ジェイド 式典服。 『ディズニー ツイステッドワンダーランド』、メインストーリー 3章「深海の商人」中編配信予定!同時に「ジェイド ピックアップ召喚」を開催予定!さらに新システム「試験」を公開予定!|株式会社アニプレックスのプレスリリース

ジェイアズ (じぇいあず)とは【ピクシブ百科事典】

ジェイド 式典服

同じ副寮長として、今年度もどうぞよろしくお願いいたしますね。 本心を暴く男と上書きする男。 学年も寮も違い、一見すると相容れなさそうな2人である。 気になる方は閲覧をお控えください。 バディ1 ジェイド イベントストーリー ハッピービーンズデー• Episode11 「性格悪いぞっ!」 ロングレンジのビーンズシューターでジェイドから豆を当てられたトレイ。 「トレイくんも入ってよ。 ジェイドくんの倒した怪物じゃん。 」と記念に1枚撮ろうと誘うケイトに、「釣果写真の魚か?俺は……。 」と苦笑しつつ、監督生、グリム、ケイト、ジェイド、トレイの5人で写真を撮った。 栽培しているイチゴの様子を見つつルークと談笑していると、何やら困った様子のジェイドがトレイの元に訪れる。 話を聞いたところ、モストロ・ラウンジで提供するフルーツをフロイドが全てつまみ食いしてしまったため、トレイの育てているイチゴを譲って欲しいのだという。 最初は、このイチゴは次のお茶会のタルトに使う予定だと言い、言外に譲れないことを伝えるが、今日は大事なお客様の誕生日パーティーの予約が入っていることや運悪く購買部の果物も売り切れ、校外に買いに行く時間もないことをジェイドから聞き、「確かに、スポンジとクリームだけのバーズデーケーキなんて悲しすぎるな。 」と言ってイチゴを譲ることを了承した。 「ただし、条件がある。 」「ええ、もちろんお礼は弾みます。 なんなりとお申し付けください。 新しいイチゴの苗を植えているところに約束の品を届けに来たと、再びジェイドがトレイの元に訪れる。 約束の品というのは麓の街にいる有名なパティシエが作ったイチゴタルトのことだ。 早朝から店に並ばないと買えないのに、よく買えたなと言うトレイに、盗み食いの罰としてフロイドに朝イチで並ばせたと微笑むジェイド。 たとえ身内でも横領した落とし前はつけてもらうのだという。 (中略) ハーツラビュル寮のお茶会当日、超有店のタルトに驚くケイト。 「こんなとんでもなく人気のタルトよくゲットできたっスね?」とエースに問われたトレイは「確かに少し手間暇はかかったかな。 」と笑った。 そんな折、「さっきから休む暇なく頼られて大変だな。 」とトレイに声をかけられる。 ジェイドの仕事を増やしてしまったこと、副寮長として寮長の怒りをおさめられなかったことを謝罪するトレイに、寮長の感情のケアも副寮長の仕事なのかとジェイドは問う。 そうだとしたらアズールを怒らせてしまった自分は副寮長失格ではないか、と。 トレイは、君は十分すぎるほどよくやっているとそれを否定する。 「貴方に褒めていただけるなんて、光栄です。 」と言うジェイド。 最後に、アズールやフロイドのことを内心自分勝手だと思っているのなら、嫌なことははっきり断る、言いたいことは我慢せずに伝える、自分がやりたいようにやればいいと助言をするトレイに「ご忠告ありがとうございます」とジェイドはお礼を言った。 式が終わりリドルと共に寮に向かう途中、前を行くオクタヴィネルの3人の存在に気づく。 またフロイドに振り回されている様子のジェイドを見かけ、「彼も大変だな。 あんなに真面目だと気苦労が絶えないだろう。 」と気にかけるトレイ。 すると、信じられないといった様子のリドルから他人を評する時はもっとよく観察してからにするべきだと言われる。 よく見てみると、「入学式早々新入生を怯えさせる」というフロイドの提案に、「そんなことは後からいくらでもできる」と笑うジェイドをトレイは目の当たりにする。 自分のイメージとはだいぶ違う気がしてきた、と言葉を詰まらせるトレイに、ジェイドがいやいや従って振り回されているわけではないこと、いつもアズールと何かを企み、率先して悪巧みをしていることもあるということをリドルは伝える。 新入生の個人情報やマジカメの裏アカウント等が書かれてある名簿を介し、あれこれ画策するアズールとジェイドを見かけ、絶句するトレイ。 リドルによると、一見ジェイドは他の2人に従っているように見えるが、それは大きな間違いで、時にはその2人でさえうまく利用して自分も楽しんでいるのだという。 ジェイドは謙虚で、真面目で、大人しくて、苦労性だと思っていたと言うトレイ。 前を行くジェイドがトレイに気づき、「同じ副寮長として、今年度もどうぞよろしくお願いいたしますね。 」と微笑む。 「あ、ああ……よろしくな。 」とトレイは苦笑した。

次の

『ディズニー ツイステッドワンダーランド』、メインストーリー 3章「深海の商人」中編配信予定!同時に「ジェイド ピックアップ召喚」を開催予定!さらに新システム「試験」を公開予定!|株式会社アニプレックスのプレスリリース

ジェイド 式典服

同じ副寮長として、今年度もどうぞよろしくお願いいたしますね。 本心を暴く男と上書きする男。 学年も寮も違い、一見すると相容れなさそうな2人である。 気になる方は閲覧をお控えください。 バディ1 ジェイド イベントストーリー ハッピービーンズデー• Episode11 「性格悪いぞっ!」 ロングレンジのビーンズシューターでジェイドから豆を当てられたトレイ。 「トレイくんも入ってよ。 ジェイドくんの倒した怪物じゃん。 」と記念に1枚撮ろうと誘うケイトに、「釣果写真の魚か?俺は……。 」と苦笑しつつ、監督生、グリム、ケイト、ジェイド、トレイの5人で写真を撮った。 栽培しているイチゴの様子を見つつルークと談笑していると、何やら困った様子のジェイドがトレイの元に訪れる。 話を聞いたところ、モストロ・ラウンジで提供するフルーツをフロイドが全てつまみ食いしてしまったため、トレイの育てているイチゴを譲って欲しいのだという。 最初は、このイチゴは次のお茶会のタルトに使う予定だと言い、言外に譲れないことを伝えるが、今日は大事なお客様の誕生日パーティーの予約が入っていることや運悪く購買部の果物も売り切れ、校外に買いに行く時間もないことをジェイドから聞き、「確かに、スポンジとクリームだけのバーズデーケーキなんて悲しすぎるな。 」と言ってイチゴを譲ることを了承した。 「ただし、条件がある。 」「ええ、もちろんお礼は弾みます。 なんなりとお申し付けください。 新しいイチゴの苗を植えているところに約束の品を届けに来たと、再びジェイドがトレイの元に訪れる。 約束の品というのは麓の街にいる有名なパティシエが作ったイチゴタルトのことだ。 早朝から店に並ばないと買えないのに、よく買えたなと言うトレイに、盗み食いの罰としてフロイドに朝イチで並ばせたと微笑むジェイド。 たとえ身内でも横領した落とし前はつけてもらうのだという。 (中略) ハーツラビュル寮のお茶会当日、超有店のタルトに驚くケイト。 「こんなとんでもなく人気のタルトよくゲットできたっスね?」とエースに問われたトレイは「確かに少し手間暇はかかったかな。 」と笑った。 そんな折、「さっきから休む暇なく頼られて大変だな。 」とトレイに声をかけられる。 ジェイドの仕事を増やしてしまったこと、副寮長として寮長の怒りをおさめられなかったことを謝罪するトレイに、寮長の感情のケアも副寮長の仕事なのかとジェイドは問う。 そうだとしたらアズールを怒らせてしまった自分は副寮長失格ではないか、と。 トレイは、君は十分すぎるほどよくやっているとそれを否定する。 「貴方に褒めていただけるなんて、光栄です。 」と言うジェイド。 最後に、アズールやフロイドのことを内心自分勝手だと思っているのなら、嫌なことははっきり断る、言いたいことは我慢せずに伝える、自分がやりたいようにやればいいと助言をするトレイに「ご忠告ありがとうございます」とジェイドはお礼を言った。 式が終わりリドルと共に寮に向かう途中、前を行くオクタヴィネルの3人の存在に気づく。 またフロイドに振り回されている様子のジェイドを見かけ、「彼も大変だな。 あんなに真面目だと気苦労が絶えないだろう。 」と気にかけるトレイ。 すると、信じられないといった様子のリドルから他人を評する時はもっとよく観察してからにするべきだと言われる。 よく見てみると、「入学式早々新入生を怯えさせる」というフロイドの提案に、「そんなことは後からいくらでもできる」と笑うジェイドをトレイは目の当たりにする。 自分のイメージとはだいぶ違う気がしてきた、と言葉を詰まらせるトレイに、ジェイドがいやいや従って振り回されているわけではないこと、いつもアズールと何かを企み、率先して悪巧みをしていることもあるということをリドルは伝える。 新入生の個人情報やマジカメの裏アカウント等が書かれてある名簿を介し、あれこれ画策するアズールとジェイドを見かけ、絶句するトレイ。 リドルによると、一見ジェイドは他の2人に従っているように見えるが、それは大きな間違いで、時にはその2人でさえうまく利用して自分も楽しんでいるのだという。 ジェイドは謙虚で、真面目で、大人しくて、苦労性だと思っていたと言うトレイ。 前を行くジェイドがトレイに気づき、「同じ副寮長として、今年度もどうぞよろしくお願いいたしますね。 」と微笑む。 「あ、ああ……よろしくな。 」とトレイは苦笑した。

次の

『ディズニー ツイステッドワンダーランド』、メインストーリー 3章「深海の商人」中編配信予定!同時に「ジェイド ピックアップ召喚」を開催予定!さらに新システム「試験」を公開予定!|株式会社アニプレックスのプレスリリース

ジェイド 式典服

気分屋天才肌の191㎝の人魚と生真面目秀才の160㎝の人間という超凸凹コンビ。 違う寮、違うクラス、違う部活、同じなのは学年だけと一見接点が薄そうに見えるこの二人だが、何故かフロイドがやたらリドルを構おうとするためなにかと絡む描写は多い。 ちなみにお互いを「金魚ちゃん」、「フロイド」と呼びあっている。 ネタバレを含む内容 あだ名の由来 フロイド制服をホームに置くことで彼がリドルを「金魚ちゃん」と呼んでいる理由を知ることができる。 「金魚ちゃんはねぇ、赤くて小さくて食べるとこなさそうだから、金魚。 怒ると真っ赤になるし」 メインストーリー2章11話「厄介ツインズ!」 集団でいたにも関わらず真っ先にリドルをみつけ、ドアップで近づいてくるフロイドを見ることができる。 心底嫌そうなリドルと終始一貫ニコニコのフロイドの温度差はまさに黄金比である。 「金魚ちゃん、こんなところでなにしてんの?かくれんぼ?楽しそうだね」 メインストーリー4章4話「送別ノイジー!」 当時、これを読んで正気を保てていた人は我々の界隈にはいなかったと思われる。 まさに二人の関係に対する認識が大きく変わった歴史的瞬間であった。 これを読みカプにハマった人もそう少なくないだろう。 話は3話後半パートで帰省が憂鬱なリドルにフロイドが話しかけるところから始まる。 ここで注目するべきポイントは、帰省しないため鏡の間に来る必要はないのだが何故かフロイドがここにいるということである。 フロイドは真っ先にリドル見つけいつものようにリドルをからかい始める。 それを受け、最初は気が沈んでいたリドルが次第に普段通りに 本人はガチ切れしているが 戻っていくという様子が見受けられる。 後に、トレイがからかわれたリドルを見て、いつもの調子に戻ったと述べていることから用もないのにフロイドが来たのはリドルを調子づけるためではないかという説も浮上している。 「なぁにぃ、金魚ちゃん。 おうちに帰りたくないの?だったら帰らなきゃいいのに。 オレたちも帰らないしさぁ、一緒にガッコーに残ろうよ」 フロイド制服R「横で面白い話して」 この話に二人の関係性の全てが凝縮していると言っても過言ではない。 フロイドがリドルに壁ドン 本人は腕を伸ばしただけだと述べているが我々の中ではそう認識されている するシーンがあるため、手っ取り早くフロリドを咀嚼したい方はまずこれを読むことを推奨する。 「なんなんだい?この、ボクの前に置かれた邪魔な腕は」 フロイド実験着SR「テンション上がんねー」 機嫌の悪いフロイドに遭遇するリドルの話。 モブに対してはやや粗雑な対応をしているフロイドが、リドルには機嫌の悪い時でも柔らかな態度で接しているということがわかった一話である。 ちなみに、この時放ったジェイドの一言がなかなかに衝撃的なので是非読んでいただきたい。 「金魚ちゃん、悪いけど今構ってやれる気分じゃねえから。 また今度遊んであげる」 フロイド寮服SSR「オレに何かくれんの?」 インクをあげたいフロイドと貰いたくないリドルの可愛い攻防戦が見られる話である。 インクを買いに行こうと急いでいるリドルをみて、からかい半分にインクは買い占められていて無いかもしれないと言うフロイド。 リドルはそれでも自分で買いに行こうとするが、フロイドは強引かつ無理やりにリドルのノートを奪い、自分の持っていたインクを交換させる。 後のフロイドの発言からこれはプリプリと怒るリドルを見たかったがためにした事であると発覚した。 ただ、彼の中にはリドルに構ってもらいたいという気持ちも少なからずあるのかもしれない。 「金魚ちゃんいっつもそれじゃん。 ツンツンしてばっかでさ〜」 ジェイド式典服SR「困りましたね」 フロイドに付け回されて困ってるリドルがジェイドに相談しにいく話。 他人のパーソナルストーリーでイチャつく二人の姿は必見である。 「あ、ジェイド。 金魚ちゃん見なかった?遊んでたのにいなくなっちゃってさー」 トレイ式典服SR「ちょっと待ってくれリドル!」 フロイドに毎日付け回されてパーティが滞ったリドルの話。 ここでも他人のパーソナルストーリーに入り込む二人をみることができる。 「そういえばフロイドの奴、ここ最近ずっとお前の後を楽しそうについて歩いてたな」 ゴーストマリッジ7話「花婿に望む条件」 リドルの身長をからかうフロイドの話。 小学生男子のようなフロイドの姿が見れる。 フロイドが花嫁に振られる姿をみて笑いながら馬鹿にするリドルも見れる。 可愛い。 「金魚ちゃんは小さくていいんだって……あれ?」 関連イラスト.

次の