小型 ソーラー パネル。 【徹底比較】ソーラーチャージャーのおすすめ人気ランキング14選

【価格の相場は?】意外と実用的な小型ソーラーパネル

小型 ソーラー パネル

太陽光発電の導入を考える際に、最も悩むのが メーカー選びではないでしょうか。 太陽光発電は主流メーカーだけでも 約10社、新興メーカーや海外メーカーまで含めると膨大な数のメーカーがあります。 また、どの販売店も自社がお勧めするメーカーについては良いことしか言わない上、設置環境によっても適したメーカーが異なるため、「 一体どのメーカーを選べばいいの?」と混乱してしまう方も多いです。 しかし、しっかりと比較をすればご自身の家に最適なメーカーを見極めることができますのでご安心ください。 この記事では、各メーカーの特徴・相場価格、部門別のメーカーランキングをご紹介します。 この記事を読めばどのメーカーがあなたにとってベストなのかがわかりますよ! メーカー 型式 変換効率 設置容量 パネル枚数 相場価格 税込 相場kW単価 税込 収支 CS-274B61 18. 11 kW 15枚 113. 8 万円 27. 48 kW 20枚 143. 9 万円 26. 03 kW 22枚 149. 8 万円 24. 48 kW 14枚 133. 0 万円 29. 12 kW 16枚 144. 7 万円 28. 40 kW 20枚 171. 8 万円 26. 41 kW 18枚 126. 5 万円 28. 15 kW 21枚 140. 3 万円 27. 13 kW 25枚 158. 3 万円 25. 10 kW 16枚 123. 8 万円 30. 12 kW 20枚 151. 8 万円 29. 14 kW 24枚 178. 6 万円 29. 52 kW 20枚 127. 6 万円 28. 42 kW 24枚 150. 0 万円 27. 10 kW 27枚 165. 2 万円 27. 20 kW 24枚 114. 3 万円 27. 25 kW 30枚 139. 9 万円 26. 13 kW 35枚 159. 7 万円 26. 32 kW 12枚 151. 2 万円 35. 04 kW 14枚 157. 9 万円 31. 48 kW 18枚 179. 2 万円 27. 24 kW 16枚 148. 0 万円 34. 30 kW 20枚 165. 5 万円 31. 36 kW 24枚 175. 2 万円 27. 00 kW 16枚 136. 0 万円 34. 00 kW 20枚 151. 6 万円 30. 00 kW 24枚 159. 9 万円 26. 72 kW 12枚 125. 8 万円 33. 96 kW 16枚 146. 8 万円 29. 20 kW 20枚 161. 2 万円 26. 厳密に言えば少し違うのですが、マニアックなところまで理解しておきたいという方でなければ、この理解で問題ありません。 変換効率で不動の1位は 東芝です。 東芝はアメリカ、サンパワー社のOEMのパネルを採用しており、このパネルは量産レベルの住宅用太陽光発電システムで世界No. 1の変換効率です。 また今回1位に輝いた東芝は、 SPR-X22-360が変換効率22. 変換効率は東芝がずば抜けています。 しかし、勘違いしてはいけないのは、 どんな屋根でも東芝のパネルが最も発電量が多くなるわけではないということです。 屋根の形にぴったりと収まるメーカーを選べば、東芝のパネルより変換効率が悪いパネルでも、トータルの発電量は多くなるということがあります。 ソーラーアドバイザーの ひとことポイント 先ほどの変換効率のランキングが「面積あたりの最大出力」を表していたのに対して、このランキングでは、「 パネル1kWあたりの年間予測発電量」で順位をつけています。 計算は、日射量ポイント「東京都八王子市」、真南向きで屋根角度30度(屋根勾配5. 5寸~6寸の間くらい)という条件で行っています。 また、発電量を少なくする各種ロスについては各メーカーの公表数値をもと発電量の計算をしました。 各種ロスの内訳は「温度上昇によるロス」「パワーコンディショナーによるロス」「配線、受光面の汚れなどのロス」の3つがあります。 東芝のパネルは変換効率だけでなく、1kWあたり発電量も1位とずば抜けた発電性能です。 2、3位はパナソニック、ソーラーフロンティアと続きました。 ソーラーフロンティアの化合物 CIS パネルは面積あたりの発電量はあまり高くないですが、1kWあたりの発電量は多いので、屋根面積に余裕がある方にはとてもおすすめです。 ソーラーアドバイザーの ひとことポイント やはり価格面では海外メーカーに分がありますが、そんな中でも長野県に本社を構える ネクストエナジーが大健闘しています。 ネクストエナジーはパネルの製造こそ中国の企業に委託しているとのことですが、国内メーカーでかつ価格が安いという点に魅力を感じる方も多いのではないでしょうか。 また、ベスト3にランクインしたメーカーに共通しているのが、いずれも「 PERC」という高効率化の技術を採用している点です。 PERC以外の高効率化の技術には、パナソニックが採用しているHIT、東芝が採用しているバックコンタクトなどがありますが、その中でも、 PERCは費用対効果が高い効率化技術として世界の太陽光発電メーカーの主流となっています。 ちなみに、最近ではシャープもPERCの技術を採用したパネルの取り扱いを始めています。 強いて言えばソーラーフロンティアのパネルだけが15. 参考までに屋根材自体の重さですが、瓦がおおよそ40kg台。 スレートが17kg台。 ガルバリウム鋼板が10kg台です。 太陽光パネルはガルバリウム鋼板などの金属屋根材よりは少し重たいですが、瓦やスレートよりはだいぶ軽いです。 よほど構造上問題のある家に設置するのでなければ、 パネルの重さは気にしないで問題ありません。 ちなみに、今回は知名度の高い主要太陽光メーカーの中でランキングをしているので対象外とさせていただきましたが、実はダントツで軽いのはフジプレアム社製の希シリーズという単結晶パネルです。 この製品の重さは驚きの6. ソーラーアドバイザーの ひとことポイント 保証条件に関しては各社様々なのでランキングにするのは難しかったのですが、 唯一施工保証 雨漏り保証 10年を設けている長州産業を1位とさせていただきました。 通常、雨漏りが発生してしまった場合には工事会社が加入している工事保険によって対応することができますが、長州産業であれば、メーカーと工事会社それぞれで2重に保証がつくという点に安心を感じ る方も多いです。 また、特長的なのはQセルズの日照補償制度です。 1年間限定ですが、日射時間が大幅に低下した場合に損害を補償してもらうことができます。 ちなみに、どのメーカーを選ぶにせよ、保証対象となるためには、きっちりとメーカーが指定している施工基準を守って設置する必要があります。 業者がメーカーの施工基準を無視した無茶な工事やパネルの配置で設置した場合、保証がつかなくなってしまう可能性もあります。 メーカー選びだけでなく、施工業者選びも慎重に行いましょう。 ソーラーアドバイザーの ひとことポイント メーカーではありませんが、気になる経年劣化率についてもランキングにしてみました。 少し古いですが、劣化率は産業技術総合研究所が2005年~2009年にかけて測定したデータより引用しています。 ただ、このデータで一点注意が必要なのは、あくまで 5年間の劣化率だという点です。 1位のCISのパネルは太陽光を浴びると出荷時よりも発電量が増える「光照射効果」という特性があるので、その分経年劣化率が少なく算出されていると考えられます。 また、その他の種類のパネルについても5年目以降の劣化率がどうなるかはわかりません。 この経年劣化率はあくまで参考程度に考えておいていただければと思います。 メーカー選びよりも重要な施工業者選び パネルのメーカー選びももちろん重要ですが、更に重要なのが施工業者選びです。 どれだけ最適なメーカーを選ぶことができても、業者選びに失敗しては台無しです。 業者を探すときに重要なのは以下の3つのポイントです。 業者選びのポイント1. 1社だけで決めるのは絶対にNG 「営業の人の感じが良かったから」「なんとなく信頼できそうだから」といった理由で、相見積もりをとらずに、一社からの提案だけを聞いて契約をしてしまう方がいますが、 相見積もりをとらずに契約することは絶対にやめたほうがいいです。 1社だけでは提案されている価格が適正かどうかを見分けることが困難なだけでなく、提案メーカーが適切だったのかどうかを判別することもできません。 1社だけの提案を聞いて、勢いで契約しようと考えているのであれば、一度冷静になって考えなおしましょう。 業者選びのポイント2. 複数メーカー取り扱いの業者を選びましょう 太陽光発電の業者は1、2メーカーだけしか取り扱っていないことがよくあります。 業者のHPを見ると、取り扱いメーカーとして多くのメーカーが記載されていても、実際に提案するのは限られた特定のメーカーだけというケースも珍しくありません。 いくらご自身で最適なメーカーを見つけることができても、そのメーカーを業者が取り扱っていなければ意味がありません。 また、複数メーカーの取り扱いがあれば、ご自宅の屋根と相性ばっちりのメーカーに巡り合える可能性が広がります。 依頼するのであれば複数メーカーの取り扱いがある業者を選ぶようにしましょう。 ちなみにソーラーパートナーズでは、お客様にご紹介する企業を「最低3メーカー以上の取り扱いができる業者」に限定しています。 業者選びのポイント3. 自社施工の業者を選びましょう 太陽光発発電の業者は、販売だけを行って工事は下請けに丸投げする業者と、工事まで自社で行う自社施工の業者に分かれます。 下請けに丸投げする販売店は「売ったらおしまい」というスタンスの業者が多いですが、 自社施工の業者は工事、アフターメンテナンスまで責任をもって対応してくれるという特徴があります。 また、価格の面でも、下請けに丸投げする業者は工事会社に支払う中間マージンが発生する分高くなりやすいですが、 自社施工の業者は、 余計な中間マージンがかからないのでリーズナブルに提案をすることが可能です。 太陽光発電業者の多くは下請けに丸投げしている販売店ですので、自社施工の業者は多くありませんが、 ソーラーパートナーズではお客様にご紹介するのは自社施工の業者に限定しています。 ご紹介希望の方はお気軽にご依頼ください。 さらに、ソーラーパートナーズは低価格で提案が可能 ソーラーパートナーズでは全国の認定企業の仕入れを束ねる「共同購入制度」で、全国トップクラスの低価格での仕入れを実現していますので低価格で提案が可能です。 また、契約内容は全件本部がチェックしますので、登録企業が割高な契約を結ぶことを許しません。 実際に、2018年度のデータではソーラーパートナーズ認定企業の契約価格は全国平均をおおよそ30万円下回っています。 太陽光発電が5kWの場合 低価格で提案してくれる業者をお探しでしたらお気軽にご依頼ください。 まとめ この記事ではメーカーの選び方とランキング、業者選びのポイントまでご案内させていただきました。 太陽光発電は本当に様々なメーカーがありますので、後悔のないように良く比較をした上で検討を進めて下さい。 とはいっても、本当に屋根と相性の良いメーカーは、実際に屋根に合わせてみないとなかなかわからないものです。 屋根構造の条件などから「 設置したかったメーカーが施工NGだった」というケースもよくあります。 机上の空論で「どのメーカーにしようかな」と考えているよりも、実際に何社かに依頼してみて提案をもらってみるというのが、一番簡単な方法ですので、迷っている方はすぐに提案を聞いてみるのがおすすめです。 ソーラーパートナーズでは複数メーカー取り扱い、自社施工の優良企業を無料でご紹介しています。 入力は1分程度で終わりますので、ご希望の方は下記フォームからお気軽にご依頼ください。

次の

災害時の停電対策にソーラーパネルとポータブル電源があれば安心。小型家電が使えます!

小型 ソーラー パネル

148,000円• 108,900円• 24,800円• 22,980円• 6,800円 日本流通産業新聞 2013年 7月25日号 日本流通産業新聞(2013年7月25日号)にニッポンソーラーの記事が掲載されました。 「一般家庭への太陽光発電一式セットの導入が相次いでいる」という情報が取り上げられ、多くのご用命・お問合せを頂きました。 (株)学研 ドゥーパ 2013年 11月8日号 株式会社学研 発行のDIY雑誌「ドゥーパ」にニッポンソーラーが掲載されました。 当店のソーラーパネルでオフィスのテレビを自家発電して頂きました。 価格 5,800円 税込 価格 9,800円 税込 価格 12,000円 税込 価格 22,980円 税込 価格 12,000円 税込 価格 22,980円 税込 価格 41,800円 税込 価格 53,800円 税込 佐川急便、セイノースーパーエクスプレス 以下、SSX にてお届けいたします。 配送方法は以下の方法がございます。 送料については各商品ページにてご確認ください。 1.営業所止め(通常送料のみ)*佐川急便、SSXともに対応可 到着後、一週間以内にお受け取りをお願いいたします。 また、営業所止めをご希望のお客さまにおかれましては、「代金引換」がご利用いただけませんのでご注意くださいませ。 なお、営業所止めが可能な営業所につきましては、お客さま窓口にお問い合わせいただくようお願いいたします。 梱包時の重量が50kg〜80kgの商品については追加料金を頂戴しております。 なお、離島へのお届けに関しては別途追加送料が発生いたしますので、購入前にお問い合わせください。 なお、弊社の商品につきましては製造元でのみ動作点検を実施しており、商品の保管倉庫では検品を行っておりませんのでご了承願います。

次の

ソーラーパネルと蓄電システムを自作!ソーラー発電所の完成! │ DIYのFAQ集

小型 ソーラー パネル

148,000円• 108,900円• 24,800円• 22,980円• 6,800円 日本流通産業新聞 2013年 7月25日号 日本流通産業新聞(2013年7月25日号)にニッポンソーラーの記事が掲載されました。 「一般家庭への太陽光発電一式セットの導入が相次いでいる」という情報が取り上げられ、多くのご用命・お問合せを頂きました。 (株)学研 ドゥーパ 2013年 11月8日号 株式会社学研 発行のDIY雑誌「ドゥーパ」にニッポンソーラーが掲載されました。 当店のソーラーパネルでオフィスのテレビを自家発電して頂きました。 価格 5,800円 税込 価格 9,800円 税込 価格 12,000円 税込 価格 22,980円 税込 価格 12,000円 税込 価格 22,980円 税込 価格 41,800円 税込 価格 53,800円 税込 佐川急便、セイノースーパーエクスプレス 以下、SSX にてお届けいたします。 配送方法は以下の方法がございます。 送料については各商品ページにてご確認ください。 1.営業所止め(通常送料のみ)*佐川急便、SSXともに対応可 到着後、一週間以内にお受け取りをお願いいたします。 また、営業所止めをご希望のお客さまにおかれましては、「代金引換」がご利用いただけませんのでご注意くださいませ。 なお、営業所止めが可能な営業所につきましては、お客さま窓口にお問い合わせいただくようお願いいたします。 梱包時の重量が50kg〜80kgの商品については追加料金を頂戴しております。 なお、離島へのお届けに関しては別途追加送料が発生いたしますので、購入前にお問い合わせください。 なお、弊社の商品につきましては製造元でのみ動作点検を実施しており、商品の保管倉庫では検品を行っておりませんのでご了承願います。

次の