ステア レザー。 【牛革】ステアハイド 特徴・手入れ方法

高級感が半端ない「カーフレザー」財布のすべてを徹底解析

ステア レザー

グラブの革の種類 グラブ・ミットを購入する、またオーダーをする際に、グラブによって革質が違いますよね? それはグラブに使われている革が違うからです。 以下に、主にグローブ・ミットに使われている革をまとめて見ました。 ・ステアハイドレザー 主に北米産 生後6ヶ月以内に去勢された生後2年程の牡牛の革。 硬式用、軟式用共に一番よくグラブ・ミットに採用されいる革で、耐久性に優れていると言われています。 同じステアハイドでもメーカーによっては何種類ものステアハイドがあります。 中でもローリングスのHOHと呼ばれる革は、多くのメジャーリーガーが愛用しています。 価格帯は安いものから高いものまで様々です。 ・キップレザー 主にオランダ産 生後6ヶ月〜1年程度の牛の革。 オランダをはじめとしたヨーロッパの国が主に原産国。 稀にカナダなど北米産のキップレザーもあります。 各メーカーの最上級モデルに採用されている革で、手触りがよく、しっとりした質感が特徴です。 主に硬式用グラブに採用されていますが、過去にはアイピーセレクトが軟式用キップレザーグラブを販売されていた時期がありました。 価格は他の革に比べてかなり高めになっています。 ・和牛レザー 日本産 日本和牛の革。 主に硬式用のミットに使われる革 ハタケヤマ、タマザワ、ミズノなど。 硬くしっかりしているためミットには最適です。 中でもハタケヤマの和牛は一級品。 ツヤっツヤで触り心地も見栄えも最高です。 私もいつか和牛革のファーストミットが作りたいものです。 以上の3種類になります。 他にもアトムズのフィニッシュエアシャーレザーや、シュアプレイが過去にカーフレザーなどもあります。 詳しくはグラブバイブルにも記載されています 結局おすすめの革はどれ? おそらく多くの方はキップレザーが一番おすすめ!と答えるでしょう。 キップレザーグラブの歴史を振り返ると、初めてグラブにキップレザーを採用したのはミズノとのこと。 初代ミズノプロを発売するにあたって、差別化の意味でキップレザーを採用したそうです。 当時としては破格の3万円超のグラブだったそうですが、それが大ヒット。 キップレザーは若い牛であることから、人間の赤ちゃんの肌がスベスベなのと同じで、キメが細かく触り心地がとても良いため最高級の革、一番良い革という扱いになっています しかし、価格が高い、触り心地が良いというだけで最高級のグラブレザーと言っても良いのでしょうか? 私は必ずしもそうであるとは思いません。 実際、私はステアの方が耐久性があり、また軽いような気がします。 MIAMI MARLINS マイアミ・マーリンズ に所属するイチロー選手も軽いグラブを追求した結果、クレストハイドスプリームエリートというステアハイドのグラブ使用しています。 グラブ選びは守備が上手くなるためにするもの、良いグラブは長く使うことで自分に合ったグラブが出来上がっていくものです。 近年では原皮の価格は高騰しており、キップとステアの価格差はさらに大きくなっています。 コストパフォーマンスを考えると、私は ステアハイドレザーが一番だと思います。

次の

成牛革(ステア) カテゴリ商品一覧|姫路のタンナー 三昌|レザークラフトなどで使用する皮革の販売店

ステア レザー

キップレザー 1-1. キップレザーとは? キップ kip という革の種類は、子牛と成牛の中間にあたる牛の革です。 生後6か月~2年未満の牛を指します。 人間の子どもの肌って、つるつるしていますよね。 子牛からとれたキップの革も同様に、 きめ細かくて柔らかいのが特徴です。 同時に子牛の「カーフ」よりは年をとっているので、 強度も兼ね備えており、高級な小物や靴に用いられています。 1-2. キップレザーを使った商品 キップの革を使用しているのがmicのコンパクトなお財布。 キップレザーの特徴である「強度」があるので、よく手に取る財布にはぴったりの素材です。 加えてキップは中牛革なので 革自体のしなやかさもあり、手によくなじんでくれます。 財布を取り出すたびに、キップレザーの素材感を楽しむことができそうです。 ステアレザー 2-1. ステアレザーの特徴 ステアは、代表的な牛革の種類です。 生後2年を経過した雄牛の革ですが、食用のために生後3ヶ月~6ヶ月の間に去勢されています。 そのため穏やかに成長するので、 去勢されていない雄牛の革よりも革質がやわらかくなっています。 ステアは厚みが均等であるため、革小物、革財布、革バッグなど、様々な用途に使用することができます。 手の脂が馴染みやすいので、革のエイジングを楽しみたい人にもおすすめです! 2. ステアレザーを使った商品 ビジネスレザーファクトリーの革小物は、すべてステアの革を使用しています。 ステアは丈夫な革なので、比較的お手入れが簡単です。 また、 革自体の品質もあまりぶれることがないため、製品の仕上がりも精度が髙いです。 シンプルながらも、職人のこだわりに溢れた革小物を100種類以上用意しています。 コードバンレザー 3-1. コードバンレザーとは? コードバンは、馬の臀部からとれる革です。 一般的な革素材は動物の皮膚の表面の部分を使いますが、コードバンはそうではありません。 馬のお尻の表の革を少しずつ丁寧に削っていき、厚さ2mmほどのコードバン層とよばれる繊維質を使うのがコードバンという革です。 その採取方法が宝石発掘と似ていることから、「革の宝石」や「革のダイヤ」とも称されています。 非常に頑丈で、そのてざわりは驚くほどなめらかなのが特徴です。 コードバンは貴重な革であるため値が張りますが、しっかりと手入れをすれば一生使うことができます。 3-2. コードバンレザーを使った商品 m+(エムピウ)のミッレフォッリエシリーズは、上質の一枚革から生まれた機能的な財布です。 思わず手にとって眺めたくなる新鮮なデザインの財布。 その個性的なデザインとコードバンの素材の組み合わせの虜になってしまうこと間違いなしです。 貴重なコードバンの一枚革を使用した財布は、長い年月をかけて経年変化を愉しむことができます。 キップやステアレザーの財布に比べてやや値ははりますが、お手入れをしながら丁寧に使えば一生を共にすることができます。 ピッグレザー 4-1. ピッグレザーとは? ピッグレザーは、その名の通り、豚の皮をなめしてできる革です。 豚の皮膚を間近で見たことがある方はわかると思いますが、硬い体毛が突き抜けている豚は、三角形に並んだ毛穴があります。 また、豚は牛よりも気性が荒く、その表皮にも傷がついてしまいがちです。 そのため、日本では靴底のソールとして利用されてきた歴史があります。 しかし、近年では、 どんな革よりも軽くて丈夫、しかも耐水性のあるということで、ピッグレザーの特性を生かしたモノづくりを行うブランドが増えつつあります。 4-2. ピッグレザーを使った商品 REN(レン)のピッグレザーを使用したトートバッグは、手に持った瞬間その軽さにびっくりしてしまいます。 レザーを全面に使用したトートバッグは重さに敬遠してしまいがちですが、レンのバッグは まるで布地のトートバッグを肩にかけているほど軽いのです。 軽い上に7~8kg程度の重さにも耐えうるのも魅力的です。 驚くほどの軽さとその丈夫なビッグレザーのバッグは、荷物が多い方に最適ですね。 また、カラーも7種類の中から選べるのが魅力です。 ゴートレザー 5-1. ゴートレザーとは? ゴートレザーは、大人のヤギから作られた革のことです。 ヤギの皮の表面には小さくなシワがあり、このシワのことをシボ模様といいます。 ゴートレザーには、この シボ模様が綺麗に出ているのが特徴です。 牛革に比べると非常に柔らかく、手に吸い付くようなしなやかな肌触りです。 しかし、その耐久性は他の種類の革よりも強いと言われています。 高級ブランドのバッグや財布、服にも使われています。 また、子ヤギからつくられた革のことをキッドスキンといいます。 ゴートスキンよりもさらにキメが細かく希少性が高いため、値も張ります。 5-2. ゴートレザーを使った商品 MOTOのショルダーバッグは、ゴートレザーのよさを存分に感じられる贅沢な逸品です。 定番のかたちでありながらも、より使いやすくリデザインしたというこちらの商品は、使うシーンをよく考えて作られています。 実用性を持たせながらも軽さを追求するため、内装には軽くて丈夫なコットンを、また大きく開くジップは 荷物の出し入れがしやすいよう設計されています。 まとめ いかがでしたでしょうか? 食文化の副産物として発展した革製品の文化は、知れば知るほど奥が深くて学びがつきませんよね。 キップ、ステア、コードバン、ピッグレザー、ゴートレザーには、それぞれの良さがあります。 革の種類は、革製品の特長を左右する大切な決め手。 それぞれの素材の良さをしって商品を選ぶと、レザーの世界の奥深さに魅了されていくかもしれません。 また、素材である皮をどのようになめし、革にするかも革製品には大きな影響を与えます。 なめし方に関する記事は「」をぜひご覧ください。

次の

キップ・ステア・和牛どれが一番?特徴を紹介!

ステア レザー

この記事でわかること• 【牛革】ステアハイドとは?どんなレザー? 牛革の1種である「ステアハイド」 生後3〜6ヶ月の間に去勢した雄牛で、さらに生後2年以上経った成牛を加工した革のことを言います。 去勢することで気性が穏やかに育ち、ケンカをしなくなるので、 身体にできる傷が少ないです。 また 厚みがあるので、ジャケットやバッグ、小物など様々な用途に使用することができます。 ステアハイドは、肉牛として育成された牛を食用した際の副産物です。 需要と供給がつり合った最も一般的な牛革といえます。 ステアハイドは原料重量によって呼び方が異なります。 エクストリームライトステア 13. 6〜21. 8kg ライトステア 21. 8〜26kg ヘビーステア 26kg以上 日本国内流通はヘビーステアが多く、エクストリームライトステアが少なくなっています。 【牛革】ステアハイドの特徴 出典: ステアハイドは、去勢されていないオス牛よりもやわらかく、メス牛に比べると厚みとハリがあります。 質感は、にも近いですね。 最も有名な牛革 柔らかさと強さを持っているステアハイドは、丈夫で使い勝手が良いです。 そのため、生産量、流通量も多く最も有名な牛革のひとつといえます。 素材に 「牛革」とのみ記載されている場合は、ほとんどがステアハイドです。 品質がぶれない 革自体の品質もあまりぶれることがないため、 個々の製品の仕上がりも安定しています。 また、手入れがそれほど難しくなく長持ちしやすいことも魅力の1つです。 【牛革】ステアハイドの手入れ方法 ステアは丈夫な革なので、比較的お手入れが簡単です。 多少荒く扱っても問題なく、汚れは柔らかな布でふき取り、ホコリはブラシで落としましょう。 しかし、 水や高温には弱い革なので水拭きはしないようにしましょう。 また、水に弱いからと言って濡れてしまった際にドライヤーや日光で乾かすのは厳禁です。 日陰で自然乾燥をさせるようにしましょう。 品質が一定で扱いやすいステアハイド いかがでしたか。 牛革の1つである、ステアハイドは扱いやすい革のようですね。 様々な製品に使用されているので、使っている方も多いでしょう。 神経質になる必要はありませんが、全く手入れをしなくていいわけではありません。 程度に手入れをしつつ、長く愛用してみてください。

次の