いちいち癪に障る。 [B! 増田] twitterのフォロワーで、発言がいちいち癪に障る人がいる

「癪に障る」とは?「癇に障る」との違いと正しい使い方も解説

いちいち癪に障る

何故かいちいち癇に障る同僚(男性)がいます。 同じ職場に何故か言動がいちいち癇に障る同僚がいます。 電話での話し方(おそらく相手は親しい別の支社の人)がやけに馴れ馴れしい。 仕事の用件で電話を毎日数回はするような相手なのに毎回じゃれ付かないと本題に入らない。 散々自分からじゃれといて「そんなのはどうでもいい。 」とか言っちゃう。 椅子から滑り落ちるんじゃないかというほどふんぞり返った姿勢で電話してたり、PC使ってたり。 人から「何故出来ていないのか」と指摘されると明らかに「別に俺が悪いわけじゃないし」というのが顔に出てたり。 単なる仕事の報告なのに笑いながらしゃべる。 数え上げれば切りがない程のエピソードが出てくる。 ・・・といっても直接自分が被害を被ったことはほとんどない。 ただ言動にイライラして「こんなやつがいるなら転職しようか」とか本気で考えるほど。 で、同じように癇に障る同僚がいる人に聞きます。 どうやったらイライラを抑えられるんでしょうか。 補足実は一応後輩なので仕事の指導をすることもあり2人だけで出張とか行かなくてはいけないので苦痛だなーと 苦笑 2人っきりで3時間以上自動車に同乗とか今から考えるだけで憂鬱。 でも、そういうときは、大概相手もそんな風に感じているものではないでしょうか。 要は、相性が悪いということです。 業務上、何か問題があるのなら、質問者様が何もしなくても職場で居ずらくなっていくでしょう。 もし、そうでないなら自分が意識しすぎているということだと思います。 そんな人に気持ちを振り回されて、ご自分の仕事に集中力をなくされたのでは、かえって質問者様の立場が悪くなりはしませんか? これは、何かが貴方に与えた試練かもしれませんね。 まずはそんなにも相手に夢中になってしまっている自分を自覚して、心を静めてくださいね。 追加 補足を拝見しました。 それはそれは・・・災難ですね。 出張もあるということ、憂鬱なのもうなずけます。 この、試練を乗り越えたとき、またはその後輩の存在を精神的に克服したとき、質問者様は一回り大きな人間に成長して、より素晴らしい人になっていることでしょう。 そして、その努力を見ている人は、必ずいるはずです。 いつ抜けられるか判らない迷路のような日々だと思いますが、いつか光の射す日が来ると信じて頑張ってください。

次の

[B! 増田] twitterのフォロワーで、発言がいちいち癪に障る人がいる

いちいち癪に障る

スポンサーリンク 癇に障るの語源・由来とは? 結論からお話しすると「癇に障る」という言葉に語源はありません。 単語の意味が連なってできている言葉なんです。 なので、単語ごとに分けて意味を掘り下げていきますね。 まずは「癇」からです。 「癇」の意味は、• ひきつけなどを起こす病気• ちょっとしたことにも興奮し、いらいらする性質・気持ち。 ふたつめの意味は「癇癪 かんしゃく ・癇性 かんしょう ・癇癖 かんぺき 」ともいわれますよ。 物理的な体のどこかの部分というわけではなく、「感情」や「性質」の一部のことを指しているんですね。 ちなみに、「勘」と表記してしまうと、意味が「物事を直感的に感じ取る能力。 第六感。 」になってしまいます。 どうしていけないのかは、続きを見ていきましょう。 次は「障る」の方の意味。 「障る」の意味は、 「ある感覚器官に触れて、嫌なものとして受け取られる。 」です。 今回、触れられて嫌だった感覚器官とは、「感情」や「性質」のこと。 では、ふたつの意味を合わせてみましょう。 「ちょっとしたことにも興奮し、いらいらする性質・気持ちに触れて、嫌なものとして受け取られる。 」と、なりますね。 これを簡潔にまとめたものが、「神経を刺激していら立たせる。 」「気にいらない。 」ですから、無事に「癇に障る」の意味へとたどり着きました。 「勘」と表記してしまうと、「第六感がいら立たせる。 」となってしまい訳が分からない言葉になってしまいます。 これでは、慣用句になりませんね。 意味を掘り下げて見ることで、言葉の成り立ちが分かりました。 次の章では、「癇に障る」の使い方を紹介します。 癇に障るの使い方・例文! それでは、例文を用いながら「癇に障る」の使い方を見ていきましょう。 きっかけは些細な事。 でも今では、もう、彼の声を聞くことももだけれど、 後ろ姿を見るだけでも癇に障って仕方がない。 「神経を刺激していら立たせる。 」という意味で「癇に障る」を使っている例文ですね。 彼女の金切り声は、 普通に話しているだけでも癇に障る。 何か悪いことをしているわけではないんだけどね… こちらも「神経を刺激していら立たせる。 」という意味で使われています。 しかし、先ほどの例文と異なるところは何かきっかけがあってのことではないところ。 「生理的に受け付けない」というヤツですね。 彼って頼んでもいないのに、いちいちアドバイスをしてくるよね。 たいして役にも立たないアドバイスをしてくるうえに嫌味っぽいもんだから、 癇に障って仕方がないよ。 「気に入らない」という意味で使われている例文です。 せっかくアドバイスをしてもこんなふうに思われては悲しいですよね。 自分がしてしまう場合は、気が付かないうちにしてしまっていることが多いですね。 良い意味で使われる言葉ではありませんから、使うような場面にはあまり遭遇したくありませんね。 スポンサーリンク まとめ いかがでしたか? 「癇に障る」の意味や語源・使い方を見てきました。 「癇に障る」はイライラした気持ちを表す言葉でしたが、他にはどんな表現方法があるのでしょうか?• 気に障る: 感情を害する。 不愉快に思う。 :何かが気に入らなくて腹が立つ。 不快に思う。 胸糞悪い:胸がむかむかするほど不快である。 忌々しい:非常にむかつく。 すごく腹立たしい。 いらいらする。 癇立つ:神経が高ぶって怒りっぽくなる。 などがあります。 英語では「annoy」で表現することができますよ。 「人を悩ます・苦しめる・困らせる・いらいらさせる」という意味の言葉です。 (彼は本当に癇に障る)というように使います。 関連記事 一部広告含む•

次の

[B! 増田] twitterのフォロワーで、発言がいちいち癪に障る人がいる

いちいち癪に障る

スポンサーリンク 癇に障るの語源・由来とは? 結論からお話しすると「癇に障る」という言葉に語源はありません。 単語の意味が連なってできている言葉なんです。 なので、単語ごとに分けて意味を掘り下げていきますね。 まずは「癇」からです。 「癇」の意味は、• ひきつけなどを起こす病気• ちょっとしたことにも興奮し、いらいらする性質・気持ち。 ふたつめの意味は「癇癪 かんしゃく ・癇性 かんしょう ・癇癖 かんぺき 」ともいわれますよ。 物理的な体のどこかの部分というわけではなく、「感情」や「性質」の一部のことを指しているんですね。 ちなみに、「勘」と表記してしまうと、意味が「物事を直感的に感じ取る能力。 第六感。 」になってしまいます。 どうしていけないのかは、続きを見ていきましょう。 次は「障る」の方の意味。 「障る」の意味は、 「ある感覚器官に触れて、嫌なものとして受け取られる。 」です。 今回、触れられて嫌だった感覚器官とは、「感情」や「性質」のこと。 では、ふたつの意味を合わせてみましょう。 「ちょっとしたことにも興奮し、いらいらする性質・気持ちに触れて、嫌なものとして受け取られる。 」と、なりますね。 これを簡潔にまとめたものが、「神経を刺激していら立たせる。 」「気にいらない。 」ですから、無事に「癇に障る」の意味へとたどり着きました。 「勘」と表記してしまうと、「第六感がいら立たせる。 」となってしまい訳が分からない言葉になってしまいます。 これでは、慣用句になりませんね。 意味を掘り下げて見ることで、言葉の成り立ちが分かりました。 次の章では、「癇に障る」の使い方を紹介します。 癇に障るの使い方・例文! それでは、例文を用いながら「癇に障る」の使い方を見ていきましょう。 きっかけは些細な事。 でも今では、もう、彼の声を聞くことももだけれど、 後ろ姿を見るだけでも癇に障って仕方がない。 「神経を刺激していら立たせる。 」という意味で「癇に障る」を使っている例文ですね。 彼女の金切り声は、 普通に話しているだけでも癇に障る。 何か悪いことをしているわけではないんだけどね… こちらも「神経を刺激していら立たせる。 」という意味で使われています。 しかし、先ほどの例文と異なるところは何かきっかけがあってのことではないところ。 「生理的に受け付けない」というヤツですね。 彼って頼んでもいないのに、いちいちアドバイスをしてくるよね。 たいして役にも立たないアドバイスをしてくるうえに嫌味っぽいもんだから、 癇に障って仕方がないよ。 「気に入らない」という意味で使われている例文です。 せっかくアドバイスをしてもこんなふうに思われては悲しいですよね。 自分がしてしまう場合は、気が付かないうちにしてしまっていることが多いですね。 良い意味で使われる言葉ではありませんから、使うような場面にはあまり遭遇したくありませんね。 スポンサーリンク まとめ いかがでしたか? 「癇に障る」の意味や語源・使い方を見てきました。 「癇に障る」はイライラした気持ちを表す言葉でしたが、他にはどんな表現方法があるのでしょうか?• 気に障る: 感情を害する。 不愉快に思う。 :何かが気に入らなくて腹が立つ。 不快に思う。 胸糞悪い:胸がむかむかするほど不快である。 忌々しい:非常にむかつく。 すごく腹立たしい。 いらいらする。 癇立つ:神経が高ぶって怒りっぽくなる。 などがあります。 英語では「annoy」で表現することができますよ。 「人を悩ます・苦しめる・困らせる・いらいらさせる」という意味の言葉です。 (彼は本当に癇に障る)というように使います。 関連記事 一部広告含む•

次の