双極性障害 接し方 恋人。 双極性障害【パートナー】との接し方!彼氏・彼女・夫・妻【当事者】からお願いしたいこと

双極性障害の人は恋愛すると恋人が好きになったり、関心なくなったり、異性...

双極性障害 接し方 恋人

双極性障害の症状とは?簡単にご説明! まずはじめに、双極性障害の症状とはどんなものがあるか、簡単にご紹介します。 双極性障害の症状とは 双極性障害の症状とは、簡単に言えば気分の波が激しい病気です。 ハイテンションになる躁状態と、意欲が低下するうつ状態の波が交互に訪れる病気なのです。 双極性障害になると、躁状態のときに人に迷惑をかけるようなことをする場合があります。 反対にうつ状態では、生きる意欲が無くなり身体も動かすのがやっとの状態になってしまいます。 双極性障害にどう接すれば!?基本的な姿勢 そんな双極性障害に苦しむ人に、周囲の人はどのように接すればよいのでしょうか。 その接し方は、双極性障害に苦しむ人が今どんな状態かによって違ってきます。 躁状態の人には 躁状態の患者さんは、活動が活発になり、色々なことに手を出したがります。 中にはご家族に暴力をふるったりすることさえあります。 そのようなときに、周囲は患者さんを諫めることが必要です。 患者さんを諫めるときに注意したいのが、決して感情的にならないようにするということです。 患者さんを諫めるときにこちらも感情的になっては、言い合いのような形になってしまい、患者さんをよりヒートアップさせる結果になってしまいます。 そのようにならないために、患者さんの躁状態に巻き込まれずに患者さんを諫めるのが大切なのです。 また、病気の自覚がある患者さんに対しては、気持ちを落ち着かせる手立てを一緒に考えてあげることも良いでしょう。 うつ状態の人には うつ状態の患者さんは、躁状態で疲労した身体と脳をゆっくり休めるときに入ったともいえる状態になっています。 そのようなときに必要なのが、周囲の思いやりです。 うつ状態の患者さんへは、今の状態を責めずに、ゆっくりと話を聞いてあげる周囲の姿勢が良いのです。 このときの患者さんは生きる意欲が低下していることさえありますから、患者さんのお世話をやいてあげると良いでしょう。 寛解期の人には 寛解期とは、躁状態でもうつ状態でもない期間のことを指します。 いわゆる「普通の状態」です。 このときの患者さんは、回復に向かって歩いています。 寛解期の患者さんにとって大切なのが、この寛解期をできるだけ延ばすことです。 そもそも双極性障害の治療の目的は寛解期を延ばすことなので、この状態は回復期ともいうことができます。 この状態の患者さんには、気分をできるだけ安定させるためにストレスをかけないことが必要です。 そのため住宅の購入などの大きなライフイベントは、患者さんのストレスを軽減するために避けたほうが良いです。 こんなことはタブー!双極性障害の人にしてはいけないこと では、逆に双極性障害の人にしてはいけないこととは何でしょうか。 躁状態の人にしてはいけないこと 躁状態の患者さんにしてはいけないことは、躁をヒートアップさせるような行動です。 例えば、躁の状態を利用して買い物をさせたり、結婚など大きな決断をさせるようなことはしてはいけません。 また、患者さんを馬鹿にしたり、はれ物に触るような接し方もしてはいけません。 どちらの行動も患者さんのプライドを傷つける行為です。 特に、はれ物に触るような接し方だと、躁状態の患者さんを諫めるべきときに諫めることができないので、問題があります。 うつ状態の人にしてはいけないこと うつ状態の患者さんにしてはいけないこととしては、躁状態のときの行動を責めるような言動が挙げられます。 うつ状態のときは生きる意欲が低下していますので、そのようなときに躁状態の行動を責めるようなことをしてしまうと、さらに患者さんを落ち込ませてしまいます。 そうなると、最悪の場合自殺を図ってしまうことさえあります。 同じように、「怠けている」など本人を責めるような言動は避けることが必要です。 これは理解しておいて欲しい!双極性障害のこと 双極性障害の患者さんの周囲の人、特にご家族には知っておいてほしいことが4つあります。 知っておいてほしいことは大きく4つある 双極性障害の患者さんのご家族に知っておいてほしいことは、以下の4つです。 1:双極性障害の病気の原因と特徴• 2:注意すべき症状• 3:治療について• 4:患者さんが利用できる制度 この4つが、患者さんのご家族に知っていてほしいことです。 まず、双極性障害の特徴と症状を知ってください。 また、双極性障害の原因はまだはっきりしていませんが、ストレスが誘因になることは判明しています。 そのうえで、治療についても理解が必要です。 双極性障害は患者さん一人で治せる病気ではありません。 周囲の協力が必要な病気です。 そして、障害者年金など、患者さんが利用できる制度についても理解があると心強いです。 治療に大切なことは!?ともに治療していこう! 双極性障害の治療に必要なのは、ご家族もともに治療に協力する姿勢です。 家族も治療に協力することが大切 双極性障害は一人で治せるものではありません。 ご家族をはじめ、周囲の協力が必ず必要な病気です。 患者さんが孤立してしまうと、躁状態のときの興奮を収められないばかりか、うつ状態も悪化してしまいます。 患者さんを、決して孤立させないようにしてください。 まとめ 双極性障害は周囲の人に大きな影響を及ぼしかねない病気です。 しかし、病気になったからと言って患者さんとの関係を変えないようにすることが、患者さんへの助けになるのです。 周囲の人もあせらずに、ゆっくり治療していくことが必要です。

次の

躁うつ病(双極性障害)を恋人にカミングアウトしたら一瞬で拒絶された話

双極性障害 接し方 恋人

スポンサーリンク もし大切な人が心の病気になったら、こう接してほしい・・ 現在はストレス社会と言われていて、心の病にかかる人が増えてきましたね。 うつ病に関して言えば、男性は10人に1人、女性は5人に1人がかかる病気になりました。 この数から言えば、誰がいつ心の病になってもおかしくないですよね。 とはいえ、 もしあなたの大切な家族や友達、恋人が精神疾患になったら・・・ あなたはどうするでしょうか? 双極性障害の私から言わせれば、できれば救ってあげて欲しいです。 もちろん精神疾患の患者さんと一緒にいることは、時にストレスになるかもしれません。 しかし精神疾患はあなたが思っているよりも、深く辛い問題です。 本人は決してわざと周りに迷惑を掛けているのではありません。 精神疾患において家族や友人、恋人は大きな役割を果たせる存在です。 むしろ本人にとって躁状態はとても楽しいものです。 しかし躁状態を放っておくと、金銭トラブルや人間関係のトラブルを起こしやすいので、 周囲はそれを見守る姿勢が大切になります。 ・お金の管理をしているのか見守る 躁状態になると、とにかくお金を遣います。 ギリギリもしくはマイナスになるほど散財します。 ・冷静に対応する 躁状態ではよく喋り、もしそれが少しでも否定されるとキレます 笑 しかし、これに対抗してキレ返しても更に怒りをぶつけられるだけです。 多弁になったときは、ただただ聞いて頷いているだけで十分です。 ・予定を入れすぎるので週に1度はゆっくり休ませる これができたら素晴らしいです。 それほど難易度が高いです。 躁状態の人を止められるなんて奇跡です。 基本毎日のように動き回り、休むことを知りません。 でもあまりにも予定を入れ過ぎていると感じたら、 「ちょっとは休んだら?」と一言伝えてあげてください。 ・暴力行為などがあれば病院での受診を勧める 躁状態がひどくなると、暴力を振るう患者さんもいます。 こうなったらもう病院に連れて行きましょう。 あまりにもひどくて止められない場合は警察に電話して構いません。 うつ状態のときはどう接すればいいの? ・自ら命を絶つ行動をしないか見守る 一番大切なことです。 双極性障害は精神疾患の中で最も自ら命を絶つ確率が高く、5人に1人となっています。 急に明るくなったり、今までありがとうなんてことを言い出したりしたら危険信号です。 話を聞いてあげるか、一緒に居る時間を増やすなどして、大切な命を守ってください。 ・1人になりたいと言われたら放っておく うつ状態になると、人との関わりが面倒になります。 だから1人にしてあげる時間も必要です。 ・躁状態で起こったことを責めない うつ状態のときに、躁状態のエピソードを話題に出されるのは地獄です。 うつ状態になると、躁状態で起こしてしまったことに落ち込んでいます。 だから絶対に責めないでください。 命を絶ってしまうかもしれませんよ。 ・できるだけそばにいてあげる 無口でも、暗くてどんよりしていても、 ただ黙ってそばにいてあげてください。 それだけで私たちはとても安心し、救われているのです。 躁状態では睡眠不足、うつ状態では昼夜逆転する患者さんが多いです。 生活リズムを整えるだけでも症状はかなり改善するので、規則正しい生活をさせましょう。 ・見放さない 躁状態でも、うつ状態でも見放さないでください。 本人が2つの状態をコントロールできるまでは何年もかかるかもしれません。 でも「治療が長くかかるしこっちも疲れた」なんてことは絶対に言わないでください。 しかしせめて3年~5年くらいはどの状態にあっても、薬を飲み続けることが大切です。 飲み忘れがある場合は必ず飲ませましょう。 薬を飲み続けることで、再発予防にも繋がります! ではここからは、 私が実際に言われて嬉しかった言葉と悲しかった言葉を書きます。 双極性障害はもしかしたら一生治らないかもしれないので、 ずっと一緒にいるよなんて言葉は泣けるほど嬉しいのです;;!! 悲しかった言葉 「気の持ちようだよ」 「感情の起伏は誰にでもあるからね」 「なんでそんなにテンション高いの」 「言ってることとやってること違くない?」 これらの言葉は胸に突き刺さりました。 双極性障害の患者を代表してこれに反論しておきます 笑 気の持ちようでどうにかなるなら既に治っています。 感情の起伏どころの話ではありません。 テンションが高い?躁状態だからです。 言ってることとやってることが違う?そうでしょうね、躁とうつでは人が違いますから。 ああ言えばこう言う面倒くさい私ですが きっと双極性障害の方たちの代弁はできたのかと思います 笑 番外編!心の病のあなたに勧めたいこと! それは精神疾患持ちの方々と話をすることです。 同じ精神疾患でなくても構いません。 私自身大学の後輩で統合失調症の子がいるのですが、 お互いのエピソードを話すと本当に面白いです。 最近は精神疾患あるあるが見つかりました! それは極限状態に陥ると、命を絶つ方法をググることです 笑 なんて重い話なんだ!軽率な発言は控えろ!と思われそうですが事実です。 精神疾患持ち同士、暗~く話しているように思われそうですが、全然そんなことはありません。 むしろお互いの病状のありえへん話をたくさんして笑っています。 話終わったあとに前向きな気持ちになれることが大切だからです。 最後に 双極性障害は感情の起伏が激しすぎるので、周りを困らせることが多々あると思います。 でも治療すれば必ず落ち着く病気です。 そのためには周囲の理解とサポートが欠かせません。 だから あなたが出来る範囲で支えてあげてください。 そしてその支えが患者さんの生きる希望となります。 私がこんなに前向きなのは、周りのみんながいてくれるからです。 あなたの大切な人が、また再び平穏な日々を送れますように。 関連記事:.

次の

双極性障害【パートナー】との接し方!彼氏・彼女・夫・妻【当事者】からお願いしたいこと

双極性障害 接し方 恋人

うつ病への誤った接し方が与える悪影響とは? 誤った接し方や声かけは、うつ病を抱える人にとって負担になるばかりでなく、場合によっては悪い影響をもたらすことがあります。 どういった影響を及ぼしてしまうのか、一緒に見ていきましょう。 回復を遅らせる 投薬や休養などによってある程度まで持ち直していても、誤った接し方をされたことで回復が遅れることがあります。 中には、 「こんなことを言われた(された)」と傷つくことで状態が悪くなってしまうこともあります。 心を閉ざさせる うつ病を抱える人にとって 最もつらいのは、自分の気持ちや病気のつらさを 「誰にも分かってもらえない」と感じることです。 適切でない接し方や声かけは、その人に「自分を理解してもらえない」ということの表れのように映る場合があります。 その結果、自分のことを相談したり分かってもらおうとしなくなり、ますます孤独を深めてしまいます。 追い詰めてしまう うつ病とは、心のエネルギーが尽きかけている状態です。 特に症状が強く出ている時期は、楽しさや喜びといったポジティブな気持ちを感じることができなくなり、周囲や自分に関して暗く考えてしまいがちです。 自責の念や罪悪感、失望感などを抱きやすく、周囲のちょっとした言動で追い詰められた気持ちになりやすい、危うさのある時期でもあります。

次の