中川 洋一。 中川内科クリニック(宇都宮市)/クリニックの紹介

利益3倍化を実現する「儲かる特別ビジネス」のやり方

中川 洋一

2015年12月5日号掲載 オーケストラ音楽の鑑賞を通して 感動と共感の大きな渦を作れたら… 「幼児期の一番古い記憶が、私の場合は音楽でした」と話すのは、元NHKアナウンサーの中川洋一さん。 鑑賞歴は70年あまり。 子ども時代は、ラジオから流れる音楽の名前を覚えたい一心で、五線ノートに書き取ることに熱中していたそうです。 「和声学や対位法基礎などの作曲理論を独学で習得した後、合唱指揮者をしていた高校・大学時代には、下総皖一(しもふさかんいち)、石丸寛の両先生に就いて、さらに磨きをかけました。 毎日が音楽漬けの青春時代でしたね」 社会に出てからは、地震災害やコンビナート事故、日航機墜落事故など、大災害や事故の現場を歩く仕事を続ける一方、音楽との関わりは絶やすことがなかったそうです。 「それが、健康な精神を維持する源となったのではないでしょうか」。 1月からは、リビングカルチャーセンターで、講座「やさしく学ぶオーケストラ音楽大研究」が始まります。 「音楽の本質は『他者への共感』にあると思います。 ことにオーケストラ音楽は、大勢の人に同時に聴いてもらうことを前提に作曲家は書いているのです。 この講座でも、感動と共感の大きな渦を作れるよう、多くの人が参加してくれたら…。 ベテラン鑑賞者には、鑑賞レパートリーを広げることと、音楽への感受性を一層深めていただくこと。 鑑賞初心者には、音楽の感動に目覚めていただくこと。 これがこの講座の狙いです」.

次の

楽天ブックス: データと写真が明かす命を守る住まい方

中川 洋一

経営革新コンサルタント。 株式会社キラーサービス研究所 代表取締役 イレギュラー対応を仕組み化し、儲かる特別ビジネスに仕立てる専門家。 本来〝イレギュ ラー〟であるはずの特別対応を、普通に仕組みで廻せる「標準化」を行うことで、極めて 強い営業力を持ち、さらに競合不在の〝無尽蔵の市場〟で利益3倍化を実現させることが 可能に。 これまで、倒産状態に陥った企業の経営再建から成長企業の新規事業立ち上げま で、百社を超える様々なステージにある企業を直接指導。 いまや悩める中小企業の救世主 的存在として注目を集めている。 前職は商社にて数々の企業の経営再建に従事した後、標準化で高成長を続ける株式会社 ミスミに勤務し、インドとアメリカでの新規事業立ち上げにおいて事業を統括。 現地にて 業界初のサービスを立ち上げ、事業を成長軌道に乗せた実績を持つ。 その後経営共創基盤 IGPI を経て株式会社キラーサービス研究所を設立。 現在同社代表取締役社長。 著者略歴 「BOOK著者紹介情報」より 経営者の悩みは尽きません。 私も中小企業を経営している身ですので、昨今の環境の激変ぶりは、まさに想定外です。 日々の業務に忙殺され、大きな視点で自社の戦略と仕組みを構築できない。 人材の量的不足だけでなく、雇用環境の質的な変化に対応できない。 従来の業界常識や自社の強みに固執してきたために非連続な変革を自覚できない。 こんな課題を持ちながら時間だけが過ぎ、事業はジリ貧になっていく、そんな企業をたくさん見てきました。 そして、速く、楽にビジネスで結果を出せるように思わせるサービスが蔓延し、 情報弱者を食い物にするようなビジネスが巧妙に誘惑してくる中で、 本当に見たいものが見えないようになっている。 それが経営者を取り巻く真の構造なのです。 本書は、そんな閉そく感に包まれたビジネスの世界に一筋の光を当てるものとなるかもしれません。 巷に溢れる自己啓発系のノウハウ本とは全く次元の違う切り口で、中小企業が高収益を実現する仕組みづくりを説明した本となっています。 MBAやマーケティング理論(3C分析、SWOT分析など)は全く役に立たないという、著者の持論は、それらを必死に学んできた私にとってはショックでもありましたが、実は腑に落ちる部分もかなりあります。 現場での臨場感ある話と現代思想を取り入れた独自の考え方は、今までにない中小企業の変革のヒントが詰まっていると感じました。 本書は、文章の構成や言葉選びが秀逸で、抽象と具体を交差させ、複雑な入れ子構造になっており、それが読者の思考をより深めてくれるのではないでしょうか?そして、著者の人生観、ビジネス観も垣間見れ、読了後は胸が少し熱くなりました。 業界や自社の常識に縛られている中小企業の経営者だけでなく、社内で真のリーダーを目指す方にもぜひ読んでもらいたいです。 自らのやっている会社の政策が間違っていた、と痛みを感じる経営者の方も多いかもしれない。 実際に、本に載っている会社は、ほとんどのところがそうだ。 そして、上手くいっている会社の経営者ほど、現状に満足せず、取り組んでいる様子がわかる。 また、著者のビジネスに対する姿勢が、本の中でも垣間見ることができる。 例えば、経営相談に受けている会社が、最終的には自分たちで仕組みを廻せるように支援しているようだ。 顧客を依存させるのではなく、最終的な顧客の自律から逆算した取り組みである。 最前線でビジネスを指揮し、自社のビジネスによって、社会に寄与していきたいと考えている経営者ほど、 共感できる1冊となっているのではないかと思う。 あらゆる商品やサービスがコモディティ化の時代、 確かに今「特注」や「カスタマイズ」に商機ありだ。 が、そのやり方、商売の仕方を教える人はいない。 経営者としてこの書を手に取ってから 著者が命名する「特別ビジネス」という 言葉が頭から離れなくなった。 特別ビジネスの考え方は柔軟で ニッチ、特注、個別対応、 特注対応、技術指導、イレギュラーなど 幅が広い。 確かに自分が顧客だったら「欲しい! 」 と魅力に感じるビジネスばかりだ。 具体的手順として、 ・特別ビジネスの原理原則 ・キラーサービス3つのパターン ・特別ビジネスの仕組み化 ・考え方の間違い提示 ・非常識セールスの実践 etc… といった 今まで見たことも聴いたこともない手法が 刺激的な筆致で展開されている。 中でも目からウロコだったのが、 第6章の「非常識セールスの実践」だ。 中小企業の経営者なら絶対に読むべきだ。 実は、特別ビジネスとは非常識セールスと 一対だということをつかむことができる。 非常識セールスというだけあって、 著者が株式会社ミスミ勤務時代に赴いた インドでの新規事業立ち上げにまつわる 壮絶なセールス実務から編み出した独自手法。 自社ビジネスをダイナミックに変える、 儲かるビジネスに導くヒントが随所にある。 商品サービスの陳腐化に危機感を抱く経営者 事業を大化けさせたいが、きっかけがつかめない 中小企業経営者、これ以上いいアイデアが出ない 悩める社長へおすすめしたい実務書。 本当のUSPとは何か 自分の商品を欲しいと思っている人はいない 商品を俯瞰して可能性を探る 「あなた」ではなく「全体」の向上のために貢献するストーリー 仕組みの作り方と使い方 部署間の垣根の解体 とにかく、色々なことがシンプルに腑に落ちる本当に役に立つ本です。 これを読んで光を見出す社長様は沢山いると思います。 多くの方にお勧めしたいです。 気合を入れて読み出しましたが、色々なコンサルでの現場での様子がリアルに感じ取られて、スルスルと読めました。 まるで映画を見ているような感覚にもなりました 笑 私は一人経営の個人事業主ですが、考えるべきことは同じだと感じました。 折に触れ繰り返し読ませていただきます。 経営者と従業員では、求められる責任において決定的に違う立場にあるが、多くの経営書では、従業員が知るべきレベルの内容に終始したものも少なくはない。 経営者が知るべきことは、膨大なフレームワークの総覧でも、目の前に起きている課題を個別対応するための事例集でもない。 ましてや、目新しい言葉で語られ、来年には消えているような(一見)新しいビジネスモデルでもない。 その中で、本書に書かれている「特別ビジネス」とその事例は、経営者の本当の仕事は何かを明確にすると同時に、巷に溢れる「特別」「戦略」「差別化」という言葉に隠された陳腐さに気付かせてくれるものであった。 この本で読了して、まず初めに実践すべきことは、むしろ余計な問題を生み出していた経営書、ビジネス書達を本棚から一掃することであった。

次の

多施設回復期リハビリテーション病棟における脳卒中患者の転倒要因と転倒状況

中川 洋一

中川内科クリニック(宇都宮市)/クリニックの紹介 > クリニックの紹介 医学の発達は、高度先進医療という形で患者様に多大な恩恵をもたらしてきました。 しかし一方で、ともすれば機械、コンピューターに頼った医療にもなりがちでした。 私たちのクリニックでは、まず患者様の目をみつめることから診療が始まります。 そこには昔ながらの医師と患者様の心のふれあいと信頼関係があります。 「ひととひと」、これこそ医療の原点だと私たちは考えています。 院長 中川洋一 (なかがわよういち) - 院長略歴- 昭和29年 宇都宮市生まれ 宇都宮高校、新潟大学医学部卒業後、 昭和61年 医学博士 昭和63年 米国NIH研究員 平成 3年 新潟大学第二内科助手、講師などを経て、 平成 9年 下都賀総合病院腎臓内科部長 平成12年 中川内科クリニック開院 現在、日本腎臓学会腎臓専門医・指導医、同学会評議員、日本透析医学会透析専門医、日本透析医会栃木支部長、その他多数の役員、幹事など - 院長挨拶 - 中川内科クリニックのホームページにアクセスしていただき、たいへんありがとうございます。 中川内科クリニックは、平成12年の開院以来17年にわたり地域の内科、とりわけ慢性腎臓病の診療に尽力してまいりました。 特にいまや国民病の一つともいえる慢性腎臓病(CKD)については、その原因となる高血圧、糖尿病、腎炎、蛋白尿から腎不全、血液透析に至るまで幅広く診療を行ってまいりました。 このため、遠方から腎臓専門医の診療を求めて通院される方も多く、たいへんありがたく思っています。 また不幸にして腎不全の進行により、人工透析に至った方々に対しては、長時間あるいは夜間透析も含めて幅広く対応しています。 また、透析シャントのトラブルに対しても年間30例ほど院内でバルーンによる拡張(PTA)を行い、患者様が入院をしないですむように尽力しています。 中川内科クリニックは、腎臓病診療を中心にこれからも地域とともに歩むつもりですので、末永くかわいがっていただければ、と願っています。 どうぞよろしくお願いします。 中川内科クリニックは、平成12年2月、宇都宮市幕田町に新たな理想をかかげて開院いたしました。 その理想とは、大病院とは異なるゆったりとした雰囲気の中で、患者様が納得いくまで十分な説明を受けながら、診療を受けられるように、ということです。 院内を飾るドライフラワーや、患者様が持ってきてくださる写真パネルが、来院した皆様の心を和ませてくれます。 ぜひ一度おいでいただければ幸いです。 平成24年7月2日、新館がオープンしました。 これまで透析受入れが困難でご迷惑をおかけしましたが、現在は余裕をもって対応が可能となり、駐車場も広く明るくなりました。 (新館全景と玄関の陶壁画「飛翔」) 今回は看護師、医療事務、臨床工学技士を1名ずつ紹介します。 「私が今年、新しく身につけたいこと」を聞いてみましたのでご覧下さい。 看護師 大塚 久枝(おおつか ひさえ)さん 私は手話を覚えたいと思っています。 昨年より独学で勉強を始めましたが、難しくなかなか上達しません。 手話を必要とする方とコミュニケーションがとれるようになり、それを仕事にも生かせたらよいと思っています。 医療事務 田口 裕美(たぐち ひろみ)さん 私の目標は倒立です。 去年、ヨガの逆立ちのポーズに憧れヨガ教室に通い始めたのですが、想像以上に筋力が必要で毎回苦戦中です。 今年は筋力アップをして仕事も休みも全力で頑張りたいです。 臨床工学技士 廣田亜季歩(ひろた あきほ)さん 私は今年、料理を頑張りたいと思っています。 仕事や趣味のマラソンのために体力をつけたいので、スタミナ・栄養のバランスを考えた料理を作れるようになりたいです。

次の