下痢 が 続く 腹痛 なし。 下痢が続くけど腹痛なし?食後に起きる原因と対処法について

下痢が続くけど腹痛なし?食後に起きる原因と対処法について

下痢 が 続く 腹痛 なし

2006年 北里大学大学院卒 2008年 平塚共済病院内科医長を経て小田原銀座クリニックに入職、その後院長に就任 2013年 12月には当院久野銀座クリニックを開業 早期発見、早期治療を心がけ、健康で心豊かな人生を歩んでいただくことを願っており、内科・消化器内科を中心に幅広い情報の発信に努める。 下痢の中でも、とくに水分量の多い水下痢。 おおよそ9割程度が水分だといわれています。 その原因はさまざまですが、急な水下痢の場合、ウイルス性や食あたり、食中毒による急性の胃腸炎である可能性が高いでしょう。 ほかにも、食べ過ぎや体が冷えたことによって水下痢を起こすこともあります。 この記事では、下痢の中でも水分量が多い『水下痢』の原因や対処法についてくわしく説明します。 はじめに、「下痢」の基準ってなに? 1. 『下痢』を起こすとこうなる! 『下痢』とはどんな状態の便? 下痢は、健康的な便と比較してゆるく、柔らかい状態の便や、水っぽい便のことです。 便の状態としては、水に溶けたり、浮いてバラバラになったりしているものです。 下痢の原因のほとんどは胃腸にある! 下痢のほとんどは、胃腸などの 消化機能系の異常により起こります。 腹痛をともなうことが多く、我慢できずにトイレに行く回数が増えるなどの症状があります。 水分が7割以上になると下痢とよばれ、段階ごとに軟便・泥状便・水様便などとよばれます。 水下痢ってなに? 1. 『水下痢』は水分が9割以上 下痢のなかでも、とくに9割以上の水分を含んでいるものを水下痢ということがほとんどです。 ただし、便の水分量を正しく計測することはできないので、おおよその判断になります。 水下痢が起こる理由 おもな原因は『胃腸炎』! 水下痢の原因として考えられるのは、次のような感染による胃腸炎です。 ・ノロウイルス• ・ロタウイルス• ・食中毒• ・食あたり 急性のものが多く、急に便意をもよおしたら、水下痢だったということが多いでしょう。 どれも症状として水下痢がみられますが、食あたりだけは比較的症状が軽いという特徴があります。 『水下痢』の前後にはどんな症状がある? その前後に腹痛をともなうこともあり、場合によっては吐き気や、嘔吐をくり返すこともあります。 水下痢の場合に考えられる病気について 水下痢に考えられる原因はこの3つ! 水下痢は、 ウイルスや細菌・食中毒・食あたりなど、急性のものがほとんどです。 この3つが原因となり、胃腸炎を引き起こしていることが多いため、まずはこれらを疑うべきでしょう。 食中毒は細菌が体内に入ることでおこり、食あたりは暴飲暴食、消化不良、痛んだものを食べたことなどが原因となります。 急性の下痢について 急性の下痢 であれば、日に数回程度から数十回にわたって便意をもよおすこともあります。 腹痛や吐き気をともなうときは重大な病気の可能性も 排便時や、その前後に腹痛・吐き気をともなうときは、できる限り早い段階での検査が必要です。 水下痢をもよおすウイルスには『赤痢』、『コレラ』などの可能性があるほか、潰瘍性大腸炎や、大腸ガンなどの病が隠れている可能性もあります。 とくに、便の色が赤みがかっている場合は、これらの病気を疑ってすぐに病院へ行くことが重要です。 水下痢が続く場合の対処法! 水下痢が続く場合に心がけることや、下痢止めを服用しても良いかどうかについて解説します。 家では、とくに水分補給を心がける 水下痢が続く場合は脱水症状に注意! 1日に数十回も便意をくり返すものでも、多くは 1週間程度 で治るものがほとんどです。 しかし、この週間の間に何度も水下痢が続く場合は、脱水症状が起こることが多い です。 たくさん水分が排出されてしまうので、喉が乾く前に水分をしっかりととるようにしましょう。 めまいやふらつきが少しでもあれば注意が必要です。 胃腸を冷やさないものでこまめに水分補給! 水下痢が出るということは、少なからず胃腸の調子が良くない状態です。 そのため、冷たいものを一気に飲むのは控えてください。 ぬるめの白湯やお茶、常温のスポーツドリンクなどを飲むのがよいでしょう。 吐き気がある場合の水分補給は? 吐き気がある場合には、飲めるものを飲んでください。 急性の胃腸炎が疑われる場合は受診を 水下痢の際に腹痛などがあるかが診断のポイント! 急性の胃腸炎が疑われる場合 は、病院で受診するのがよいでしょう。 水下痢の際は、急に腹痛をともない症状が出ることがあります。 水下痢になってしまう前後に、腹痛や吐き気がないかをしっかりと覚えておくことが重要です。 便の状態をよく覚えておくこと 病院へ行く場合には、便の特徴を出来る限り詳しく報告するようにしましょう。 頻度や便の状態だけでなく、血が混ざっているかどうか、色なども報告できるようにその都度確認してください。 下痢止めの使い方はそのときの状況によって判断を! 基本的には下痢止めは使用しないこと 仕事など急な用事の場合はやむを得ませんが、下痢止めの服用はおすすめできません。 水下痢は、 ウイルスなど体に不要なものを排出するために起こっている症状です。 しかし、下痢止めを飲んでしまうとウイルスなどの不要なものの排出を止めてしまうことになります。 そのため、特別な理由がなければ、むやみに下痢止めを服用するのはやめたほうがよいでしょう。 効果的なのはこんなとき 食べ過ぎや、お腹が冷えたことによる下痢であれば、下痢止めを使うと効果があります。 しかし、判断ができない場合には、必ず病院を受診し、医師に相談するようにしてください。 最後に 種類も原因もさまざま 下痢にはさまざまな種類があり、それは便の水分量によって変わります。 その中でも、 水下痢は便の9割程度が水分になります。 原因もさまざまですが、ウイルスや細菌・食中毒・食あたりなど、急性の胃腸炎が多いです。 ほかにも、食べ過ぎや体を冷やしたことによる水下痢の場合もあります。 病院を受診する基準は? 急性の胃腸炎であれば、早急に病院を受診することが必要です。 しかし、食べ過ぎなどであれば下痢止めなどの市販薬を服用することで症状が治ることがあります。 原因が判断できないときには、病院を受診することをおすすめします。 急性胃腸炎であれば、水下痢の前後に腹痛や吐き気をともなうこともあります。 そのため、受診した際に医師にしっかりと伝えられるよう、症状にじゅうぶん注意しておくことが大切です。 通常、1週間程度 で下痢の症状は治まりますが、治まったあとも水分補給をしっかりとおこないましょう。

次の

腹痛のない水下痢の原因は

下痢 が 続く 腹痛 なし

軟便が続きませんか? 軟便(下痢)の状態が続きませんか? 軟便では水分量が80~90%になります(通常の普通便の水分量は70~80%)。 軟便は、排便時のキレが悪く、すっきりとしない感覚(残留感)になりやすいです。 軟便から数日で普通の固さに戻れば、問題はないのですが、数週間以上も 軟便が続いて慢性の状態になるようであれば、身体の異常なので 病気の可能性も考える必要があります。 軟便は、うんちの キレが悪いと、 残便感もあったりして、拭いても拭いても拭き取りにくかったり、便器にべっとりくっついたり、最悪は、 パンツにくっついて汚れることもあったり・・・・。 朝だけ・午前中だけ軟便という人は 暴飲暴食もしていないのに、朝だけ(午前中だけ)下痢や腹痛に襲われるという人は、ストレスによる 過敏性大腸症候群の可能性が高いです。 便失禁の危険 軟便や下痢が続いていると、 便失禁や 便漏れ(うんこもらし)のリスクがとても高いです。 便が柔らかい、もしくは水っぽいために制御しにくかったり、一度の排便だけでは全部を出し切れないため、終わったかと思った直後に便を漏らしてしまう危険性は非常に高いです。 精神的ストレスによって腹痛や腹部の不快感を伴う軟便・下痢を繰りかえす病気の 過敏性腸症候群(IBS)にかかると、便の漏れを制御する肛門括約筋や神経には問題は無いにもかかわらず、直腸の 知覚過敏が原因で過剰な便意を感じて 切迫性の便失禁の症状が出る危険性も高くなります。 尿の失禁も恥ずかしいですが、便の失禁となるとニオイを伴うこともあり、とても恥ずかしい思いをして、さらには周りの人にも不快な思いをさせてしまうので、それを避けるためにも早めの改善しておくことです。 軟便・下痢の仕組み(メカニズム) 腸の働きが異常な状態になることで、軟便や下痢になります。 大腸で便の水分調整が行われます。 食べた物が消化・吸収されて残りのカスの水分を大腸の中を移動する間に吸収していく訳ですが、腸が正常に働いていると 腸のぜん動運動(便を腸から肛門まで運ぶ動き)のスピードも正常で程よい固さの便になります。 ところが、なんらかの原因でこの腸のぜん動運動が異常に活発になり早いスピードで腸内を移動して行ったり、便から十分に水分を吸収しないうちに、肛門付近まで移動させられ、水分を多く含んだ便である 下痢便や 軟便になってしまいます。 また、腸の働きが低下して水分量の調節機能に障害が起きると、腸から体内への水分吸収が不十分になったり、腸から水分の分泌が増えると、腸の中の水分量が異常に多くなって、下痢便や軟便になります。 軟便の原因は 特に、臭いがキツくなったとか、残便感が残るようになったということであれば、 消化器官の働きの低下によるものという可能性が高くなります。 消化器官の働きの低下の原因は、 乱れた食生活(偏ったバランスの悪い食事)や 生活習慣のほか、 ストレスなどにより引き起こされます。 食べたものが胃や小腸できちんと消化し吸収されないまま、大腸まで運ばれます。 特に肉類を多く食べると、どうしても消化が悪いので未消化になりやすいです。 未消化のまま大腸まで運ばれた食べ物、特に 未消化のタンパク質は、悪玉菌の大好物のエサとなって、分解・腐敗させられることで、インドール、スカトール、アンモニア、硫化水素などの 腐敗ガスを発生させるので、ウンチやオナラを ものすごく臭くさせています。 そしてその腐敗ガスは、大腸をマヒさせて働きを悪くします。 軟便を解消するには まず、下記の内容に当てはまる場合は、要注意です。 しかし、痛みが無いようであれば、 食生活や生活習慣の改善で症状を解消することも可能です。 軟便や下痢が続く場合の改善方法について、どう対応していくかを解説していきます。 【改善1 食生活の改善】 肉類に偏った食事や コンビニ食、 ファストフードや インスタント食品、 外食チェーン店での食事などが多い場合には、元々食物繊維を多く含む野菜中心の和食を食べていた日本人の胃腸に負担をかけてしまう結果、軟便になりやすくなります。 加工食品は簡単においしく食べれることもあり、ついついそればかり食べてしまうこともありますが、栄養の偏りの少ない食事に改善しましょう。 また、 暴飲暴食、 アルコールや カフェイン、 冷たいもの、 刺激物の摂り過ぎなども、胃腸へ負担を掛けることで軟便をまねく原因となりやすいです。 特にアルコールは、摂取量に比例して 消化器官の機能低下も招くので、飲み過ぎる習慣のある人は注意が必要です。 【改善2 ストレスをためない】 ストレスは、胃や腸といった臓器を管理する 自律神経を乱してしまうので、知らない間に臓器、特に腸の働きを低下させてしまいます。 胃腸などの消化器官の機能低下は、消化不良を引き起こすと共に 軟便や 下痢を発生させてしまいます。 ストレスは多かれ少なかれ誰にでもあるものなのですが、いかに発散できるかでその後が大きく違ってきます。 ストレスを発生しないように避けることも必要ですが、 自分なりの発散方法を見つけて、ためないようにすることが大切です。 【改善3 運動不足解消】 運動不足により内臓脂肪が体内に蓄積されることで、 内臓の機能低下を招き、軟便を引き起こす原因となります。 さらに、運動不足は 血行の悪化も引き起こします。 血液の循環が悪いと、 お腹が冷えやすくなり、胃腸の働きを低下させて軟便や下痢を引き起こしやすくなります。 特に、 デスクワークが多い方は注意して下さい。 ずっと同じ姿勢で常に腸を圧迫していると、腸の動きが悪くなってしまうので、適度に姿勢を変えて、腸が動きやすいように気をつけてください。 ハードな運動は必要ありませんが、毎日続けることのできる軽い運動、 ウォーキングなどを始めてみましょう。 【改善4 善玉菌の摂取】 しかし、一番大切なことは、 腸内環境を整えて、腸の働きを正常に戻して、ほど良い固さのウンチになるようにしてあげないと、ひんぱんな便意や軟便、下痢という症状は改善されません。 上記の 改善1~ 改善3までも必要ですが、これだけでは軟便を改善する効果を実感するのに時間がかかりすぎてしまいます。 とにかく外部から生きたままの善玉菌(乳酸菌・ビフィズス菌)をたくさん腸まで届けてあげて、 善玉菌を増やして元気にして、悪玉菌を減らすことです。 これをすれば、 腸内環境を整えることになります。 善玉菌の一種である 乳酸菌を毎日摂り続けることで、腸内環境は改善されていきます。 できるだけ効率的に乳酸菌を摂るには、乳酸菌を濃縮して作ったサプリメントとして摂ることです。 わずかな量で数多くの乳酸菌が手軽に摂れるので、 短期間で効果を実感できます。 カロリーを気にする必要もなく、乳製品がダメな人でも大丈夫な点でベストと言えます。 しかもヨーグルトだと腸にたどり着くまでに、どうしても胃酸や消化液に影響を受けて乳酸菌は負けてしまいます。 乳酸菌サプリだと、胃酸や消化液に強いカプセルに入っていたりするので、生きたまま腸まで届けることが可能です。 腸には 小腸と 大腸があります。 効果的に軟便や下痢の解消をするには、小腸・大腸の両方ともに働きかけるのが、確実な方法です。 どちらかにしか効かないサプリだと、効果が出ない場合も多いのです。 小腸にも大腸にも善玉菌を増やすようなサプリメントを選ぶことが、軟便・下痢の改善の近道です。 善玉菌を摂ることで、こうなりました! 腸内環境を整えると、腸の働きが正常な活発な状態に戻って、大腸がウンチを作って肛門まで運ぶ動きもスムーズになるため、適度なスピードで大腸内をウンチが移動して、 適度な固さのウンチに仕上がります。 そうなると、便の色も黄土色に戻り、便のキレが良くなってスッキリしたウンチで排出できるので、 ベタベタウンチでトイレの便器にくっつくことも少なくなったました。 ウォシュレットのないトイレでもお尻を拭くのに、何度も何度も拭く必要もなくなったり、最悪、拭ききれずに パンツにくっつくこともほとんどなくなりました。 出し切れていないという残便感も無くなるので、トイレの時間も短くなりました。 軟便や下痢が解消されると、急にトイレに駆け込むことも少なくなって、安心して外出もできますよね。 実際に私が軟便を解消した体験記をまとめてみました。

次の

下痢が続くのに腹痛なし…これって何かの病気?病名は?

下痢 が 続く 腹痛 なし

真っ黒な便が長期間続く場合は一度検査をしてみるほうが良いでしょう。 下痢の続いている期間 下痢の続いている状態はどれぐらいなのか、期間を把握しましょう。 体調や個人差があるので、一概には言えませんが、食あたりなどの一過性のものであれば、1日、2日程度で治まることが多いです。 またウィルス性の疾患などでは、1、2週間ほど続くときもありますので、どの程度続いているのかを医療機関で説明できるようにしましょう。 また下痢が3週間以上続いている場合は慢性下痢と言います。 ウィルス性などの原因でなくとも生活習慣が原因で慢性的に下痢の症状が続く可能性もあります。 特に下痢の期間はいつから続いているのかが曖昧になりがちなので可能であれば便の状態の管理を普段から行っておくと良いでしょう。 下痢以外の症状の有無 下痢とともに他の症状があるか確認しましょう。 下痢は腹痛と共に起こっているのか、発熱や嘔吐などのほかの症状が出ているか?など把握することで診断も早くなります。 さらに症状以外にも、急激な体重の減少があるか?激しい下痢で脱水症状を起こしていないか?などを知ることで急激な症状の悪化にも対応できます。 特に下痢の症状と胃痛の症状が現れる場合は特に症状が辛くなるので病院に行かなくては辛い状態になるでしょう。 また併発する症状で考えられる病気の可能性も変わってきます。 正しい処置を行い改善していきましょう。 下痢の症状 下痢には、2つのタイプがあります。 このタイプの下痢は、ストレスやウィルス性の疾患、お腹が冷えたなどの原因で起こることがあります。 少しの食生活の乱れや環境の変化や水が変わるだけでもこの症状は起こるため、安静にしていれば問題なく症状は収まっていくでしょう。 気をつけたいのは、3週間以上続く慢性下痢で、他に発熱や腹痛、嘔吐などのほかの症状を伴う場合です。 腸やその他の臓器への疾患の可能性があります。 中でも胃痛の症状が併発する場合などは危険レベルが上がります。 また下痢が血便の場合は症状の急変の可能性がありすぐに医療機関に受診することをオススメします。 この場合は症状の程度によってはそのまま入院の可能性もありますので、準備をしてから病院に向かいましょう。 下痢が続く原因 下痢が続くときの原因を考えてみましょう。 普段の生活の中でこのようなことはありませんか? 冷たいものの食べすぎ 冷たいものの食べすぎは腸の刺激になり、ぜんどう運動がきちんと働かなくなります。 すると腸で水分を吸収できずに下痢になります。 特に夏場などに冷たいものなどを摂りすぎたなど、冬場に腹を出して寝ていたなどの状況がある場合はそれらの事が原因になって症状が現れる可能性があります。 冷たいものの過剰摂取は腸の他にも胃にも大きな負担を掛けてしまうので消化不良を引き起こす原因にもなってそれが下痢の症状を引き起こす場合もあります。 食べすぎ 食べすぎで消化不良になり、下痢になる場合は、多くが体調不良や寝不足などの症状と共に起こっています。 そのような状態は、胃がきちんと機能できず、腸でも水分を吸収できずに下痢になります。 特に食べすぎた後にすぐに寝た場合や食べてすぐに運動をする場合でも下痢の症状が引き起こりやすくなります。 ごちそうを食べる日でついつい食べすぎてしまう場合は種類を増やして量を少なくするか、胃腸薬などを飲んであらかじめ対策しておくといいでしょう。 食べ過ぎによる下痢は、の記事を参考にしてください。 ストレス ストレスが原因で下痢になることもあります。 過剰なストレスから下痢になり、また下痢になるというストレスから症状を繰り返すということで慢性的な疾患につながります。 また、ストレスが多く溜まっている場合では下痢と便秘の症状を繰り返す場合もあります。 もしかすると過敏性腸症候群という病気の可能性があります。 油分を多く含む食事や香辛料の多い食事 油分は消化しにくいので、食べ過ぎると下痢の原因になります。 また唐辛子などの香辛料の多い食事は腸を刺激します。 刺激を受けると腸のぜんどう運動がきちんと働かず、下痢の原因になります。 普段から辛いものや脂ぎった食事をしている場合でも体調によって下痢の症状が出る場合もあります。 海外での食事 食べなれない外国での食事や水などが原因で下痢になることがあります。 環境の変化でも簡単に下痢の症状が現れる可能性はあります。 特に普段食べ慣れない食事は胃や腸で上手く消化吸収が出来ない場合があるので、慣れるまでは症状が続くことがあります。 牛乳 体質として乳糖を分解する酵素を持っていない人は下痢の原因になります。 特にアジア圏の人に多いといわれています。 稀なケースでは牛乳に含まれるタンパク質に免疫作用が過剰防衛反応を働き、アレルギー症状を発症する可能性もあります。 アレルギーの反応はその症状には個人差がありますが、症状がひどい場合は命に関わる症状を起こす場合があります。 アルコール アルコールは香辛料と同じで腸にとっては刺激物になります。 また過度な飲酒は腸の粘膜を傷つけることもあるので、注意が必要です。 また、過剰に飲んだ場合は腸や膀胱での水分の処理が追いつかず便でそのまま水分が排出されます。 よって必然的に下痢になってしまいます。 詳しくは、の記事を参考にしてください。 薬の副作用 抗生物質など、薬の副作用で下痢になることがあります。 もし心当たりがあるなら、担当医に相談しましょう。 抗生物質の下痢については、を読んでおきましょう。 下痢が続くときの対処法 では、下痢が続くときはどのような対策をとればよいのでしょうか? まず第一に医療機関への受診です。 下痢はほおっておくと身体の水分を失い、脱水症状を起こす可能性があります。 まず医療機関に受診しましょう。 受診前に出来ることは、 水分補給 下痢は身体の水分を必要以上に体外に出してしまいます。 脱水症状にならないように適度な水分補給をしましょう。 ただし、冷たい水や塩分の多いもの、香辛料の入ったものは腸への刺激になりますので、スポーツドリンクや体内吸収のよい水分を積極的に摂るように心がけてください。 もちろんアルコールやコーヒーなどの嗜好品は刺激物になります。 避けましょう。 栄養補給 食べられる状態であれば、きちんと栄養を補給しましょう。 ただし腸への刺激になったり、消化の良くない油っぽい食事や塩分の多い食事は避け、消化の良いものおかゆや煮た野菜、バナナなどの水溶性の食物繊維などを摂りましょう。 もちろん肉や魚介類、香辛料などは消化に時間がかかり腸への負担になります。 避けましょう。 これらのことに気をつけて早めに医療機関に受診しましょう。 日常生活で気をつけたいこと。 下痢はとても辛いですよね。 出来るだけ腸内の環境を良くして下痢を緩和したいものです。 どのようなことが腸内環境に良いのでしょう? 感染症などの一時的なもの以外では腸内環境を良くすることで下痢の症状を緩和することが可能です。 ビフィズス菌や乳酸菌などヨーグルトに含まれる善玉菌といわれている菌を腸内で増やしましょう。 ヨーグルトを積極的に食べるほか、善玉菌の栄養素であるオリゴ糖などの摂取、また水溶性の食物繊維を積極的に摂ることで腸内の環境を整え、便通をスムーズに促すことが出来ます。 免疫力は腸内環境に比例するといわれています。 腸内環境を整えることで、免疫力も強化され、強い身体になれるでしょう。 日頃から食生活や生活習慣を意識して過ごすとよいでしょう。

次の