催者ホームページより、お申し込み用紙をダウンロードしていただき、FAX(03-3863-4006:24時間対応)お申し込みください。 福祉用具専門相談員の資格取得、講座や講習の受講ならお茶の水ケアサービス学院。 日本で最も実績が多い研修機関で、著名な福祉用具の第一人者が講師です。 多岐にわたる福祉用具を扱います。 そのため、常に業務に追われる状況が一般的であり、個々の職員やチームが疲弊していることも少なくありません。 また、制度改正、利用者・家族からの要望や苦情、法人の方針転換等により、その都度、現場の業務改善・変革を求められます。 このように極めて多忙で、日常的に業務改善を求められる現場では、管理職やリーダー層のみならず一般職員においても、サービスの質やチームワークの向上、働きやすい職場環境の整備等実践的かつ実効性の高い取り組みが求められています。 この研修会では、「情報共有がうまくいかない」、「決まったことが実行されない」、「人が定着しない」、「職員の育成が上手くいかない」等をはじめとする様々な課題(新たに発生した課題も含め)に対し、現場の課題の分析を踏まえて業務改善に結び付けるためのプロセス及び手法を学びます。 本研修のご受講を通して、経営層、リーダー層とともに現場の職員の理解を促し、実践的かつ実効性の高い業務改善を実現し、働きやすい職場環境を創っていただけることを願っております。 また、主催者ホームページより、お申し込み用紙をダウンロードしていただき、FAX(03-3863-4006:24時間対応)お申し込みください。 福祉用具専門相談員の資格取得、講座や講習の受講ならお茶の水ケアサービス学院。 日本で最も実績が多い研修機関で、著名な福祉用具の第一人者が講師です。 多岐にわたる福祉用具を扱います。 死後ケアの指導・伝達に活かしたい、看取り看護、看取り介護に活かしたいなど、これからますます死後ケアの知識と技術の習得が必要になります。 「遺族ケア」は、ご遺族への言葉かけを、「エンゼルケア」は、感染予防の視点から医療現場で実施されている標準予防策に基づいて学習します。 「エンゼルメイク」は、ご遺体に現れる死後の変化を前提にその人らしさを作るご遺体に最も適した化粧法を学習します。 講師は、ご遺体の生前の状態、死後の状態のどちらにおいても大変豊富な経験を有しており、実務を交えたお話しが、とてもわかりやすい! と好評をいただいております。 ぜひこの機会に死後ケアに必要不可欠な医学的知識と専門技術を学んでおかれることをお勧めします。 また、主催者ホームページより、お申し込み用紙をダウンロードしていただき、FAX(03-3863-4006:24時間対応)お申し込みください。 福祉用具専門相談員の資格取得、講座や講習の受講ならお茶の水ケアサービス学院。 日本で最も実績が多い研修機関で、著名な福祉用具の第一人者が講師です。 多岐にわたる福祉用具を扱います。 生活機能の評価 アセスメント項目とその解説、検査の選択と方法 関節可動域・筋力・体性感覚・疼痛・基本動作・日常生活動作など 5.背景因子(環境因子)の評価 6.アセスメントの具体的な進め方 情報収集/ニーズの把握/検査・測定・動作観察/問題点の抽出/目標設定 プラン作成のためだけでなく、利用者に向き合い対象者の変化を引き出す介護・医療をするために、全ての介護・医療従事者にとってアセスメントは必要不可欠です。 このセミナーでは、アセスメントの基本(対象者のニーズを見つけるためのトップダウンの思考方法・アセスメントにおけるICFの考え方など)、アセスメントの具体的な進め方(情報収集からニーズの把握、生活機能評価の実際、目標の設定まで)を学習します。 また、主催者ホームページより、お申し込み用紙をダウンロードしていただき、FAX(03-3863-4006:24時間対応)お申し込みください。 福祉用具専門相談員の資格取得、講座や講習の受講ならお茶の水ケアサービス学院。 日本で最も実績が多い研修機関で、著名な福祉用具の第一人者が講師です。 多岐にわたる福祉用具を扱います。 下記内容は、田島利子講師による講演。 そして、医療機関に橋渡しをしたり、医療職との円滑な連携を図るためには、連携に必要な共通言語として基本的な医療に関する知識(高齢者の心身・疾病の特徴、連携の知識など-カリキュラム参照)の習得が必要不可欠です。 本研修では、介護職及び医療職の双方の視点から医療連携に必要な知識及び視点を学びます。 医療職との円滑な連携技術、連携に必要とされる介護従事者が知っておくべき共通言語等の習得を目的とした実践的なカリキュラムに致しました。 本研修を通して、施設および在宅での医療連携の視点を確認・点検し、利用者の生活を支援できる体制整備の一助にしていただければ幸いです。 また、主催者ホームページより、お申し込み用紙をダウンロードしていただき、FAX(03-3863-4006:24時間対応)お申し込みください。 福祉用具専門相談員の資格取得、講座や講習の受講ならお茶の水ケアサービス学院。 日本で最も実績が多い研修機関で、著名な福祉用具の第一人者が講師です。 多岐にわたる福祉用具を扱います。 また、「何かに乗り移る」という物理的な介助 行為 のみならず、コミュニケーションの一つとして、とても大切な要素も持ち併せています。 この人に安心してお風呂に入ってもらいたい、この人においしく食べてもらいたい、この人に気持ちよく排泄して欲しい。 この思いが具体的な手立てとなり相手に伝わった時、人の心が動き身体が動きます。 仮にも言語・意識の障害があっても私たちには、食事・排泄・入浴の介助を通じてその人と心と身体を通わせていきます。 それが私たちの仕事です。 腰痛ゼロの移乗介助は、介護するものが自分を大切にする方法です。 自分に関わった人が心と身体を痛めることを一番悲しく思うのはご利用者です。 自分を傷つけない、ご利用者を傷つけない、それが腰痛ゼロの移乗介助なのです。 今回は応用編として、移乗の基本を確認しながら、ご利用者さんの状態に合わせた移乗方法、そして、誰も教えてくれなかったハイレベルの「立てない人の床からベッドへの介助」のスーパーテクニックまでお伝えしたいと思います。 現場で実践したくなる1日実技の研修です。 なお、移乗のための福祉用具は使用しませんので、どんな環境(福祉用具の導入が難しい事業所)でも活用できる技術となっています。 また、主催者ホームページより、お申し込み用紙をダウンロードしていただき、FAX(03-3863-4006:24時間対応)お申し込みください。 福祉用具専門相談員の資格取得、講座や講習の受講ならお茶の水ケアサービス学院。 日本で最も実績が多い研修機関で、著名な福祉用具の第一人者が講師です。 多岐にわたる福祉用具を扱います。 一方、「遊びリテーション」は、生活の中の道具を活用することで、楽しみながら身体機能の維持向上と体力や筋力アップが期待できます。 「遊びリテーション」を実践していくと、自発性や主体性、意欲の回復のみならず、生活空間の拡大、仲間とのコミュニケーション力向上等に寄与します。 レクリーダーやレク担当者の「遊びリテーションの目的と意義、効果」を意識した働きかけにより、期待以上のリハビリの成果を生み出すことができます。 この研修で、いろんな「遊びリテーション」を実際に体験し、現場で即活用していただければと思います。 また、主催者ホームページより、お申し込み用紙をダウンロードしていただき、FAX(03-3863-4006:24時間対応)お申し込みください。 福祉用具専門相談員の資格取得、講座や講習の受講ならお茶の水ケアサービス学院。 日本で最も実績が多い研修機関で、著名な福祉用具の第一人者が講師です。 多岐にわたる福祉用具を扱います。 スタッフにぜひとも知っていてほしい、身体障がいの特徴の知識とそのケア方法をわかりやすくお伝えします。 右片マヒ、左片マヒによる特徴ある障がいに対するケア、「やる気がない」、「甘えている」など誤解の多いパーキンソン病者へのケア、それぞれの状況に見合った新しいケアを展開しましょう。 脳卒中に伴う手足の運動マヒのレベルに応じた対応法など、具体的に、かつ現場で即実践できるように、わかりやすく解説いたします。 また、主催者ホームページより、お申し込み用紙をダウンロードしていただき、FAX(03-3863-4006:24時間対応)お申し込みください。 福祉用具専門相談員の資格取得、講座や講習の受講ならお茶の水ケアサービス学院。 日本で最も実績が多い研修機関で、著名な福祉用具の第一人者が講師です。 多岐にわたる福祉用具を扱います。 事業所では、常日頃から『報告』、『指示』が行われています。 しかし、報告や指示が適切でないために、誤った判断や行動をしてしまうことがあります。 事業所内でも、部下の能力や責任にしてしまってはいないでしょうか? 『報告』、『指示』が正しく伝わらないのは、その知識・技術が不足しているからです。 また、常日頃から行っている報告・指示ですが、しっかりとした知識と技術を持って報告・指示している方は、意外に少ないものです。 2.指示の仕方を適切に行えば、職員が育ちます。 細かく指示をしすぎては、職員は育ちません。 逆に、大まか過ぎる指示では、職員は指示内容を適切に実行できません。 更に、指示しっぱなしでは、職員は路頭に迷ってしまいます。 職員が自ら考え、指示内容を着実に実施できるような指示をするためには、基礎知識・技術を上司が持つことが必須です。 3.指示を適切に受ける事は、コミュニケーションの基礎。 指示を適切に受けるための基本は、上司の話を『(自分の言葉に置き換えないで)正確に聞く事』です。 しかし、実際には聞いた内容を、直ぐに自分の解釈で捉えてしまい、指示内容を正しく把握していない事がとても多いのではないでしょうか?この『正確に聞く』という作業は、コミュニケーションの基礎となります。 4.報告技術の習得は、業務を見つめ直す機会となります。 『報告』とは、伝えるべき事柄を1. 把握し2. 整理し3. 組み直し4. 伝えるという一連の作業です。 『報告』の過程は、『自分の業務』を振り返る事にも繋がります。 介護従事者は多忙なため、自分を振り返る事が難しいのが現状ではないでしょうか?報告の技術を身につけ、日頃から自分の業務を点検する機会をつくることは、職員の資質の向上を図る上でも重要です。 5.『報告』『指示』の総点検をして下さい! 『報告』、『指示』で最も重要な『報告の仕方』について座学と共に演習を通して学びます。 職員の『報告』、『指示』の点検のために、お役立てください。 また、主催者ホームページより、お申し込み用紙をダウンロードしていただき、FAX(03-3863-4006:24時間対応)お申し込みください。 福祉用具専門相談員の資格取得、講座や講習の受講ならお茶の水ケアサービス学院。 日本で最も実績が多い研修機関で、著名な福祉用具の第一人者が講師です。 多岐にわたる福祉用具を扱います。 認知症高齢者が増加する中で、認知症に関する考え方や接し方等に関して、介護従事者のスキルや事業所の体制が充分に追い付いていないのが現状です。 また、介護の現場では、認知症高齢者の思いに気付けずに、その場しのぎのコミュニケーションを取ってしまうこともよく見受けられます。 介護職員が認知症高齢者との適切なコミュニケーションを図れず、介護従事者が利用者との関係性が築けないことで、利用者の不安や不満が増長し、BPSD(行動・心理症状-周辺症状)が現れてしまうケースも多いのではないでしょうか。 認知症高齢者は自分の思いを上手に伝えることが出来ないことも良くあるため、介護従事者側が『利用者の思い』に気付けるようにすることがとても重要です。 利用者の笑顔溢れる生活を支えるための最初のステップは、『利用者の思いに寄り添う』ことです。 そのためには、専門性の高い『認知症高齢者とのコミュニケーション技術』が必要不可欠です。 認知症高齢者の立場(認知症の種類や特徴)を理解したうえで、言語のみのコミュニケーションに留まらず非言語のコミュニケーション(表情からスキンシップに至るまで)をどのように図るかを学べる研修会を企画致しました。 本研修会の参加を通して、更なるスキルアップに繋げて頂けたら幸いです。 また、主催者ホームページより、お申し込み用紙をダウンロードしていただき、FAX(03-3863-4006:24時間対応)お申し込みください。 福祉用具専門相談員の資格取得、講座や講習の受講ならお茶の水ケアサービス学院。 日本で最も実績が多い研修機関で、著名な福祉用具の第一人者が講師です。 多岐にわたる福祉用具を扱います。 スタッフにぜひとも知っていてほしい、身体障がいの特徴の知識とそのケア方法をわかりやすくお伝えします。 右片マヒ、左片マヒによる特徴ある障がいに対するケア、「やる気がない」、「甘えている」など誤解の多いパーキンソン病者へのケア、それぞれの状況に見合った新しいケアを展開しましょう。 脳卒中に伴う手足の運動マヒのレベルに応じた対応法など、具体的に、かつ現場で即実践できるように、わかりやすく解説いたします。 また、主催者ホームページより、お申し込み用紙をダウンロードしていただき、FAX(03-3863-4006:24時間対応)お申し込みください。 福祉用具専門相談員の資格取得、講座や講習の受講ならお茶の水ケアサービス学院。 日本で最も実績が多い研修機関で、著名な福祉用具の第一人者が講師です。 多岐にわたる福祉用具を扱います。 業務改善の成果を上げ、効果をリバウンドなく継続させるためは「4つの力」(目標力・情報共有力・信頼関係力・育成力)が必要です。 本講座は「4 つの力」に基づき、あなたの職場を分析し、効率良い改善点を見つけ、行動し、成果を出すノウハウを提供します。 講義に加え、効率良い会議の技術などを交え楽しく、体感、理解してもらえるカリキュラムとなっています。 また、主催者ホームページより、お申し込み用紙をダウンロードしていただき、FAX(03-3863-4006:24時間対応)お申し込みください。 福祉用具専門相談員の資格取得、講座や講習の受講ならお茶の水ケアサービス学院。 日本で最も実績が多い研修機関で、著名な福祉用具の第一人者が講師です。 多岐にわたる福祉用具を扱います。 事業所では、常日頃から『報告』、『指示』が行われています。 しかし、報告や指示が適切でないために、誤った判断や行動をしてしまうことがあります。 事業所内でも、部下の能力や責任にしてしまってはいないでしょうか? 『報告』、『指示』が正しく伝わらないのは、その知識・技術が不足しているからです。 また、常日頃から行っている報告・指示ですが、しっかりとした知識と技術を持って報告・指示している方は、意外に少ないものです。 2.指示の仕方を適切に行えば、職員が育ちます。 細かく指示をしすぎては、職員は育ちません。 逆に、大まか過ぎる指示では、職員は指示内容を適切に実行できません。 更に、指示しっぱなしでは、職員は路頭に迷ってしまいます。 職員が自ら考え、指示内容を着実に実施できるような指示をするためには、基礎知識・技術を上司が持つことが必須です。 3.指示を適切に受ける事は、コミュニケーションの基礎。 指示を適切に受けるための基本は、上司の話を『(自分の言葉に置き換えないで)正確に聞く事』です。 しかし、実際には聞いた内容を、直ぐに自分の解釈で捉えてしまい、指示内容を正しく把握していない事がとても多いのではないでしょうか?この『正確に聞く』という作業は、コミュニケーションの基礎となります。 4.報告技術の習得は、業務を見つめ直す機会となります。 『報告』とは、伝えるべき事柄を1. 把握し2. 整理し3. 組み直し4. 伝えるという一連の作業です。 『報告』の過程は、『自分の業務』を振り返る事にも繋がります。 介護従事者は多忙なため、自分を振り返る事が難しいのが現状ではないでしょうか?報告の技術を身につけ、日頃から自分の業務を点検する機会をつくることは、職員の資質の向上を図る上でも重要です。 5.『報告』『指示』の総点検をして下さい! 『報告』、『指示』で最も重要な『報告の仕方』について座学と共に演習を通して学びます。 職員の『報告』、『指示』の点検のために、お役立てください。 また、主催者ホームページより、お申し込み用紙をダウンロードしていただき、FAX(03-3863-4006:24時間対応)お申し込みください。 福祉用具専門相談員の資格取得、講座や講習の受講ならお茶の水ケアサービス学院。 日本で最も実績が多い研修機関で、著名な福祉用具の第一人者が講師です。 多岐にわたる福祉用具を扱います。

次の

お茶の水ケアサービス学院, 岩本町1

お茶の水 ケア サービス 学院

What is the Canadian Acoustical Association? The CAA is the professional, interdisciplinary organization that :• fosters communication among people working in all areas of acoustics in Canada• promotes the growth and practical application of knowledge in acoustics• encourages education, research, protection of the environment, and employment in acoustics• is an umbrella organization through which general issues in education, employment and research can be addressed at a national and multidisciplinary level The CAA is a member society of the International Institute of Noise Control Engineering and the International Commission for Acoustics , and is an affiliate society of the International Institute of Acoustics and Vibration. Atout — Avoir suivi des cours en acoustique et vibration• Leadership et autonomie• Un environnement de travail dynamique et convivial en pleine croissance• Un salaire concurrentiel• Un plan de formation continue complet en milieu de travail Nous remercions les personnes qui offriront leurs services. Wed, 22 Jan 2020 International Year of Sound 2020• For more info, visit• Thu, 18 Jul 2019 BAP Acoustics Ltd. — Junior Acoustic Consultant• Located 45 minutes from downtown Vancouver, BAP Acoustics is a rapidly expanding acoustic consultancy delivering industry-leading services and solutions to clients across Western Canada and beyond. The Greater Vancouver area boasts unparalleled natural beauty, a temperate climate, eco-friendly living, and a wealth of leisure options for outdoor enthusiasts. a relevant acoustics degree• 1 to 3 years of consulting experience• good verbal and written English• a full driving licence• HVAC noise prediction skills would be beneficial The scope of our work includes:• Building acoustic design: residential development, office buildings, hospitals, schools, university buildings, prisons, houses of worship, and fitness studios• Environmental noise assessment: roads, rail, heliports, shooting clubs, and construction sites• Industrial noise control: waste-water treatment plants, saw mills, port facilities, electricity and gas infrastructure• Auditoria: university facilities, music academies, schools, and community Applications We offer a competitive salary, as well as a friendly and supportive environment. Please send your CV and cover letter to Mark Gaudet,. BAP ACOUSTICS Suite 122 — 2227 St. Johns St. 492. 2992 Posted: July 18, 2019.

次の

福祉用具専門相談員指定講習|ロングライフ医療福祉専門学院

お茶の水 ケア サービス 学院

そのため、常に業務に追われる状況が一般的であり、個々の職員やチームが疲弊していることも少なくありません。 また、制度改正、利用者・家族からの要望や苦情、法人の方針転換等により、その都度、現場の業務改善・変革を求められます。 このように極めて多忙で、日常的に業務改善を求められる現場では、管理職やリーダー層のみならず一般職員においても、サービスの質やチームワークの向上、働きやすい職場環境の整備等実践的かつ実効性の高い取り組みが求められています。 この研修会では、「情報共有がうまくいかない」、「決まったことが実行されない」、「人が定着しない」、「職員の育成が上手くいかない」等をはじめとする様々な課題(新たに発生した課題も含め)に対し、現場の課題の分析を踏まえて業務改善に結び付けるためのプロセス及び手法を学びます。 本研修のご受講を通して、経営層、リーダー層とともに現場の職員の理解を促し、実践的かつ実効性の高い業務改善を実現し、働きやすい職場環境を創っていただけることを願っております。 また、主催者ホームページより、お申し込み用紙をダウンロードしていただき、FAX(03-3863-4006:24時間対応)お申し込みください。 福祉用具専門相談員の資格取得、講座や講習の受講ならお茶の水ケアサービス学院。 日本で最も実績が多い研修機関で、著名な福祉用具の第一人者が講師です。 多岐にわたる福祉用具を扱います。 そのため、常に業務に追われる状況が一般的であり、個々の職員やチームが疲弊していることも少なくありません。 また、制度改正、利用者・家族からの要望や苦情、法人の方針転換等により、その都度、現場の業務改善・変革を求められます。 このように極めて多忙で、日常的に業務改善を求められる現場では、管理職やリーダー層のみならず一般職員においても、サービスの質やチームワークの向上、働きやすい職場環境の整備等実践的かつ実効性の高い取り組みが求められています。 この研修会では、「情報共有がうまくいかない」、「決まったことが実行されない」、「人が定着しない」、「職員の育成が上手くいかない」等をはじめとする様々な課題(新たに発生した課題も含め)に対し、現場の課題の分析を踏まえて業務改善に結び付けるためのプロセス及び手法を学びます。 本研修のご受講を通して、経営層、リーダー層とともに現場の職員の理解を促し、実践的かつ実効性の高い業務改善を実現し、働きやすい職場環境を創っていただけることを願っております。 また、主催者ホームページより、お申し込み用紙をダウンロードしていただき、FAX(03-3863-4006:24時間対応)お申し込みください。 福祉用具専門相談員の資格取得、講座や講習の受講ならお茶の水ケアサービス学院。 日本で最も実績が多い研修機関で、著名な福祉用具の第一人者が講師です。 多岐にわたる福祉用具を扱います。 死後ケアの指導・伝達に活かしたい、看取り看護、看取り介護に活かしたいなど、これからますます死後ケアの知識と技術の習得が必要になります。 「遺族ケア」は、ご遺族への言葉かけを、「エンゼルケア」は、感染予防の視点から医療現場で実施されている標準予防策に基づいて学習します。 「エンゼルメイク」は、ご遺体に現れる死後の変化を前提にその人らしさを作るご遺体に最も適した化粧法を学習します。 講師は、ご遺体の生前の状態、死後の状態のどちらにおいても大変豊富な経験を有しており、実務を交えたお話しが、とてもわかりやすい! と好評をいただいております。 ぜひこの機会に死後ケアに必要不可欠な医学的知識と専門技術を学んでおかれることをお勧めします。 また、主催者ホームページより、お申し込み用紙をダウンロードしていただき、FAX(03-3863-4006:24時間対応)お申し込みください。 福祉用具専門相談員の資格取得、講座や講習の受講ならお茶の水ケアサービス学院。 日本で最も実績が多い研修機関で、著名な福祉用具の第一人者が講師です。 多岐にわたる福祉用具を扱います。 生活機能の評価 アセスメント項目とその解説、検査の選択と方法 関節可動域・筋力・体性感覚・疼痛・基本動作・日常生活動作など 5.背景因子(環境因子)の評価 6.アセスメントの具体的な進め方 情報収集/ニーズの把握/検査・測定・動作観察/問題点の抽出/目標設定 プラン作成のためだけでなく、利用者に向き合い対象者の変化を引き出す介護・医療をするために、全ての介護・医療従事者にとってアセスメントは必要不可欠です。 このセミナーでは、アセスメントの基本(対象者のニーズを見つけるためのトップダウンの思考方法・アセスメントにおけるICFの考え方など)、アセスメントの具体的な進め方(情報収集からニーズの把握、生活機能評価の実際、目標の設定まで)を学習します。 また、主催者ホームページより、お申し込み用紙をダウンロードしていただき、FAX(03-3863-4006:24時間対応)お申し込みください。 福祉用具専門相談員の資格取得、講座や講習の受講ならお茶の水ケアサービス学院。 日本で最も実績が多い研修機関で、著名な福祉用具の第一人者が講師です。 多岐にわたる福祉用具を扱います。 下記内容は、田島利子講師による講演。 そして、医療機関に橋渡しをしたり、医療職との円滑な連携を図るためには、連携に必要な共通言語として基本的な医療に関する知識(高齢者の心身・疾病の特徴、連携の知識など-カリキュラム参照)の習得が必要不可欠です。 本研修では、介護職及び医療職の双方の視点から医療連携に必要な知識及び視点を学びます。 医療職との円滑な連携技術、連携に必要とされる介護従事者が知っておくべき共通言語等の習得を目的とした実践的なカリキュラムに致しました。 本研修を通して、施設および在宅での医療連携の視点を確認・点検し、利用者の生活を支援できる体制整備の一助にしていただければ幸いです。 また、主催者ホームページより、お申し込み用紙をダウンロードしていただき、FAX(03-3863-4006:24時間対応)お申し込みください。 福祉用具専門相談員の資格取得、講座や講習の受講ならお茶の水ケアサービス学院。 日本で最も実績が多い研修機関で、著名な福祉用具の第一人者が講師です。 多岐にわたる福祉用具を扱います。 また、「何かに乗り移る」という物理的な介助 行為 のみならず、コミュニケーションの一つとして、とても大切な要素も持ち併せています。 この人に安心してお風呂に入ってもらいたい、この人においしく食べてもらいたい、この人に気持ちよく排泄して欲しい。 この思いが具体的な手立てとなり相手に伝わった時、人の心が動き身体が動きます。 仮にも言語・意識の障害があっても私たちには、食事・排泄・入浴の介助を通じてその人と心と身体を通わせていきます。 それが私たちの仕事です。 腰痛ゼロの移乗介助は、介護するものが自分を大切にする方法です。 自分に関わった人が心と身体を痛めることを一番悲しく思うのはご利用者です。 自分を傷つけない、ご利用者を傷つけない、それが腰痛ゼロの移乗介助なのです。 今回は応用編として、移乗の基本を確認しながら、ご利用者さんの状態に合わせた移乗方法、そして、誰も教えてくれなかったハイレベルの「立てない人の床からベッドへの介助」のスーパーテクニックまでお伝えしたいと思います。 現場で実践したくなる1日実技の研修です。 なお、移乗のための福祉用具は使用しませんので、どんな環境(福祉用具の導入が難しい事業所)でも活用できる技術となっています。 また、主催者ホームページより、お申し込み用紙をダウンロードしていただき、FAX(03-3863-4006:24時間対応)お申し込みください。 福祉用具専門相談員の資格取得、講座や講習の受講ならお茶の水ケアサービス学院。 日本で最も実績が多い研修機関で、著名な福祉用具の第一人者が講師です。 多岐にわたる福祉用具を扱います。 一方、「遊びリテーション」は、生活の中の道具を活用することで、楽しみながら身体機能の維持向上と体力や筋力アップが期待できます。 「遊びリテーション」を実践していくと、自発性や主体性、意欲の回復のみならず、生活空間の拡大、仲間とのコミュニケーション力向上等に寄与します。 レクリーダーやレク担当者の「遊びリテーションの目的と意義、効果」を意識した働きかけにより、期待以上のリハビリの成果を生み出すことができます。 この研修で、いろんな「遊びリテーション」を実際に体験し、現場で即活用していただければと思います。 また、主催者ホームページより、お申し込み用紙をダウンロードしていただき、FAX(03-3863-4006:24時間対応)お申し込みください。 福祉用具専門相談員の資格取得、講座や講習の受講ならお茶の水ケアサービス学院。 日本で最も実績が多い研修機関で、著名な福祉用具の第一人者が講師です。 多岐にわたる福祉用具を扱います。 スタッフにぜひとも知っていてほしい、身体障がいの特徴の知識とそのケア方法をわかりやすくお伝えします。 右片マヒ、左片マヒによる特徴ある障がいに対するケア、「やる気がない」、「甘えている」など誤解の多いパーキンソン病者へのケア、それぞれの状況に見合った新しいケアを展開しましょう。 脳卒中に伴う手足の運動マヒのレベルに応じた対応法など、具体的に、かつ現場で即実践できるように、わかりやすく解説いたします。 また、主催者ホームページより、お申し込み用紙をダウンロードしていただき、FAX(03-3863-4006:24時間対応)お申し込みください。 福祉用具専門相談員の資格取得、講座や講習の受講ならお茶の水ケアサービス学院。 日本で最も実績が多い研修機関で、著名な福祉用具の第一人者が講師です。 多岐にわたる福祉用具を扱います。 事業所では、常日頃から『報告』、『指示』が行われています。 しかし、報告や指示が適切でないために、誤った判断や行動をしてしまうことがあります。 事業所内でも、部下の能力や責任にしてしまってはいないでしょうか? 『報告』、『指示』が正しく伝わらないのは、その知識・技術が不足しているからです。 また、常日頃から行っている報告・指示ですが、しっかりとした知識と技術を持って報告・指示している方は、意外に少ないものです。 2.指示の仕方を適切に行えば、職員が育ちます。 細かく指示をしすぎては、職員は育ちません。 逆に、大まか過ぎる指示では、職員は指示内容を適切に実行できません。 更に、指示しっぱなしでは、職員は路頭に迷ってしまいます。 職員が自ら考え、指示内容を着実に実施できるような指示をするためには、基礎知識・技術を上司が持つことが必須です。 3.指示を適切に受ける事は、コミュニケーションの基礎。 指示を適切に受けるための基本は、上司の話を『(自分の言葉に置き換えないで)正確に聞く事』です。 しかし、実際には聞いた内容を、直ぐに自分の解釈で捉えてしまい、指示内容を正しく把握していない事がとても多いのではないでしょうか?この『正確に聞く』という作業は、コミュニケーションの基礎となります。 4.報告技術の習得は、業務を見つめ直す機会となります。 『報告』とは、伝えるべき事柄を1. 把握し2. 整理し3. 組み直し4. 伝えるという一連の作業です。 『報告』の過程は、『自分の業務』を振り返る事にも繋がります。 介護従事者は多忙なため、自分を振り返る事が難しいのが現状ではないでしょうか?報告の技術を身につけ、日頃から自分の業務を点検する機会をつくることは、職員の資質の向上を図る上でも重要です。 5.『報告』『指示』の総点検をして下さい! 『報告』、『指示』で最も重要な『報告の仕方』について座学と共に演習を通して学びます。 職員の『報告』、『指示』の点検のために、お役立てください。 また、主催者ホームページより、お申し込み用紙をダウンロードしていただき、FAX(03-3863-4006:24時間対応)お申し込みください。 福祉用具専門相談員の資格取得、講座や講習の受講ならお茶の水ケアサービス学院。 日本で最も実績が多い研修機関で、著名な福祉用具の第一人者が講師です。 多岐にわたる福祉用具を扱います。 認知症高齢者が増加する中で、認知症に関する考え方や接し方等に関して、介護従事者のスキルや事業所の体制が充分に追い付いていないのが現状です。 また、介護の現場では、認知症高齢者の思いに気付けずに、その場しのぎのコミュニケーションを取ってしまうこともよく見受けられます。 介護職員が認知症高齢者との適切なコミュニケーションを図れず、介護従事者が利用者との関係性が築けないことで、利用者の不安や不満が増長し、BPSD(行動・心理症状-周辺症状)が現れてしまうケースも多いのではないでしょうか。 認知症高齢者は自分の思いを上手に伝えることが出来ないことも良くあるため、介護従事者側が『利用者の思い』に気付けるようにすることがとても重要です。 利用者の笑顔溢れる生活を支えるための最初のステップは、『利用者の思いに寄り添う』ことです。 そのためには、専門性の高い『認知症高齢者とのコミュニケーション技術』が必要不可欠です。 認知症高齢者の立場(認知症の種類や特徴)を理解したうえで、言語のみのコミュニケーションに留まらず非言語のコミュニケーション(表情からスキンシップに至るまで)をどのように図るかを学べる研修会を企画致しました。 本研修会の参加を通して、更なるスキルアップに繋げて頂けたら幸いです。 また、主催者ホームページより、お申し込み用紙をダウンロードしていただき、FAX(03-3863-4006:24時間対応)お申し込みください。 福祉用具専門相談員の資格取得、講座や講習の受講ならお茶の水ケアサービス学院。 日本で最も実績が多い研修機関で、著名な福祉用具の第一人者が講師です。 多岐にわたる福祉用具を扱います。 スタッフにぜひとも知っていてほしい、身体障がいの特徴の知識とそのケア方法をわかりやすくお伝えします。 右片マヒ、左片マヒによる特徴ある障がいに対するケア、「やる気がない」、「甘えている」など誤解の多いパーキンソン病者へのケア、それぞれの状況に見合った新しいケアを展開しましょう。 脳卒中に伴う手足の運動マヒのレベルに応じた対応法など、具体的に、かつ現場で即実践できるように、わかりやすく解説いたします。 また、主催者ホームページより、お申し込み用紙をダウンロードしていただき、FAX(03-3863-4006:24時間対応)お申し込みください。 福祉用具専門相談員の資格取得、講座や講習の受講ならお茶の水ケアサービス学院。 日本で最も実績が多い研修機関で、著名な福祉用具の第一人者が講師です。 多岐にわたる福祉用具を扱います。 業務改善の成果を上げ、効果をリバウンドなく継続させるためは「4つの力」(目標力・情報共有力・信頼関係力・育成力)が必要です。 本講座は「4 つの力」に基づき、あなたの職場を分析し、効率良い改善点を見つけ、行動し、成果を出すノウハウを提供します。 講義に加え、効率良い会議の技術などを交え楽しく、体感、理解してもらえるカリキュラムとなっています。 また、主催者ホームページより、お申し込み用紙をダウンロードしていただき、FAX(03-3863-4006:24時間対応)お申し込みください。 福祉用具専門相談員の資格取得、講座や講習の受講ならお茶の水ケアサービス学院。 日本で最も実績が多い研修機関で、著名な福祉用具の第一人者が講師です。 多岐にわたる福祉用具を扱います。 事業所では、常日頃から『報告』、『指示』が行われています。 しかし、報告や指示が適切でないために、誤った判断や行動をしてしまうことがあります。 事業所内でも、部下の能力や責任にしてしまってはいないでしょうか? 『報告』、『指示』が正しく伝わらないのは、その知識・技術が不足しているからです。 また、常日頃から行っている報告・指示ですが、しっかりとした知識と技術を持って報告・指示している方は、意外に少ないものです。 2.指示の仕方を適切に行えば、職員が育ちます。 細かく指示をしすぎては、職員は育ちません。 逆に、大まか過ぎる指示では、職員は指示内容を適切に実行できません。 更に、指示しっぱなしでは、職員は路頭に迷ってしまいます。 職員が自ら考え、指示内容を着実に実施できるような指示をするためには、基礎知識・技術を上司が持つことが必須です。 3.指示を適切に受ける事は、コミュニケーションの基礎。 指示を適切に受けるための基本は、上司の話を『(自分の言葉に置き換えないで)正確に聞く事』です。 しかし、実際には聞いた内容を、直ぐに自分の解釈で捉えてしまい、指示内容を正しく把握していない事がとても多いのではないでしょうか?この『正確に聞く』という作業は、コミュニケーションの基礎となります。 4.報告技術の習得は、業務を見つめ直す機会となります。 『報告』とは、伝えるべき事柄を1. 把握し2. 整理し3. 組み直し4. 伝えるという一連の作業です。 『報告』の過程は、『自分の業務』を振り返る事にも繋がります。 介護従事者は多忙なため、自分を振り返る事が難しいのが現状ではないでしょうか?報告の技術を身につけ、日頃から自分の業務を点検する機会をつくることは、職員の資質の向上を図る上でも重要です。 5.『報告』『指示』の総点検をして下さい! 『報告』、『指示』で最も重要な『報告の仕方』について座学と共に演習を通して学びます。 職員の『報告』、『指示』の点検のために、お役立てください。 また、主催者ホームページより、お申し込み用紙をダウンロードしていただき、FAX(03-3863-4006:24時間対応)お申し込みください。 福祉用具専門相談員の資格取得、講座や講習の受講ならお茶の水ケアサービス学院。 日本で最も実績が多い研修機関で、著名な福祉用具の第一人者が講師です。 多岐にわたる福祉用具を扱います。

次の