ゼットスケーラー 強み。 ゼットスケーラー、Cloudneeti社の買収意向を発表

ゼットスケーラー、Microsoft Security 20/20パートナーアワードの最終選考へ

ゼットスケーラー 強み

世界各国のマイクロソフト社のトップパートナーの中において、ゼットスケーラー社がMicrosoftテクノロジと連携して実現するイノベーション、統合性、および顧客への導入実績が特に高く評価されています。 ゼットスケーラー社のビジネスおよびコーポレートディベロップメント担当シニアバイスプレジデントであるプニット・ミノチャ(Punit Minocha)は次のように述べています。 「ゼットスケーラーは、マイクロソフト社のテクノロジを活用してデジタルトランスフォーメーションを推進するお客様のセキュリティを、クラウドファーストのアプローチによって支えてきたことが評価されたことを非常に嬉しく思います。 Office 365を使用する際の高速かつセキュアなユーザーエクスペリエンスが認められたことで、ゼットスケーラーはクラウドセキュリティプロバイダとして、初めてマイクロソフト社のOffice 365ネットワークパートナープログラムの認定パートナーに加わりました」 マイクロソフト社Microsoft Threat Protection担当コーポレートバイスプレジデントであるロブ・レファーツ(Rob Lefferts)氏は、次のようにコメントしています。 Microsoft Securityは、お客様の保護を何よりも重視しており、セキュリティパートナーの協力なくして将来のビジョンは描けません。 組織が明確性をもって顧客により安全な環境を提供するうえで、コラボレーションは必須です。 また、人、情報、企業のためのより安全な将来のビジョンを描くには、セキュリティエコシステムにおける相互の協力が欠かせません。 【ゼットスケーラーについて】 ゼットスケーラー社(NASDAQ:ZS)は、世界中の有力企業のネットワークおよびアプリケーションのモバイルおよびクラウドファーストな世界へ向けてセキュアなトランスフォーメーション(転換)を実現します。 これらのサービスは100%クラウドで提供されるため、従来のアプリケーションとは比較にならない容易さ、高度なセキュリティ、優れたユーザーエクスペリエンスを提供します。 185か国以上で使用されているマルチクラウド分散型セキュリティプラットフォームを運営し、サイバー攻撃とデータ消失から数千社の顧客企業を保護しています。 詳細については、 をご覧いただくか、Twitter zscalerをフォローしてください。 Zscaler、Zscaler Internet Access、Zscaler Private Accessはそれぞれ、米国およびその他の国におけるZscaler, Inc. の商標または登録商標です。 その他の商標はすべて、それぞれの保有者に所有権があります。 その他のリソース: Zscalerセキュリティ研究 サービスとしてのZscalerセキュリティ 賞を受賞したWebセキュリティ 世界初の次世代クラウドファイアウォール サンドボックス化と行動分析 【本プレスリリースに関するお問合せ】 ゼットスケーラー株式会社 〒100-0004 東京都千代田区大手町1-9-2 大手町フィナンシャルシティグランキューブ3階 マーケティング担当:堀江 Tel: 03-4243-6320 Email:thorie zscaler. com URL:.

次の

「クラウド型リモートアクセスはVPNよりもテレワークに役立つ」―米Zscalerがアピール

ゼットスケーラー 強み

「Zscaler Private Access(ZPA)」の利用量(で観測されたトラフィック数の増大 米ZscalerでグローバルCISOを務めるスタン・ロウ(Stan Lowe)氏によると、新型コロナウイルス対策の一環として全世界的にテレワークへの移行が進む中で、「Zscaler Private Access」におけるグロバールの日間トランザクション数は今年1月以降、約8倍に激増したという(平常時は日間およそ930億トランザクション)。 増加度合いを地域別に見ると、欧州が5倍、中国が12倍、韓国が6倍、そして日本が2倍となっている。 ロウ氏は「テレワーク成功の鍵」について、「自宅で業務を行う従業員が、オフィスにいるときと同様の生産性を確保できるよう、遅延のないセキュアな通信環境を提供すること」だと述べる。 テレワーク移行が緊急で進められる現在の状況下で、数日~1週間程度で導入可能なZPAへの引き合いは「日増しに伸びている」という。 ZPAは、トラフィックをいったん自社データセンターやサーバー拠点に集約してから個々のWebサイトやアプリに転送する従来型のVPNとは異なり、ノートPCやスマートフォンといったクライアント端末とサイト/アプリの間のトラフィックをZscaler Cloudが仲介する形で、インターネット経由でセキュアに伝送するソリューションだ。 従来のVPNとZPAによるゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)の違い ロウ氏は、旧来のVPNではアプライアンスの導入や運用はもちろんのこと、現在のように利用量が急増した場合に業務生産性を落とさないための帯域管理も必要になり、「企業側の負担が大きい」と指摘する。 「ZPAの場合は、クライアント端末にZscaler Appを、パブリッククラウドや自社データセンターにコネクタ(仮想アプライアンス)をインストールし、Zscaler Cloudに接続するだけだ。 リモートパケットキャプチャの機能でユーザーのテレメトリもリアルタイムに把握することができ、トラブルシューティングや可視化の能力も担保する。 ゼロトラストネットワークを短期間で容易に構築できる」(ロウ氏) ZPAのユーザー数を数万、数十万に拡大したいという顧客ニーズに対しても、数日~1週間程度で対応してきた実績があるという 国内では、武田薬品工業が同社ソリューションを全社展開するほか、伊藤忠でも1万人の従業員がZPAを利用しているという。 伊藤忠では当初、厚生労働省などが推奨する「テレワーク・デイ」への参加を目的に導入したが、好評を得たため横展開の検討が始まっていると、Zscaler 北アジア担当エリアディレクターのダレン・マッケレン氏は説明する。 最近でも、3月初旬に国内大手物流会社から「4月1日までに従業員6000人分をテレワーク移行したい」という相談があったという。 最終的には4月1日を待たず、早期に本番稼働へと進み、現在は「ライセンスの追加購入が検討されている」とマッケレン氏は明かす。 「新型コロナウイルス感染症は、テレワーク導入を迫るきっかけとなった。 国内の多くの企業において、従業員の働き方は一変している。 以前の働き方に戻ることもないかもしれない」(マッケレン氏)。 今回の事案をきっかけとして、特にテレワーク移行が急加速している日本市場の動向を注視し、今後も柔軟な働き方の支援を続けていきたいと述べた。 ピックアップ• ステップ・バイ・ステップでSDLプログラミングの初歩を解説• 「HMS」って何? Androidスマホと何が違うの?• どんなデバイスが、どのくらいネットワークを使っているのかをグラフィカルに可視化• 単年度でなく数年後も対応できる「GIGAスクール構想」実現を、低価格の10ギガ製品や無線LAN製品、長期保証で支援• Core i7-10875HにGeForce RTX 2080 Super with Max-Qは現時点で最新・最強• 今年度もSDLアプリコンテストを開催中! まずはSDLについて知ってみよう• クラウドネイティブな「Veeam Backup for Microsoft Azure」発売、マルチクラウド時代に備える選択• ユーザビリティーと冷却性能に注目、ゲームしやすいPCとは何かを追求したうえでの答え• ゲームにもコンテンツ制作にも不足なし!• 電波の弱い部屋を撲滅したい!• 7月2日全国発売です!!! 毎日45%ポイント還元アリの電子コミック「まんが王国」がお得感No. 1なワケ• 使い込むほどに実感する使い勝手と利便性の心地よさ• ゲームもテレワークも1台でこなしたい!• テレワーク推奨で俄然気になる家庭のパソコン選び• 第10世代コアCPUを搭載した人気モバイルノートの進化版がテレワーク機能を強化して登場• 「子どもにも一台持たせる環境」にベストなタブレットはこれ!• ストレージメーカーに聞くHDD取扱いの注意点• 多様化する働き方に合わせて使える機能満載• LAVIE開発者に聞くテレワークに特化した最強のプレミアムモバイルノート誕生の裏側• 日本の縮図となる都市で、補助金200万円と手厚いサポート• レノボのクリエイター向けデスクトップPC、プロ漫画家の目にはどう映る?• 余ったらどうする?足りなくなったら追加できる?• 人気のデュアル水冷シリーズに第10世代Core最強モデルが登場!• リフレッシュレート240Hzの液晶ディスプレーも搭載• 開発環境プリインストール済み!! このアクセス速度を体験したらもう戻れない• ノイズキャンセリングもコスパも強力!• NVMe SSDでOSやアプリの起動も高速!• 第10世代Coreにタッチパネルも入って約1. 32kg! 1日使えて、価格もお手頃• 週アス読み放題で、独自コンテンツ盛りだくさん.

次の

期待の米国銘柄ゼットスケーラー【ZS】│株式投資(米国株+α)で資産1億円を目指すブログ

ゼットスケーラー 強み

セキュリティ企業の米Zscalerは5月22日、日本での事業展開を開始すると発表した。 同社は2009年に一度日本法人を設立したが、当時は市場が未成熟だったとして2年ほどで撤退しており、改めて国内での事業展開を目指す。 企業の内外の通信を同社のデータセンターを経由させることで、クラウド/オンプレミスを問わないセキュリティ対策環境を構築できるとし、GEやSiemensなど約3000社の企業顧客を獲得しているという。 設立翌年の2009年4月には、海外拠点としていち早く日本法人を設立したが、2010年ごろまでに撤退。 今回は都内にオフィスを開設するとともに、営業や技術支援などを担当する専任チームを組織して、日本市場に再進出した形となる。 記者会見した創業者で会長兼最高経営責任者(CEO)のJay Chaudhry氏は、「2009年当時は販売体制が整わず、やむなく徹底せざるを得なかった。 この間に企業システムのクラウド化が進んだ欧米の市場に注力していたが、日本も近年はクラウド化が飛躍的に進み、改めて進出を決めた」と説明する。 2009年ごろの日本の企業システム市場は、まだクラウドコンピューティングの概念が浸透し始めた時期に当たり、大半の企業がオンプレミスのネットワークセキュリティを主体としていた状況では、同社のソリューションが適合しなかったようだ。 Zscalerが挙げるクラウドを前提にしたセキュリティモデルへの移行ステップ Chaudhry氏は、同社の目指すところはセキュリティアプライアンスのいらないネットワークセキュリティの提供だと話す。 しかしSaaSに始まり、IaaSやPaaSへの移行と、スマートフォンを中心とする業務端末のモバイル化も相まって、伝統的な境界型のセキュリティモデルは時代遅れというのが、Chaudhry氏の見解だという。 「特にグローバルに事業展開する大企業でのシステムやネットワークの利用環境は、既にクラウドを前提にしたものへ変わっている。 多くの顧客がわれわれのサービスを併用して従来環境からの脱却を図り、セキュリティモデルを変革させている」(Chaudhry氏) 同社には、セキュリティサービスを提供するデータセンターが約100カ所あり、アジア太平洋地域では東京やシンガポール、香港、インド、オーストラリアなどに展開する。 東京のデータセンターは2009年の進出時に開設したもので、現在まで日本に進出している顧客企業向けのサービス拠点としては運用を継続してきたという。 Chaudhry氏は、「できる限りユーザーに近い場所にデータセンターを展開するのは当然のこと」と話す。 日本・アジア太平洋地域担当バイスプレジデントのScott Robertson氏は、クラウド化を進める企業が直面するセキュリティ課題の一つに、HTTPS暗号化通信への対応を挙げる。 創業者 会長兼最高経営責任者のJay Chaudhry氏(左)と日本・アジア太平洋地域担当バイスプレジデントのScott Robertson氏 HTTPS暗号化通信は、基本的な通信内容の盗聴対策として、日本でもウェブサイトなどを含めた対応が急速に進むが、同時に攻撃者も不正な通信に暗号化を利用している。 セキュリティ対策上では、暗号化通信をいったん復号して通信の内容を検査し、再び暗号化するという手順が多いが、古いセキュリティアプライアンスではこの処理に必要な性能を備えておらず、遅延などの発生を懸念するユーザーが少なくないという。 Robertson氏は、同社のサービスが暗号化通信に対するセキュリティ検査に強みがあるとアピールしている。 今後の日本での事業展開は、通信事業者やインターネットサービス事業者などと連携して、サービスの販売とサポートに注力する方針。 料金面でも以前の進出時は、1ユーザー当たり月額数千円程度としていたが、現在は「利用規模や機能などによって異なるが、1ユーザー当たり月額費用はコーヒー数杯程度で提供できる」(Robertson氏)という。 The Japanese edition of 'ZDNet' is published under license from CBS Interactive, Inc. , San Francisco, CA, USA. Editorial items appearing in 'ZDNet Japan' that were originally published in the US Edition of 'ZDNet', 'TechRepublic', 'CNET', and 'CNET News. com' are the copyright properties of CBS Interactive, Inc. or its suppliers. Copyright c CBS Interactive, Inc. All Rights Reserved. 'ZDNet', 'CNET' and 'CNET News. com' are trademarks of CBS Interactive, Inc. 当サイトは最新ブラウザでの閲覧を推奨します。 Copyright c 2020 ASAHI INTERACTIVE, Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

次の