さき まけ と は どういう 意味。 六曜まるわかり!【先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口】意味や順番を解説!

ダイアン吉日

さき まけ と は どういう 意味

先勝(せんしょう、せんかち、さきがち、さきかち)とは、暦の数え方の一つで、六曜という歴注の一つのこと。 元々は「速喜(そっき)」「即吉(そっきち)」と呼ばれていましたが、早い方が吉、先手必勝ということから先勝という言葉に定着したと言われています。 先勝(せんしょう、せんかち、さきがち、さきかち)という言葉の意味としては、 「先んずれば即ち勝つ」という意味であり、何事も早めに行動すると良い日という意味です。 先勝という字面から「午前は吉、午後は凶」という意味でも解釈されます。 万事において積極的に行動することが良いとされ、勝負事や急用はこの日に行うべきという意味合いも含まれているようです。 もしも引っ越し日が先勝だったら 先勝は「 午前は吉、午後は凶」と言われていますから、もしも同日に引っ越しの予定があるなら午前中に始めるのが良いです。 ただし引っ越し屋さんにお願いする場合、時間を指定すると値段が高くなる場合がありますので、複数社に見積もり(相見積もり)を取って料金を比較することをオススメします。 一斉見積もりで引っ越し費用を安く抑えましょう。 私自身、 大手で見積もりすると16万円だったものが一括見積もりを利用したところ、7万円に抑えることができました。 引っ越しをする際は必ず、複数社に見積もりをお願いすることをオススメします。 元々六曜は中国で生まれた時刻の吉兆占いです。 日本でも有名な三国志時代に活躍した諸葛孔明が、戦いの際に吉兆の日を知るために使ったという伝説が残っています。 日本には14世紀、鎌倉時代から室町時代にかけて伝来してきたと言われています。 しかし、六曜が暦に記載され、一般庶民にも広く定着するようになったのは江戸時代末期からと、意外にも比較的最近です。 それぞれの読みとしては、先勝(せんしょう、せんかち、さきがち、さきかち)・友引(ともびき)・先負(せんぶ、せんぷ、せんまけ、さきまけ)・仏滅(ぶつめつ)・大安(たいあん)・赤口(しゃっこう、しゃっく、じゃっく、じゃっこう、せきぐち)と読みます。 日本では、暦の数え方の中でも特に有名な暦注の一つであり、一般的なカレンダーや手帳にも広く記載されていますので、目にされた方も多いでしょう。 今日の日本においては広く信じられている傾向にあり、結婚式は大安がよい、葬式は友引を避けるなど、主に冠婚葬祭などの儀式と関係づけられて使用されていることが多いです。 先勝(せんしょう、せんかち、さきがち、さきかち)まとめ 以上のように、簡単ではありましたが、先勝(せんしょう、せんかち、さきがち、さきかち)について、ホームページでご説明をしました。 参考になったでしょうか?先勝がどういった意味を持っているのか?また、先勝の日にはどうやって過ごすのが良いのか?また先勝が含まれる、六曜の考え方についてや、その歴史的背景などなど。 先勝についての意味や、先勝の時にはどう過ごすべきかなどをまとめてみました。 以上、参考になれば幸いです。

次の

カレンダーの先負って読み方は?どういう意味があるの?

さき まけ と は どういう 意味

目 次• 先負とは 先負の読み方 「大安」「友引」「仏滅」といった知名度が高い六曜は読み方を知っている人が多いと思いますが、「赤口」「先勝」「先負」といった六曜は知っている人は少ないです。 正確には左から順に「赤口(しゃっこう)」「先勝(せんしょう)」「 先負(せんぶ)」と読みます。 ただこの中の 「先負」は「せんぶ」以外にも「せんまけ」「さきまけ」と読んだりすることがあり、どれもこの「先負」の事を指します。 先負の意味 先負の読み方はご紹介した通りですが、この先負の意味を知っている人は少ないです。 この六曜の一つである「先負」の意味は、「 何事も先んじてはいけないとされる日」です。 これはご存知の方もいるかもしれませんが、六曜の一つである「」と反対の意味で、吉凶の時間帯も反対となっています。 というのも、先勝の場合は「先んずれば勝つ」という意味であるように「急ぐことは良かれ」、「午前中のうちに行動を起こすことが吉」という意味合いですが、反対の「先負」は「何事も先せんじてはいけない日」という意味合いです。 この意味合い通り、先負の日は 「静かに待つのがよいとされる日」です。 先負の日の午前と午後 先負の意味は他にもあって、先ほどの「何事も先せんじてはいけない日」という意味があるように、 午前中は「凶」午後以降は「吉」とされているのが特徴です。 このことからわかるように、先負の日は午後以降から行動することがいいとされていますので、六曜が気になる場合は午前中は大人しくし、午後から行動に移しましょう。 先負の日のやって良いこと悪いこと 先負の日にやって良いことと悪いことがあるとされていますが、先負の日は先ほども意味の時に説明したように「静かに待つのがよいとされる日」です。 そのため基本的に大人しくしているのが吉ですが、特に先負の日に避けるべきことは「急用・争い事・公事」などといった、「忌み事」を避けたほうがいいです。 さらに次は具体的に先負の日にどのような場面では大丈夫か、避けたほうがいいについてご紹介していきます。 先負の日の引越し 先負の日に引越しをする場合は意味の時にご紹介したように、先負には「静かに待つのがよい」という意味があるので 午後から行うことがいいとされています。 しかし皆さんも仕事や都合などで忙しい方も多いと思いますので、出来れば違う日に少しずつ荷物を動かして、先負の引っ越しの日は午後の時間帯にちょっとで済むようにしておくことをお勧めします。 先負の日の結婚式と入籍 先負の日には「急用・争い事・公事」などの忌み事を避けるべきとご紹介しましたが、 結婚式や入籍の場合は午後から行うことに関しては「吉」となっています。 さらにこの先負は、 午後から行うことによって大安と同じくらい縁起が良いとされている上に、大安や友引とは違ってスケジュールが空いていることも多いので、「どうしてもこの日がいい」などといった日がない場合にはお勧めです。 先負の日の葬儀・葬式・通夜 冠婚葬祭の中で、六曜を気にする人が多い現状ですが、葬儀や葬式、お通夜の場合の「先負の日」についてはあまり気にすることがないです。 このような葬儀や葬式、お通夜で避けるべき六曜は主に「」です。 ただしここで注意していただきたいのは先負は関係はあまりないのですが、お通夜の時に先勝の日は極力避けましょう。 というのも先勝の次の日は「」なので、お通夜の次の日の葬式や葬儀に友引が来るようになってしまいます。 六曜が気になる方はくれぐれもご注意ください。 先負の日の法事 先負の日に法事をしてもいいか、悪いかについては、 先負の日に法事はあまり気にしなくていいです。 法事は急用や争い事、公事、勝負事とは全く違うことなので安心していただけたらと思います。 どうしてもそれでも気になる場合は午前から執り行うのではなく、午後から行うようにしましょう。 先負の日の納車 先負の日の納車についても先ほどからご紹介しているように先負については、 あまり関係ありません。 六曜の赤口の日には納車などは避けたほうがいいとされていますが、先負はあまり関係なく、もしどうしても気になる場合はやはり午後から納車することをお勧めします。 このように先負は午前中は大人しくしておき、午後から動くことによって吉を少しでも呼び込むことがあるとされていますので、六曜が気になる方は先負の日については午後から動くようにスケジュールを組んでください。 その他の六曜や、六曜カレンダーはこちら.

次の

先勝とは|先勝の意味/読み方や注意すべき時間とは?結婚式等に縁起良いか解説

さき まけ と は どういう 意味

目 次• 先負とは 先負の読み方 「大安」「友引」「仏滅」といった知名度が高い六曜は読み方を知っている人が多いと思いますが、「赤口」「先勝」「先負」といった六曜は知っている人は少ないです。 正確には左から順に「赤口(しゃっこう)」「先勝(せんしょう)」「 先負(せんぶ)」と読みます。 ただこの中の 「先負」は「せんぶ」以外にも「せんまけ」「さきまけ」と読んだりすることがあり、どれもこの「先負」の事を指します。 先負の意味 先負の読み方はご紹介した通りですが、この先負の意味を知っている人は少ないです。 この六曜の一つである「先負」の意味は、「 何事も先んじてはいけないとされる日」です。 これはご存知の方もいるかもしれませんが、六曜の一つである「」と反対の意味で、吉凶の時間帯も反対となっています。 というのも、先勝の場合は「先んずれば勝つ」という意味であるように「急ぐことは良かれ」、「午前中のうちに行動を起こすことが吉」という意味合いですが、反対の「先負」は「何事も先せんじてはいけない日」という意味合いです。 この意味合い通り、先負の日は 「静かに待つのがよいとされる日」です。 先負の日の午前と午後 先負の意味は他にもあって、先ほどの「何事も先せんじてはいけない日」という意味があるように、 午前中は「凶」午後以降は「吉」とされているのが特徴です。 このことからわかるように、先負の日は午後以降から行動することがいいとされていますので、六曜が気になる場合は午前中は大人しくし、午後から行動に移しましょう。 先負の日のやって良いこと悪いこと 先負の日にやって良いことと悪いことがあるとされていますが、先負の日は先ほども意味の時に説明したように「静かに待つのがよいとされる日」です。 そのため基本的に大人しくしているのが吉ですが、特に先負の日に避けるべきことは「急用・争い事・公事」などといった、「忌み事」を避けたほうがいいです。 さらに次は具体的に先負の日にどのような場面では大丈夫か、避けたほうがいいについてご紹介していきます。 先負の日の引越し 先負の日に引越しをする場合は意味の時にご紹介したように、先負には「静かに待つのがよい」という意味があるので 午後から行うことがいいとされています。 しかし皆さんも仕事や都合などで忙しい方も多いと思いますので、出来れば違う日に少しずつ荷物を動かして、先負の引っ越しの日は午後の時間帯にちょっとで済むようにしておくことをお勧めします。 先負の日の結婚式と入籍 先負の日には「急用・争い事・公事」などの忌み事を避けるべきとご紹介しましたが、 結婚式や入籍の場合は午後から行うことに関しては「吉」となっています。 さらにこの先負は、 午後から行うことによって大安と同じくらい縁起が良いとされている上に、大安や友引とは違ってスケジュールが空いていることも多いので、「どうしてもこの日がいい」などといった日がない場合にはお勧めです。 先負の日の葬儀・葬式・通夜 冠婚葬祭の中で、六曜を気にする人が多い現状ですが、葬儀や葬式、お通夜の場合の「先負の日」についてはあまり気にすることがないです。 このような葬儀や葬式、お通夜で避けるべき六曜は主に「」です。 ただしここで注意していただきたいのは先負は関係はあまりないのですが、お通夜の時に先勝の日は極力避けましょう。 というのも先勝の次の日は「」なので、お通夜の次の日の葬式や葬儀に友引が来るようになってしまいます。 六曜が気になる方はくれぐれもご注意ください。 先負の日の法事 先負の日に法事をしてもいいか、悪いかについては、 先負の日に法事はあまり気にしなくていいです。 法事は急用や争い事、公事、勝負事とは全く違うことなので安心していただけたらと思います。 どうしてもそれでも気になる場合は午前から執り行うのではなく、午後から行うようにしましょう。 先負の日の納車 先負の日の納車についても先ほどからご紹介しているように先負については、 あまり関係ありません。 六曜の赤口の日には納車などは避けたほうがいいとされていますが、先負はあまり関係なく、もしどうしても気になる場合はやはり午後から納車することをお勧めします。 このように先負は午前中は大人しくしておき、午後から動くことによって吉を少しでも呼び込むことがあるとされていますので、六曜が気になる方は先負の日については午後から動くようにスケジュールを組んでください。 その他の六曜や、六曜カレンダーはこちら.

次の