住宅ローン 池田泉州銀行。 池田泉州銀行の住宅ローン@審査、金利、借り換えの特徴

マイカーローン|池田泉州銀行

住宅ローン 池田泉州銀行

池田泉州銀行の住宅ローン一覧 新規借入専用• 住宅ローン諸費用合算型:購入費用に諸費用も合わせて利用できます• 住宅ローンフラット35・フラット50:住宅金融支援機構の固定金利型住宅ローンです• 住み替えローン:完済に必要な資金や住み替えの諸費用もプラスできます 借り換え専用• 住宅借換えローン:他行住宅ローンの借換えに利用できます• 無担保住宅資金借換えローン:担保設定不要で他行住宅ローンの借換えに利用できます 新規借入・借り換え:両方対応• 住宅ローン:変動金利型と固定金利型の2タイプから選択できます• 借り入れは最高1億円まで可能で、返済期間は3年~35年まで• 変動金利と固定金利が選択でき、タイプ変更や繰上返済も可能• 池田泉州銀行との取引状況により金利が優遇• 借入種別:新規借入・借り替え• 融資額:50万円~1億円以内(10万円単位)• 融資期間:3年~35年以内まで(1年単位) 申込み条件 用途 本人が居住するための以下の用途が対象です。 住宅・マンション・建売の新築・購入資金• 店舗併用住宅(居住部分が50%以上あること)の新築・購入資金• 中古住宅・マンションの購入資金• 住宅建設のための土地購入資金• 住宅ローンの借換え資金 良いの?悪いの?他行と比較! 池田泉州銀行の住宅ローンでは営業地域内のみですが、ネット銀行は全国対応なのでどの地域にお住まいでも来店不要で利用できます。 その他 日本国籍、あるいは永住許可を得ている外国人であること 池田泉州保証(株)の保証が利用でき、団体信用生命保険に加入できること(保険料は池田泉州銀行が負担) 担保と保証 池田泉州保証(株)が、担保物権(土地と建物)に第1順位の抵当権を設定します。 ただし、 住宅金融支援機構などの公的融資と合わせて利用する場合は、公的融資の後順位でも問題ありません。 原則として保証人は必要ありませんが、年収合算者がある場合やその他保証会社が判断した場合にも、保証人が必要になる場合があります。 保証料 保証料は一括先払い方式と金利上乗せ方式があります。 一括先払い方式で100万円あたりの保証料は、下記の通りです。 一括先払い方式で100万円当たりの保証料と年数 年数 保証料 3年 2,844円 5年 4,580円 10年 8,544円 15年 11,982円 20年 14,834円 25年 17,254円 30年 19,137円 35年 20,618円 また、金利上乗せ方式の場合、融資金利に保証会社が決定した年0. 2~0. 8%を上乗せした金利が、実際の融資金利となります。 85% ネット銀行の最低水準の金利は変動0. 4%台、固定で0. 6%台なので池田泉州銀行より低くなってます。 各ネット銀行の金利については「」で比較できます。 変動金利型 変動金利型は、毎年4月1日と10月1日の新規融資利率を、7月と1月の約定返済分から適用します。 ただし、金利に変動があった場合でも返済額は約5年間一定で、元金と利息の内訳のみ変更します。 返済額の見直しは約5年ごとに行われますが、 前回の返済額の1. 25倍を上限とします。 (10月第1営業日を1回経過する毎に1年経過とみなします) 変更と手数料 また、変動金利型から固定金利選択型への変更はいつでもできますが、10,800円(税込)の手数料がかかります。 変動金利型を利用中に繰上返済を行う場合は、一部繰上返済手数料として5,400円(税込)、全額繰上返済手数料として10,800円(税込)が必要です。 固定金利選択型 固定金利選択型は、借り入れ当初の新規融資利率を、3年、5年、7年、10年、15年、20年間適用します。 再度固定金利にしたい時 それぞれの固定期間終了日までに、取引店に申し出した場合のみ、再度固定金利を選択することが可能です。 その場合、当初と同じ期間であれば手数料はかかりませんが、当初と異なる期間の場合は10,800円(税込)手数料がかかります。 また利率は固定期間終了日における、それぞれの期間の固定金利選択型住宅ローン金利が適用されます。 なお、固定期間終了日までに申し出をしなければ、変動金利型へ切り替えになります。 固定金利期間中は、変動金利型および他の固定期間への切り替えはできません。 繰上返済と手数料 固定金利選択型を利用中に繰上返済を行う場合は、一部繰上返済手数料として21,600円(税込)、全額繰上返済手数料として繰上返済金額が500万円未満の場合は21,600円(税込)、500万円以上の場合は32,400円(税込)が必要です。 一部繰上返済ならインターネットバンキング インターネットバンキングで 一部繰上返済を行う場合の手数料は無料です。 なお、インターネットバンキングで全額繰上返済の申込はできません。 また、返戻保証料より保証会社事務取扱手数料として、一部繰上返済の場合で5,400円(税込)、全額繰上返済の場合で10,800円(税込)が差し引かれます。 住宅ローン付随サービス エディオン10%割引券プレゼント 池田泉州銀行の住宅ローンを利用した人は、エディオンでの家電購入などに使える「優待割引券」がプレゼントされます。 保険について 住宅ローン借入期間に利用できる保険は以下の通りです。 団体信用生命保険と火災保険は加入が必須ですが、それ以外は任意で加入できます。 団体信用生命保険 住宅ローン借入中に、契約者が死亡(高度障害)した時に残債分が保険金として支払われる保険です。 住宅ローンを利用する場合は、加入する必要があります。 また、池田泉州銀行では団体信用生命保険に金利を上乗せすることで、保障範囲を拡大することができます。 20%) 借り入れ時の年齢が、満20歳以上満50歳以下の方が加入できます。 生まれてはじめて「がん」と確定診断されたとき、住宅ローン残高相当額の保険金が支払われ、住宅ローンは完済となります。 借入金額が4,000万円を超える場合は、保険会社所定の「健康診断結果証明書」の提出が必要です。 引受保険会社は三井住友海上あいおい生命保険株式会社です。 20%) 借り入れ時の年齢が、満20歳以上満50歳以下の方が加入できます。 保険適用条件 生まれてはじめて「がん」と確定診断され、進行期が1期のがんの場合は住宅ローン残高50%相当額の保険金が支払われます。 また進行期が2期以上のがんの場合及び脳卒中・急性心筋梗塞を発病し所定の状態が60日以上継続した場合、余命が6ヶ月と判断された場合に住宅ローン残高相当額の保険金が支払われ、住宅ローンは完済となります。 また、医師の手配・紹介サービスや健康医療相談サービスも受けられます。 借入金額の上限は6,000万円で、借入金額が35歳以上の人は3,500万円、34歳以下の人は4,000万円を超える場合は「健康診断結果証明書」の提出が必要です。 引受保険会社はジブラルタル生命保険株式会社です。 25%) 借り入れ時の年齢が所定の年齢範囲内の方で、生命保険会社が承諾した方が加入できます。 保険適応条件 「がん」と確定診断されたとき、脳卒中・急性心筋梗塞を発病し所定の状態が60日以上継続した場合やその治療を直接の目的として所定の手術を受けたとき(平成27年10月1日以降に受けた手術が対象)、ケガや病気で就労不能状態が12ヶ月を超えた場合は、住宅ローン残高相当額の保険金が支払われ、住宅ローンは完済となります。 また、ケガや病気で就労不能状態が4~12ヶ月の間は、その期間の毎月の支払いが保障されます。 借入金額が3,000万円を超える場合は、保険会社所定の「健康診断結果証明書」の提出が必要です。 引受幹事保険会社は明治安田生命保険相互会社です。 団体信用生命保険注意事項 保険金が支払われない場合として、告知義務違反以外に、責任開始日前または責任開始日から90日以内に、がんと確定診断された場合や、そのがんが再発・転移したと認められる場合などがあります。 火災保険 池田泉州銀行では、火災保険加入は必須です。 なお、過去には35年一括で火災保険に加入することが出来ましたが、現在の最長加入期間は10年で、10年おきに更新していく必要があります。 更新時の火災保険料の納付忘れなどには注意が必要です。 住宅ローン専用火災保険は、池田泉州銀行の住宅ローンを利用される方向けのお得な火災保険で、割引された掛け金が最後まで続きます。 また建物以外に家財も利用できるほか、地震保険もセットできます。 具体的には、次の4つの商品から選択します。 東京海上日動火災保険:「トータルアシスト住まいの保険」• 損害保険ジャパン日本興亜:「THEすまいの保険」• あいおいニッセイ同和損害保険:「マイホームぴたっと」• セコム損害保険:「セコム安心マイホーム保険」 債務返済支援保険 30日を超える病気やけがによる入院の場合に、保険金によりローン返済を支援する保険です。 1回の病気・けがに対して、最長3年間保障されます。 債務返済支援保険への加入は任意で、途中からでも加入できます。 保険料はローン月額1万円あたり56円で、引受幹事損害保険会社は損害保険ジャパン株式会社です。 問合せ 住宅ローンについての質問や相談方法は3つあります。 WEB• ローンプラザへの来店• 住宅ローン相談会への参加 WEB 池田泉州銀行の住宅ローンHPの相談受付画面から、住宅ローンに関する質問や相談が出来ます。 その後、希望の日時に池田泉州銀行の住宅ローン担当者から、電話で回答が来ます。 ローンプラザへの来店 大阪・兵庫に18拠点あるローンプラザは、拠点によって営業日が違うので注意が必要です。 また、4カ所のローンプラザは日曜日も営業しています。 日曜日も営業しているローンプラザ(祝日休業)• 昭和町ローンプラザ• 堺ローンプラザ• 和泉中央ローンプラザ• 泉州ローンプラザ 土曜日も営業しているローンプラザ(梅田以外、水曜休業)• 梅田ローンプラザ• ローンプラザサテライト池田• 千里丘ローンプラザ• 神戸ローンプラザ• 塚口ローンプラザ• 西宮北口ローンプラザ• 川西ローンプラザ• 三田ローンプラザ 平日営業のみのローンプラザ• 本町ローンプラザ• 城東ローンプラザ• 池田ローンプラザ• 千里中央ローンプラザ• 東大阪ローンプラザ• 藤井寺ローンプラザ 住宅ローン相談会への参加 池田泉州銀行の各支店では、毎営業日住宅ローン相談会を実施しています。 相談は個別形式で、予約制なので、じっくりと相談することができます。 また、料金は無料です。 参加したい方は、参加したい支店へ電話で予約して下さい。 『住宅借換えローン』借り換え専用住宅ローン• 対応範囲:借換え• 融資額:50万円~1億円以内の10万円単位で借入できます• 対応範囲:その他• 融資額:1,000万円~1億円以内の10万円単位で借入できます• 住まいの現場急行サービス 最大5年間、マイホームの一時的な応急処置に無料で対応します。 対応サービス:自宅ドアの鍵開け、トイレのつまりの除去、給・排水菅のつまりの除去、給排水管の故障によるあふれの原因箇所の修理 ホームセキュリティサービス特典 お借り入れ日より1年以内に、ALSOK綜合警備保障株式会社のホームセキュリティサービスを新規に契約される場合、同社より、2万円のキャッシュバックサービスが受けられます.

次の

池田泉州銀行住宅ローンの審査基準:事前審査前に押さえておきたい4つのポイント

住宅ローン 池田泉州銀行

年齢条件(借入時) 20歳以上 64歳以下 年齢条件(完済時) 70歳以下 申込資格 安定、継続収入のある方 お申込額が300万円を超える場合またはお借入期間が10年を超える場合は、団体信用生命保険にご加入が認められる方。 地域 池田泉州銀行の営業エリア内にお住まいの方 一部の店舗ではお取扱いしておりません。 資金使途 ご本人または同居のご家族が所有するご自宅の増改築、バリアフリー化、太陽光発電システム、耐震、借換え等。 事業性資金、個人間売買にはご利用いただけません。 担保 不要 保証人 不要 保証会社の保証をご利用いただきますので、保証人は原則として必要ありません。 必要書類 ご本人確認資料(運転免許証、パスポート等) 資金使途確認資料(契約書、見積書等、借換えの場合は借換え対象ローンの通帳、返済予定表等) 所得証明書 場合によって要 来店 要 審査回答期間 3日程度 審査回答期間は池田泉州銀行に申込書が到着してからの日数です。 審査の内容によってはさらに日数を要する場合がございます。 借入れまでの期間 30分程度 ご契約に必要な時間です。 審査結果が出ましたら、お取引希望店へご来店ください。 金利(年率) 2. ・エコリフォーム: 太陽光発電装置、蓄電装置の設置、断熱改修 等 ・バリアフリーリフォーム: 段差解消、手すりの取付け 等 ・耐震リフォーム: 壁や柱の補強、屋根の軽量化 等 実質年率 2. 金利体系 変動金利 契約方法 店頭 借入形態 証書貸付 借入可能額 10万円 ~ 1000万円 1万円単位(借換えの場合は、借換え対象ローンの残高の範囲内) 借入期間 6ヶ月 ~ 15年 (1ヵ月単位) 借換えの場合は、借換え対象ローンの残存期間内となります。 団体信用生命保険 あり(加入必須/保険料:込み) お申込額が300万円を超える場合またはお借入期間が10年を超える場合は団体信用生命保険にご加入いただきます。 保険料は池田泉州銀行で負担いたします。 保証料 込み 保証料は金利に含まれていますので、別途ご負担いただく必要はございません。 事務手数料 なし 事務手数料(保証会社) なし 印紙代 別 ご契約に際しての印紙代は別途ご負担いただきます。 借入方法 口座振込 ご契約後、お借入金はご本人さまの預金口座に入金させていただき、入金後はその場で預金口座からお支払先に直接お振込みしていただきます。 お支払先に、お振込みでの支払いが可能かご確認ください。 (振込手数料は別途ご負担いただきます。 返済方法 口座引落 返済日 毎月2日、7日、12日、17日、22日、27日の中からご選択いただけます。 インターネット繰上返済 不可 繰上返済手数料/臨時返済手数料 不要 一部繰上返済、全額繰上返済ともに可能です(繰上返済手数料は不要です)。

次の

池田泉州銀行の住宅ローン【HOME'S】

住宅ローン 池田泉州銀行

(左)年収から計算した(中)借入可能額を(右)35年で借り入れた場合の毎月の支払額です。 池田泉州銀行の住宅ローンの金利と審査基準について、まずは変動金利について説明しました。 ここからは、池田泉州銀行の特徴をくわしく書いていきます。 (1)優遇金利は承認後 事前審査の承認後に、銀行担当者が保証会社に交渉して優遇金利が決まります。 どういうことかというと。 とはいえ、書類が揃って事前審査を申込む段階である程度の優遇金利の目安は担当者から連絡もらえますので、安心してください。 事前審査で必要な書類は多いですが、それは不動産営業マンにまかせればいいので、 デメリットほとんどないです。 必見!関西で新築一戸建ての購入を検討されている方へ 新築一戸建てを仲介手数料0円で紹介するサービス「ゼロ仲介」を始めました。 くわしくは、下のリンクからどうぞ! そのほかの銀行の「住宅ローン」徹底解説シリーズ!もまとめました 池田泉州銀行以外にも、各銀行の住宅ローンの情報をまとめました。 その他「フラット35」の住宅ローン徹底解説シリーズ!もまとめました さらに、住宅ローンの質問で多い「フラット35」についても、「フラット35とは」についてや、「フラット35」の商品についてなど徹底解説をまとめました。 「フラット35とは」住宅ローンのくわしい解説 フラット35で人気の「アルヒ(ARUHI)」を徹底解説 「損しないお金の使い方とは?」シミュレーションをまとめました.

次の