幻影 戦争 ギルド。 【FFBE幻影戦争攻略】ギルドには必ず入れ! ギルドに加入するメリットまとめ [ファミ通App]

幻影戦争~ギルドバトル①基本ルール

幻影 戦争 ギルド

ギルド石像とは ギルド石像とは、ギルドそのもののレベルのようなもの。 各メンバーの寄付によって経験値が溜まり、石像レベルが上がると「メンバー数の増加」や「出席報酬UP」などの効果を得られます。 それぞれが1日に3回までしか寄付できないので、毎日30,000ギルの寄付は必要経費と割り切りましょう。 寄付しているかは「ランキング」から確認可能 どのメンバーがどれだけ寄付しているかは、ギルドページ内の「ランキング」から確認可能です。 それなりにやる気のあるギルドなら、公平性を期すためにもしっかりマスターが確認し、寄付していないメンバーを定期的に追放する必要があります。 毎日150EXPずつ増えてないと追放!とかはやりすぎだと思うけど、数日経って0EXPは流石に……? 各ギルド石像の効果 石像の種類 影響するメリット 大蛇の石像 出席報酬 ユニットのHP サブリーダー数 牡牛の石像 ユニットの最大TP メンバー数 麒麟の石像 兵舎ユニット数 ユニットの魔力 獅子の石像 ユニットの攻撃 メンバー数 FFBE幻影戦争では、各石像ごとにレベルアップの効果が異なります。 一見美味しそうに見える石像はメンバー数が増えない点に注意。 メンバー数が早く増えれば、その分毎日の増加EXPが増えるため、結果として他石像の効果も早く受けられるようになります。 出席はスキップチケットを入手できる貴重な手段の1つなので、報酬アップは超魅力的。 ただ、他石像と異なりメンバー数が増えないのが悩みどころ。 TPは最大から始まり、バトル中に尽きることがあまりないため、恩恵としては最も薄い石像だと思います。 レベル上昇に伴い全ユニットの魔力も増加しますが、メンバー上限は増えません。 ギルドに加入する目的はやはり「報酬」が主だと思うので、麒麟よりは大蛇の方が優先度は高いかなと。 牡牛の石像同様にメンバー数も増えるほか、最重要ステータスである「素早さ」の増加効果もあるため、一般ギルドでは最も優先すべき石像かもしれません。 スポンサードリンク.

次の

【FFBE幻影戦争】ギルド石像の効果とオススメ優先強化順

幻影 戦争 ギルド

この間までいたギルド、最近ではギルドバトルしてる人が自分合わせて2人とかに。 ブロンズ帯はホントにギルドバトルしてる人が少ないなーという印象。 ギルド石像鍛えるマンスリーミッションの虹の欠片も手に入ったし、ギルド違うとこに入りなおしました。 ギルド変わるときに気になってたことをいくつか。 兵舎の食料上限はそのまま ギルド内に兵舎がある、というか ギルドに入るのって兵舎使いたいからなんだよな。 あと時々あるギルド加入キャンペーンでごほうびもらうため。 (これがないなら自分オンリーのギルドで兵舎だけ利用てのもかまわないんだけどな。 ) まず ギルド抜けてる期間は兵舎はやっぱり使えない。 またギルド抜けて24時間は新しいギルドに加入できないので、ギルドを移籍する場合は24時間分の兵舎JPがムダになる。 これは仕方ない。 んで、もひとつ気にしてたのが石使って伸ばした兵舎の食料の蓄え上限は元に戻っちゃうのかってとこ。 これも結論から言うと 兵舎の食料上限はそのままでギルド移籍できる。 石が無駄になっちゃうのかとちょっと心配してたけど一安心。 んじゃギルドの名前と紹介文、それからギルバトのランクは見えるけど、 これまでのギルバトの戦績やメンバーのログイン状態なんかは見られない。 うーん、どうせギルド移るならある程度過疎ってないギルド選びたい。 んでログイン状態とかみたかったんだけど、無理かー。 日曜にギルド脱退するのはやめよう 日曜に虹の欠片が手に入ったのでギルド抜けたんだけど、これは大きなミステイク。 月曜ミッションの「ギルド石像を鍛える」ができない事態に。 探索チケットほしかったー…。 しゃーない。 みなさんは日曜のサザエさん症候群で衝動的にギルド抜けることのないようにしてください。 ギルドまとめ 今回移ったギルドは完全に名前で選んだ。 ただ足を引っ張りそうな感じがむんむんにするので、また近い将来違うギルドに移るかもしれないなー。 追記 結局このギルドは早々にやめることになる。 ふっかけあってて今見ると「何やってんだろー。 」と思うなー。 当時ヒマだったんだろうね。 にしてもよくないなー。

次の

【FFBE幻影戦争】ギルドバトルで勝利する4つのコツ

幻影 戦争 ギルド

FFBE幻影戦争のギルドバトル基本ルールまとめ 報酬や参加条件関連は記載してませんのでゲーム内ヘルプで確認ください。 相手のギルド人数が少ない場合の防御については優先順位を事前に設定可能。 1回の戦闘での総行動回数は敵味方合わせて60回。 同着の場合は今後のアップデート次第で変わる。 同キャラのアビリティ付け替えやキャラ・・ビジョンの基本ステータス等は同一。 相手は自由に選択できる。 それまでは編成の一番左のキャラが誰かと3キャラのキャラレベル、総攻撃力・総魔力のみ確認可能。 結局のところ、強いギルドは課金額や育成度合い以上にこれらの基本ルールをどれだけ理解しているかによります。 というかノウハウの殆どはオート挙動研究と基本ルール熟知だけで事欠きます。 例えば、攻撃人数の多い方がかなり有利でギルドの人数によって攻撃人数が決まる。 ギルドバトルメインのギルドなら優先的にLv5にする選択肢は2択でしかないと分かります。 any20191114.

次の