佳子 さま オーストリア。 佳子さま、初海外訪問開始 オーストリア大統領表敬

内親王 佳子さまウィーン記念撮影画像が美しすぎる!海外の反応は?

佳子 さま オーストリア

Contents• 佳子さま欧州訪問から帰国 秋篠宮家の次女佳子さまは25日、オーストリアとハンガリーへの訪問を終え、羽田空港に民間機で帰国された。 「今回の欧州訪問でも民放をはじめ多くのメディアが現地入りし、新聞社などはウィーン支局を拠点とし、それぞれ佳子さまのご動静を連日伝えました。 今回の佳子さまの公式訪問では、直接のインタビューの禁止、許可された場所以外での撮影の禁止等、様々な報道規制がなされましたが、それでも、各種メディアはなんとか現地での佳子さまの様子を伝えようと競って、記者を派遣しました」(皇室ジャーナリスト) 国内メディアは佳子さまの欧州訪問中、連日そのご様子を伝えられたが、厳しい報道規制がかかったことも影響してか、独自情報がスクープされることもなく、ほとんどのメディアが各所を回られる佳子さまのご様子や現地の反応を淡々と報道した。 ドイツメディアは佳子さまの美貌を絶賛 今回、佳子さまは最初にオーストリアを訪問されたが、現地メディアは佳子さまの訪問を非常に好意的に報道した。 全国紙でも佳子さまの表敬訪問は写真付きで一面トップで掲載され、 「王宮のプリンセス」との見出しが付けられ大々的に報じられた。 ハンガリーメディアは辛口な評価 一方で、ハンガリーでは現地メディアにより中立的、もしくは少々辛口の報道がなされたようだ。 政権寄りメディアは大統領表敬や地方訪問の事実のみを、国営通信社MTIを使い淡々と報道。 また独立系メディアはほとんど報道すらされず、唯一取り上げたHVGは、大統領表敬、国会議長懇談以外の日程大半は観光地周りだったと紹介した。 ある宮内庁関係者は次のように語る。 「 通常、皇族の方の海外への公式訪問は現地メディアで大々的に取り扱われることがほとんどです。 というのも、海外の王室や皇室の人物の訪問を小さな出来事として扱うということは、相手国に対して敬意を欠いた行為とみなされるからです。 実際に、眞子さまの南米訪問や、公式訪問ではなく私的旅行ではありましたが、秋篠宮ご夫妻と悠仁さまのブータン旅行などは、熱烈な歓迎を受け、現地メディアでも大々的に報道されました。 また、佳子さまの今回の欧州訪問でも、オーストリアでは現地メディアが全国紙の一面トップで大体的に報じたことから、ハンガリーでも大いに佳子さまの訪問が歓迎されるものだと多くの関係者が考えていました」(皇室関係者) しかし、先にも述べたように、実際にはハンガリーの現地メディアは政府系メディアは訪問の事実のみを淡々と報道、独立系メディアに至っては、一切報道しないメディアも多かったようだ。 オーストリアでの熱烈な歓迎ぶりとは打って変わり、ハンガリーでは、有名な観光地を巡られる佳子さまの様子 に醒めた視線が向けられ 、僅かな皮肉を込めながら淡々とした調子で報じられたようです」(前出の皇室関係者) 今回の初の海外公式訪問にて、欧州の美しい街並みや、素晴らしい観光名所の魅力を満喫し、ご満悦の佳子さまであったが、一方、ハンガリーの人々の多くは観光名所巡りのような公式訪問を堪能する日本にプリンセスを醒めた想いで眺めていたようだ。

次の

佳子さま、初海外訪問開始 オーストリア大統領表敬

佳子 さま オーストリア

Contents• 文/編集部(2019. 9) 佳子さま、オーストリアでの日程を終えハンガリーへ 秋篠宮家の次女、佳子さまは19日、オーストリアを代表する画家・クリムトの絵画を鑑賞し、オーストリアでの日程を終えられた。 オーストリアでの全日程を終えた佳子さまは、次の訪問国ハンガリーに入り、大統領を表敬訪問される。 「オーストリア現地での佳子さまの評判は素晴らしいものでした。 地元の全国紙では、一面トップで大統領への表敬訪問が大々的に報道されたことから、ヨーロッパでの佳子さまの人気と知名度の高さも伺えます。 オーストリアでの滞在期間中、終始笑顔で対応されている佳子さまですが、18日の夜、バレエ鑑賞のために訪れたウィーン国立歌劇場では、観客の求めを受けて写真撮影に応じられるシーンもありました。 それを見ていた他の観客も、一般客の求めに気さくに応じられる佳子さまの姿に大変感激していたようです」(皇室ジャーナリスト) スカスカ日程との批判の声も オーストリア現地では、熱烈な歓迎を受けた佳子さまの公式訪問だが、日本国内では一部で批判的な声も聞かれる。 7月にペルー、ボリビア両国を訪問された眞子さまが、およそ10回もスピーチに臨むなどタイトなスケジュールで臨まれたのと比較して、佳子さまの2回のご挨拶のみ。 訪問先も多くが有名な観光地であるために、週刊誌報道でも、皮肉交じりに 「佳子さまは芸術の秋を満喫されるようだ」などとも書かれた。 また著名な皇室ジャーナリストの山下晋司氏も、週刊誌でコメントを残し 「観光地のような場所へのご訪問ばかりが目立つと、国民に一層のマイナスイメージを与えかねません」と余裕を持った佳子さまの訪問日程に苦言を呈している。 この問題については、本サイトが先鞭をつけた通りだ。 「雅子さまだって!」 今回の公式訪問のスケジュールを巡っては、余裕のある日程を望んだ佳子さまと、可能な限り予定を詰めようとする宮内庁との間で激しい攻防が繰り広げられ、それは出発の直前まで続けられたという。 ある宮内庁関係者はその時の様子を次のように語る。 さすがに、この言葉を聞いた周囲の関係者は皆一様に驚き、同時に緊張が走りました」(前出の宮内庁関係者) 担当者とのやり取りがヒートアップしてしまった結果だろうか、佳子さまは思わずかつて病に苦しまれ、思うように公務をこなすことの出来なかった雅子さまを批判するような発言を口にされかけたという。 「 現在佳子さまは、世間からの評判を非常に気にされており、そのため『国民からの信頼を得られない』という担当者の言葉に対して、本心ではないことを思わず口にしてしまったのでしょう。 もちろん、佳子さまのこのような言葉を口にされたことを深く反省したご様子でした」(同前) 雅子皇后陛下が皇太子妃時代にお出ましの機会が少なかったのは、「しなかった」のではなく「させてもらえなかった」のですよ! アナタのお祖母様とお母様から凄絶なイジメに遭い、心身共にバランスを崩されてしまったのよ。 ネットを見るなら目にした事があるでしょう。 そのような状況だった当時の雅子皇太子妃と、健康そのものダンスとコーチに夢中になり夜中に部屋の窓から抜け出せる元気があるアナタとでは比較の対象にならないと思いますけど。 一般家庭でも叔母が病気になったら心配や思いやりの気持ちがあるのに、一宮家の娘が皇后様に対する思いやりの心も無いのかと思うと、こっちが情けない気持ちになります。 秋家は天皇皇后両陛下をお支えする立場だという事を忘れてはいけませんよ.

次の

佳子さま「雅子さまだって!」 公務スカスカ批判に「不敬」反論 宮内庁も対応に苦慮

佳子 さま オーストリア

Contents• 今も残る、ハプスブルク家の歴史 皇帝の居城だった、ホーフブルク宮殿(Hofburg) ハプスブルグ家が約600年以上住んでいたという王宮、ホーフブルク宮殿。 数多くの棟があり2500以上の部屋があるとても大きな建物で、今では一般の人が住むアパートメントや博物館になっています。 そしてミヒャエル広場から入って右側の棟には3つの博物館が入っています。 「 シシィ博物館 Sisi museam 」「 皇帝の部屋」そして「 銀器コレクション」、 佳子様が訪れたとされているのはシシィ博物館ですね。 ハプスブルク家を間近に感じられる、贅沢な空間「シシィ博物館」 今回とくに注目したいのが、この ウィーンの王宮内にある「シシィ博物館」です。 シシィ博物館では、が使用していた居間や寝室などが公開されています。 そしてフランス・ヨゼフ皇帝の妃であり、シシィと親しまれたエリザベート皇后が所有していた品々も展示されています。 ちなみに「皇帝の部屋」はこんなにも迫力があるつくりに。 フランツ・ヨゼフ皇帝の住居、執務室などを見ることができます。 ハプスブルク家は芸術に長けていたことでも有名ですね。 豪華な装飾や絵画などハプスブルグ家の栄光を垣間見る事の出来る博物館になっています。 佳子様が訪れたシェーンブルン宮殿は、ハプスブルク家・夏の離宮 世界遺産に登録されているシェーンブルン宮殿は、ハプスブルク家の夏の離宮だったそうです。 (ちなみに 先ほどご紹介したホーフブルク宮殿が冬の離宮とされています)現在の形のシェーンブルン宮殿は、が統治していた1740〜50年代に建てられ、改築されました。 宮殿とその広大な庭園は、 300年以上にわたるハプスブルク家の歴代の君主たちの軌跡、変化、興味、願望を反映しているといわれています。 ちなみにここはオーストリア最古の皇帝生涯を過ごした場所でもあります。 ハプスブルク王朝の崩壊後は オーストリア共和国の 財産となり博物館として保存されています。 スポンサーリンク まとめ 写真:ハプスブルク家 銀器コレクション オーストリアとの国交150周とのことで、「ハプスブルク家」の名前が珍しくテレビに出ていたので。 佳子様が見て回られた場所を中心に、2019年現在見ることができるハプスブルク家ゆかりの場所をご紹介しました。 650年以上続いた王朝ですから、それを支えた建物、美術品もかなり見応えがありますね。 それにしても150年で世界は大きく変わったようです。 今回の訪問、今日のこともまた、歴史に刻まれてていくのではないでしょうか。 関連記事• スポンサーリンク.

次の