ごちゃんねる 誹謗中傷。 F9(荒らし)とは (エフナインアラシとは) [単語記事]

渡辺麻友(まゆゆ)引退、木村花さん中傷問題も影響か 「私ももうバッシングされたくない。静かに生きていきたい」│アングラ密報

ごちゃんねる 誹謗中傷

5ちゃんねるとは? 5ちゃんねるは、あの有名な電子巨大掲示板である「2ちゃんねる」(2ch. net)が名称変更したものです。 名称の変更は10月1日より変更されたもので、古今東西における文化から政治経済、趣味、までと様々な話題を手広く扱っている掲示板です。 5ちゃんねるはなぜ2ちゃんねるから名前を変更したのか 5ちゃんねるがなぜ2ちゃんねるから名前を変えたのか。 それは2つあった2ちゃんねるの権利騒動が関係しているようです。 2ちゃんねるは、以前より現管理人であったジム・ワトキンス氏と、初代管理人であり旧2ちゃんねる 2ch. net の設立者でもある西村博之氏(現 2ch,sc 管理人)との間において2ちゃんねるのドメインの権利をめぐり争っていましたが、2016年にWIPO(世界知的所有機関)の調停と裁定によって西村氏からの訴えは取り下げられました。 しかしその後も西村氏とのトラブルが続き、それらの問題に対処すべく、運営権をRace Queen, Inc. からLoki Technology, Inc. に委譲し、5ちゃんねるへと変更したとジム氏側より説明がありました。 このジム氏からの説明から、法廷の結果後も権利関係のトラブルが続いたための変更と考えられます。 5ちゃんねると2ちゃんねるの違い (画像はより抜粋) この5ちゃんねるですが、2ちゃんねるとの変更点は今のところ以下の4点が大きく上げられます。 ・ドメイン 2ch. (フィリピン法人) 5ちゃんねるといっても現時点では大きな変更はなく旧2ちゃんねると同様に使用できるようです。 しかしまだ5ちゃんねるから変わって間もないことから今後もなんらかの変更がありえるため、今後の動向を見守る必要がありえます。 追加情報(2017.11. 09) 西村博之氏からの発表により、 2ちゃんねるの商標権は「西村博之」にあると特許庁の判断が下りました。 これによってRace Queen, Inc. は2ちゃんねるという名前が使えなくなりました。 しかし、ドメインの所有権そのものはジム・ワトキンス氏に依然としてあります。 つまり ・2chドメイン(2ch. ドメイン所有の判決を下した「WIPO」と「特許庁」は別組織であることから判決が別れたわけですが、西村氏としてドメインの所有も取り返そうとしていることが伺えるため、今後の動向を見守っていく必要があります。 まとめサイトへの対応変更 (2017. 04追記) 5ちゃんねる運営は 「まとめブログ運営」に対しての対応を変更したと発表した。 違反があった場合は、米国著作権改正法の一つであるDMCA(デジタルミレニアム著作権)に侵害するとして申し立て、民事・刑事による法的対応も取るとしている。 5ちゃんねるがまとめサイト運営に対して定めた主なルールは以下のとおりである。 ・ステルスマーケティングの禁止 ・レスの捏造、改変の禁止(個人情報や卑猥な単語の伏せ字などの改変は可) ・ニュース速報(嫌儲)板のスレッドの内容をまとめた記事の掲載 ・まとめ先の元スレッドのリンクを掲載すること これにより仮に侵害したまとめブログサイトはDMCA侵害したと申し立てられる。 検索エンジンであるGoogleはDMCA侵害があるコンテンツに対して、著しく検索順位を落とす措置が取られる可能性があるため、まとめサイト側としては運営に大きく関わる問題だ。 しかし逆を言えば、これらのルールさえ守っていれば、5ちゃんねる側はまとめサイトへの「転載」を許可したといえる。 また、5ちゃんねるの書き込みの著作権は運営会社としているものの、その内容についてはあくまで投稿した人が負うというスタンスになっている。 「引用」であるなら自由に行うことがほとんどが「転載」となっているまとめブログにおいて、このルールは遵守する必要がでてきたようだ。 5ちゃんねるのへの削除申請について 5ちゃんねるの削除申請についても現状では大きくガイドラインに変わりはないようです。 しかし削除申請先が新たに meiyokison 5ch. netへと変更となっています。 また裁判所からの削除に関しての仮処分決定などへの対応は今後、 Loki Technology Inc. が対応することとなります。 削除に関して詳しく知りたい方は現5ちゃんねるのと当サイトのをぜひご一読ください。 まとめ ・5ちゃんねるの変更はジム氏と西村氏の権利闘争の結果 ・5ちゃんねるへの変更内容はタイトルやドメインなど以外は大きく変わりなし。 ・5ちゃんねるの運営に関しては今後Loki Technology, Inc. が行っていく。 5ちゃんねるは今の段階ではドメインや運営会社が変わった事以外は大きな変わりはありません。 しかし旧2ちゃんねる同様、今後様々な書き込みが予想されることから絶えず監視していく必要があります。 もし5ちゃんねるの書き込みでお困りの際は風評被害対策ラボまで一度ご相談ください。 人気の高い記事• 29,122ビュー posted on 12月 13, 2016• 17,057ビュー posted on 10月 11, 2017• 14,039ビュー posted on 9月 18, 2016• 10,051ビュー posted on 12月 9, 2016• 6,969ビュー posted on 12月 12, 2016• 5,415ビュー posted on 1月 30, 2017• 4,965ビュー posted on 2月 5, 2017• 3,284ビュー posted on 8月 14, 2016• 3,269ビュー posted on 9月 7, 2016• 2,985ビュー posted on 5月 8, 2017.

次の

5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)の削除はこうやる!誹謗中傷の犯人を特定する方法

ごちゃんねる 誹謗中傷

ブログに向かない人• (いかなるものでも)差別することが生きがいの人• リアルでできないことをネットではできると思っている人• 書き込まれる奴が悪いと思っている人、あるいはいじめられる方が悪いという考えの人• 「ブーメラン」「自演乙」しか言い返せない人• 物事を自身の経験則でしか計ることのできない人• 論理的に物事を考えることができない人• 理解する気もないのに文句だけ言う人• 感情論だけで物事を判断する人• 出だし3行orタイトルだけで知った口調で意見を言う「まとめブログ脳」の人• 状況証拠やアリバイを知らない人• 都合の悪い情報は陰謀と自演と決め込む人• 事実は伝え方次第で変わることが分からない人• 反対意見の人を人間扱いできない人• 親しき仲でもないのに礼儀知らずな人• 批判されると気が狂ったみたいに怒る人• 平然とバレる嘘をつく人• 自分の行いは全て正義だと思い込んでる人• ネットと現実の人間関係は同等だと思ってる人• ネットにない情報はデマだと思ってる人• 都合のいい情報だけ信じる人• 根拠なく人のせいにする人• 被害を受けてなくても被害者面して加勢する人• 感情的に人を貶める行為は正しいと思ってる人• 事実であればどんなことも公開していいと思ってる人• 人が人を非合法に裁くことに疑問を感じない人• 自分に対し懐疑的になれない人• の自覚or傾向がある人 ……とは分かりあえないので読まないでください。 ブログ主は炎上の当事者 ブログ主は2014年2月に起きたを中心に炎上した事件の当事者です。 炎上から約一年以上に渡って、や匿名のアカウントから嫌がらせや誹謗中傷を受けました。 被害は無関係な知人にまで及びました。 (計3つの匿名のアカウントから罵倒や誹謗中傷リプなどの嫌がらせを日常的にされ、フォロワーに対しても無差別に専スレに誘導する行為を繰り返していました。 2ちゃんに開示スレが立ったと同時に消えたので、自主的に削除したのではないかと思います) 誹謗中傷の主たる内容は、の非公開アカウントで過去に呟いた内容を捏造したり誇張したりといったソースのない伝聞や噂のような内容でした。 虚偽であり、デマだったこともあり精神的苦痛を受けました。 2014年夏に、2ちゃんの専スレの書き込みに対し、の発信者情報開示請求訴訟を起こしました。 2015年初めに発信者が特定されました。 当ブログの主旨は、情報があるようで有益な情報がほとんど見つからない「ネットにおける誹謗中傷」について、私の経験をもとに、開示の手続きから訴訟の流れを紹介するブログですが、開示先がであったため、2ちゃん中心に特化してます。 今現在も行われている個人攻撃の中傷や嫌がらせに苦しみ、泣き寝入りしている人たちに向け、個人での訴訟は十分に可能であり、発信者にたどり着くこともできるという証拠を残すことで、心ない中傷に苦しんでる人たちへの励ましに少しでもなればと思いブログを作成公開してます。 いじめなり嫌がらせなりを受けたという人が赤の他人から「それくらいスルーしろ、少しの我慢だろ」みたいなクソを受けるという話は時々耳にするのですが、実際それで得するのは加害者の方だし、そんな風にスルーや我慢をさせられた被害者が後々救われることってあまりない気がするんですよね…。 — ちらいむ chilime 情報の真偽と注意事項 訴訟内容から発信者特定に至るまでの経緯について、開示された人の一部に「納得いかない」といった意見を見かけますが、自身の経験のみを書いているため、信じるも信じないも委ねるしかありません。 裁判や訴訟はケースバイケースであり、同一内容同一はありません。 また、の方向性や原告の社会的立場や性格、被告の社会的立場や性格、それら全てが個々により違うなら、導き出される判断も当然、異なるのは言わなくても分かると思います。 「これが答えだ」とする確定的なものは存在しないのが訴訟や事件です。 自分の場合はどうなるかを過去のからシミュレートすることでしか予測できません。 自身のことである以上、嘘を書いても仕方がないので、特定情報を掲示している(に登録もされてる漫画家ですが、nuiさんという方つこく悪用されているため秘匿しました。 この方については、各公的機関を通じ対応しているところです)以上、嘘を書けば自身が損をします。 社会的評価を失墜させられたための開示で、自身が虚偽をばらまき、社会的評価を落としたら本末転倒です。 同時に記載されているものは、「個人による個人的な開示請求訴訟の内容」です。 前提に、万人に当てはまることではないこと、開示請求を考えている人、または開示された人は参考程度にとどめていただければと思います。

次の

F9(荒らし)とは (エフナインアラシとは) [単語記事]

ごちゃんねる 誹謗中傷

悪質な書き込みによって個人情報が流出してしまうこともあれば、事実とは異なる誹謗中傷によって普段の生活に支障をきたしてしまうこともある。 それがインターネットです。 とくにインターネットという特殊な世界では、実際の社会とはモラルに対する認識も変わります。 実生活においては、他人のことに関して特別な関心を抱かない人であっても、周囲の人々の言動に呼応するかのように反応する人が少なくありません。 誰にも見られていないという感覚が、日常生活では抑えている欲望や欲求を開放させてしまうのかもしれません。 問題は、そういった誹謗中傷によって被害を受けてしまった場合です。 個々人が責任をもって書き込んでいないからこそ、迅速な対応によって被害の拡大を防がなければならないのです。 インターネットはその情報の伝達の速さに特徴があります。 情報が拡散してしまう前に、適切な対処を行いましょう。 そのためにはまず、対象のサイトについて知ることが大切です。 とくにこちらの記事では、日本最大級の掲示板である「2ちゃんねる」についてその歴史とともに解説していきます。 誹謗中傷に関する投稿が多い2ちゃんねる 過去にもさまざまな問題を引き起こしてきた2ちゃんねる。 普段から日常的に閲覧しているという方も多いのではないでしょうか。 当事務所の弁護士も有益な情報の取得のため時には閲覧することもあります。 もちろん、閲覧するぶんにはまったく問題ありません。 注意しなければならないのは、自分が書き込みをする場合です。 実際に2ちゃんねるのスレッドを見てみると分かりますが、そこに書かれているようなやり取りは、とても実生活ではできないような「ユルさ」や「フランクさ」があります。 相手を目の前にしていないからこそ、対外的なマナーやモラルへの認識が薄くなるのです。 その結果、「このような書き込みをすればもっと盛り上がる」と考え、個人情報や他人の誹謗中傷まがいな投稿を平気でしてしまう。 とくに、日常に不満を抱えている人ほど、そのはけ口として2ちゃんねるに投稿しているように感じられます。 問題の根は深いのです。 2ちゃんねるはいつどこで誕生したのか? では、その2ちゃんねるはいつどこで生まれたのでしょうか。 実は、今から10年以上前に誕生しています。 1999年、まもなく21世紀に入ろうかというときに、元管理人である西村博之氏によって設置されました。 いわゆる「匿名掲示板」のはしりです。 設立当初から、実名では公開できないような裏話や、自分だけが知っているような事情を暴露しているユーザーが多かったようです。 そのようなアングラな情報は閲覧者の興味をそそり、徐々にユーザーが増えていきました。 ただ、そこには問題もあります。 匿名性であるのをいいことに、ユーザーだけが楽しめるような情報を拡散していれば、必ず困る人が出てくるはずです。 そう、書き込まれた当事者です。 とくに、事実とは異なる内容や誹謗中傷まがいの書き込みは、実生活にまで被害をおよぼしてしまうのです。 なかにはポジティブな情報も含まれており、その一部は書籍化やドラマ化、あるいは映画にもなっています。 つまり、社会的に認知されてきたのです。 ただ、書き込みの内容をめぐっては裁判にまで発展する事例も増えていたため、世間の関心を広く集めつつも、総じてマイナスなイメージを形成してしまったことは否めません。 そしてさらに、内部でも管理権をめぐって問題が起きてしまいました。 2014年2月、2ちゃんねるの実質的な運営元であるサーバー管理者の「N. Technology」が、創始者である西村博之氏に対し、サーバー料金の未払いを理由に解任を要求するという事件が発生しました。 それにより、2ちゃんねるの運営はフィリピン法人「Race Queen Inc. 」へと移行しています。 現在の2ちゃんねる運営元について 「2ch. net」 1999年に開設されたいわゆる「2ちゃんねる」本体はこちらになります。 すでに述べたとおり、管理人は創始者の西村博之氏ではなく、フィリピン法人のRace Queen Inc. 社が行っています。 書き込みの上限が1000までに制限されているのが特徴です。 「2ch. sc」 2014年の内紛によって、創始者の西村博之氏が新たに開設したサイトが「2ch. sc」です。 内容は2ちゃんねるをコピーしたものとなっていますが、新規の書き込みをすることも可能となっています。 また、本家とは異なり、書き込みの上限に制限はありません。 その他のコピーサイト・ミラーサイト 「2ch. net」「2ch. sc」以外にも、さまざまなコピーサイト(ミラーサイト)が存在しています。 代表的なものには「ログ速」「みみずん検索」などがあります。 いずれも2ちゃんねるの内容をコピーしているだけなので、新たに書き込むことはできません。

次の