ドクター x 動画 2019。 ドクターx/2019 3話 動画/第3話/10月31日/無料視聴/見逃し配信/再放送|ムービー館

ドクターX〜外科医・大門未知子〜(2019)|テレ朝動画

ドクター x 動画 2019

2019年12月19日放送 米倉涼子主演のドラマ『ドクターX』の最終回拡大スペシャルが放送されましたね! この ドクターX 最終回の動画は 見逃し配信でフル視聴できるの?と、気になって動画を探している人が多いようです。 その流れからの次回予告をみて、やっぱり今回のシリーズはいつもと違う最終回がまっているのかと色々予想させられ、すっかり引き込まれてます。 留置所の丹下が未知子に言った言葉の意味も気になっています。 意味あるのかな?丹下は未知子の手術を受けるのか?天才ピアニストの手術と内容詰め込みすぎな感じもありますが、ドクターXシリーズそこはテンポのよい展開が観られるだろうと期待しています。 20代女性 ドクターX~外科医・大門未知子~の予想は、天才ピアニストの少年のオペとニコラス丹下の病気を絡めた手術が実行されるのではないかという点である。 以前のエピソードの中でもこの少年との関係をにおわせるシーンがあったので無関係にストーリが進むとは考えにくい。 また例にもれず、蛭間病院長が邪魔をしてくるのは明白であるのはもちろん、当のニコラスがかたくなに手術を拒否しているあたり、大門が強硬に手術をしてしまう可能性も残される。 とはいえ患者の許可なしにやるとも思えないので何かしらの取引を持ち込み了承させる気がする。 そして極秘に行われる手術に蛭間の口がふさがらないいうシーンが浮かんでしまった。 以前のエピソードの中でもこの少年との関係をにおわせるシーンがあったので無関係にストーリが進むとは考えにくい。 また例にもれず、蛭間病院長が邪魔をしてくるのは明白であるのはもちろん、当のニコラスがかたくなに手術を拒否しているあたり、大門が強硬に手術をしてしまう可能性も残される。 とはいえ患者の許可なしにやるとも思えないので何かしらの取引を持ち込み了承させる気がする。 そして極秘に行われる手術に蛭間の口がふさがらないいうシーンが浮かんでしまった。 大門は蛭間にオペを迫るが蛭間は許可しないと言う。 加地は失敗したら医者の生命が終わると言い、流石の大門も手だし出来ないかと思った。 しかし吉行のコンサート中に丹下が急変し大門は緊急オペを行う。 海老名は加地に大門が一人でオペをしていると連絡する。 潮はオペに行くなと言うが加地は救える命を救わないのはと言いオペ室に向かう。 加地にも医者の良心があったようだ。 しかし流石の大門も心停止の限界が後、20分になり時間が足りないと言うと、何と応援が増えた。 潮は完全ダブルスイッチ化を提案し大門なら出来るだろうと言うと大門は成功させる。 蛭間は危険なオペを無許可で行い協力者含めて医者じゃないと言うと、蛭間以外は医者だったと言い返す。 蛭間は出て行けと大門に言う。 するとドクターらが東帝大の校歌を歌いながら蛭間を無視して通り過ぎていく姿は痛快だった。 晶が蛭間に吉行のオペ代、5000万円を要求する。 マッカートニーがきて蛭間がクビだと言うが英語の判らない蛭間が笑顔だったのは笑えた。 まんまと鮫島に騙された。 クビになった潮らが晶を頼るとマネージメント料を請求されて、うろたえる場面も笑えた。 30代男性 ドクターX~外科医・大門未知子~最終回のの感想は、ニコラス丹下の手術は大門未知子ですら手が付けられないと思いました。 最初は、出たとこ勝負で始めた、手術でしたが、蛯名や加地そして潮まで協力する最後はオールスターチームでの手術に感動してしまいました。 力を合わせれば、どんな病気も克服できるのではないかと思いました。 最後に大門未知子がありがとうといったのが感動的でした。 蛭間によって全員首になってしまいますが、その蛭間も最後は海外の医者に首にされてしまうので正に因果応報だと思ってしまいました。 やはり医者は腕があってこそだと思います。 大門未知子はこれからも医者として活躍して欲しいとおもったのが感想です。 40代男性 ドクターX~外科医・大門未知子~最終回の感想ですが、先天性の疾患で苦しむニコラス丹下を救えるのかというところに注目していましたが丹下がオペを拒否していたものの、未知子の心のこもった説得で納得し、あとはオペさえすれば助かるという展開かと思っていましたが、まさかの救える術式がないというのは驚きました。 それでも救える可能性のある緊急オペを始めた未知子はめちゃくちゃかっこよかったです。 でも医師が一人ではできることが限られている中で厳しい状況でしたが患者を見殺しにはできないと医師たちがクビ覚悟でオペ室に集まってくるシーンは感動しました。 そして今シーズン始めから未知子と対決していたAIも手を組んで丹下を救うことできたのは面白かったです。 40代女性 ドクターX~外科医・大門未知子~最終回のの感想は、最終回にふさわしく面白かったです。 東帝大学病院の一軍医師総動員という感じで、迫力がありました。 ニコラス丹下の手術をする為に、大門未知子をとりまく医師達が集結して、難しい手術を成功させた時は、清々しい気持ちになりました。 ニコラス丹下は、悪者と思ったけど優しい人でしたね。 貧しい子供達のために活動をしているニコラス丹下は、素晴らしい人だと思いました。 ニコラス丹下は、成功率が低い手術を承諾したのは、子供達のことを考えてだったので、このまま潰されてしまうのは、もったいないと思いました。 東帝大学病院を乗っ取られた蛭間だったけど、また東帝大学病院に戻ってきてほしいと思いました。 40代男性 ドクターX~外科医・大門未知子~最終回のの感想は、 天才ピアニスト少年の手術がまさかの失敗に終わりどうなることかと思いました。 再手術するのかそしてニコラスの手術がどうなるかというのが序盤の見どころだったと思います。 少年が本番であっさりピアノ弾けるようになったシーンはドラマの展開上仕方がないのかもしれません。 海老名先生他の先生が勢ぞろいするのは最終回にふさわしい集大成のシーンだったと思います。 手術に至るまでは海老名先生は狂言回し役でしたが駆けつけることで一気に盛り返しましたね。 最後は院長が失脚しましたがまさに怒涛の展開で。 次シーズンまた復活するんでしょうね。 そうならその仕方はどうなるか気になります。 30代女性 ドクターX~外科医・大門未知子~最終回の感想は、まず、次回作も期待したいということです。 主人公の大門未知子の「目の前の患者になにもしないということは見捨てるということだ」という言葉で、蛭間に逆らってオペに向かうのはよかったです。 まず、海老名先生と田子先生が協力するためにオペに入り、そのあと潮先生以外が入った来て、最後にAIを活用した上で潮先生がやってくるというのは、一体感があってとても感動でした。 今シーズンの集大成という感じで、最終回にふさわしい展開でした。 蛭間院長が予想通り、解雇されたのは笑いました。 ニコラス丹下(市村正親)の支援を受けジュリアード音楽院に進んだ和十は、現在重病に侵されており、ピアノが弾けなくなるかもしれない危機に瀕していた。 手術を拒む和十は、大門未知子(米倉涼子)の「必ずまたピアノが弾けるようにする。 私、失敗しないので」という言葉を信じ、手術を承諾。 そうして臨んだ手術だったが、未知子はその最中に突然術式変更をする! 未知子の勝手な判断にぶ然とする原守(鈴木浩介)。 さらに和十の術後の経過も芳しくないのを見た原は、「手術は失敗だった」と未知子を責め立て…? 一方、修正大血管転位症、という先天性の心疾患があることが判明した丹下は手術を拒否し、「心臓に爆弾を抱えるあなたを放っておくわけにはいかない」と手術を勧める未知子の言葉にも耳を貸さずにいた。 以前に未知子に命を救われた岩田一子(松坂慶子)は、丹下を説得するため拘置所を訪問。 するとその目の前で、丹下は意識を失い倒れてしまう! 「東帝大学病院」に緊急搬送された丹下を、決死の処置で蘇生させた未知子。 目を覚ました丹下は、昔、未知子に会ったことがあると未知子に語り始める。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

次の

ドクターX外科医大門未知子2話の無料動画は?pandoraやデイリーモーションで見れる?

ドクター x 動画 2019

『ドクターX(第6シリーズ)』第1話の放送終了後から1週間限定配信なので 2019年10月17日 木 放送終了後〜2019年10月24日 木 19時00分 までは見られるよ! もし、すでに見逃し動画配信が終了してしまっている場合は、以下の無料視聴方法がおすすめです! 放送終了から1週間以上経過している場合 放送終了から1週間以上経過してしまった『ドクターX(第6シリーズ)』を見る方法について、先に結論からご紹介すると、 U-NEXTとビデオマーケットとビデオパスで配信されています。 U-NEXTは31日間無料、ビデオマーケットは初月無料、ビデオパスは30日間無料となっているので、この3つを活用すれば見逃し動画を見ることが出来ます! 以下、詳細をご説明していきます。 主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『ドクターX(第6シリーズ)』配信状況 国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『ドクターX(第6シリーズ)』の配信は以下のようになっています。 ビデオマーケットの詳細解説 ビデオマーケットは配信本数20万本以上を誇る、日本最大級の動画配信サービスです。 DRAMAP編集部ではU-NEXTとビデオマーケットどちらも利用していますが、使用感としては、ほぼ同じ印象です。 ビデオマーケットのメリットとしては• プレミアムコース:月額500円(税別)• プレミアム&見放題コース:月額980円(税別) という2つのコースが用意されていることと、基本料金がU-NEXTよりも安いことが挙げられます。 また、どちらのコースに入ってもレンタル対象作品に使用できる550ポイントが毎月付与されます。 550ポイント無料付与サービスは初月無料キャンペーン登録時にも適用されるので、このポイントを利用すれば『ドクターX(第6シリーズ)』の見逃し動画1話を無料で見ることが出来ます! もちろん、初月無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。 ビデオパスの詳細解説 ビデオパスは、携帯電話で有名なauが提供する動画配信サービスです。 見放題作品は約10,000本ということで他のVODサービスに劣りますが、月額562円(税別)というVODサービスの中でも最安値水準かつ、550円相当のビデオコインが毎月付与されるという コストパフォーマンスの良さが最大のポイントでしょう。 国内のドラマに関しては、テレビ朝日系列の作品の充実度が高めというのも、ひとつの特徴です。 初回登録後、30日間の無料キャンペーン期間が設定されているのもうれしいですね。 もちろん、無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。 初回登録時にも550円相当のビデオコインをもらえます。 『ドクターX(第6シリーズ)』は見放題作品になりますので、30日間の無料キャンペーン期間中であれば見逃し回を無料で見ることが出来ます。 2019年秋ドラマ『ドクターX(第6シリーズ)』第1話のあらすじ 2019年10月17日 木 放送のドラマ『ドクターX(第6シリーズ)』第1話のあらすじを紹介します。 ニコラス丹下の手料理を食べながら意気投合したふたりだったが、まさかその後、まったく別の形で再会することになるとは、そのときは知る由もなかった…。 その頃、蛭間重勝(西田敏行)率いる「東帝大学病院」は空前の財政危機に瀕していた。 苦境を脱するため、蛭間が打ち出した秘策は「海外医療ファンドからの300億円出資」。 蛭間たちが迎え出る車から降りてきた男は、なんと丹下だった! 実はニコラス丹下の正体は医師免許も持つ海外投資ファンドのマネージャー。 冷徹なまでに赤字部門を切り捨て、企業再生を図っていくことから「今世紀最大のコストカッター」と呼ばれ恐れられている人物だったのだ。 さっそくニコラス丹下は『東帝大学病院リバースプラン2020』を提示。 附属病院の統廃合、医師・スタッフのリストラ断行に加え、業務の合理化を推進する新部門を設立し、そこに次世代インテリジェンス手術担当外科部長として潮一摩(ユースケ・サンタマリア)、次世代がんゲノム・腫瘍内科部長として浜地真理(清水ミチコ)を呼び寄せ、次世代超低侵襲外科治療担当部長に加地秀樹(勝村政信)を昇格させることを発表する。 さらに、その場に未知子も現れたことで、蛭間や海老名敬(遠藤憲一)ら「東帝大学病院」の医師たちは騒然。 未知子の「ニコタンに雇われた」という言葉通り、ニコラス丹下は未知子を「理想の外科医だ!」と絶賛し…!? 「東帝大学病院」内の不採算部門清算に取り掛かったニコラス丹下は、病院の食堂に着目。 そんな中、食堂のおばちゃん・岩田一子(松坂慶子)が突然胸の痛みを訴える。 そこに居合わせた未知子が検査に連れていくと、肺塞栓症の疑いが…。 もっとよく検査をしたいと考える未知子だったが、ニコラス丹下が導入したAIシステムにより、一子は勝手に手術台にあげられてしまい…!? (より引用) 毎シーズン終わるごとにこれが最後のシリーズと言われながら今年もあるんだな~という印象です。 医療ドラマをうたいつつ、第二の水戸黄門と化している印象がありますが、毎シーズンついつい見てしまいます。 我が家では主人公の大門医師が魅力的というよりも、周囲の同僚医師や岸部一徳さんと麻酔医の内田有紀さんが気になって見ています。 日々進歩している技術や病気の名前の情報が出てくるので為になる部分もありますが、やはり医療よりも病院内部のドロドロしているところが強調されているようで、お医者さんて大変なんだな~、優秀な人の集まりって一般人よりもエグいな~と感じます。 今作品では対立構造だけではなく、大門先生以外にももっと患者さんを大切にする医師が登場するよう願っています。 ペンネーム:yuki(50代・女性) 2019年秋ドラマ『ドクターX(第6シリーズ)』第1話のあらすじネタバレと感想! DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『ドクターX(第6シリーズ)』第1話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。 『ドクターX(第6シリーズ)』第1話のあらすじネタバレ 以前のシーズンから出演していた俳優さんも今回も何人も出ていて、キャラクターが確立されているので見ていて安定感と安心感がありました。 始まり方に謎が多いと言うか、不思議な場面から始まり何でこんな山奥からのスタートなのか、唐突な出会いとかもあって設定が面白かったです。 今回は市村正親さんと武田真治さんと主に対立して物語が進んで行くんだろうなと思いました。 医師紹介所の場所も変わっていて、銭湯みたいなのに銭湯として機能していないような感じでしたがそこも謎でした。 松坂慶子さんが今回のゲストのようでしたが、俳優さんが豪華だなと感じました。 『ドクターX(第6シリーズ)』第1話の感想 今回は新しくAIを投入しているし、ITの時事ネタも取り入れてるところが新しいと思いました。 いつも思うのですが米倉良子さんと岸部一徳さんのやり取りが大好きなのですが、私は以前から気になっている二人の関係性が今回もよく分からないままでストーリーが進んでいくような感じがしました。 ストーリーの流れとして今までと大きな変化はありませんし、相変わらず米倉涼子さんのスタンスとかも変化はないのですが、以前からの誰にも忖度しないやり方が気持ちいいと思いました。 私としては遠藤憲一さんが好きだし、ドラマの中のキャラクターが可愛いので今回もそれが見れて良かったです。 ペンネーム:まめ(30代・女性) 『ドクターX(第6シリーズ)』第1話のあらすじネタバレ フリーランスの外科医大門未知子がニコラス丹下という日系二世のブラジル人と出会う。 蛭間重勝率いる東帝大学病院は空前の財政危機に瀕していた。 苦境を脱するため最新医療に投資するファンドのマネージャーを招聘することを決定する。 蛭間たちが迎え出る車から降りてきた男は、ニコラス丹下。 彼の正体は医師免許も持つ海外投資ファンドのマネージャーだった。 ある日食堂のおばちゃんが突然胸の痛みを訴え検査に連れていくと、肺塞栓症の疑いがあった。 もっとよく検査をしたいと考える大門未知子だったが、ニコラス丹下が導入したAIシステムにより患者は勝手に手術台にあげられてしまう。 『ドクターX(第6シリーズ)』第1話の感想 前回を見ていてかなり面白かったのでが今回もすかっと爽快な大門美智子が見られたと思ってます。 通常の医療ドラマではありえないような病院での出来事ですが、現実離れしたところがまた良いのかもしれません。 米倉涼子さんがこの役柄にとてもはまっていてぴったりなのもかっこいいです。 白衣がとても似合ってスタイル抜群なので見ていて素敵だなぁと思います。 キャスト陣もお馴染みの方から今回も新しくまた個性的な俳優さんも揃っているドラマだと思います。 今回きら出演のユースケサンタマリアのライバルが強敵で早速の対決が良かったです。 ペンネーム:ゆう(40代・女性) 『ドクターX(第6シリーズ)』第1話のあらすじネタバレ 日本のとある山奥で「お金がないー!」と叫ぶ大門未知子は、そこで見つけた「ポツンと一軒家」で、ニコラス丹下と出会います。 そこでニコラスに未知子は医師だと知られることに。 一方、東帝大学病院は経営破たんの危機に陥ってました。 救世主として副医院長として迎え入れられたのはニコラス丹下。 ニコラスは、医療の効率化及びコストカットの為にAI医療を導入し、新たに潮、浜地、村崎の医師を連れてきます。 そこには大門未知子の姿もありました。 そんなある日、食堂のおばちゃん、岩田一子に胸の痛みを感じます。 未知子が診察しましたが、AIが診断したのは肺塞栓症でした。 その診断に疑問を持った未知子は止めますが、AIによる手術が進められてしまいます。 一見成功したかに見えた手術でしたが、再び一子は吐血して倒れてしまいます。 再手術を「AIナビゲーションシステム通りにやる」事を条件に未知子に指示したニコラス。 了承した未知子でしたが、途中からナビを無視して手術を進めます。 制止しようとしたニコラスに「私、失敗しないので」と言い放ったのでした。 無事に手術は成功し、一子は回復することに。 そんな時、次のコストカットを蛭間医院長に焦点をあてたニコラスは、検察庁に情報をリークして蛭間を逮捕へと追い込みます。 蛭間は「私は検察庁は慣れているから・・必ず不起訴で戻ってくるよ」と不敵に笑いながら検察庁に連れ去られ、医院長席にはニコラスが座ることになったのでした。 ある日、病院の廊下未知子はニコラスに声をかけられます。 一子の手術の際の暴言に対する詫びと一子の快気祝い会のお誘いでした。 そこで仲直りに乾杯しようと言うニコラスに「致しません。 無駄なので。 」と言い放ち、消えて行った未知子なのでした。 『ドクターX(第6シリーズ)』第1話の感想 大門先生がよりパワフルになって戻ってきました! いつもの手術中の目を見開いた表情も決め台詞もそのままで大満足な第1話でした! 今回は、敵なのか味方なのか判断しにくい存在であるニコラスがとても曲者感あふれる存在でしたね。 医師免許はもっているみたいですけどやはり「経営者」であるニコラスの一面が強く見えました。 未知子はあくまでも医師としての「患者を助けたい想い」をちゃんと大事にしている上での気持ちのこもった金稼ぎ(笑)ですけど、ニコラスは相反するところにいるような、二人が背中合わせに逆の方向を見ているのが浮き彫りになった様な今回のお話でした。 最後は未知子がニコラスとの友情関係を解消する様な態度をとってましたね・・。 今後もどうなるのか気になります。 その前に・・なぜあんな山奥に未知子がいたのかが単純に気になりましたが(笑) ペンネーム:ののこ(40代・女性) 『ドクターX(第6シリーズ)』第1話のあらすじネタバレ 大門未知子が、秘湯に行く途中で迷い子になり山中で出会ったポツンと一軒家の主は、東帝大学病院に新たに赴任するコストカッターのニコラス丹下(市村正親)だった。 数々の無駄を省き、人間のリストラに代わってAIを導入しようとするニコラス丹下であったが、AIであっても大門未知子の病気を見つける力や手術力にはかなわない。 大門はニコラスとの契約違反を犯してまで、手術を強行して患者を助けたため、晶さんかいつものようにメロンを持って高額なギャラ請求をすると、その金額を超える契約違反などの違約金を請求され、儲けは無しになってしまう。 ニコラス丹下は一番の無駄は、蛭間病院長の存在であることに気づいて彼を追い出し、自分が病院長の座に就く。 『ドクターX(第6シリーズ)』第1話の感想 AIは、隠れた病魔をみつけることができず、これからのAI時代の到来に不安を感じました。 AI知能を上回る大門未知子の患者を診る目はやはり凄いと思わせてくれました。 ニコラス丹下の制止を押し切り、手術を進める大門未知子は患者第一しか頭にない信念の医者であると改めて思い知らされました。 丹下の秘書で新事務長となった武田真治の顔がCGみたいにつくり込み過ぎてキモかったです。 遠藤憲一の間抜けな医者の演技が前ほどわざとらしくなくて笑えた。 清水ミチコは顔がキモいし、大門未知子と同等に渡り合えるパワーがある女医には見えないのでミスキャストだと思う。 ペンネーム:堕天使キラ(40代・女性) 『ドクターX(第6シリーズ)』第1話のあらすじネタバレ フリーランス外科医、大門未知子は山奥のとある温泉を探している途中、道に迷ってしまい、ポツンと立った一軒の家に訪ねいる。 家主が釣ってきたブラックバスの調理を手伝い、食事をご馳走になる。 その後山奥から叫び声が聞こえた。 急いで声が聞こえた方へ探しに行くとそれは家主の知人であり、左腕が大きな岩の下敷きになってしまい、身動きが取れない状況であった。 山奥であるため救助がすぐに出来ないないため、大門が判断した結果、山に落ちていた斧で腕を切断し病院でもう一度繋がるというものだった。 その頃、東帝大学病院は経営困難に陥っていたため、とある投資家を副院長として採用し、病院の方針の改善を図っていた。 その新副院長というのが山奥の家主であった。 大門未知子は機械にも劣らない腕前を持ち、先端技術であるAIが見落としていた患者病気を発見し、治療した。 ある日、警察が院長を逮捕してしまった。 これは新副院長による企みがあると考えられる。 『ドクターX(第6シリーズ)』第1話の感想 「私失敗しないので」という名言を有言実行するフリーランス外科医、大門未知子の心強さ、素晴らしさに感心するドラマです。 医師免許が無くても出来ることはしない、部長などの上司の命令を聞かないというプライドの高さ、意思の強さが見られる真面目なドラマの反面、部長などの笑いのあるトークや行動はとても面白いものでした。 大学病院を救うという投資家の新副院長は味方そうに見えて、上手く利用しているような敵っぽく見えるシーンもあり、少し怖い存在でありそうです。 真相を早く知りたい気持ちが強く来週が待ち遠しく感じています。 ペンネーム:940volvo(10代・男性) 『ドクターX(第6シリーズ)』第1話のあらすじネタバレ ポツンと一軒家で知り合った大門未知子とポルトガル語を巧みに操る男性。 その男性には秘書の若い男がいて、河原で片腕を岩に挟まれて倒れている。 大門未知子はその秘書の片腕を切り落とすが、見事に修復して、その外科医としての力量をこの二人に見せた。 実はこの二人こそ、潰れかかった企業を再建するプロであり、瀕死の東帝大病院を立ち直らせるために、蛭間病院長が呼んだのだった。 市村正親演じるこの男ニコラス丹下は、東帝大病院の赤字削減のため、大胆な改革を断行し、新しい部長やAI機器などを導入する。 大門未知子がこれまでになく親しみを感じて「ニコタン」と呼ぶニコラス丹下だが、大門未知子の外科医としての腕を評価しつつも、AIの指示に従って手術するように命じる。 しかしそこはドクターXのことだから、AIの判断を超えて手術そのものは見事に成功させる。 『ドクターX(第6シリーズ)』第1話の感想 このドラマからドクターYとして妙な活躍を見せる加地秀樹役の勝村政信さんが、なんと今回はニコラス丹下副院長に部長として抜擢されたのは、面白いです。 一方、遠藤憲一さんは、いつも院長である西田敏行さんにピッタリとくっついていたのに、今回は地方の院長の職を解かれ、一番下の医師役になり、それもこれからどうなっていくのか、興味ふかいです。 副院長の容赦ない裁断により、東帝大病院の組織は大幅に変わりますが、それでもやはりいつものメンバーがいるのは楽しいです。 もちろん、「私失敗しないので」の大門未知子を演じる米倉涼子さんの気風の良さには、つい感激してしまいますが。 ペンネーム:piaristen(60代・男性) まとめ.

次の

ドクターXフルシーズン 無料動画|大門未知子を演じる米倉涼子主演動画 全60話

ドクター x 動画 2019

先天性の心疾患で生命の危機にありながら治療を拒否するニコラス丹下。 一方、海老名は自分がガンであることを告白する…. 以前に未知子 米倉涼子 に命を救われた一子 松坂慶子 が説得するため拘置所を訪問するも、その目の前で意識を失い倒れてしまう! 丹下はようやく手術を承諾するが、蛭間院長 西田敏行 をはじめとした上層部は「手術は不可能」と判断し、阻止しようと企む。 大門未知子のヘアスタイルや普段の服装など彼女の性格が表れていてとても似合っています。 実際の米倉涼子さんもバラエティー番組などで見ていると大門未知子と似ているところがあり適役だと思います。 ドラマの作中の中ではあまり描かれる事はありませんが、自分が担当する手術はノートをまるまる使ってどんな症状が出てもすぐに対応できるようにすべての医療知識を調べつくしていたり、患者一人ひとりを丁寧に見ている仕事ぶりも好きです。 また普通のドクターと違って仕事上で無駄と思う業務は省いて患者に必要なことだけを遂行していく姿も見ていてすがすがしくなります。 日本の一般的な職場だと業務には関係ないような仕事もたくさんあり、また職場の人間関係に悩む場面も多々あるので、視聴者の人たちは自分もこんなふうに意見をはっきりと言えて黙々と自分の仕事をこなせたらいいなと思っていると思います。 また自分よりも立場が上の人や患者さんに対しても物怖じすることなくはっきりと言っている彼女の姿にも憧れを持ちます。 実際にそうする事は難しいけれどドラマの大門未知子を見ることで自分と重ねあわせながらこうだったらいいなと思わせてくれるのでそれも楽しみの1つです。 また医療ドラマのため英語を使用している箇所も多く、私は普段から仕事なのでなどでも英語を使っているのでとても親近感があり、英会話のシーンがあるとワクワクしながら見ています。 米倉涼子さんはアメリカでも舞台の経験があったり英語の発音がとても綺麗なので見ていて違和感もなく他の人たちが英語ができずにワタワタしている中、大門未知子はペラペラと話していていつもそのシーンには笑ってしまいます。 大門未知子は一見冷酷で厳しく人には全く関心のないように思われがちですが、誰よりも人の変化にいち早く気づきすぐに対応できるところもかっこいいです。 またその行動に対してそれは当たり前のことだと思っていて、人に感謝されるためにやっているわけでもないところが好きです。 いつも手術が終わると眠っている患者さんの肩に優しく手を置くシーンがあるのですが、言葉に出さずとも患者さんに無事に手術終わったよと優しく語り掛けているように見えて大門未知子の本当の優しさが垣間見える気がしています。 いつも言葉ではぶっきらぼうでしか言っていませんが患者さんが目覚めるとすぐに病室を訪ねていたり誰よりも患者さんのことを心配し優しい心を持っているドクターだなと感じます。 現実にもこのような大門未知子みたいなお医者さんがいたら辛口だけど人気のあるお医者さんになっていると思います。 もうすぐ今シーズンも終わってしまい今から寂しい気持ちがありますが最後まで楽しく見させてもらおうと思っています! これまでの感想ネタバレ ドクターxは人気のあるシリーズだけあって面白いなと思います。 最初から見ていた訳ではないのですが、どの回から見ても楽しめる作品になっているのもいいとろこだと思います。 そして、なんといっても主演の米倉涼子さんの魅力が半端ないです。 もともとクールなイメージの米倉さんに、この大門未知子という役柄がピッタリと合っており、それが人気になった理由かなと思います。 白衣を着て颯爽と歩くシーンには見惚れてしまう程です。 そして、親友役の城之内博美を演じる内田有紀さんも凄くかっこ良くて、スタイル抜群の米倉涼子さんの横にいても全然見劣りしないスタイルの良さです。 この2人は40歳を超えているのにいつまでも美しく、こんな40代になりたいな~思わせてくれます。 2人とも病院に所属しないでフリーランスとして活躍もしており、仕事をバリバリとこなしているのがカッコいいし、仕事ではない時には銭湯に集まって楽しそうにダラダラしているというギャップがとてもいいです! そして、大学病院で働く医師たちがとにかく個性的で面白いです! 医者なのに簡単な英語が聞き取れなくて一大事になったりと、ツッコミどころのある医者が多いのですが、最終的に未知子が必ず助けてくれるのもまたスカッとします! ドクターx 2019 動画 最終回までの視聴者評価 今期のドクターXは、これまでよりもギャグ要素が強めになっているおかげで気を楽にしたまま見ていられます。 そのため、緊迫感のあるシーンも少なくなっていて、ハラハラすることもあまりありません。 そのうえ、大門未知子以外の医師があまりにも頼りなさすぎるので、ちょっと笑ってしまいます。 プレッシャーや想定外の事態にもかなり弱いようですね。 執刀医が焦りのあまり手が滑って大事な血管を切ってしまい、あたふたしているところへ大門未知子が颯爽と現れて修復していく…。 という展開がお決まりの流れ。 少しワンパターン化してしまっている気もします。 でもこれも、ドクターXの良いところと言えるのかもしれないですね。 しかし、麻酔で意識が無くなっているあいだに「あっ」の一言でうっかり血管をグサグサ切られているのは、ドラマとはいえ恐ろしさを感じてしまいます。 この場に大門未知子がいなければ、助からなかった人が何人もいそうです。 もしこの病院に大門未知子がいなかったら、医療ミスや手術後の死亡事故が多すぎて、あっという間に潰れてしまっていますね。 私はリアリティのある医療ドラマよりも、ドクターXのように気軽に見られる演出の方が好きなので毎週楽しみにしています。 そろそろ、大門未知子の病院が出来てほしいので、結末にも期待しています。 総括 海老名医師を演じる遠藤憲一さんが好きです。 強面の顔にも関わらず、とにかく憎めないキャラが可愛くて良いです。 今回のシリーズからこれまでの肩書きが消え、ヒラの医者になってしまったという可哀想な展開ですが、ヒラになっても明るく、未知子に毎回「大門ー」と呼び掛けたり肩書きのあるメンバーたちの輪に入ったりする姿にクスリと笑ってしまいます。 なおかつ、未知子にもこれまで一緒に行動を共にしてきた医者たちにも軽くあしらわれてしまう状況になっても、ニコニコと笑顔なのが海老名医師らしくて好きです。 ヒラになったことで給与が減ったため、アルバイトしているというのも可哀想ではありますが、海老名医師のキャラを考えると笑ってしまう設定です。 また、相変わらず蛭間を慕い、「御意」とすぐに言っているのも面白いです。 アルバイト中に蛭間から連絡をもらうと、すぐに駆け付ける忠誠心もご主人様に従順な大型犬のようで良かったです。 今までのような肩書きが復活する展開でも、今回のシリーズのままヒラを続ける展開でも、海老名医師が面白おかしく登場し、愛される展開を期待してしまいます。 どんな展開になってもストーリーを面白くさせることのできる海老名というキャラクターを演じる遠藤憲一さんが私の好きなキャストです。 背の高さ、気の強そうな表情などの全てのスタイルが作品の主役らしい雰囲気をまとわせていると思います。 毎回病院の中では煌びやかな私服と鞄をまといピンヒールで堂々と歩く姿は、女王様のような威厳を感じます。 かと思えば、たいやきを求めて子どものように騒ぎ立て、美味しいものを食べて割れんばかりの笑顔を見せたり、執刀医の立候補に無邪気なそぶりでアピールをしたり、喜怒哀楽の感情表現が激しくもユーモラスに行われます。 仕事をしている最中のクールな振る舞いとのギャップが楽しくも有り、可愛げにもつながるところが大変魅力的だと思っています。 劇中では、手術がしたいだけで患者に対しての最善を選んでいないかのような扱いを受けていますが、全くそんな事はなく、患者との様々な対話の中から患者自身の望む生活に近づける為に技術を提供する姿に、心根の優しさを感じます。 キツめのビジュアルと大きな態度や物言いが型にピタリとはまっているからこそ、端々に見せる無邪気さや思いやりが際立って、大門美知子という素敵なキャラクターが成り立っているのだと思っています。 やっぱり、クールで美人なところに尽きると思います! S気とリーダーシップと、唯我独尊的に我が道を進めるヒロイン役には最適な女優さんだと感じます。 社会的な地位が高く、性格は協調性はなさげなもの、能力は高いという孤高のヒロインを演じさせたら、日本一の女優さんだと思います。 ヒーロー的なストーリーを演じられる、現代的なヒロインというような印象を持っています。 並みの女優さんが演じれば、ちょっとイラっとしちゃうような唯我独尊的な振る舞いも、米倉涼子さんなら、なんだか納得しちゃうんです。 素直に孤高さを受け止められる演技力というか、演技力以前のかもし出す存在感が、基本的にクールでカッコいいタイプです! シリーズ化して続いているけど、主人公の未知子の豪快さと無邪気さが魅力的な作品です。 前々から放映当時に話題になった出来事のパロディーが含まれる作品でしたが、今期シリーズはそれが顕著に出すぎてしまっているかな?と少しだけ残念な気持ちになっています。 大病院を舞台にしているので、巨額のマネーや大規模な人間模様、一人の人間の生死や人生が関わってくる為に内容は重たくもシリアスになるのは当然の流れです。 そこへ時事的なネタを面白味として挟むことで、良い意味での息抜きや緩急を生み出す事が出来るのかもしれませんが、今期はそれが悪目立ちをする位アクが強く感じられ、遊びをいれすぎてしまった感が否めません。 シリーズ毎に大学病院を出たり入ったりする未知子ですが、今回はニコラスとの偶然の出会いが病院復帰をもたらしました。 ここまでくると、どれだけ未知子と病院は呪われた縁でつながっているのだろうと思えます。 毎クール、誰か主要な人物が病気になって手術をするという展開だったけど、今回はニコラス丹下が病気になるんじゃないかなと思いました。 大門未知子と会食しているときに胸のあたりを押さえて苦しむ様子もあったので、これは伏線のような気がします。 ニコラス丹下の病気は、手術をすれば命は助かるけれど、重い後遺症が残るような病気なんじゃないかと思いました。 だから、大門未知子は手術をしないと死んじゃうよと説得するけれど、ニコラス丹下は手術することを断固拒否してしまうと思います。 蛭間院長も、お金にも病院の宣伝のためにもならないし、むしろニコラス丹下がいなくなったら好都合ということで大門未知子に東帝大病院で手術することを禁止しそうです。 ほかの医者たちも、蛭間にクビを切られかねないからと、大門未知子に味方することができなくなりそうな予感がしました。 そんな中でついにニコラス丹下が倒れてしまい、今手術しなければ死んでしまうという状況が来て、大門未知子は手術を決行するんだと思います。 結局、ニコラス丹下の命は救われ、後遺症もなく元気になるんだと思います。 そして、やっぱり大門未知子の腕は素晴らしいと、一緒に医療リゾートをしないかと持ちかけるけど、いたしませんと大門未知子は断るという結末になりそうだなと考えました。 ですが、その導入は今までのシリーズとちょっと違って今回は若干、未知子が大きな歯車に巻き込まれたようなスタンスで始まる所が面白いと思いました。 何があっても自分の道を進みながら自由を振りまく主人公像を上手く見せる作りになっていると思います。

次の