パラサイト ラスト シーン。 映画パラサイトを見た方に「あのシーン」の意味を解説します

パラサイト韓国映画ネタバレ結末ラストまで!閲覧注意で感想も紹介|アカデミー賞

パラサイト ラスト シーン

を獲り、日本でも大ヒットしている『パラサイト 半地下の家族』を自分も観てきました。 全体の考察は他の方もたくさんやられているので、今回はラストシーンの映画技法に注目して考察していきたいと思います。 なお、この記事は 『パラサイト』と『』のネタバレをがっつりしているので、お気をつけください。 『パラサイト』のラストシーン 『パラサイト』の終盤で、半地下の父親クは富豪のパク・ドンイクを刺し、富豪宅の地下に隠れます。 実際には、地下に隠れるシーンは長男のキム・ギウの想像なのですが、捜査状況から察するに事実でしょう。 そして、ギウはいずれお金持ちになって、あの家を買うぞと決心するのです。 しかし、ギウの想像シーンから再び半地下のシーンに戻った瞬間に観客は理解するのです。 「そんなことは無理だ」と。 半地下の家族に生まれた以上、どんなに頑張っても大富豪にはなれません。 そんな現実を突如として突きつけるのが、最後の半地下のシーンだったのです。 大富豪になるシーンは、もしそれが現実ならばハッピーエンドと言うことができるでしょう。 観客には、パッと見は想像なのか現実なのかわからないので、そのときはハッピーエンドなのかなと感じられてしまうのです。 しかし、最後の半地下のシーンにより、ギウの抗えない現実の格差を突き付けられて、絶望を味合わせられることになります。 『』のラストシーン これと対照的なのが、『』のラストシーンです。 『』の終盤は、それまでの5年後の冬が舞台になります。 女優として成功したミアは偶然にセブが経営するジャズ・バーに寄ります。 そこでミアは、セブの演奏を聴きながら、もしセブと今までずっと付き合い続けていて、ともに成功していたらという想像をします。 そんな世界はさぞかし素晴らしいものであったろうと、ミアは思うのです。 ミアとセブが別れたことを後悔しているかのように受け取れるこのシーンですが、最後の最後にそうではないことが明らかになります。 ミアとセブは、最後に見つめ合い、軽く微笑むことで、これで良かったのだということを確認し合います。 想像シーンの時点では、急にバッドエンドのような雰囲気が立ち込めてきたのですが、ラストシーンでこの映画はハッピーエンドだったことが明らかになります。 映画における想像と現実 『パラサイト』と『』のラストシーンに共通するのは、直前で「こうなったら良いな」という想像を示した上で、現状に対する判断を見せているという点になります。 『パラサイト』の場合は、「将来、大富豪になってあの家を買い、父に再会できたら良いなあ」という希望を示した上で、「でも、そんなことは無理だ」という現実を観客に突きつけます。 『』では、「こんな風にすべてが上手く言ってたら最高だったのになぁ」という後悔にも似た気持ちを示した上で、「でも、やっぱり現状のままで良かったよね」という主人公たちの判断を見せています。 このように、「こうだったら良いな」という想像を示した上で、現状に対する判断を見せるという手法は、有効な方法の一つと言えるでしょう。 観客は、すぐにその状況を判断できないので、エンドロールの間にそのラストシーンについて思いを巡らせることになります。 『パラサイト』や『』などは、このようなラストシーンの構成のおかげで、深く充実した余韻を残す作品に仕上がっているのです。 presbr.

次の

パラサイト 半地下の家族 特集: ≪ネタバレあり/黒塗りなし≫【閲覧注意の本編レビュー】あのシーンの意味って何なの? ポン・ジュノ監督に直接聞いてきた (2)

パラサイト ラスト シーン

『パラサイト』ネタバレ考察/石に込められた意味は2つ ギウの友人・ミニョクから貰った山水景石には2つの意味合いが込められていると思います。 ギウ視点では…半地下暮らしから抜け出したいという希望の象徴• 監督の視点では…分不相応の象徴 それぞれの考察を解説しましょう。 (ネタバレ情報が含まれているので注意してくださいね) 考察/ギヴから見た石の意味…「貧困から抜け出したい」という希望の象徴 キム家が暮らすのは、韓国における貧困層の象徴である「半地下の家」です。 そんな家に住むキム家の長男・ギウは富裕層の友人・ミニョクから山水景石を貰います。 友人から富をもたらす教えてもらいますが、ギウの母は食べ物でないため全くの無関心。 しかし、ギウは違います。 半地下の家には相応しくない石に興味を示します。 家族の中で一番半地下暮らしの現状を打開したいと考えていたのではないでしょうか。 そのため、ミニョクからもらった富裕層の趣味のアイテムに興味を抱いたのだと思いました。 その後、富裕層のパク家にギウが家庭教師として働くのを境にパク家へのパラサイトを開始。 家族全員の就職が見事(?)決まり貧困から抜け出せそうになります。 「富をもたらす」という友人の言葉もあり、ギウはあの石に希望を見出していたのでしょう。 考察/ポン・ジュノ監督が描いた石の意味…「分不相応」の象徴 劇中の登場キャラのギウにとって、あの石は希望の象徴だったと思います。 しかし 『パラサイト』の監督はあの石に「分不相応」という意味を込めていた気がしますね。 理由は「半地下の家にあった額縁」と「物語の後半の描き方」にあります。 半地下の家に飾られた「安分知足」の額縁 壁にかけられている『安分知足』 半地下の家の壁をよーく見ると「安分知足」という額縁が飾られていました。 安分知足とは「現在の自分が置かれた境遇に満足し、不平不満を抱かないこと」という意味。 カンタンに言えば「分相応の生き方をしないさい」というメッセージですね。 恐らく「安分知足」ギウの父・ギテクが作った家訓だと思われます。 ギテクは昔台湾カステラで独立を試みた結果、借金を抱えていたことが判明しましたからね。 高望みをしたことで人生が転落した経験から戒めの意味を込めて飾っていたのでしょう。 しかし、ギウがパク家の家庭教師になってからは「安分知足」とは逆の行動を取り始めます。 今の生活から抜け出したいという思いからキム家は嘘を塗り固めてパク家に寄生しました。 「安分知足」のアンチテーゼとしてあの石には「分不相応」の意味があると思いましたね。 パラサイトをきっかけに起きた悲劇の結末 パラサイトを始めたキム家ですが、物語の後半でパク家の前家政婦に秘密が露呈。 その結果、前家政婦の夫にキム家の長女は殺され、ギテクはパク社長を殺害してしまいます。 分不相応な生活を望んだ結果、キム家はパラサイト前の生活より悲惨な状態になりました。 「安分知足」の教えを守らなかったキム家に天罰が下ったとも言える展開です。 こうした点を踏まえると監督はあの石に「分不相応」の意味を込めていた気がします。 貧困層の家に富裕層の品がポツンと置かれている構図自体、分不相応を表していますしね。 『パラサイト』ネタバレ考察/ギヴが石を持ち出した意味 次に考察するのは映画『パラサイト』の中盤、大雨で半地下の家が水没しかけるシーン。 水没が始まっている半地下の家でギウはわざわざあの山水景石を持ち出しました。 なぜ彼はあんな行動に出てしまったのでしょうか。 他に持ち出すアイテムはあったはずです。 考察/石を水没させたらもう貧困から抜け出せないと思った 結論から言えば、あの石を水没させたら貧困から抜け出せないと思ったからだと考察します。 ギウはあの石を現状を変える希望の象徴として捉えていました。 そのため、あのまま水没させたらもう貧困から抜け出せないと思ったのではないでしょうか。 大雨のシーンの時点で前家政婦に秘密がバレてしまいギウ達の立場は危うくなっています。 そうした中追い打ちをかけるように本当の我が家・半地下の家が水没しているワケです。 「希望の象徴であるあの石だけは何としても守らないと!」という心理があった気がします。 『パラサイト』ネタバレ考察/石が離れないと言った意味 次に気になるのは大雨で避難した会場にてギウが父に「石が離れない」と言ったシーンです。 個人的にこの意味深なシーンであの石にはメタファーの役割があるのだと気づきました。 なぜ彼はあんな台詞を言ったのでしょうか。 その意味を考察していきます。 「貧困に戻りたくない」という強迫観念がそうさせた あの台詞の背景には「貧困に戻りたくない」というギウの強迫観念があったと考えます。 パク家の前家政婦に秘密がバレてしまい、逃げるようにパク家から出ていきました。 しかし、帰るべき家は大雨で水没してしまいほとんどの財産を失っています。 ギウとしてはパラサイトで得た生活を手放したくという思いが強くなったハズです。 手放したら、半地下の家すら失った貧困という現実の中で生きないといけないワケですから。 ギウにとっては何としてもパラサイトで得た生活に戻りたいと考えていたと思います。 そのため、希望の象徴である石を手放すわけには行かないと思ったのではないでしょうか。 手放したら貧困の世界に甘んじることになると潜在意識の中で恐れていたのかもしれません。 こうした背景から「石が僕から離れない」という意味深な台詞が出てきたのだと思いますね。 『パラサイト』ネタバレ考察/「朝鮮文化」と「石」の関係性 ちなみにこの記事を書くにあたり韓国人は石に特別な思いを寄せやすいのか気になりました。 そこで朝鮮文化を調べたのですが、面白いことがわかりました。 映画『パラサイト』で石をメタファーに使ったのは朝鮮文化ならではなのかもしれません。 朝鮮は石の国と言われるほど文化的に「石」と関わりが深い 調べによると朝鮮半島は古くから石の国といわれていたのだとか。 これは朝鮮半島の自然に由来します。 朝鮮半島も日本と同様、国土の7割が山地面積。 しかし日本の山と違い岩が多いのだそう。 韓国と北朝鮮の国境付近にある山も岩盤山脈です。 北朝鮮と韓国の国境付近にある金剛山 朝鮮の人々は岩の上に街を作り、岩山を見上げて暮らしてきたといえるそうです。 木より石が採りやすいこともあり、古くから家の建材として石が多く使われていたのだとか。 石を身近に感じる暮らしをしてきた歴史があると言えます。 こうした背景を踏まえると、あの山水景石に特別な意味が込められているのも納得です。 石を用いたメタファーは韓国映画だからこその味と言っていいのかもしれません。 以上、MOVIE RUNNERの映画『パラサイト』考察特集第一弾でした。 ポン・ジュノ監督作品の『スノーピアサー』なども面白い ちなみにポン・ジュノ監督は『パラサイト』以外にも格差をテーマにした作品を作ってます。 それが2013年に公開された『』というアメリカ映画。 地味にすごいです(笑) 映画の舞台は、氷河期を迎えた近未来の世界で人類が唯一生存可能な列車。 列車の中では上流階級が貧困層を支配しているというかなり奇抜な設定です。 そんな中、貧困層の一人が逆襲する…というのが大まかなストーリーとなっています。 格差テーマにハマった」「ポン・ジュノ作品を観てみたい」という方はオススメです! その他、ポン・ジュノ監督による韓国映画の代表作と言われている『』も良作。 韓国で実際に起きた強姦殺人事件を基に作られた作品です。 陰惨な殺人事件と2人の刑事の軽妙なやりとりが絶妙で魅力を放っていますね。 映画レビューサイト『Filmakers』では5点評価中4となっており高評価を受けています。 どれも古い作品ですので、TSUTAYAやGEOとかなら数百円でレンタルできちゃいます。 ただ、できるのならエンタメにお金かけたくないですよね? 僕はエンタメ好きですが、エンタメ費は節約してその分食費などに当てています。 もし節約したい!…という方は動画配信サービスで見るのがオススメ。 今田美桜がCMでやっている『』なら見放題作品として配信しています。 初回登録ならキャンペーンで31日間無料で利用が可能です。 見放題作品になっているを無料で観れちゃいます。 登録はスマホで30秒で終わっちゃいます。 ちょっと興味でた人は観ないほうが損ですよ!.

次の

パラサイトゆるゆる感想

パラサイト ラスト シーン

韓国映画『パラサイト 半地下の家族』貧富差のメタファー(暗喩)を考察 この映画は富裕層と貧困層の対比を描いておりますが、ストーリーの中にもそれを暗喩している表現・描写が沢山あります。 階段 この映画において、階段は最も象徴的に描かれています。 この映画には数々の長い階段が出てききており、 物理的な上下が貧富差を表しているのです。 例えば、貧乏一家が住む家は階段を降りた半地下にあります。 また、高台にあるパク一家の豪邸にたどり着くまでにはとてつもなく長い階段を登る必要があり、一方リビングからつながる地下室には長く不気味な階段を降りていきます。 この長すぎる階段(誇張された上下関係)こそが、登場人物の貧富差を表していると言えます。 雨 この大雨に対する認識の差は貧富差を大きく表しています。 大洪水により、半地下にあるキテク一家の家は壊滅します。 彼らは避難所での生活を余儀なくされ、支援物資の服を来てなんとか再びパク一家に出勤します。 一方、パク一家は大雨の被害など気にもとめず、むしろ大気中のPM2. 5が少ないと安堵する始末です。 大雨が降った日、高いところから低いところへ流れる土砂水は、落ちていくしかない貧困層のしがない運命を揶揄しているとも言えます。 ラストシーンで、キテクは自ら地下室へ入っていくことを選びます。 元々半地下に住んでいたキテクが最終的に完全なる地下へ入っていくのは、貧困層はこの土砂水のように下っていくことしかできないことを象徴しています。 キテクの、「自分のいるべき場所がどこかすぐにわかった。 」というセリフがそれを表しています。 臭い 臭いもこの映画では貧困を象徴する大きな役割を果たします。 本作では臭いを嗅ぐという行為が何度も行われます。 例えば、最初にパクの息子ダソンが、ギウ達家族の臭いが一緒だと言い出します。 また、車の中でキテクと一緒に過ごすパクが、キテクのことを「切り干し大根のような臭いがする」と言い表しています。 パク達一家が気づいた臭い、それは半地下で過ごす内についたキテク一家の貧困層の臭いです。 富裕層であるパク一家は普段触れることのない貧困層の臭いを嗅ぎ、違和感を感じ始めるのです。 どんなに演技し着飾っても、体に染み付いた貧困層の臭いを隠すことはできません。 計画と無計画 もう一つ富裕層と貧困層を分けるものがあります。 それは「計画」と「無計画」です。 計画とは本来富裕層(=上流階級)の特権であり、社会のシステムは全て計画的に動いています。 一方、キテクら貧乏人は計画など立てずに自然体で生活しています。 キテクは 「無計画こそが最高の計画だ。 」と言います。 なぜなら、どの計画にも必ず穴が存在するため、計画など立てずに無計画、すなわち本能的に動くことこそが成功の秘訣なのだと。 しかし今回生まれて初めて、息子のギウがパク一家で働くための計画を立てます。 「息子よ、お前には計画があるのか。 」 キテクのこの名言は、 今まで無計画に和気あいあいと楽しく暮らしていた家族が、計画を立てることによって自分たちの運命に争い、崩壊してくことを予期していた表現と言えます。 (ネタバレ)韓国映画『パラサイト 半地下の家族』結末の考察 前半まではキテク一家がパク一家に寄生していくコメディー映画でしたが、大雨の日に元家政婦のムンクァンジュがやって来ることで映画の流れは一変します。 最終的にはスリラーな展開となり、殺戮が繰り返されることになります。 以下では、ラストシーンにおける登場人物の心理的な動き、および結末について考察しました。 なぜ地下の住人グンセはキム一家を殺害しようと思ったのか 地下の住人グンセはキテク一家に縛り上げられ、妻で元家政婦のムンクァンジュは、キテクの妻チョンソクに蹴られた際に階段を転げ落ちて死亡しました。 妻を殺され、今までの地下生活を奪われた復讐心からキテク一家(特にチョンソク)に対する殺意がありました。 またそれだけでなく、グンセは「リスペークト!」などと叫び、自分に地下空間を与えてくれているパクに対して狂信的な感情を抱いていました。 グンセは パクに対する信仰心のあまり、パクの周りにいる人物全員に敵意を持っていました。 その敵意はキテク一家のみならず、パクの妻ヨンキョに対しても同様です。 長らく地上に出ておらず陽の光を浴びていないグンセは、重度のうつ病状態にあったと考えられます。 地下から這い上がったグンセは、自らの復讐心と信仰心のもと、殺戮を実行しました。 なぜキテクはパクを刺し殺したのか 地下の住人グンセによりキテクの娘ギジョンは刺され、生死を彷徨っていました。 一方、富裕層連中はそれを気にも留めず逃げ惑っていました。 パクは「車のキーをよこせ」とキテクに言い、グンセから漂う異臭にしかめ面をしていました。 人が刺されて生死を彷徨っているというのに、この男は貧乏人の臭いにしかめ面をしている。 キテクは富裕層の非情さに対し、衝動的に怒りを感じました。 キテクはパクから「一線を超えてこないからいい」と評価を受けており、常に貧困層である自分と富裕層であるパクの境界をわきまえていました。 しかしこの瞬間だけは、どこまでも利己的な富裕層(特にパク)に対して怒りが込み上げ、今まで守ってきた一線を超えてパクを刺し殺してしまいました。 なぜキテクは地下へ行くことを決意したのか パクを刺し殺したのち、冷静になったキテクは一度は逃げようと試みます。 しかし「このまま逃げても捕まるだけだ」という恐怖感と、「自分は地上にいるべき人間じゃない」というある種の自己嫌悪感に襲われ、そのままパク家の地下に潜っていくことを決意します。 「自分の行くべき場所がどこか、すぐにわかった。 」 坂を流れる土砂水のごとく、人間も上から下へと流れ落ちていくだけなのです。 半地下に住んでいたキテクは、人を殺したことで半地下のさらに下である地下こそが、自分にとって一番ふさわしい場所だと考えたのです。 映画の題名「パラサイト(=寄生虫)」とはいったい誰のことか? 「半地下の家族」という映画の副題や、パク一家とキテク一家が対照的に描かれているポスターからも、最初はキテク一家がパク一家へのパラサイト(=寄生虫)だと考える人が多いと思います。 しかし、キテク一家に一定の嘘はあるものの、全員正規の労働の対価としてお金を受け取っています。 本当の意味での寄生虫は、地下にこっそり住んでいたグンセであり、パク一家にとっての見えない脅威だったのです。 (最後に)韓国映画『パラサイト半地下の家族』を見た方にオススメ いかがでしたでしょうか? 様々なメタファーを用いながら貧富差を象徴的に描き出し、コメディーからスリラーへの凄まじい変化を遂げる映画『パラサイト半地下の家族』は2019年カンヌ国際映画祭での最高賞(パルム・ドール賞)を受賞しました。 ちなみに、2018年にカンヌ国際映画祭で最高賞を受賞した作品は日本の でした。 こちらも日本の貧困層を様々な手法で描いており、見応えのある作品となっております。 本映画が気に入った方は でポン・ジュノの他の作品および『万引き家族』をチェックしてみてください。 初月無料です!.

次の