サッポロ クラシック ラガー。 キリン「クラシックラガー」で昭和の旨さに浸る!^^|呑み助調理師のおいしいビールの話

[北海道限定] サッポロクラシック|引き立つモルトの旨味。道民に愛され続ける日本最高峰のラガービール。

サッポロ クラシック ラガー

Contents• ジョッキの出て来るビールだけが生ビールじゃないからね 笑 まぁ、このブログに遊びに来てくれる読者様には「釈迦に説法」かも知れませんが 笑 、現在日本で売られているビールはほとんど「生ビール」です。 しかし、飲食店で中ジョッキなどで出て来るのが「生ビール」で、瓶や缶は「生ビール」ではない!と思っている方がけっこう多いです。 生ビールとは、加熱殺菌をしていないビールの事で現在は「濾過」などの技術が発展して、加熱しなくても殺菌出来るので、ほとんど加熱殺菌ビールは姿を消しました。 わたしが若いころは、ビールと言えばキリンでした。 後の3社…特にサントリーは話にならない状態でした。 でも、サントリーのすごいところは、当時の経営者の佐治さんが「サントリービールの赤字は健全な赤字だ」と言ってのけたところですね。 それが、今のプレモルの快進撃を生んでいます。 ごめんなさい。 話がそれましたが、当時はビールはキリン1強!…ただ、アサヒがスーパードライを出すことでビール界がひっくり返る将来が待っていようとは… キリンラガーも時代の流れで、生ビールになりました。 が…恐らくですが、ある一定数の消費者が「昔の方が美味しかった」と言う意見を挙げたと思います。 新商品になるときは、一時期このような消費者の動きは珍しくないですが、慣れて来て消費者の方も「うん。 今の商品が美味しい」となるものですが…ラガーは生粋の「昔のラガー好き」がいるんでしょうね^^; それで、昭和40年代当時の熱処理製法でつくり出した「クラシックラガー」が再び世に出たと、わたしは思っています。 その証拠?に、一定の支持を得て、まだ現役で商品ラインナップに加わっているわけですから… 【原材料】 麦芽(外国製造又は国内製造(5%未満))・ホップ・米・コーン・スターチ 【アルコール度数】 アルコール4. 5% 【カロリー(100mlあたり)】 エネルギー41㎉ 【栄養成分】 タンパク質0. 3g・脂質0g・炭水化物3. 見事なラガー色!ww ではでは、頂きましょう。 おしょぶ~実はクラッシックラガーが久しぶりで、楽しみで仕方がないのです。 これは、若い人にも飲んでほしい。 今流行りのフルーティーとか、度数だけが高いガツン!とかとは又違う価値観の味。 よくファションでも、流行は繰り返すって言うけど、この味を好いてくれる若者は居ると思う。 試しに飲んでみてね!^^ これは、おしょぶ~火がついちゃったので、リピします 笑。

次の

なぜ我々は赤星ことサッポロラガービールを飲んでしまうのか!?

サッポロ クラシック ラガー

そりゃ、まずかったらこんなにロングセラーにならないよ・・! 「サッポロクラシック」がまずい!美味しくない!の感想・声まとめ! ビール サッポロクラシック ひっさびさに飲んだけどやっぱまずい〜アア〜でももったいないから全部飲みきる〜アア〜 — チャロ ch404find サッポロCLASSIC、べつにそんなに美味しくない。 東京のアンテナショップで売ってるのじゃなくてセコマで売ってるサッポロクラシックが飲みたい。 ホッホクルツ製法でうまい。 — シェウアン sheuan サッポロクラシックうまいな。 すすきのビールと小樽ビールとサッポロクラシックを飲みました。 いくらでもいける感じ。 餃子とむちゃくちゃ合う。 やばい。 うまい。 — うさふー Grahoo やっぱサッポロクラシックうまい。 まずかったらこんなにロングセラーになりません! 実際に購入して飲んだ私の感想は「 コクがあるのにスッキリしていてうまい!」です。 麦芽とホップだけで作ったので当然、麦芽の香りと味は強く、飲みごたえが強いです。 しかし、「 スッキリ」もしています。 このスッキリは 雑味がなく「クリア」なのです。 麦芽とホップのみだと通常あまりスッキリ感やクリア感は少ないんですよ・・。 でもサッポロクラシックはコクと飲みごたえあるのにスッキリ感とクリア感があるんです。 かなり気になったので調べてみると、サッポロクラシックの場合は製造方法が「 ホッホクルツ製法」と言われる製法で作られているようです。 これは ドイツで古くからある醸造法で高温で短時間の仕込みで作り上げるようです。 通常の醸造法とサッポロクラシックの醸造法は作り方が違うんです!.

次の

熱処理ビールの2大巨頭・「伝統」キリンクラシックラガーと「赤星」サッポロラガービールを飲み比べてみました

サッポロ クラシック ラガー

熱処理ビールの2大巨頭を飲み比べ サッポロビールから「サッポロラガービール」の缶が発売されました。 普段は瓶でしか販売されていないサッポロラガービールですが、ここ最近は(期間限定ではありますが)定期的に缶で販売されるようになって気軽に飲むことができるようになりました。 サッポロラガービールといえば、日本最古のビールブランドであり、そして熱処理された、いわゆる「生ビール」でないビール。 昔ながらの味わいが楽しめるビール。 同じく、昭和40年代にはビール業界のシェア60%を占めていたというキリンビール、その当時の味わいを再現した「キリンクラシックラガー」も生ビールでない熱処理ビール。 そんな似た特徴を持つふたつのビールを飲み比べてみることにしました。 熱処理をしたビールと生ビールの違い サッポロラガービールとキリンクラシックラガーの特徴は、 熱処理をしてビールの酵母を死滅させているということです。 大手メーカーが販売している日本のビールは熱処理をせずにフィルターで酵母をろ過した、いわゆる「生ビール」が主流になっています。 アサヒスーパードライの爆発的ヒットが日本のビールを生ビール化したというのが通説ですね。 ちなみに酵母を熱処理で死滅させる理由は、酵母がビールの中に残っていると発酵が終わらないので、商品として世に出たあとも発酵が進んで味が変わってしまうから。 昔は酵母を熱処理していたものが、フィルターの技術や精度が高まって、ろ過するだけで酵母が取り除けるようになり、生ビールが世に広まった、とも言われています。 技術の進歩が生ビールを普及させたということですね。 お恥ずかしい話ながら、昔はサーバーから注がれるのが生ビールなんだと勘違いしていました・・・ さて、同じ熱処理を施したビールである、サッポロラガービールとキリンクラシックラガー、原材料も実は同じなんですね。 アルコール度数はキリンクラシックラガーの方が4. 5%とやや低めとなっています。 原材料が同じでも、醸造の仕方の違いで味わいが変わるのが面白いところ。 熱処理をしたビールは一般的に厚みのある味わいで苦味がしっかりしたビールと言われることが多いのですが、はたしてこの2本はどうでしょうか。 飲み比べが楽しみになってきました! 1本目:サッポロラガービール まずはサッポロラガービールからいただきます!1877年に誕生した日本最古のビールブランド。 赤い星は北極星で、この星のマークをとって「赤星」という愛称で呼ばれています。 会社の帰りに立ち寄った飲み屋でサッポロラガーを見つけると思わず注文したくなってしまいます。 瓶ビールでグラスに注ぐサッポロラガーはまた格別に美味しい、気がします。 気分って大事です。 このブログでも2014年から缶の赤星を飲んでいました。 ラベルの裏側は、サッポロラガービールの歴史とともに、当時のラベルデザインが描かれています。 1800年代から続く伝統と歴史。 これだけの歴史を語れるビールはそうそうありません。 グラスに注いだビールは鮮やかな金色。 泡立ちがよいですね。 飲んでみるとこれぞビールと言わんばかりの苦味がまず口に広がりますが、そのあとにホップのスッキリした香りと苦味がやってきます。 とげとげしくない、丸みのある苦味。 しっかりと苦味を感じながらも後味がすっとしているので、飲みやすいし食事にも合わせやすい気がします。 居酒屋の揚げ物系のメニューにもよく合うんですよね。 2本目:キリンクラシックラガー 続いてはキリンクラシックラガーを飲んでみましょう。 昭和40年代には6割以上ものシェアを誇ったという当時のビールの代名詞。 キリンラガービールが「生」化したあと、当時のラガーの味わいを復刻させるということで2001年に誕生したビールです。 こちらはやや濃い目のゴールド。 グラスに鼻と口を近づけるとホップの香りが広がり、一口飲めばどしっとくる苦味が口の中に広がっていきます。 昔ながらのビールというか「ビール=苦い」というイメージにぴったりの味というのかな。 子どものときに想像していたビールの味、大人の味です。 これがいわゆる厚みのある味わいというやつでしょうか。 一般的にアルコール度数が低いとボディ感が弱まるのでライトな飲みくちになりがちですが、クラシックラガーはアルコール4. 5%とは思わせない飲みごたえを感じます。 苦味の奥には麦芽の旨味が感じられるのがその理由ですかね。 昔ながらのビールといえばこの味。 美味い。 程よい苦味のサッポロラガー、どっしりとした苦味のキリンクラシックラガー クラシカルな二本の熱処理ビール、サッポロラガービールとキリンクラシックラガーを飲み比べてみました。 熱処理ビールで、厚みのある味わいとくくってしまうと簡単ですが、やはりそれぞれ特徴のある味わい。 サッポロラガービールは丸みのある程よい苦味で後味は意外とすっきり。 キリンクラシックラガーはどっしりとした苦味から、麦芽の旨みを感じさせる後味。 どちらも美味しいし、好き。 缶での飲み比べは、サッポロラガービールが缶でリリースされたときしかできませんが、瓶は通年で販売されています。 サッポロラガービールやキリンクラシックラガーが飲みたいときは、酒屋さんをのぞいてみてください。 お店で見かけたら瓶で手酌で飲みたくなるビールですね。 でも、手軽に缶で自宅で飲めるのもやっぱり嬉しい。 歴史と伝統を感じられる二本のビールが飲めることに感謝なのでした。 家飲みでも、グラスで飲むとビールはより美味しく感じられます。 小さめのタンブラータイプに注いで、ぐいっと飲むのが心地よいです。 ビールの風味をより感じられるうすはりグラスは一度試してみてほしいグラス。

次の