ヒトモシ 育成論。 シャンデラ

【育成論】スカーフシャンデラ【ポケモン剣盾】

ヒトモシ 育成論

シャンデラの基本情報 タイプ・特性 タイプ ゴースト、ほのお 特性 もらいび ほのお技のダメージを無効化し、 ほのお技を受けると攻撃と特攻が1. 残りの努力値は特攻に252は確定で、余った20は無駄になりにくいHPに振るといいでしょう。 努力値を素早さに252振ると実数値が217になり、ほとんどのポケモンを抜くことができるので、自分の用途によって変更していくのもありです。 命中をとるならかえんほうしゃ、威力をとるならだいもんじを選ぶようにしましょう。 (両方採用するのもありです)。 よりダメージを与えたい場合はオーバーヒートもありですが、自分の特攻が2段階下がる点は留意しておきましょう。 シャドーボール タイプ一致技として採用。 相手の特防を下げる効果も優秀です。 エナジーボール みず、じめん、いわに対応することができます。 サイコキネシス かくとうやどくタイプに対応することができます。 与ダメージ計算 シャドーボール Cが252のシャンデラがシャドーボールを使った場合に、相手のポケモンを何発で落とせるか掲載しています。 かえんほうしゃ Cが252のシャンデラがかえんほうしゃを使った場合に、相手のポケモンを何発で落とせるか掲載しています。

次の

【ポケモン剣盾】エンニュートの育成論

ヒトモシ 育成論

防御や特防の種族値は低くないため、HPに努力値を振ることでサブウェポンとして使われる弱点技や等倍ダメージであれば耐えられることが多く、返しで高い特攻で相手を倒しに行くことができます。 相手に応じて技を打ち分けられるようにしたい場合は「たつじんのおび」を、技が固定されたとしても火力を出せるようにしたい場合は「こだわりメガネ」を持たせるといいでしょう。 命中は不安定になるものの、タイプ一致の高火力技としては十分。 威力と命中のどちらも取れる炎技。 ただし特攻が2段階下がるため、その後の全体的な火力が落ちるのが難点。 技の有効な範囲がシャドーボールとかぶるため、ダイマックス技の特防ダウンを目的に使う。 こだわりメガネを持たせた場合の候補。 相手の行動を制限させられるため、こだわり系のアイテムとの相性は良好。 たつじんのおびを持たせる場合の候補。 物理アタッカーの動きを止めたり、交換を読んで出てきた相手に打てる。 性格をおくびょうにすると最速の「ドラパルト」も抜くことが出来るため、同じようにスカーフを持っている相手ではない限り、先に高火力を放ち圧倒することができます。 ダイマックス時のダイサイコで先制技を封じられるようになるのも利点。 技の有効な範囲がシャドーボールとかぶるため、ダイマックス技の特防ダウンを目的に使う。 命中重視の炎技。 だいもんじの命中率に不安を覚える場合の選択肢。 受けポケモンとして使われる「ヌオー」や「トリトドン」を確実に落としつつ、後から出てくるポケモンに対しても高火力で圧力をかけていきます。 上記にある特殊アタッカー型やスカーフ型は、アタッカーのエースとして運用できるのに対し、この型のシャンデラはエースが苦手としやすい受けポケモンの対応が目的となっています。 残りの努力値は、物理アタッカーが多い環境であることから防御に多めに割り振りつつ、努力値が無駄にならないようにしています。 物理環境のため使える場面は多い。 受けポケモンを倒した後の、物理アタッカーの能力低下に。 威力重視の炎技。 命中は不安定なものの、いのちのたまと組み合わせた高火力は受けポケモンを倒した後も戦いやすい。 シャンデラの役割と立ち回り トップクラスの特攻を持つアタッカー 全ポケモンの中でもトップクラスの特攻種族値を持つアタッカー向きのポケモンです。 覚えられる技のタイプは多いわけではないものの、等倍以上でダメージを与えられ、種族値と合わせて大ダメージを与えやすいという特徴があります。 受けポケモンが多い今作の環境に強い 現環境に多い受けポケモンに強く、「エナジーボール」を覚えていれば「ヌオー」や「トリトドン」と、「サイコキネシス」を覚えさせると「ドヒドイデ」と戦えるようになります。 サイコキネシスについては、「ダイサイコ」にすればサイコフィールドによって「シャンデラ」が苦手としている「かげうち」や「ふいうち」を封じることが出来るため、効果の恩恵を受けやすいのも利点です。 シャンデラの対策 弱点のタイプで攻める 攻撃能力は高い「シャンデラ」ですが、耐久能力は高いわけではないため弱点のタイプで攻めることが対策として有効です。 しかしサブウェポンで弱点を攻撃すると威力が足りない場合もあるため、注意が必要です。 シャンデラの攻撃を半減で受けられると、より安定して倒す事ができます。

次の

ポケモンbw2 シャンデラ育成論についてのアドバイス求む!!

ヒトモシ 育成論

特性 効果 もらいび 相手からの炎技を無効化し、 炎技の威力を1. 5倍にする。 隠 すりぬけ リフレクター・ひかりのかべ・ しんぴのまもり・しろいきり・ みがわりを無視して攻撃できる。 非常に高い特攻が魅力のポケモンです。 ゴーストタイプらしく、様々な補助技も使えます。 特性について• もらいびは、 相手からの炎技を無効化し、炎技を強化することができます。 手持ちの先頭にいると、 炎タイプの野生ポケモンと出会いやすい効果があります。 ほのおのからだは、相手の接触技に対して発動します。 確率で発動するため、確実に相手をやけどにしたいなら おにびのほうが有用です。 手持ちにいると、 タマゴの孵化歩数を半減する効果があります。 すりぬけは、相手の みがわりや壁を無視できる特性です。 攻撃技だけでなく、補助技にも有効です。 技名 威力 ダイ 効果 命中 PP オーバーヒート 基本技 130 140 自分の特攻が 2段階ダウン。 90 5 だいもんじ 技レコード15 110 140 1割で相手をやけど。 85 5 かえんほうしゃ 技レコード02 90 130 1割で相手をやけど。 100 15 マジカルフレイム 技マシン92 75 130 10割で相手の特攻を 1段階ダウン。 100 10 しっとのほのお 鎧の孤島教え技 70 120 10割で、そのターンに能力の 上がった相手をやけどにする。 100 5 ほのおのうず 基本技 35 90 相手をバインド状態にする。 特性すりぬけのおかげで、ラプラスにキョダイセンリツでオーロラベールを張られても、無視して攻撃できます。 素早さは 最速50族/ 準速60族抜きです。 クリアスモッグはダイマックスして使うとダイアシッドになり、自身の特攻を1段階上げる追加効果があります。 また、サイコキネシスを覚えさせてダイサイコとして使うと、先制技が無効化される サイコフィールドという場になるため、いずれかの技の代わりに採用する価値はあります。

次の