にゃんこ コアラッキョ レジェンド。 にゃんこ大戦争【攻略】: レジェンドストーリー「メラメラカルデラ」を基本キャラクターで無課金攻略

にゃんこ大戦争 ボルケーノ火山 メラメラカルデラの無課金攻略

にゃんこ コアラッキョ レジェンド

編成(名前は左から右の順番)• 1ページ目:ネコビルダー、ネコカベ、勇者ネコ、美脚ネコ、ネコキリン• 2ページ目:ネコUFO、ネコドラゴン、ネコダラボッチ、ネコヴァルキリー・真、狂乱のネコムート• にゃんコンボ:にゃんこ軍団• 壁役:ネコビルダー、ネコカベ• 先行した壁役がいたずらに波動を誘発し、後ろの攻撃キャラクターが倒されるといった事態になりかねないので、コアラッキョに対しては壁役を出さないほうが安全だ。 にゃんこ砲でサポートする:今回メインのダメージソースとなるネコドラゴンは単体攻撃。 コアラッキョの周りにザコ敵がいると、うまく攻撃が当たらないことも少なくない。 にゃんこ砲でザコ敵を蹴散らしてからの方が、攻撃を当てやすくなる。 ネコムートは自拠点と重なるように生産:自拠点付近までボスに迫られたときの最後の切り札。 拠点と重なるようにネコムートを生産することで、ネコムートの攻撃がキャンセルされないようになる。 とはいえ、拠点が攻撃されているため、一度くらいしか使えない。 ネコムートの攻撃が確実に当てられるよう、生産のタイミングは慎重に。

次の

にゃんこ大戦争 脱獄トンネル ハリートンネルの無課金攻略

にゃんこ コアラッキョ レジェンド

ボルケーノ火山の最終ステージ「メラメラカルデラ」で初登場。 敵味方含め初めての「波動」を放つキャラクター。 確率100%で「波動」を放ち、味方を一気に倒してしまう危険な存在。 壁を作っても波動が遥か後ろのユニットにまで当たるため、通常の壁戦法が通用せず、戦線が崩れてしまう。 単体でも結構な脅威だが、ほかの高体力キャラと組むと極めて厄介(ハデスの迷宮、アガペーの檻など)。 とは逆に「なるべく無駄にキャラを出さない」戦法が効果的。 殴り合いの出来る高体力キャラだけ生産、移動中に体力を削られないよう自城前で戦う、が対処の基本となる。 無駄に波動を喰らわないためには、生産タイミングの見極めも重要。 所持していれば波動無効持ちやなどの波動ストッパーを使うと大分楽になる。 この他にも、波動はコアラッキョの攻撃が直接味方に当たらなければ発動しないため、一部ステージでは 「わざと取り巻きに壁キャラを倒させ、空振りを誘発する」戦法が有効(この時は1KB当たりの体力が少ない壁キャラが良い。 また、コアラッキョのようにKBしやすく足が遅い波動持ちに対しては、 遠距離アタッカーを溜めることができればKBさせ続け完封することも可能(この時は足の遅い壁キャラを使うか、壁なしが良い)。 ちなみに城の破壊が得意な特殊効果も持っており、城に与えるダメージが4倍になるが、元の火力が低いので大したダメージにならない。 波動とは、「直接攻撃が命中した場合、その攻撃と同じ攻撃力・性質を持つエネルギー波が発生する」という能力。 通常攻撃と同様に超ダメージ、クリティカル、ゾンビキラー、各種妨害等の特殊能力も乗る。 なお、確率で発動する能力は通常攻撃に連動する(通常攻撃で効果が発動した場合のみ、波動でも効果が発動)。 直接攻撃が外れた場合は波動は発生せず、通常攻撃が当たってもKBした相手には波動が当たらない。 また、波動は城には当たらず、波動無効、波動ストッパー能力を持つ相手には無効化される。 一定割合でダメージを低減する波動耐性もにより登場した。 波動にはレベルがあり、高Lvであるほど射程が長い。 味方版、敵版の波動射程は異なる計算式から求められ、同レベルなら敵版の方が長くなっている。 味方版 332.

次の

【にゃんこ大戦争】「バトルコアラッキョ」 敵キャラ情報と倒し方

にゃんこ コアラッキョ レジェンド

ネコカーニバル:ネコカンと交換できるEXキャラクター「ネコフィーバー」の第2形態。 低コストで生産速度も早いので、勇者ネコなどを壁に使うよりコスパが良い。 ネコジェンヌ:ガチャ限定のレアキャラクター「ネコエステ」の第2形態。 長めの射程で範囲攻撃を持つため、複数のザコ敵を同時に処理できる。 序盤の「殺意のわんこ(黒いわんこ)」への対応で重宝する。 ねこウエスタン:ガチャ限定のレアキャラクター「ねこガンマン」の第2形態。 低確率で黒い敵の動きを遅くすることができる。 ブラックブンブンのような、前にどんどん進んでくる敵に効果的。 プレーンネコ:ガチャ限定のレアキャラクター「ブリキネコ」の第2形態。 ねこウエスタン同様、黒い敵対策の妨害キャラクター。 けっこうな頻度で黒い敵をふっとばしてくれる他、体力も比較的高いので前線で意外と長持ちしてくれる点も魅力。 このパーティーでの戦術 壁役でコアラッキョの空振りを狙おう:コアラッキョに対しては、波動の誘発を防ぐために壁役を出さないことが定石だが、このステージに限るとブラックブンブンの攻撃が先に当たるため気にならない。 むしろ、すでに倒された壁役を狙って攻撃を繰り出し、空振りすると波動が不発になるためどんどん生産していきたい。 ブラックブンブンの進撃を遅らせるためにも、壁役はつねに生産し続けよう。 コアラッキョがいる内は妨害キャラクターを出さない:前述の波動不発を狙うため、コアラッキョの前にブラックブンブンがいる状態を保っておきたい。 この段階で下手に進撃を妨害してしまうと、コアラッキョが最前線にきて危機的状況にもなりかねない。 黒い敵対策キャラクターはコアラッキョ撃破後に投入しよう。 ネコダラボッチはコアラッキョ撃破まで:波動を受けながらも攻撃できる体力を持つネコダラボッチだが、射程の短さと移動速度の遅さの影響で、ブラックブンブンに対しては攻撃する前に倒されてしまう。 前の項目とは反対に、ネコダラボッチの投入はコアラッキョを倒すまでの間にしておこう。 ブラックブンブン:ぶんぶん先生の黒バージョン。 やはり剛腕を振り下ろしながらずんずんと迫ってくる。 本家よりこちらの方が体力や攻撃力が高いため、できる限り壁役で攻撃キャラクターの被弾を抑えていきたい。 一方で、黒い敵という特性が増えた分、弱点も突きやすくなっている。 妨害役で動きを制限すると一方的に攻撃可能にもなるので、対策さえできればそれほど怖くはない存在だ。 コアラッキョ:波動で攻撃してくるコアラ。 射程の長い攻撃を高頻度で行う難敵。 ただし、このステージではブラックブンブンに倒された敵を狙って空振りすることが多く、いつもほどの脅威は感じない。 石斧による攻撃がキャラクターに当たらなければ波動は発動しないので、壁役をブラックブンブンに倒させることでこれを狙いたい。 波動がこない間に、ネコムートとネコヴァルキリー、ネコドラゴンなどで攻撃していこう。

次の