デレマスヤンデレss。 提督「…辞めて欲しい?」

デレステ ヤンデレ SS 一覧

デレマスヤンデレss

全商品はブランドコピーN品で業界で一番よい品質です。 ブランドコピー通販は主にルイヴィトンコピー商品、グッチコピー商品、シャネルコピー商品。 ブランドコピーバッグ、財布、ネクタイ、シューズ、サングラス、帽子、ベルト、マフラー、傘、生地コピー、アクセサリーなどを販売しております。 ロレックスブランドコピー、オメガブランドコピー、IWCブランドコピー、ウブロブランドコピー、ブルガリブランドコピーなどの腕時計も取り扱っております。 営業時間 ご注文はオンラインにて年中無休、24時間受付けております。 ブランドスーパーコピー 765プロ• 876プロ• 961プロ• モバマス• グリマス• ユニット別リンク.

次の

デレステ ヤンデレ SS 一覧

デレマスヤンデレss

概要 『』に登場するタイプのアイドルの内、要素を持つとされた4人、を筆頭に・・で構成されるの集合。 由来はなどで提唱された から。 他にプロデューサーに対する執着心や独占欲が強いのが特徴で、『』第48話2コマ目で目のハイライトが消えている等の理由でや、公式のセリフからを立てる向きもある ただし、誰か1人と入れ換えるか、5人で「 ヤンデレ五奉行」などとするかについての議論はあまり活発ではない。 余談だが 全員に姿のカードがある。 注意点 本項目の4人の括りはあくまで 上のものである。 公式で斯様な設定が為されている以外の3人に関してはと認めるか否かについて議論の余地が残る。 まゆも含め、公式レベルを逸脱したキャラ付けに対して不快に思う者は多いので、 TPOと節度を弁え、空気を読んだ上で楽しむこと。 なお彼女らを【束縛系】【依存系】【執着系】【狂気系】ヤンデレに据えた画像は、元は『デレマス』とは無関係の男性キャラクター4人をアイドル達に置き換えたものであり、 彼女ら4人の性質そのものを表しているわけではないことも覚えておこう。 公式での交流 決してではない 第2回総選挙では、属性別ランキングのCu版で• 輿水幸子• 佐久間まゆ• 緒方智絵里 と、3人ともヤンデレ またはその疑惑 で独占されている。 第6回総選挙では、属性別ランキングのCu版で• 佐久間まゆ• 緒方智絵里 と、まゆと智絵里が第2回以来共に属性別トップ3にランクイン。 また全属性別トップ3が合流して新曲を発表するため、まゆと智絵里は楽曲「 」で3度目の共演を果たした。 002 『デレマス』のカヴァーアルバム「jewelries! 」のキュート第2弾で、当時ボイスが実装されていたまゆと智絵里が共演。 オリジナル曲「」「」を共に歌い、『アイドルマスターシンデレラガールズ 』にて「パステルピンクな恋」がイベントに登場した際、「」として再結成したときも共演した。 スターライトステージ 第3回 『デレステ』にて開催された上記イベントで、イベント楽曲「」を歌う特別ユニット、 でまゆと智絵里が2度目の共演。 楽曲テーマが「」とだけあって、まさしくヤンデレ属性持ちの2人にはぴったりではないだろうか。 ただのせいで、は半ばヤバい状況に… LIVE Groove Dance burst第4回 『デレステ』にて開催された上記イベントにて、イベント楽曲「」を歌うユニットとして、オリジナルを歌うまゆと追加メンバーのゆかりが初共演。 ゆかりはこの曲がボーカルデビューとなった。 ストーリーコミュ第36話「Voi che sapete…」 『デレステ』の上記ストーリーコミュにて、ゆかりと響子が初共演。 これにより、『デレステ』内で4人は誰かしらと関わりを持つようになった。 LIVE Parade第5回 『デレステ』にて開催された上記イベントにて、イベント楽曲「」を歌う特別ユニット、で響子とゆかりが2度目の共演。 楽曲テーマが「結婚」つまり「愛」。 やはりCuって… ちなみにスペシャルコミュプロローグでは、が響子にに見せかけたオファーを仕掛けた。 まゆに見られてないと良いが… TVアニメ『』 TVアニメ『シンデレラガールズ劇場』第2期1発目のテーマソング「」を歌うユニットで響子と智絵里が初共演。 ちなみに2人とも第1期の『火曜シンデレラシアター』で単独出演の回が公開された。 また後に開催された「第33回」では、この楽曲を歌った5人で を結成し、2人は2度目の共演を果たした。 それぞれの愛の形 四天王のプロデューサーに対する愛の形は各人様々である。 その定義も人によってまちまちだが、参考までに見解をいくつか紹介する。 ここに挙がっている4人の中では唯一の追加実装アイドルであり、また唯一公式で「 ヤンデレ系」というワードが使用されたことがある。 プロデューサーのために元々居た読者モデルの事務所を辞める、プロデューサーと出会ったのはだと発言するなど、プロデューサーへの執着が殊更強い。 エリアでの初登場時の特訓前カードで見せたのような構えや、その諸々の言動が印象に残っている諸兄諸姉も多いのではなかろうか。 ただしからは プロデューサーが絡まないとええ子 とされている。 またCDデビューやボイス実装を経て、過激な言動は次第に鳴りを潜めていき、いわゆる「狂気系のヤンデレ」とは違った道を歩んでいる。 元より「他人に危害を加えるタイプではないのでは? 」との声も多く、ほかの子を押し退けるよりも自らが人一倍頑張って選んでもらいたいスタンスのようである。 周りを気遣うこともでき、プロデューサー以外のアイドルたちとの関係性も大切にするなど、基本的によくできた人間性であることがうかがい知れる。 プロデューサー、あの…見捨てないでくださいね…? キュート属性は元より、当ゲームの登場アイドル全体の中でも屈指の人気を誇る彼女であるが、初期のカードにおいてはプロデューサーに見捨てられることを強く恐れ、依存的な台詞も多く見られた。 ちなみに彼女が趣味で集めているの花言葉は「 私のものになって」である。 このほか、初期のカードでは手首が隠れていたため、の痕を隠しているとの推測まで登場したがこれは に終わった。 また元々内気でおどおどした言動が多い彼女だけに、先述の「依存的」とされる台詞についても、アイドルという未知の世界に対する純粋な不安から来るものとする意見も多く、現にで序盤は「カエルさんのおまじない」に依存していた。 ただし台詞が「ヤンデレ的」であるかという点については見解が分かれ、 こじつけ感が強いとの意見もある。 幻想公演『黒薔薇姫のヴォヤージュ』では、【 R[ヴォヤージュ・ヒーラー]】が追加された。 特訓前の表情やセリフには 本物っぽさが感じられるが、あくまで感情を込めた演技である。 そもそもヤンデレの演技でなくの演技であるので注意されたい。 また『』でのイベントコミュ「あいくるしい」で演じたドラマ上の役割は「 愛を知らない少女」であり、当人も愛に関してはやや無頓着な面が見られた。 Pさん! 私、いいお嫁さんになると思うんですよ! 家事全般を趣味として挙げる、世話焼き女房的な立ち居振る舞いが多いなど、15歳という年齢に似合わず嫁アピールが強い。 そこから、勝手にを作って家に入ってきそうな「 押しかけ女房型ヤンデレ」と見なされた。 スカウト直後であろう初登場時のセリフでいきなり良妻アピールをしてPに言われるまでアイドルをするということを知らなかった点も拍車を掛けている。 ただし成立の経緯を見る限り、「四天王」という言葉が先にあっての数合わせ的要素が強く、あくまでも初登場時の台詞の深読みであり元は ヤンデレを意図した書かれた台詞ではないということを念頭に置きたい。 「」において、片手に鋏を持ち顔に影がかかった、いかにもな表情の【 SR[学園の秘密・S]】が追加されたが、これは あくまで映画の役であり本来の彼女にヤンデレ要素は皆無であることは忘れないでいてほしい。 のちにで「」を歌唱したことで、それまではまゆが担当していたも受け継いだ。 同誕生日・同年齢であるを絡めたネタも。 ニコニコ動画でのCuヤンデレ四天王 を制作するアルトPの作品にはCuヤンデレ四天王の4人が多く登場する。 しかしそれぞれのキャラクターは公式とも上記の解釈とも大きく異なった、アルトP独特の設定で構成されているので注意。 たぶん動画を見ればすぐによーくわかる。 結びに 『』は個性豊かなアイドルを集めて、トップアイドルに育てるである。 みんなも好きなアイドルをプロデュースして、トップアイドルに育てy プロデューサーさんが好きなのはわたしですよね…? 関連タグ :重い関連。 メンバー相関 まゆ 智絵里 ゆかり 響子 Heartful Bloom Love Yell ゆかり 「あいくるしい」メンバー 智絵里 関連記事 親記事 pixivision• 2020-07-26 18:00:00• 2020-07-26 17:00:00• 2020-07-25 18:00:00• 2020-07-25 17:00:00• 2020-07-24 18:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-27 14:57:50• 2020-07-27 14:55:05• 2020-07-27 14:54:24• 2020-07-27 14:53:41• 2020-07-27 14:48:43 新しく作成された記事• 2020-07-27 14:49:57• 2020-07-27 14:48:17• 2020-07-27 14:44:44• 2020-07-27 14:25:21• 2020-07-27 14:29:39•

次の

モバマス R18ss:Apollonのヴァイス、ヤンデレ研究所

デレマスヤンデレss

塩見周子「待ち合わせ場所は公園の噴水前ー、時刻はー、うーん……午後6時。 ………………。 シューコそろそろお腹すいたーん……」 モバP 以下P 「おーい。 すまん! 待たせたか?」 周子「お。 きたきた。 お仕事終わった? おつかれーん。 ダイジョーブ。 待ってないよ。 実際はあたしも15分くらい前に来たところだよ。 正直、突っ込むタイミングを失したというか」 P「ですよねー……」 周子「Pさんの背中のオシャレなリュックには、しばらく触れない方向で行こうかなーと」 P「本当にすまない。 事務所で何十分も格闘したんだがどうしても外れなくて」 周子「いいよいいよ。 多分きっと流行るよ。 このリュック。 へぇ、こんなところにボタンがある。 ポチッとな」 そこ、鼻なんですけど……。 周子「おお。 声が出た。 もういっちょ!」ポチ ぜったい離れないんですけど……。 周子「…………………」 ………………。 周子「…………………」 ………………。 P「しゅ、周子さん……?」 周子「ま、いっか! その分、目の前でPさんとイチャイチャすれば!!」 P「おい」 まゆ「……!!」ギリギリギリギリギリ ありす「アイドル……っていうか女の子がしちゃいけない顔になってますよ」 まゆ「う、うふふ……」にごぉ。 ありす「いい、笑顔です。 ……ハイライト消えてますが」 まゆ「ただのお詫びっていうのは知ってましたが、念の為、尾行を計画して正解でしたねぇ」 ありす「まぁこんな機会、うちの子達なら誰でも全力で利用するでしょうしね」 まゆ「う、うふふ」 ありす「というか、『あれ』」 まゆ「はい?」 ありす「Pさんの背中の『あれ』、何なんですか?」 まゆ「ああ……」 まゆ「……なんでも、もりくぼ改め、憑きくぼ改め、りゅっくぼ、らしいです。 Pさんの私物であり、所有物であり、無機物だからデートに憑きそってもOK……って言ってました」 ありす「頭おかし……いえ、完璧な理論ですね」 まゆ「えっ?」 ありす「完全に論破されました」 まゆ「あ、あの……。 ありすちゃん?」 ありす「橘です。 ところで、今度「あり椅子」って新しい事務用品をPさんにプレゼントしようと思うですが、受け取ってくれるでしょうか」 まゆ「やめておいた方がいいんじゃないかしらぁ」 ありす「そうですよね……。 私じゃ高さが足りませんしね」 まゆ「そういう問題じゃ……。 というか、ありすちゃんは常識人枠だと思ってたんだけど……」 ありす「…………………」 ありす「……ええ、冗談です。 Pさんに突っ込んで貰うために少しボケの練習をしてみました」 まゆ「目が本気だったんですけどねぇ……」 たまたま、道中見かけたから気まぐれで連れて来ちゃったけど、この子も『こちら側』に片足踏み込んでるのかしら…… まゆ「まぁ……ここで争っていても仕方ありませんね」 ありす「ええ……。 今は仮とはいえ、味方同士、仲良くやりましょう」 まゆ「一時休戦、ですねぇ」 ありす「ああ、味方といえば、今回もう一人、協力者がいるんですよね。 どなたですか?」 まゆ「人に見つからず行動することに慣れた……隠密活動が本職とも言えるパッション属性の専門家さんに協力してもらっています。 実はさっき言った、Pさんが行く予定のお店にあらかじめ潜入してもらってるんですよぉ」 ありす「専門家……ああ、あの人ですか。 どことなく不安ですが、まぁ、大丈夫なのかな?」 まゆ「さぁ、私たちも行きましょう。 そんな話するんだ」 周子「未央ちゃんは『結構気合い入れてたのにやっぱ気安い友達扱いかー』ってちょっと凹んでて、 蘭子ちゃんは普通に『パスタが美味しかったです! お店もオシャレでした!』って喜んでたよ」 P「う。 そ、そっか。 難しいな」 周子「ちなみに藍子ちゃんは『牛丼って何かの皮肉なんでしょうか……牛丼……うし……』って本気で悩んでたけど、 仲の良い相方の愛梨さんが『ごめんね。 私のぶん、分けてあげられたらいいのに……』って慰めてたから大丈夫だと思うよ」 P「おう。 追い討ちやめーや」 周子「で? 結局どれ? どんなとこ?」 P「ふ、ふっふっふ。 聞いて驚け。 シェフが20数年にも及ぶフレンチとイタリアンの修行の末、作り上げた至高のコンソメスープが自慢の有名店だ!」 周子「おお? なんかすごそう。 え、あたしほぼ私服だけど大丈夫?」 P「大丈夫大丈夫。 俺のボロスーツでも全く問題ない」 周子「ふーん。 あんま期待してなかったけど、ちょっとは楽しみになってきたかな? けどここら辺あんま詳しくないからなー。 そんなお洒落な店、あったっけなー? とにかくもう、おなかすいたーん」 P「あっはっは。 これがメニューかー」 P「おう。 店員さんが来る前に決めちゃいなー。 好きなの頼んでいいぞ。 ただし、食い切れる範囲でな」 周子「シューコ、ツッコムの苦手だから軽めにいくね」 P「おう?」 周子「こほん。 注文はこのお店の名前が入ったスタンダードなやつに白ネギ、熟玉子トッピング、チャーシューは炙り焼きで、 あと、こっちのミニサイズのかき揚げ丼と餃子もひとつ……って、ラーメン屋やないか!!」 P「おおー。 流れるように品を選びつつ、ノリツッコミ!!」拍手 周子「いや、ラーメンは嫌いじゃないし、意外に小綺麗でお洒落なお店だけどさ。 拍手じゃなくて弁解……というか説明が欲しいかなーって」 P「ははは。 意外だったか? けど嘘はついてないんだぞ、一応。 ここ、イタリアンラーメンのお店だからな」 周子「へ?」 P「メニューの他の料理見てみろ。 ラーメンアラビアータとかラーメンミネストローネとか、結構それっぽいのあるだろ?」 周子「あれ? ホントだ」 P「そこそこ有名な店でな。 今、周子が選んだやつもコンソメベースのスープがあっさりとしてて飽きない、老若男女問わず人気の一品だ。 普段はこってこての豚骨チャーシュー麺とかが好きな俺でも普通にイケちゃうし、何度もリピートするくらいには美味い」 周子「へー……」 P「他のアラビアータとかも一見はイロモノだけど、食べたらかなり美味いからな。 叩くな叩くな。 店員さん来たぞ。 餃子は1人前ずつでいいな?」 なんでイヴがいるんだろう 周子「あたしは白ネギ、熟玉子トッピングの、チャーシュー炙り焼き。 気のせいです。 だって……サンタさんなんですよ!」 ありす「なんで時々ピュアなんですか! 気配消してどうにかなる容姿と喋り方じゃないでしょう?」 まゆ「サンタさんに直接お礼を言いたい、って夜更かししてた子に言われたくありません~!」 ありす「なっ! 今は関係ないじゃないですか! それにちゃんと9時半には寝ましたし!」 まゆ「30分しか保たなかっただけでしょう」 ありす「クールタチバナだからできた30分ですよ! 舞ちゃんは10分、美羽さんは2分で寝てました!」 まゆ「美羽ちゃん……. 長い髪邪魔だなー。 脱いでいいかな、これ?」 P「まずいんじゃないか。 まぁ、いくらロングにしてるとは言え、いつもと同じ色の時点で元々あんまり変装効果は期待できなさそうだけど」 周子「だよねー」 P「可愛いけどな」 周子「…………」げしっ! P「無言で蹴るなよ……顔赤いぞ」 周子「…………」げしっ!げしっ! P「耳まで真っ赤」 周子「…………」げしげしげしげし。 イヴ「離してくださいー、てんちょー!! 追加のお届けを! あの浮気モノなバカップルにショウガ特盛り、お届けをー!!」じたばた ありす「まゆさん。 お水のコップにヒビが」 まゆ「うふふ……」ビキィ 他の客 なんだこの店。 女子寮の厨房で料理酒に酔った紗枝ちゃんが、味見に来てたPさんに壁ドンしてクダを巻いたと、そんなオチかー」 P「なーんだ、じゃねーよ。 壁ドンの次は胸ぐら掴みかよ。 最近の女の子こえーよ。 京女こえーよ」 周子「ゴメンゴメン。 ついカッとなっちゃって。 もうしないから許してーん」 P「はぁ、まぁいいけどさ……。 あ、ちなみに壁ドンは少女マンガ的なアレな。 一人暮らしワンルームとかウィークリーマンションでよくあるアレの方じゃないぞ」 周子「さすがにそれくらいは分かってるよー。 ていうかお紗枝ちん、酒癖悪かったんだねー。 酔っ払ってグダグダ言ってきたんでしょー?」 P「そうだなー。 それ程フラついたり呂律が回らなくなっり、顔が赤くなったりって感じじゃなかったんだけど、 俺を壁ぎわに追い詰めて、ウチのお味噌汁が飲めへんのどすか~って感じだったかな? ああ、やっぱ顔は多少赤かったか」 周子「ん?」 P「あー。 美味かったけど、なんか疲れた。 帰って寝たい。 もう寝たい」 ぐぅ~~~~~~~。 P「ああ、そう言えば何も食べてなかったよな。 お前も頑なだなぁ」 ……………………。 P「すねるなよ。 帰ったら何か作ってやるからさ」 すねてないんですけど……。 P「はいはい。 あ、そういえばテイクアウトでプリンを買っておいたぞ。 ラーメン屋のプリンだからって侮るなよ。 近隣のプリン専門店に製法をレクチャーするくらいに本格的なシェフお手製のプリンだからな。 食べたらきっとびっくりするぞー」 ……………………!! P「もりくぼは分かりやすいなぁ!」 分かりやすくなんかないんですけど……。 帰るか。 俺たちの家に」 ………帰りましょう。 私たちの家に。 もりくぼエンド。

次の