古風な名前。 女の子の古風・和風で可愛い名前947!綺麗で女性らしい名付け

和風・古風な男の子名前!歴史的でかっこいい名付け400選 [赤ちゃんの命名・名づけ] All About

古風な名前

響きがかっこいい男の子の名前の1つ目は、今風の響きを持つ名前です。 ここで注意していただきたいのが、独りよがりのキラキラネームにならないことです。 響きがかっこいいだけで字が読みづらかいのは敬遠されます。 読みやすく、呼びやすい名前がいいでしょう。 名付けに際し姓名判断などで画数を確認するのもおすすめです。 呼びやすさに重きを置くなら、さ行やら行の字を使うことをおすすめします。 これらの音は爽やかで呼びやすく、今風の名前にも多用されるものです。 響きが今風の名前• 朔嗣(さくし)• 朔悠(さくはる)• 朔摩(さくま)• 紫音(しおん)• 峻吾(しゅんご)• 素良(そら)• 来駆(らいく)• 利一(りいち)• 凛桜(りおう)• 日本人のDNAを振るわせるような古風な名前、赤ちゃんでも違和感のない渋い名前はいくらでもあります。 古臭い名前、ではなく古風な名前です。 古風な名前を名付けることは、古臭いと眉を顰められるものではなく良き伝統を伝えることといえます。 和歌などからヒントを得るのもいいでしょう。 赤ちゃんから成長した時、自分の名前の由来を聞いて自分から和歌に興味を持ち、歴史や文学に興味を持つことも十分あり得ます。 古風で渋い響きの名前• 一平(いっぺい)• 詠吉(えいきち)• 桜太郎(おうたろう)• 京之介(きょうのすけ)• 大雅(たいが)• 高雪(たかゆき)• 武丸(たけまる)• 光春(みつはる)• 弥一(やいち)• 古風な名前は、時に力強い印象を与えます。 赤ちゃんであっても幼児であっても違和感のない名付けをしてあげてください。 むしろ、赤ちゃんの内に力強い名付けをした方が後々の人生で適度なプレッシャーとして力になるでしょう。 古風で渋い・力強い名前• 篤臣(あつおみ)• 生之助(いくのすけ)• 永嗣(えいじ)• 虎一郎(こいちろう)• 茂篤(しげあつ)• 拓磨(たくま)• 遼河(はるか・りょうが)• 正成(まさしげ・まさなり)• 大和(やまと)• 一文字で意味を表す名前はインパクトがあり、潔さを感じさせます。 意味だけではなく、字面が力強い名前もありますので、漢字一文字の名前を名付けることもご検討ください。 漢字一文字の力強い名前• 周(あまね)• 新(あらた)• 樹(いつき・たつき)• 慶(けい)• 豪(ごう・たけし・つよし)• 毅(ごう・たけし・つよし)• 壮(そう・たけし)• 翼(つばさ)• 誠(まこと)• 漢字の意味がインテリジェンスであり、堅苦しくなく爽やかなイメージの名前が好まれます。 人を人たらしめるもの、それは知性です。 人間の持つ大いなる武器とも言える知性を思わせる名付けをしてあげましょう。 頭の良さもかっこよさの一つなのです。 知的な名前• 叡弘(あきひろ)• 英祐(えいすけ)• 叡人(えいと)• 慧一(けいいち)• 慧悟(けいご)• 慧士(けいし・さとし)• 俊次(しゅんじ)• 俊亮(しゅんすけ)• 知宏(ちひろ・ともひろ)• 爽やかなイメージも一つの魅力でありかっこいいとのイメージがあります。 爽やかな名前には、主に水や青いものを連想させる字を使うといいでしょう。 さ行を使って名付ければ爽やかな印象が増して、赤ちゃんでもお年寄りでも好ましい名前になります。 スマートで涼やかなイメージも男らしさの一つです。 赤ちゃんはかわいらしい存在ですが、将来を見越して涼やかで爽やかな名付けをするのもおすすめといえます。 爽やかな名前• 蒼(あおい)• 青波(あおば・せいは・せいば)• 一澄(いずみ・かずきよ)• 伊澄(いすみ・いずみ)• 澄也(きよなり・すみや)• 涼雅(すずまさ)• 透也(とうや)• 風太(ふうた)• 光風(みつかぜ)• 強さばかりが男らしさではありません。 時に見せる優しさも男らしさです。 優しさとは余裕の表れであると同時に、痛みを知る者の証でもあります。 赤ちゃんや幼い内は大きな傷から守ってあげましょう。 成長に伴い傷は増えますが、大抵は必要なものです。 いずれ大きくなった時に人の痛みが分かるよう祈りと願いを込めて、優しい印象の名前を付けましょう。 名前負けをしないようにと緊張することはありません。 正しく愛情を込めて教育をすれば優しい子になります。 優しい印象の名前名付けとしては、「篤」や「祐」、「慈」などの漢字がおすすめです。 優しい印象の名前• 篤央(あつお)• 篤希(あつき)• 瑛仁(えいじ)• 奏仁(かなと・かなひと)• 貫仁(かんじ・やすひと)• 桂慈(けいじ)• 健慈(けんじ)• 定慈(さだじ・ていじ)• 壮祐(そうすけ)• 日本語には海外の言語にはない独自の赴き、侘びや寂びなどがあります。 和歌などからヒントを得てもいいですし、響きと漢字の美しさからとるのもおすすめです。 赤ちゃんであっても風流な名前は案外似合います。 風流で日本風の名付けをすることで、明日の日本をしょって立つ大和男子として期待を添えるのもいいでしょう。 但し、あまり期待をかけすぎないようにしてください。 期待も願いも適度なものが一番です。 日本語の美しさを感じる名前• 伊織(いおり)• 出雲(いずも)• 右京(うきょう)• 虎徹(こてつ)• 左京(さきょう)• 志門(しもん)• 七織斗(なおと)• 武蔵(むさし)• 八雲(やくも)• 偉人にヒントを得た、通称あやかり系の名前はそのまま使わない方が良いとされます。 縁起の問題ではなくその子にプレッシャーを与えることもあれば、からかいの原因にもなりかねないからです。 しかし偉人に敬意を表したい方におすすめといえます。 偉人からとった名前• 暁盛(あきもり)• 克盛(かつもり)• 宗音(かずね)• 宗也(かずや・しゅうや・そうや)• 宗太郎(しゅうたろう・そうたろう)• 竜也(たつや・りゅうや・りょうや)• 徹信(てっしん・てつのぶ)• 照信(てるのぶ)• 徳ノ信(とくのしん)• 止め字というのは、名前の最後の一文字を言います。 古風で渋い名前の場合は「~丸」「~郎」「~平」「~助」「~介」などがよく使われる止め字です。 令和の時代の赤ちゃんでも十分違和感のない名前になりますので安心してお使いください。 止め字が和風の名前• 明太郎(あきたろう)• 一太朗(いちたろう)• 一之助(いちのすけ)• 生之助(いくのすけ)• 浩太郎(こうたろう)• 光之介(こうのすけ)• 燦之介(さんのすけ)• 龍之介(たつのすけ・りゅうのすけ)• 力丸(りきまる)• 文学的要素とは言ってもそんなに難しく考えることはありません。 和歌などから取るのもおすすめですし、「詩」「詠」「作」「創」といった字を使うのもいいでしょう。 言葉は人に想いを伝えるための原始的にして大事なツールです。 そんな言葉で作られた文学の世界へと赤ちゃんを、子供を導くかのような名付けも多く使われます。 「いずれ本を読んで思索にふけり、多方面で物を考えることができるように」そんな願いも文学的な名前には込めることができます。 文学の要素を持つ名前• 詠也(うたや)• 旺詩(おうた)• 隆詠(おうた)• 吟彦(おとひこ)• 和詩(かずし)• 湖詩(こうた)• 創広(つくひろ)• 成吟(なおと)• 将詩(まさし)• 詠太郎(ようたろう) 芸術的な要素のあるかっこいい男の子の名前の2つ目は、音楽的な要素を持つ名前です。 音楽とは時に疲れた心を癒し、励ましてくれます。 曲一つだけで人の心はどうとでも踊るものです。 そんな音楽のごとく人の心を温かく包み、時に鼓舞する人になってくれるように願いを込めて、音楽的な要素の名前は付けられます。 音楽的要素を持つ名前には「音」、「奏」、「律」、「歌」、「楽」、「琴」といった字がおすすめです。 流れるような響きの名前にするとより音楽的で爽やかな印象になります。 音楽的要素を持つ名前• 歌彦(うたひこ)• 律彦(おとひこ)• 奏明(かなあき)• 奏太(かなた)• 奏寿(かなひさ)• 奏武(かなむ)• 奏史郎(そうしろう)• 律志(のりふみ・りっし)• 律人(りつと)• 絵画、彫刻などの視覚芸術は時に既成概念を大きく覆します。 奇をてらうのではなく、凝り固まった概念をひっくり返すほどの大きな男になってほしい、そんな意味合いを込めた名前が多いです。 スケールこそ壮大ですが、繊細で爽やかな印象のある名前がいいでしょう。 「創」、「作」、「匠」、「巧」などがおすすめの漢字です。 絵画的要素を持つ名前• 巧(いさお・こう)• 絵一輝(えいき)• 絵蓮(えれん)• 巧樹(こうき)• 巧典(こうすけ)• 巧太郎(こうたろう)• 巧也(こうや)• 創一(そういち)• 創紀(そうき)• 好きなアニメのキャラクターやタイトルにあやかった名付けも結構なされています。 一見するとオタクのようだと否定的な取られ方をされそうですが、そのキャラクターや作品の持つ魅力を受け継がせたいとして名付ける人も多いです。 ここで注意していただきたいのが、親の自己満足にならないことです。 どんな名前でも言えることですが、子供にとっては一生使うものなので、からかわれないよう、ちゃんとしたかっこいい名前を付けてあげましょう。 アニメにちなんだ名前• 旭(あさひ)|『ハイキュー』• 健士朗(けんしろう)|『北斗の拳』• 左之助(さのすけ)|『るろうに剣心』• 周助(しゅうすけ)|『テニスの王子様』• 透(とおる)|『名探偵コナン』• 衛(まもる)|『美少女戦士セーラームーン』• 三月(みつき)|『アイドリッシュセブン』• 紅葉(もみじ)|『フルーツバスケット』• 弥彦(やひこ)|『るろうに剣心』• 外国語風、外国人風など、国際化社会の昨今、海外の人にも覚えられやすい名前がいいでしょう。 発音しやすく、よい漢字を当てはめやすい名前もあります。 外国的な名前• 愛々人(ああと)|英語・art(芸術)• 珂音(かいん)|英語・kind(優しい)• 丈(じょう)|英語風人名• 穣司(じょうじ)|英語風人名• 千太(せんた)|英語・center(中央)• 泰武(たいむ)|英語・time(時間)• 安里(あんり)|フランス語風人名• 輝(てる)|フランス語・terre(地球)• 快武(かいむ)|ドイツ語・keim(芽)• 徹(とおる)|ドイツ語・toll(素晴らしい) かっこいい名前と愛情をもらった男の子はかっこいい人生を歩む.

次の

女の子の名付け。古風だけど古臭くはない、かわいい名前26選! [ママリ]

古風な名前

響きがかっこいい男の子の名前の1つ目は、今風の響きを持つ名前です。 ここで注意していただきたいのが、独りよがりのキラキラネームにならないことです。 響きがかっこいいだけで字が読みづらかいのは敬遠されます。 読みやすく、呼びやすい名前がいいでしょう。 名付けに際し姓名判断などで画数を確認するのもおすすめです。 呼びやすさに重きを置くなら、さ行やら行の字を使うことをおすすめします。 これらの音は爽やかで呼びやすく、今風の名前にも多用されるものです。 響きが今風の名前• 朔嗣(さくし)• 朔悠(さくはる)• 朔摩(さくま)• 紫音(しおん)• 峻吾(しゅんご)• 素良(そら)• 来駆(らいく)• 利一(りいち)• 凛桜(りおう)• 日本人のDNAを振るわせるような古風な名前、赤ちゃんでも違和感のない渋い名前はいくらでもあります。 古臭い名前、ではなく古風な名前です。 古風な名前を名付けることは、古臭いと眉を顰められるものではなく良き伝統を伝えることといえます。 和歌などからヒントを得るのもいいでしょう。 赤ちゃんから成長した時、自分の名前の由来を聞いて自分から和歌に興味を持ち、歴史や文学に興味を持つことも十分あり得ます。 古風で渋い響きの名前• 一平(いっぺい)• 詠吉(えいきち)• 桜太郎(おうたろう)• 京之介(きょうのすけ)• 大雅(たいが)• 高雪(たかゆき)• 武丸(たけまる)• 光春(みつはる)• 弥一(やいち)• 古風な名前は、時に力強い印象を与えます。 赤ちゃんであっても幼児であっても違和感のない名付けをしてあげてください。 むしろ、赤ちゃんの内に力強い名付けをした方が後々の人生で適度なプレッシャーとして力になるでしょう。 古風で渋い・力強い名前• 篤臣(あつおみ)• 生之助(いくのすけ)• 永嗣(えいじ)• 虎一郎(こいちろう)• 茂篤(しげあつ)• 拓磨(たくま)• 遼河(はるか・りょうが)• 正成(まさしげ・まさなり)• 大和(やまと)• 一文字で意味を表す名前はインパクトがあり、潔さを感じさせます。 意味だけではなく、字面が力強い名前もありますので、漢字一文字の名前を名付けることもご検討ください。 漢字一文字の力強い名前• 周(あまね)• 新(あらた)• 樹(いつき・たつき)• 慶(けい)• 豪(ごう・たけし・つよし)• 毅(ごう・たけし・つよし)• 壮(そう・たけし)• 翼(つばさ)• 誠(まこと)• 漢字の意味がインテリジェンスであり、堅苦しくなく爽やかなイメージの名前が好まれます。 人を人たらしめるもの、それは知性です。 人間の持つ大いなる武器とも言える知性を思わせる名付けをしてあげましょう。 頭の良さもかっこよさの一つなのです。 知的な名前• 叡弘(あきひろ)• 英祐(えいすけ)• 叡人(えいと)• 慧一(けいいち)• 慧悟(けいご)• 慧士(けいし・さとし)• 俊次(しゅんじ)• 俊亮(しゅんすけ)• 知宏(ちひろ・ともひろ)• 爽やかなイメージも一つの魅力でありかっこいいとのイメージがあります。 爽やかな名前には、主に水や青いものを連想させる字を使うといいでしょう。 さ行を使って名付ければ爽やかな印象が増して、赤ちゃんでもお年寄りでも好ましい名前になります。 スマートで涼やかなイメージも男らしさの一つです。 赤ちゃんはかわいらしい存在ですが、将来を見越して涼やかで爽やかな名付けをするのもおすすめといえます。 爽やかな名前• 蒼(あおい)• 青波(あおば・せいは・せいば)• 一澄(いずみ・かずきよ)• 伊澄(いすみ・いずみ)• 澄也(きよなり・すみや)• 涼雅(すずまさ)• 透也(とうや)• 風太(ふうた)• 光風(みつかぜ)• 強さばかりが男らしさではありません。 時に見せる優しさも男らしさです。 優しさとは余裕の表れであると同時に、痛みを知る者の証でもあります。 赤ちゃんや幼い内は大きな傷から守ってあげましょう。 成長に伴い傷は増えますが、大抵は必要なものです。 いずれ大きくなった時に人の痛みが分かるよう祈りと願いを込めて、優しい印象の名前を付けましょう。 名前負けをしないようにと緊張することはありません。 正しく愛情を込めて教育をすれば優しい子になります。 優しい印象の名前名付けとしては、「篤」や「祐」、「慈」などの漢字がおすすめです。 優しい印象の名前• 篤央(あつお)• 篤希(あつき)• 瑛仁(えいじ)• 奏仁(かなと・かなひと)• 貫仁(かんじ・やすひと)• 桂慈(けいじ)• 健慈(けんじ)• 定慈(さだじ・ていじ)• 壮祐(そうすけ)• 日本語には海外の言語にはない独自の赴き、侘びや寂びなどがあります。 和歌などからヒントを得てもいいですし、響きと漢字の美しさからとるのもおすすめです。 赤ちゃんであっても風流な名前は案外似合います。 風流で日本風の名付けをすることで、明日の日本をしょって立つ大和男子として期待を添えるのもいいでしょう。 但し、あまり期待をかけすぎないようにしてください。 期待も願いも適度なものが一番です。 日本語の美しさを感じる名前• 伊織(いおり)• 出雲(いずも)• 右京(うきょう)• 虎徹(こてつ)• 左京(さきょう)• 志門(しもん)• 七織斗(なおと)• 武蔵(むさし)• 八雲(やくも)• 偉人にヒントを得た、通称あやかり系の名前はそのまま使わない方が良いとされます。 縁起の問題ではなくその子にプレッシャーを与えることもあれば、からかいの原因にもなりかねないからです。 しかし偉人に敬意を表したい方におすすめといえます。 偉人からとった名前• 暁盛(あきもり)• 克盛(かつもり)• 宗音(かずね)• 宗也(かずや・しゅうや・そうや)• 宗太郎(しゅうたろう・そうたろう)• 竜也(たつや・りゅうや・りょうや)• 徹信(てっしん・てつのぶ)• 照信(てるのぶ)• 徳ノ信(とくのしん)• 止め字というのは、名前の最後の一文字を言います。 古風で渋い名前の場合は「~丸」「~郎」「~平」「~助」「~介」などがよく使われる止め字です。 令和の時代の赤ちゃんでも十分違和感のない名前になりますので安心してお使いください。 止め字が和風の名前• 明太郎(あきたろう)• 一太朗(いちたろう)• 一之助(いちのすけ)• 生之助(いくのすけ)• 浩太郎(こうたろう)• 光之介(こうのすけ)• 燦之介(さんのすけ)• 龍之介(たつのすけ・りゅうのすけ)• 力丸(りきまる)• 文学的要素とは言ってもそんなに難しく考えることはありません。 和歌などから取るのもおすすめですし、「詩」「詠」「作」「創」といった字を使うのもいいでしょう。 言葉は人に想いを伝えるための原始的にして大事なツールです。 そんな言葉で作られた文学の世界へと赤ちゃんを、子供を導くかのような名付けも多く使われます。 「いずれ本を読んで思索にふけり、多方面で物を考えることができるように」そんな願いも文学的な名前には込めることができます。 文学の要素を持つ名前• 詠也(うたや)• 旺詩(おうた)• 隆詠(おうた)• 吟彦(おとひこ)• 和詩(かずし)• 湖詩(こうた)• 創広(つくひろ)• 成吟(なおと)• 将詩(まさし)• 詠太郎(ようたろう) 芸術的な要素のあるかっこいい男の子の名前の2つ目は、音楽的な要素を持つ名前です。 音楽とは時に疲れた心を癒し、励ましてくれます。 曲一つだけで人の心はどうとでも踊るものです。 そんな音楽のごとく人の心を温かく包み、時に鼓舞する人になってくれるように願いを込めて、音楽的な要素の名前は付けられます。 音楽的要素を持つ名前には「音」、「奏」、「律」、「歌」、「楽」、「琴」といった字がおすすめです。 流れるような響きの名前にするとより音楽的で爽やかな印象になります。 音楽的要素を持つ名前• 歌彦(うたひこ)• 律彦(おとひこ)• 奏明(かなあき)• 奏太(かなた)• 奏寿(かなひさ)• 奏武(かなむ)• 奏史郎(そうしろう)• 律志(のりふみ・りっし)• 律人(りつと)• 絵画、彫刻などの視覚芸術は時に既成概念を大きく覆します。 奇をてらうのではなく、凝り固まった概念をひっくり返すほどの大きな男になってほしい、そんな意味合いを込めた名前が多いです。 スケールこそ壮大ですが、繊細で爽やかな印象のある名前がいいでしょう。 「創」、「作」、「匠」、「巧」などがおすすめの漢字です。 絵画的要素を持つ名前• 巧(いさお・こう)• 絵一輝(えいき)• 絵蓮(えれん)• 巧樹(こうき)• 巧典(こうすけ)• 巧太郎(こうたろう)• 巧也(こうや)• 創一(そういち)• 創紀(そうき)• 好きなアニメのキャラクターやタイトルにあやかった名付けも結構なされています。 一見するとオタクのようだと否定的な取られ方をされそうですが、そのキャラクターや作品の持つ魅力を受け継がせたいとして名付ける人も多いです。 ここで注意していただきたいのが、親の自己満足にならないことです。 どんな名前でも言えることですが、子供にとっては一生使うものなので、からかわれないよう、ちゃんとしたかっこいい名前を付けてあげましょう。 アニメにちなんだ名前• 旭(あさひ)|『ハイキュー』• 健士朗(けんしろう)|『北斗の拳』• 左之助(さのすけ)|『るろうに剣心』• 周助(しゅうすけ)|『テニスの王子様』• 透(とおる)|『名探偵コナン』• 衛(まもる)|『美少女戦士セーラームーン』• 三月(みつき)|『アイドリッシュセブン』• 紅葉(もみじ)|『フルーツバスケット』• 弥彦(やひこ)|『るろうに剣心』• 外国語風、外国人風など、国際化社会の昨今、海外の人にも覚えられやすい名前がいいでしょう。 発音しやすく、よい漢字を当てはめやすい名前もあります。 外国的な名前• 愛々人(ああと)|英語・art(芸術)• 珂音(かいん)|英語・kind(優しい)• 丈(じょう)|英語風人名• 穣司(じょうじ)|英語風人名• 千太(せんた)|英語・center(中央)• 泰武(たいむ)|英語・time(時間)• 安里(あんり)|フランス語風人名• 輝(てる)|フランス語・terre(地球)• 快武(かいむ)|ドイツ語・keim(芽)• 徹(とおる)|ドイツ語・toll(素晴らしい) かっこいい名前と愛情をもらった男の子はかっこいい人生を歩む.

次の

【創作支援名前倉庫】

古風な名前

古風でかわいらしい女の子の名前26選 近年では個性的な名前が話題になっていますが、古風で日本的な美しさを連想させる女の子の名前も人気です。 こちらでは古風でかわいらしい名前を26選ご紹介していきます。 漢字の組み合わせや音の響きも大切ですが、それぞれの漢字にどのような意味があるか考えながら、名付けを考えてみましょう。 「いろは」色葉、彩羽 「いろは」と聞くと、「いろはにほへとちりぬるを…」という「いろは歌」を連想する方が多いでしょう。 「色」という漢字にはやわらかさ、「彩」という漢字には色彩豊かなイメージがありますね。 平仮名のままでも、女の子らしくやわらかい印象の名前になるでしょう。 「うた」詩 東貴博さん・安めぐみさん夫妻のもとに生まれた女の子が、「詩歌」と書いて「うた」ちゃんという名前を付けられたことが記憶に新しいですね。 「詩」という漢字には文学的なイメージがあり、ロマンチックな雰囲気が好まれることが多いようです。 「かなで」奏 「奏でる」という言葉から、管弦楽器を演奏するイメージを持つ方も多いと思います。 古風でも現代風でもある名前の一つで、女の子だけでなく男の子にも人気があるといわれています。 音楽的な才能や人との調和を願って名付けに用いられることが多い漢字です。 「とうか」藤花、桃花 藤の花は古くから親しまれている日本の花木で、万葉集にも詠まれています。 薄紅や紫、白、黄色などさまざまな色をもち、4~5月にかけて満開を迎えます。 気品のある花なので、上品なイメージが持たれます。 一方で桃の花は、3~4月にかけてころんとした丸い花を咲かせます。 「桃の節句」ともいわれるように、ひな祭りで使われる代表的な花です。 どちらも春生まれの女の子にぴったりの名前でしょう。 「ひより」日和 「日和」は、晴れたよい天気のことを指します。 「小春日和」という言葉は、晩秋から初冬のポカポカした晴天の日を指します。 生まれた季節にとらわれず、あたたかい晴天の日に生まれた女の子の名付けにぴったりですね。 「ほたる」蛍 俳句や和歌でもよく使われている「蛍」という言葉。 やわらかいほのかな光は、日本人の奥ゆかしさをイメージできるため、女の子の名付けにふさわしいのではないでしょうか。 「みこと」美琴 「琴音」の名前でも触れましたが、昔から伝わる琴の美しい音色を連想します。 琴は日本の伝統楽器で、とても上品な音色であることから、古風でおしとやかな女の子のイメージの名付けにぴったりです。 「みやび」雅 「雅」という漢字は、洗練されている美しさや風流な意味があります。 古風ながらも気品のある印象で、華やかさのある名前です。 「ゆかり」紫 「ゆかり」という名前はよく聞きますが、「紫」という漢字を名付けに使うことによって、ぐっと古風な雰囲気が出ますね。 漢字でも平仮名でも自然な印象を与えてくれる名前ですね。 「るり」瑠璃 七宝の一つの宝石でラピスラズリの和名です。 天然石意味辞典によると幸運のお守り石として古くから人々に愛されてきたとされています。 瑠璃色は深く美しい紺色で、自然や宝石を連想させるため、凛 りん とした女の子のイメージの名付けにぴったりですね。 「わか」和歌、和華 漢字の通り日本に伝わる和歌をイメージし、昔ながらの印象を受けます。 「和華」はさらに華やかな印象を与えますね。 「和」という漢字は周囲をなごませ、穏やかな子に育つように、という思いを込めて名付ける人が多いようです。 「こはる」小春 「春」という漢字は四季を表す漢字の中で、夏とともに人気の高い字です。 冬から春にかけて、自然が息を吹き返す生き生きとしたイメージの名前ですね。 「あおい」葵 いつの時代も、変わらず人気のある名前です。 フユアオイやタチアオイなど、アオイ科の植物のことを指す漢字で、特にタチアオイは夏に大きくて優美な花を咲かせます。 明るいイメージの名前ですね。 「ちほり」千穂理 漢字の組み合わせは古風ですが、少し変わった名前をつけたいときにおすすめです。 ありそうでない珍しい響きですが、読み方が易しく、誰でも読むことができる字であることも高ポイントです。 「さと」 平仮名の名前というのも、粋でよいものですね。 響きは古風ですが、親しみやすい名前を付けると、周囲から覚えてもらいやすいのも魅力です。 「ももこ」桃子 「子」がつく昔ながらの名前も人気です。 女の子といえば、桃の節句。 桃の花を連想させる名前で、とてもかわいらしいです。 「りつ」 昔の名前のような響きですが、呼びやすく、覚えやすい名前です。 「律」や「利津」など好きな漢字をあてはめてみても、平仮名のままでもよいでしょう。 「はな」花、華 昔からある名前ですが、なじみやすく覚えてもらいやすいです。 赤ちゃんのころからおばあさんになるまで、違和感なく名乗れる素敵な女の子の名前です。 最近では「葉奈」「葉菜」など、名付けに二文字使うパターンも人気のようです。 「あいこ」愛子 昔ながらの親しみのある名前でありながら、歌手のaikoさんを連想させるおしゃれな雰囲気もあります。 愛情深く優しい女の子に育ってほしい、という思いがこもった素敵な名前です。 「みと」美都 名前の響きは今風ですが、漢字が古風で素敵な名前です。 「都」という字にはにぎやかで洗練された印象があるとされています。 「都」の字は「美都」以外の名前にも、女の子の名付けの止め字として使用されていますよ。 出典元一覧• 西東社編集部(編)「赤ちゃんの名前ハッピー漢字辞典」50-455(西東社,2014)• 栗原里央子「赤ちゃんのしあわせ名前辞典」327-422(ベネッセコーポレーション,2016)• 小川環樹「新字源改訂版」1-1176(角川書店,1994)• 山田忠雄「新明解国語辞典」1-1642(三省堂,2015)• 星の種「天然石パワーストーン意味辞典」(,2019年6月24日最終閲覧) 本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。 必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。 なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。 ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはもご覧ください。

次の