下呂 温泉 合掌 村。 【横領事件】遺体発見の燃えた車、所有者は使途不明金で行方不明の下呂温泉合掌村男性職員『自殺か他殺か』物議【岐阜県下呂市】

下呂温泉 合掌村|日本三名泉を楽しもう|下呂温泉観光協会

下呂 温泉 合掌 村

もくじ• 下呂市金山町弓掛、土砂崩れの現場付近に全焼車両 この事件が発覚したのは2020年5月17日(日)の午前9時半ごろのこと。 下呂市金山町弓掛にある県道で、点検に訪れた土木事務所の職員から「土砂崩れの現場付近で丸焦げになった車がある」と警察への通報で事件が発覚することになりました。 通報によってかけつけた警察の調べでは、見つかった乗用車は全焼となっており、その車内からは身元不明(性別不明)の遺体が見つかっています。 車の全焼事件は土日の休業中に起きていたか? 現場の作業をしていた土木事務所の情報では、現場周辺は2020年1月に起きた土砂崩れの修復工事が行われたいた場所で、復旧工事中は通行止めとなっていたようです。 進入できないようにバリケードも設置されていたとされていますが、その中へと侵入しての全焼事件とみられています。 また、5月15日午前に工事で業者が出入りした際(最後に確認した時間)には、異常はなかったとされており、その後の休業中に事件が発生していたのではないかと思われます。 スポンサーリンク 下呂市金山町弓掛の全焼車両から発見の遺体は誰? 今回の事件とのかかわりがあるかどうかはまだ不明となっていますが、同じ岐阜県内の下呂市で事件があり、16日からその容疑者と思われる人物が行方不明となっていることが判明しています。 事件の概要は以下の通り。 岐阜県の「下呂温泉合掌村」で、およそ2000万円の使途不明金が発覚。 下呂市が運営する観光施設「下呂温泉合掌村」で5月14日に行われていた2019年度の決算処理の中に、架空の工事などの名目で、実在しない会社に21回に渡りおよそ2000万円が振り込まれていたことが判明しました。 この件に関する市の調査に対し、会計を担当していた52歳の男性職員が「すみません」と話し、一部の関与を認めていましたが、男性職員はその後16日から行方不明となっていて、市が警察に捜索願を出しています。 同じ下呂市内で起きた事件、さらには時間軸もほぼ同じのため、この行方不明の人物が身元不明の焼死体の人物ではないかといった推測がされています。

次の

会計担当者の名前や消えた理由は?下呂温泉合掌村で2000万円の使途不明金

下呂 温泉 合掌 村

詳しくは詳細情報の《イベント情報》をご覧ください。 村内には、四季折々の山野草が咲き、日本の原風景の風情を醸しだしています。 「合掌の里」は、国重要有形文化財「旧大戸家住宅」をはじめ白川郷などから移築した10棟の合掌造りの民家で集落を再現しており往時の生活を知ることができます。 下呂温泉に伝わる伝説や昔話を現代的な影絵劇で公演する影絵昔話館「しらさぎ座」は、全国で唯一の常設影絵上演館で、繊細なデザインと柔らかな色調の「新感覚な現代影絵劇」を上演しています。 そのほか、陶芸や陶器の絵付け体験、和紙の絵漉き体験ができる「飛騨工房」、遊行僧円空について展示している「円空館」、「合掌の足湯」、「竹原文楽記念館」、川魚の炭火焼きが人気の「市倉」、めん処「合掌茶屋」があります。 桜とモミジの里である「歳時記の森」は、茶房「萬古庵」、水車小屋、土蔵、かえる神社、棚田や園内をめぐる散策路のほか、175mの森の滑り台があり、森をめぐりながら季節の移ろいを感じることができます。 旧大戸家住宅は、現在の白川郷集落から約10km南に位置する御母衣字上洞にあり、御母衣ダム建設(電源開発)の際に集落が離散し、保存管理が困難であったものを、保存展示するために解体移築したもので、天保4(1833)年から弘化3(1846)年まで13年をかけて建造されものと「棟札」に記録されています。 間口24. 96m、奥行き12. 27m、建坪251,337? の切妻茅葺き合掌造りで、昭和31年6月28日(文化財保護委員会告示建1367号)に国重要文化財に指定されています。 また、昭和37年3月30日付け文化財保護委員会地文建第25号により、現有地に移築を許可され、同年7月に文化財保護委員会の技術指導のもとに移築工事に着手、翌38年3月に完成しています。 なお、建物に附随している「棟札」には建造された期間や作業にあたった職人や家族の名前が記され、この「棟札付き」で国の重要有形民俗文化財に指定されています。 (棟札は、旧大戸家住宅玄関(土間)に展示) 白川郷一円の民家は、南部の荘川地域は飛騨高山の系統に属し入母屋形式が多く、白川村及びその以北は主に切妻作りで、越中の職人によったものが多い傾向です。 旧大戸家住宅もこれらの手によって造営されたことは棟札により明らかです。 また、平成22年4月には、「旧岩崎家住宅主屋(現:民俗資料館)」「旧遠山家住宅板倉」が国登録有形文化財として登録されました。 平成22年7月17日に合掌村東側斜面の「ふるさとの杜」を益田造りの古民家や水車小屋、土蔵、かえる神社、棚田などを配置し、桜とモミジを植栽した「歳時記の森」を竣工しました。

次の

会計担当者の名前や消えた理由は?下呂温泉合掌村で2000万円の使途不明金

下呂 温泉 合掌 村

詳しくは詳細情報の《イベント情報》をご覧ください。 村内には、四季折々の山野草が咲き、日本の原風景の風情を醸しだしています。 「合掌の里」は、国重要有形文化財「旧大戸家住宅」をはじめ白川郷などから移築した10棟の合掌造りの民家で集落を再現しており往時の生活を知ることができます。 下呂温泉に伝わる伝説や昔話を現代的な影絵劇で公演する影絵昔話館「しらさぎ座」は、全国で唯一の常設影絵上演館で、繊細なデザインと柔らかな色調の「新感覚な現代影絵劇」を上演しています。 そのほか、陶芸や陶器の絵付け体験、和紙の絵漉き体験ができる「飛騨工房」、遊行僧円空について展示している「円空館」、「合掌の足湯」、「竹原文楽記念館」、川魚の炭火焼きが人気の「市倉」、めん処「合掌茶屋」があります。 桜とモミジの里である「歳時記の森」は、茶房「萬古庵」、水車小屋、土蔵、かえる神社、棚田や園内をめぐる散策路のほか、175mの森の滑り台があり、森をめぐりながら季節の移ろいを感じることができます。 旧大戸家住宅は、現在の白川郷集落から約10km南に位置する御母衣字上洞にあり、御母衣ダム建設(電源開発)の際に集落が離散し、保存管理が困難であったものを、保存展示するために解体移築したもので、天保4(1833)年から弘化3(1846)年まで13年をかけて建造されものと「棟札」に記録されています。 間口24. 96m、奥行き12. 27m、建坪251,337? の切妻茅葺き合掌造りで、昭和31年6月28日(文化財保護委員会告示建1367号)に国重要文化財に指定されています。 また、昭和37年3月30日付け文化財保護委員会地文建第25号により、現有地に移築を許可され、同年7月に文化財保護委員会の技術指導のもとに移築工事に着手、翌38年3月に完成しています。 なお、建物に附随している「棟札」には建造された期間や作業にあたった職人や家族の名前が記され、この「棟札付き」で国の重要有形民俗文化財に指定されています。 (棟札は、旧大戸家住宅玄関(土間)に展示) 白川郷一円の民家は、南部の荘川地域は飛騨高山の系統に属し入母屋形式が多く、白川村及びその以北は主に切妻作りで、越中の職人によったものが多い傾向です。 旧大戸家住宅もこれらの手によって造営されたことは棟札により明らかです。 また、平成22年4月には、「旧岩崎家住宅主屋(現:民俗資料館)」「旧遠山家住宅板倉」が国登録有形文化財として登録されました。 平成22年7月17日に合掌村東側斜面の「ふるさとの杜」を益田造りの古民家や水車小屋、土蔵、かえる神社、棚田などを配置し、桜とモミジを植栽した「歳時記の森」を竣工しました。

次の