半沢直樹 なぜ再放送しない。 「半沢直樹」の続編決定に7年もかかった意味

お知らせ|TBSテレビ:日曜劇場『半沢直樹』

半沢直樹 なぜ再放送しない

目次:好きなところへジャンプ• 半沢直樹シーズン1(エピソードゼロ):なぜ再放送をしないの?何か理由があるの? Google先生に頑張って聞いてみましたよ。 でも、結局のところ確実な情報っていのは出て来ませんでした。 全て憶測で書いてあるものばかり。 なのでその憶測の中から、「これならありそう」っていうものをピックアップしました DVDが売れて欲しいから シーズン2の放送が開始されると、多くの人はシーズン1が見たくなります。 民放での再放送もしていない。 有料での配信もしていない paraviなど) ツタヤなどレンタルはしてるみたい となると、見るにはDVDを買うしかありません。 半沢直樹シーズン1のDVDを買ってもらいたい!というのが理由では? 再放送にかかる使用料が影響 再放送するにもお金はかかります。 出演者はもちろん、脚本家やミュージシャンなどに払う二次使用料というものが存在。 それを払ってまで無料で配信して、DVDの売上が落ちてしまっては本末転倒です。 消費者的にはシーズン1をもう一度見て、シーズン2を見たい!と思うのは当然。 そこに、当たらなお金が生まれるために、再放送しない。 そう考えると自然です。 半沢直樹シーズン1の再放送をする時は必ずくる それがいつなのか?と答えられませんが、ドラマの出演者に犯罪者や不祥事を犯した人がいないので、再放送じたいにNGが出ているわけではなさそうです。 そうすると、タイミングの問題です。 つまり、いつかは必ず再放送する時があるはずです。 それまで待てない人は、• 特別編で我慢する• DVDを買う• レンタルをする この選択肢しかありません。 本当は今のうちにんだよなぁ。 特別編の放送日時• 前編:7月05日(日曜日) よる9時• 後編:7月12日(日曜日) よる9時 新シリーズは7月19日よる9時スタート!! 2020年の日曜劇場にあの「半沢直樹」が帰ってくる! 主演:堺雅人 平成の30年間に放送されたドラマで最終回42. 2%の視聴率を弾き出し、堂々の1位に輝いた驚異のドラマが令和の時代に再び登場! 倍返し!! まとめ 半沢直樹の前回放送内容の特別編はもちろんだけど、シーズン2がより楽しみ。 コロナで放送が延期して、どうなるんだろうと心配したけど、放送が決定して良かった。 とりあえず、シーズン1を録画予約して、子供を寝かしつけした後に見てみたいと思います。 楽しみがいっぱいで困ったもんです。 嬉しいけど。

次の

『半沢直樹』新作に暗雲!? 再放送視聴率が「思ったほど高くない」「池井戸ドラマ大量産の弊害も」(2020/07/12 10:00)|サイゾーウーマン

半沢直樹 なぜ再放送しない

堺雅人 7月12日に放送された「半沢直樹 特別総集編後編」 TBS系 で、あるものが消えたとして、半沢ファンをざわつかせている。 その場面はが演じる大和田常務が演じる半沢直樹に土下座をする伝説のクライマックスシーン。 本放送では半沢が大会議室から出て行くのを俯瞰気味にとらえたカットにおいて、明らかに出演者ではないスタッフらしき人物が映りこんだ映像がそのままオンエアされて物議を醸していた。 改めて本放送を見ると、やはり画面左下にカメラマンらしき男性の後頭部と撮影機材らしきものがはっきりと確認できた。 当時は「ドラマ史に残る放送事故」とも騒がれたが、12日の特別総集編ではそれがキレイに消されていたというのだ。 「このシーンは本放送当時から話題になっていたこともあり、特別総集編でどうなるのか、半沢ファンが注目していました。 あまりに見事に消されたため、『最近の映像技術すごすぎる』『7年の間に技術が進歩したんだろうな』と驚きの声が上がりました」 テレビ誌ライター そもそもカメラマンらしきスタッフが映り込んだ状態のまま放送したことに驚かされる。 通常であれば撮り直しをするものだが、あえてその問題アリの映像を使ったとか。 「俳優の演技があまりに素晴らしかったため、撮り直しせずあえてそのまま使ったそうです。 今回、注目を集める中、そのままでは恥ずかしいので消したのでしょう」 前出・テレビ誌ライター 7月19日からはいよいよ続編がスタートする。 その前にいい話題作りになったのは間違いない。

次の

『半沢直樹』はなぜやらない?業界人が明かすドラマの再放送裏事情

半沢直樹 なぜ再放送しない

『半沢直樹』(TBS系)より 新型コロナウイルス感染拡大の影響により、放送が延期になっていた連続ドラマ『半沢直樹』(TBS系)の新シリーズが、7月19日からスタートする。 同作は、堺雅人主演、池井戸潤原作で2006年に大ヒットした同名ドラマの7年ぶりの続編。 放送開始に先駆け、前作の特別編集編が前後編で2週にわたり放送されるが、5日放送の前編の視聴率は13. 0%(関東地区、ビデオリサーチ調べ/以下同)を記録した。 「一般的に見て、こういったおさらい放送でこの数字は驚きの高視聴率と言えますが、『半沢直樹』が前作の最終回で平均視聴率42. 2%、瞬間最高46. 7%という記録を叩き出した伝説的作品であることを考えると、『思ったほどでもない』と捉えた視聴者は少なくない様子。 実際に、同時間帯前半の裏番組『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)も13. 0%だったため、『半沢直樹』の視聴率が飛び抜けてよかったというわけではなさそうです。 ネット上では『もっと高いと思ったけどそんなもんか』『期待しすぎていたのかも』といった声も見られます」(芸能ライター) 再放送へのこういった反応を境に、新作の視聴率の雲行きを怪しむ声も上がり始めているようだ。 「ネット上で特に目立つのは、『完全に時期を逃した』といった意見。 やはり最もネックになっているのが、続編放送までに7年もかかってしまったという点でしょう。 当時は続編を待ちわびていた視聴者の熱も、7年たったことで完全に落ち着いてしまったようです。 また半沢ブームをきっかけとして、この7年間に、池井戸原作のドラマ化が相次いだ影響も大きい。 『下町ロケット』『ルーズヴェルト・ゲーム』『陸王』『ノーサイド・ゲーム』(いずれもTBS系)など、似たテイストの池井戸原作ドラマが量産されたため、『池井戸はおなかいっぱい』『もう飽きた』との反応も散見されます」(同) このところ、続編放送までに長い年月がかかった人気ドラマの新作は、相次いで視聴率が低迷しているとの指摘も。 「昨年は、13年ぶりに阿部寛主演の『結婚できない男』(06年、フジテレビ系)の新作『まだ結婚できない男』が放送されました。 06年版の単話最高視聴率が22. 0%、全話平均は16. 5%、全話平均は9. また、最終回で26. 0%、全話平均で20. 2%でロケットスタートを切ったものの、第2話と第3話は11. 9%、第4話は12. 『半沢直樹』も同じ道をたどる可能性はあるでしょう」(同) 7年の歳月を経た『半沢直樹』は、こうした下馬評を覆すことはできるだろうか。

次の