東方ロストワード 回避ダウン。 【東方ロストワード】命中率と回避率について。『命中100%』になるラインや計算式など|1人でも攻略陣!東方ロストワード攻略まとめブログ

【東方ロストワード】『圧倒的な火力』について。評価・おすすめのキャラなど|1人でも攻略陣!東方ロストワード攻略まとめブログ

東方ロストワード 回避ダウン

魔理沙のマスパ アリス支援無 魔理沙のマスパ アリス支援有 能力とスキルによるバフ 確率発動も込み 陽攻5段階アップ 陽攻7段階アップ 能力とスキルによる敵デバフ 確率発動も込み なし 敵陽防2段階ダウン ラスワで与える総ダメージ量 クリティカル無し、 属性相性無し、 全弾命中の前提 29,734ダメージ 58,992ダメージ アリスのサポート無しだと『3万ダメージ』だったのが、サポートが乗ると『5. 9万ダメージ』で、何と サポートによって約2倍の威力になってしまっています。 魔理沙のマスタースパークは『陽気オンリー』、これはサポートしやすい条件を都合良く抜き出して示している、という部分もありますが、陽・陰混成のスペルでも『ブーストで陰攻アップ』のサポートもあるし、シーカードールズで陰防も下げられるし、『常時ダメージ2倍』とは言えませんが、誰と組んでも相当なダメージ増加が狙えます。 これが『バフ・デバフコンボ』の真骨頂で、特に敵に防御ダウンのデバフを入れられるキャラクターは限られていますから、アリスは現状では間違いなく『 最強のサポートキャラ』と言える性能を持っているでしょう。 特にスキル3・アシストドールは育てると『確定で陽攻・命中2段階アップ』となるゲーム中でも最強筆頭のスキルなので、是非ともこれは身に着けたいです。 自身の火力も普通に高い アリス 魔理沙 能力とスキルによるバフ 確率発動も込み 陽攻2段階アップ 陰攻3段階アップ 陽攻5段階アップ 能力とスキルによる敵デバフ 確率発動も込み 陰防2段階ダウン なし ラスワで与える総ダメージ量 クリティカル無し、 属性相性無し、 全弾命中の前提 61,439ダメージ 54,125ダメージ このようにアリスは6. 1万ダメージ、魔理沙は5. 4万ダメージで、なんとこの条件では『 アリスの火力は魔理沙の火力を上回る』という形になります。 『バフとデバフのコンボ』により、アリスのラストワードの陰気で構成された1,3,5番目の構成弾幕の威力がハネ上がり、こういう結果になるということです。 まあ、これはあくまで『 事前のターンにシーカードールズで陰防低下を仕込む』というアリス有利な条件での比較であり、初手の火力なんかは魔理沙が確実に上なので『アリスが魔理沙より高火力』という話には全くなりませんが、少なくともアリスは『 サポートだけが能ではなく、自分でも十分なパワーを発揮出来るキャラ』ということです。 霊力・命中率サポートも超便利 これだけでも超優秀なキャラクターですが、アリスの価値はこれだけに終わらず、『パワー連携』による霊力補助、それからアシストドールやラストワードによる『命中率補助』も嬉しい所で、本当に出来る仕事が多いです。 そして『パワー連携』も連携の中で最も扱いやすく便利な効果で、『初手交代』などで霊力供給要員として働けるようなビジョンもあります。 サポートしては味方を超パワーアップ、殴っては場合によっては魔理沙をも超える火力、更には霊力供給や命中率補正も行えるということで、本当に便利で優秀なキャラクターとなっています。 2ページ目『弱点』『オススメの絵札』『相性の良いキャラ』『総合評価』などです。

次の

【東方ロストワード】メディスン・メランコリーについて。評価・使い方など|1人でも攻略陣!東方ロストワード攻略まとめブログ

東方ロストワード 回避ダウン

原作を踏襲した東方キャラ同士の掛け合い 二次創作ながらキャラの性格などに脚色は少なく、原作のようなキャラ同士のやり取りが行われ、 東方シリーズのどこか緩い独特な世界観を見事に表現しています。 原作の要素を取り入れた戦闘システム 今作の戦闘システムは、原作である 弾幕シューティングの要素を取り入れた、一風変わった戦闘システムとなっています。 敵を攻撃することでパワーアップアイテムを手に入れたり、他シューティングゲームにおけるボムにあたる 『スペルカード』が戦闘開始直後から使用可能だったりと独特です。 また原作ではお馴染みの『拡散(収束)ショット』や『グレイズ(弾をギリギリで回避)』などのシステムも搭載されており、それらが合わさって他に例の無い戦闘システムを作り出しています。 前代未聞の『キャラボイスシステム』 東方ロストワードには、それぞれキャラに対応した声優が当てられていますが、何とそのボイスを切ってしまうことが可能です。 これは本来 『ボイスの存在しない原作プレイ済みのユーザーへの配慮』であり、チュートリアルでボイスの有無を設定することさえ可能です。 また、 1キャラにつき3人の声優が存在するほどの拘りがあるものの、キャラのボイス欄では『~程度の声』で表示され、担当声優の名前が表示されないというとても独特な仕様になっています。 緻密に書き込まれた背景 二次創作特有のキャラ改変なども少なく、原作の雰囲気に近い世界観を楽しむことが可能です。 中にはナイト・オブ・ナイツなどニコニコ動画等で人気となったアレンジも収録されており、戦闘演出に一役買っています。 また、BGMが切り替わる際には必ず 画面左上に曲タイトルと作曲者が表示されており、気に入った作曲者の曲を探すことも容易となっています。 特に開幕でスペルカードが発動できたり、回数限定ながらグレイズを使用して、任意のタイミングで攻撃の完全回避が出来たりと、キャラの行動に制約が少なく設定されています。 他と比べて明らかにネタに走ったBGM 他のキャラのBGMが真面目にアレンジされたものであったため、プレイしていて凄まじく違和感を覚えました。 せめてボイスと同じように使用するBGMを選べなかったものか…と思います。 パワーアップアイテムによる強化効果や属性の有利不利、またグレイズの仕様などの説明が非常にわかりにくく感じました。 また、一番困ったのは『ゲストキャラ参戦の際、空いた部分に自分の手持ちのキャラを編成できる』という説明が無かったことで、これにより無駄な足止めを食らうと言う苦い経験をしました。 参考 東ロワの評価と感想まとめ 実際に「東ロワ」を遊んでみて、あぷもり編集部が判定した 総合評価がこちら! 東方LostWordの評価 ストーリーの良さ 4. 0 操作性の良さ 3. 5 遊びやすさ 4. 0 グラフィックの良さ 4. 0 音楽の良さ 5. 0 戦略性の高さ 4. 5 おすすめ度 4. 5 全体的に世界観が良く、ゆるい雰囲気のゲームを探している人におすすめできる作品だと感じました。 原作経験者であれば、BGMのアレンジやゲームシステム、キャラのやり取りにニヤリとする場面も多く、また東方を知らないユーザーでも、声優などの存在ですんなりと世界観に入り込めると思います。 一部BGMのネタに極振りな選曲や、余りにも素っ頓狂なオリジナル要素への導入などが気になりましたが、概ね楽しく遊べています。 ただ キャラの排出率はもう少し多くしてほしいですね…数が必要なのに殆ど手に入らないのはキツく感じました。 最後になりますが、7日間連続ログインで 『東風谷早苗』さんが貰えます。 割と貴重な全体攻撃+回復持ちなので、皆さん手に入れて守谷神社を信仰しましょう!(露骨な宣伝).

次の

【東方ロストワードリセマラ】東ロワの当たりランキングと効率的な方法!【仲間・絵札】

東方ロストワード 回避ダウン

魔理沙のマスパ アリス支援無 魔理沙のマスパ アリス支援有 能力とスキルによるバフ 確率発動も込み 陽攻5段階アップ 陽攻7段階アップ 能力とスキルによる敵デバフ 確率発動も込み なし 敵陽防2段階ダウン ラスワで与える総ダメージ量 クリティカル無し、 属性相性無し、 全弾命中の前提 29,734ダメージ 58,992ダメージ アリスのサポート無しだと『3万ダメージ』だったのが、サポートが乗ると『5. 9万ダメージ』で、何と サポートによって約2倍の威力になってしまっています。 魔理沙のマスタースパークは『陽気オンリー』、これはサポートしやすい条件を都合良く抜き出して示している、という部分もありますが、陽・陰混成のスペルでも『ブーストで陰攻アップ』のサポートもあるし、シーカードールズで陰防も下げられるし、『常時ダメージ2倍』とは言えませんが、誰と組んでも相当なダメージ増加が狙えます。 これが『バフ・デバフコンボ』の真骨頂で、特に敵に防御ダウンのデバフを入れられるキャラクターは限られていますから、アリスは現状では間違いなく『 最強のサポートキャラ』と言える性能を持っているでしょう。 特にスキル3・アシストドールは育てると『確定で陽攻・命中2段階アップ』となるゲーム中でも最強筆頭のスキルなので、是非ともこれは身に着けたいです。 自身の火力も普通に高い アリス 魔理沙 能力とスキルによるバフ 確率発動も込み 陽攻2段階アップ 陰攻3段階アップ 陽攻5段階アップ 能力とスキルによる敵デバフ 確率発動も込み 陰防2段階ダウン なし ラスワで与える総ダメージ量 クリティカル無し、 属性相性無し、 全弾命中の前提 61,439ダメージ 54,125ダメージ このようにアリスは6. 1万ダメージ、魔理沙は5. 4万ダメージで、なんとこの条件では『 アリスの火力は魔理沙の火力を上回る』という形になります。 『バフとデバフのコンボ』により、アリスのラストワードの陰気で構成された1,3,5番目の構成弾幕の威力がハネ上がり、こういう結果になるということです。 まあ、これはあくまで『 事前のターンにシーカードールズで陰防低下を仕込む』というアリス有利な条件での比較であり、初手の火力なんかは魔理沙が確実に上なので『アリスが魔理沙より高火力』という話には全くなりませんが、少なくともアリスは『 サポートだけが能ではなく、自分でも十分なパワーを発揮出来るキャラ』ということです。 霊力・命中率サポートも超便利 これだけでも超優秀なキャラクターですが、アリスの価値はこれだけに終わらず、『パワー連携』による霊力補助、それからアシストドールやラストワードによる『命中率補助』も嬉しい所で、本当に出来る仕事が多いです。 そして『パワー連携』も連携の中で最も扱いやすく便利な効果で、『初手交代』などで霊力供給要員として働けるようなビジョンもあります。 サポートしては味方を超パワーアップ、殴っては場合によっては魔理沙をも超える火力、更には霊力供給や命中率補正も行えるということで、本当に便利で優秀なキャラクターとなっています。 2ページ目『弱点』『オススメの絵札』『相性の良いキャラ』『総合評価』などです。

次の