光電話。 光電話が停電時に使えなくなる理由と対応方法

廖筠松讓勝捷起死回生的祕密武器

光電話

この記事の目次• 加入電話は、架電先が遠いと交換局を多く経由するためコストがかかるので、通話料金が高くなります。 光電話はIP電話網を経由するため、日本国内であればどれだけ遠くてもコストが一緒なので、一律料金なのです。 インターネットを光回線へ切り替える際は、加入電話より基本料金も通話料金もお得な光電話にしたほうが断然お得です。 では、eo光電話の料金を見ていきましょう。 1 eo光電話の基本料金 eo光電話の基本料金は、毎月たったの「286円」です。 今お使いのNTT加入電話の基本料金と比べて見ましょう。 eo光電話tとNTT加入電話の基本料金 eo光電話 286円 NTT加入電話 1,700円 差額 1,414円 固定電話をeo光電話にするだけで、毎月1,400円程の節約になります。 ただし、この基本料金はeo光ネット(インターネットサービス)も契約した場合です。 eo光ネット料金100Mbps(マンションタイプ):3,524円 eo光テレビとeo光電話のセット契約の場合は、eo光電話の基本料金は725円になります。 インターネットは必要ないという人は、逆にeo光電話を使うとトータルで高くなりますが、光ネット回線をひいた場合は、電話とネットは一つにまとめたほうがお得だということです。 2 eo光電話の初期費用 eo光ネットと同時にeo光電話を申し込むのであれば、eo光電話自体には特に初期費用はかかりません。 eo光ネット回線のほうにだけ「工事費や事務手数料」が発生します。 既にeo光ネットを契約中の方が、あとから追加でeo光電話を申し込む場合は、事務手数料3,000円が発生するので、なるべくeo光ネットと同時に申し込みを完了させましょう。 eo光電話初期費用 eo光ネットと同時申し込み 0円 eo光電話追加申し込み 3,000円 加入電話の番号を引き継ぎたい場合上記にプラスして 番号ポータビリティの費用 電話番号割当手数料:2,000円 休止工事費(西日本):2,000円 休止工事費(東日本):1,000円 1. 3 eo光電話のオプションサービス eo光電話に関するオプションを一覧表にまとめました。 月額200円のオプションサービス 発信者番号表示サービス かかってきた相手の電話番号をナンバーディスプレイ対応電話機の液晶画面へ表示します。 転送電話サービス あらかじめ指定した電話番号へ自動的に転送できます。 複数電話サービス 通話中に着信があった場合、一旦通話中の相手を保留して着信の相手と会話ができます。 また、スマホ専用アプリ「AGEphone for eo」で子機設定したスマホを使うことにより、通話中でも子機で着信の相手と通話が可能です。 非通知着信拒否サービス 電話番号を通知しないでかけてきた相手に、番号を通知してかけ直すようにメッセージを流し、着信拒否します。 転送電話選択サービス あらかじめ相手の電話番号を登録し、転送させるか着信させるかを選択できます。 転送電話サービスの契約が必要です。 迷惑電話拒否サービス 迷惑電話を受けた直後に電話機を操作することにより、同じ番号からの着信を拒否できます。 指定番号着信選択サービス あらかじめ登録した電話番号について「着信」「非着信」を設定できます。 割込電話サービス 通話中に着信があった場合、一旦保留し着信の相手と通話ができます。 通話明細送付サービス 毎月の通話時間、通話相手先、通話料金の明細書を郵送で届けます。 利用者は限られますが、これらのオプションも用意されています。 提携事業者との通話に050番号で発信すると通話料が無料になります。 2番号サービス 857円 電話番号をもう一つ取得できます。 2つの電話番号は同時に発着信が可能なので電話とFAX、自宅と店舗というような使い分けができます。 AGEphone for eo 無料 AGEphone for eoのアプリをスマホにインストールすると、eo光電話をスマホで子機として利用できます。 最大5台までのスマホが設定できます。 いくつかの、オプションがセットになったオプションパックが2つあります。 オプションパック eo光電話パック3 400円 ・発信者番号表示サービス ・転送電話サービス ・複数電話サービス eo光電話パック7 600円 ・発信者番号表示サービス ・転送電話サービス ・複数電話サービス ・非通知着信拒否サービス ・転送電話選択サービス ・迷惑電話拒否サービス ・指定番号着信選択サービス どのオプションが必要なのかは人それぞれですが、複数のオプションを契約する場合は、オプションパックの方が個別に契約するよりも安くなるのでおすすめです。 またこれらのオプションでなくても電話機の機能に、着信を拒否する機能があるオプションは電話機に拒否設定の機能がある場合は不要です。 ナンバーディスプレイ対応電話機には、ほとんど必ず着信拒否の機能が備わっているので、「発信者番号表示サービス」のオプションだけ契約すれば、迷惑電話対策としては十分でしょう。 4 eo光電話の解約金 eo光ネットなど、eo光サービス一式を解約する際には、違約金や撤去費用等が発生しますが、 eo光電話だけを解約する際には、特に違約金や撤去費用は発生しません。 eo光電話のみ解約する際には、送料は契約者の負担でeo光電話アダプターの返却します。 eo光電話アダプター返却先住所 〒552-0013 大阪市港区福崎2丁目3-29 ヤマトロジスティクス(株)eoVA 係 電話:0120-919-151 なお、eo光電話アダプターの破損や紛失で返却できない場合は、賠償金を支払う必要が出てくるので、取扱には注意してください。 NTTの加入電話から番号ポータビリティでeo光電話に移行する場合、eo光にその旨を申し込めばeo光が代行してNTT西日本へ電話サービス休止手続きを行うので、NTT西日本への連絡は特に必要ありません。 スマホや携帯で、同じ番号をキャリアをまたいで使うのと同じことですが、固定電話の場合は、番号ポータビリティーが必ずできるわけではありません。 【番号ポータビリティが不可能なケース】• 引っ越しなどでNTTの収容局が変わる場合…県や市を越えて引っ越しとなる場合は、市外局番がかわるので、同じ番号は引き継げません• NTT加入電話以外からの場合…今お使いの電話番号が他回線の光電話で発行された場合は同じ番号は引き継げません 【番号ポータビリティーが可能なケース】• NTT加入電話で発番された番号を同収容局で使う場合• NN加入電話番号を光電話に変更した場合は、いったん加入電話に戻す事で再度番号ポータビリティが可能 このように、番号ポータビリティーが出来るケースと出来ないケースがありますので、事前にeo光のオペレーターに問い合わせをするとよいでしょう。 既にeo光ネットを利用している場合は、光電話の為の工事は不要です。 eo光電話に必要な「eo光多機能ルーター」が送付されるので、設置や設定等を自分で行います。 番号ポータビリティをする場合も、eo光ネットと同時申し込みであれば基本的に工事担当者が訪問工事の際に設置してくれますが、電話番号切替工事のタイミング的に同時工事ができないときもあります。 NTT電話番号切替工事は、交換機側で行う工事ですので、番号ポータビリティのためのNTT電話番号切替工事が完了したら、自分でNTTの回線からeo光の回線へ繋ぎかえる必要があります。 切り替え予定の時間になったら受話器を上げて「プープー」という音と通話ができないことを確認したのちに、NTTの電話線から線を抜き、eo光電話アダプターへ電話機を繋ぎ変えます。 auスマートバリューは、auスマホ・携帯の毎月の支払額から契約データプランに応じて「月々500~2,000円割引されるお得なサービス」なので、eo光電話が本来は不要な場合でも十分メリットが実感できるでしょう。 たったの月額286円で利用できるeo光電話は、遠方にも一律料金で安心して通話が出来るので、eo光と同時の申込みをおすすめします。 eo光の導入がお済みで無い方は、こちらの代理店からの申込みが便利です。 eo光は関西地方のみのサービスなので、利用できる方が限られているのが、最大のデメリットでしょう。 eo光のサービスエリア外にお住いの方は、以下の記事であなたのケースにピッタリの光回線を見つけてみるのも、お勧めです。

次の

光電話の解約手続き!違約金やネットが繋がらない時の対処法まで解説!

光電話

固定電話を毎日のように使うという人やメインがスマホではなく固定電話だという人の場合、毎月の月額料金や通話料金が気になりますよね。 電話代も使う頻度によっては高くつくため、できるだけ節約したいところです。 そこでこの記事では最近はやりの光電話サービスについて紹介したいと思います。 光電話サービスは従来の固定電話よりも月額料金と通話料金がどちらも安くなるので、使い方次第でかなり節約できます。 光電話ってどんな固定電話サービス? 光電話とは光回線を使った固定電話サービスです。 光回線とは光ファイバーを使った通信網のことで、この通信網を使ったインターネットサービスでは、ダウンロード速度が最大5Gbpsとか10Gbpsなど非常に速い速度になることで知られています。 光電話は光回線インターネットのオプション的な位置づけで多くの業者から提供されています。 光電話とアナログ回線の違い 電話と言えばNTTの加入電話がこれまで一般的でしたが、加入電話は基本的にメタル線と呼ばれる電話線で通信していました。 ISDNというデジタル回線も別の回線を使うわけではなく同じメタル線を利用しています。 しかし光電話は先述のように光ファイバーという別の回線を使っているので、従来の加入電話とは別物です。 アナログ回線サービスは2025年には完全に廃止されることが予定されています。 そのため今後固定電話を新規に申込みたい場合は光電話を申し込むのが良いでしょう。 実際光電話の導入率はすでに6割を超えていると言われています。 光電話の導入方法 光電話は光回線インターネットサービスを提供している事業者であればどこでも提供しています。 名前は違っても、たいてい「光」や「光電話」という言葉が入っているので分かりやすいです。 例えばauの光サービスなら「auひかり電話サービス」、ソフトバンクなら「ホワイト光電話」という具合です。 ひかり電話の契約のおおまかな流れは以下の通りです。 光回線業者と契約する• 契約時にオプションサービスの「光電話」を加える• 回線工事• 利用開始 光電話になっても従来の電話機をそのまま利用できますし、現在使っている電話番号もそのまま使えるので問題ありません。 光電話のコストはどれくらい? 光電話を使うと実際どれくらい安くなるのかを見てみましょう。 電話料金はアナログ固定電話・光電話に関係なく基本的に月額料金と通話料金からなります。 それぞれの料金をNTT加入電話と比較してみましょう。 光電話の月額料金とNTT加入電話の通話料金 まずは月額料金から見てみましょう。 NTT加入電話 プッシュ回線、ダイヤル回線 と光電話を比べた場合の月額料金です。 毎月1,000円近く浮けば1年で約12,000円も浮くことになるのでこれは大きいですよね。 光電話の通話料金とNTT加入電話の通話料金 続いて通話料金です。 3分間通話した場合の料金です(光電話から一般電話への通話。 税抜)。 月額料金はわずか380円とかなり安いです。 光電話の場合は基本的に500円かかるのでそれよりも安いです。 インターネット回線を使う分、光電話と同じようにインターネット料金がかかりますが、インターネットを普段からよく家で使う場合は特に大きな問題にはならないでしょう。 なお番号発行手数料が申込時に500円かかります。 NTT加入電話とIP電話の通話料金比較 続いて通話料金の比較です。 3分間通話する場合の料金を見てみましょう。 以下の表はIP電話から一般電話にかけた場合の料金です(IP電話同士では無料)。 5円 8円 区域隣接~20km 20円 20円 20km~60km 30円 60km~ 40円 県外 隣接~20km 20円 20k~30km 30円 30k~60km 40円 30円 60k~100km 60円 40円 30円 100km~ 80円 70円 40円 通話料金は圧倒的に光電話が安いのが分かります。 光電話は時間帯や距離に関係なく一律で3分間8円で通話できるので、長距離電話をしたり昼間に頻繁に電話することが多い場合はとてもお得ですよね。 一つ注意点ですが、光電話を使う場合は光回線を契約する必要があるのでインターネット代も込みで約4,000円前後費用が別途かかります。 ただ電話だけの費用を見るとやはりお得感があるので、それでも十分契約する価値があると言えます。 まとめ 光電話と一般的なNTTの加入電話とを比較しましたが、月額料金と通話料金ともに圧倒的に光電話が安いのが分かります。 アナログ回線が廃止されることを考えると、今後の主流は光電話になると言えます。 毎月の通信料金を安く抑えたい方は光回線を使ったインターネットと光電話を検討してみると良いでしょう。

次の

固定電話は付けるべき?eo光電話サービスのプランと料金を解説します

光電話

光電話を解約するときにかかる費用を知ろう! 単に光電話を解約するだけの手続きには費用は一切発生しません。 しかし、インターネット回線と一緒に解約するときは、高額な費用を請求されることがあります。 光電話だけを解約した場合でも、電話番号を引き継ぐには費用を払わなければいけません。 光電話を解約して違約金がかかることはない インターネット回線を解約するときは、違約金が大きなネックになります。 光電話を解約するときも、違約金がハードルになると思っている人が多いのではないでしょうか? 光電話は光回線のオプションサービスの1つにしか過ぎないので、いつ解約しても違約金は請求されません。 光電話はいつ解約しても費用はかからないと思っていいでしょう。 MEMO ただ、月の途中で解約しても約500円の基本料金は日割りにならず、満額で請求されます。 それほど大きな金額ではありませんが、日割りにならなくてもったいと感じる人は月末が解約日になるようにしておきましょう。 電話番号を残すには費用がかかる 光電話を解約してからも使用している番号を残すには、その後に電話回線を契約する事業者や状況によって方法が異なります。 光電話を解約してNTTの加入電話を契約する場合、番号をアナログに戻す必要があるので2,000円から10,000円ほどの費用がかかります。 光コラボのサービスと一緒に光電話を解約する場合は、NTTの加入電話と他社の光電話のどちらに移行してもアナログ戻しが必要になります。 その場合、2,000円から10,000円ほどの費用を支払わなければいけません。 光コラボ以外の光回線サービスと一緒に光電話を解約する場合、NTTの加入電話に移行するとアナログ戻しの費用がかかります。 フレッツ光から光コラボへの乗り換えは、インターネットと電話の環境を変えずに契約事業者を変えるという扱いなので番号は変わりません。 アナログ戻しについては、当サイトの「光回線のアナログ戻しとは?費用・料金から手順、工事内容まで全て解説!」で説明しているのであわせてご覧ください。 ネット回線と一緒に解約するときは違約金が請求される 電話番号の引き継ぎ費用を除くと、光電話を解約するときは違約金などを払う必要がありません。 しかし、インターネット回線サービスと一緒に解約するときは、インターネット回線の違約金が請求されます。 インターネット回線の違約金は契約している事業者によって異なりますが、10,000円から20,000円が相場です。 MEMO ただ、事業者が定めた契約満了月と更新月に解約すれば、上記の違約金は請求されません。 光電話と一緒にインターネット回線を解約するときは、インターネット回線の違約金が請求されないか確認しておきましょう。 光電話を解約するときのベストなタイミング 光電話の解約は申し込む内容によって手続きをするベストなタイミングが異なります。 特に光電話と一緒にインターネット回線を解約する場合は、違約金を支払う必要を無くすためにベストなタイミングを知っておく必要があります。 光電話だけの解約はいつしてもOK 光電話はあくまで光回線サービスが提供する1つのオプションに過ぎないので、いつ解約しても違約金は請求されません。 なので、光電話だけを解約する場合、どのようなタイミングで手続きをしても問題ありません。 インターネット回線と一緒に解約するときは状況によってベストなタイミングが異なる 光電話を解約するときにインターネット回線の契約も同時に解除するときは、あるタイミング以外だと違約金を請求されるので注意しなければいけません。 ほとんどのインターネット回線は契約期間が2年ないし3年になっています。 2年か3年ごとにある契約満了月と更新月以外に解約すると10,000円から20,000円ほどの違約金が請求されてしまいます。 なので、インターネット回線も一緒に解約するときは、なるべく契約満了月か更新月に申し込むようにしましょう。 光電話を解約するときに費用を払わずに済む方法を知ろう! 光電話を解約するだけなら費用はかかりませんが、同じ電話番号を引き継ぐには何かとコストが必要です。 インターネット回線も一緒に解約すると、高額な違約金を請求される恐れがあります。 しかし、タイミング次第ではコストを抑えることができ、インターネット回線を他社に乗り換える場合だと違約金による負担まで無くすことができます。 他社の回線に乗り換えるならキャンペーン特典が受けられる事業者を選ぶ 光電話とインターネット回線の両方を解約して事業者を他社に切り替える場合。 キャンペーンによる特典が受けられるサービスを契約すれば、違約金や電話番号を残す費用を無くすことができます。 たとえば、ソフトバンク光は「あんしん乗り換えキャンペーン」による特典で、他社の違約金とアナログ戻しの費用を全て負担してくれます。 他の光回線サービスも代理店で申し込めばキャッシュバックをもらって違約金やアナログ戻しの費用に充てることができます。 他社に乗り換えるために光電話とインターネット回線を一緒に解約するときは、キャンペーンの内容が強いサービスに移行しましょう。 ネット回線を使う予定が無いなら満了月・更新月を狙う 光電話とインターネット回線のどちらを解約して、その後にNTTの加入電話しか使う予定がない場合は、違約金やアナログ戻しに費用を払わずに済む術がありません。 方法があるとすれば、契約満了月か更新月を狙って解約するぐらいです。 といっても、必ずしも満了月や更新月を狙えばいいわけではありません。 状況によってはすぐに解約したほうが負担する費用が少ない場合があります。 ネット代が月額5,100円のOCN光を契約していると仮定して、満了月と更新月が1年先としてみましょう。 1年先の満了月まで待つと、負担する費用は合計で61,200円になります。 すぐに解約すると11,000円の違約金を支払うだけで済みます。 結果、1年後の満了月を待たないほうが良いことは明らかです。 光電話を解約する手順・方法を知ろう! 光電話を解約する方法はそれほど難しくありませんが、場合によっては借りている機器を返却しなければいけません。 また、光電話の解約は一概にNTTの窓口でできるわけではないので注意が必要です。 手順その1. 契約している事業者の電話窓口で解約の申請をする 光電話の解約は基本的に契約している事業者の電話窓口で行います。 注意 電話サービスだからと言ってNTTの窓口で手続きをするわけではないので注意してください。 NTTの窓口に連絡して光電話が解約できるのは、フレッツ光を契約している場合だけです。 契約している事業者によっては、オンラインで解約できる場合もあります。 ソフトバンク光のホワイト光電話は、会員用のWebサイトで解約することができます。 ただ、オンラインで光電話を解約できる事業者は少ないので、基本的に電話で手続きを行うと考えてください。 手順その2. 光電話対応ルーターを返却する ほとんどのインターネット回線サービスでは、光電話に加入をすると専用の対応ルーターが貸し出されます。 光電話を解約するときは、貸し出された対応ルーターを返却しなければいけないことが多いです。 対応ルーターを返却しないと弁済金が請求されるので、解約するときは発送をしなければいけないのか必ず確認してください。 返却は事業者から送られてくる送付キットで行い、手数料はかかりません。 モデムを入れ替えることもある 光電話だけを解約してインターネット回線を残す場合、契約している事業者によってはモデムを入れ替えが必要になる場合があります。 事業者によっては、光電話ルーター機能が内蔵されたモデムが貸し出されるからです。 光電話を解約するときは、電話窓口へ申請する際にモデムの入れ替えが必要なのかも聞いておきましょう。 光電話を解約するときの注意点を押さえておこう! 光電話を解約する際は、事前に注意点を知っておかなければいけません。 特に光電話を解約した後も同じ番号を使い続けたい場合は、何も知らないとトラブルに遭ってしまいます。 解約した後に同じ電話番号を使うには電話加入権が必須 先ほどから説明していることですが、光電話で利用していた番号を引き継ぐには電話加入権が必要になることがほとんどです。 電話加入権が必要でない状況は、フレッツ光から光コラボに移行するときだけです。 光電話の番号を残すには、基本的に電話加入権が必要と思ってください。 番号を残すには光電話を解約する前に引き継ぎ手続きをしておくこと 電話加入権を持っていても、光電話の番号を残すには解約する前にアナログ戻しなどの引き継ぎ手続きをしておかなければいけません。 先に光電話を解約してしまうと番号が消えてしまうからです。 番号を引き継ぐ際は、光電話を解約する前に必ずアナログ戻しの手続きをしてください。 他社の光回線サービスに乗り換える場合は、先にアナログ戻しをして移行先の事業者を契約してから、元の光電話とインターネット回線を解約するようにしましょう。 無線LANの利用料金が高くなる恐れがある 光回線サービスのほとんどでは無線LANルーターをレンタルすることができますが、光電話に加入するかで利用料金が変わることが多いです。 ほとんどの事業者では、光電話を解約すると無線LANルーターの利用料金が高くなります。 フレッツ光西日本での無線LAN利用料金 光電話の利用有無 無線LANの利用料金 有 100円 無し 350円 注意 ただ、工事が完了してから解約すると500円の基本料金が請求されてしまいます。 申し込みをしてからキャンセルしたいと思ったら早めにキャンセルできるか確認しましょう。 光電話を解約した後にインターネットがつながらないときの対処法 光電話を解約すると、その後にインターネットがつながらないトラブルが起きることがあります。 突然インターネットにつながらなくなると頭の中が混乱しますが、原因さえ知っておけば難なく対処することができます。 インターネットがつながらない原因はモデムの交換やリセットが原因 光電話を解約してからインターネットに接続できなくなる原因は、モデムの交換やリセットであることがほとんどです。 光電話の解約に伴ってモデムを交換すると、契約した当時に行った接続設定が無くなるのでインターネットにつながらなくなります。 モデムを交換せずに済んだとしても、光電話の解約日に接続設定がリセットされてインターネットにつなぐことができません。 なので、光電話を解約した当日は、もう1度接続設定をし直しましょう。 接続設定を行えば、問題なくインターネットにつながるようになります。 光電話を解約するとWi-Fiが使えなくなることも 光電話を解約する際に、間違ってモデムの入れ替えを依頼するとWi-Fiが使えなくなってしまうことがあります。 事業者によっては、貸し出される光電話対応モデムに無線LANの機能が搭載されているからです。 モデムの入れ替えを依頼してWi-Fiが使えなくなった場合は、無線LANルーターをもう1度レンタルするか、家電量販店などで購入しなければいけません。 まだ光電話を利用している人は、解約してからWi-Fiが使えなくならないか契約事業者に確認しておきましょう。 光電話を解約してから固定電話を使う方法3つを紹介! 光電話を解約して後に固定電話を利用する方法は3つあります。 今は自宅にアナログ回線や光ファイバーを引かずに固定電話が利用できるサービスもあるので、自分に合った方法を見つけやすくなっています。 一般的な方法はNTTの加入電話を利用すること 光電話を解約してからも固定電話を使う方法は、NTTの加入電話を契約することが一般的です。 注意 しかし、光電話をやめてNTTの加入電話を利用すると、基本料金と通話料のどちらも倍以上高くなってしまいます。 以下の表で利用料金を比較すると、NTTの加入電話に移行するとどれだけ費用が高くなるかがわかります。 他社のネット回線に乗り換えるなら移行先で光電話を使おう インターネット回線と光電話の両方を解約して他社に乗り換えるのであれば、移行先の事業者でも光電話を使うことをおすすめします。 他社で移行してインターネット回線を使い続けるなら、光電話を利用したほうがはるかに料金が安くなるからです。 先ほどの表を見れば、光電話を契約したほうがお得であることがわかるはずです。 料金を安くするならソフトバンクの「おうちのでんわ」という選択肢も 光電話を解約してからインターネット回線も使う予定がないと、NTTの加入電話を契約するしか方法が無いように思えます。 しかし、今はソフトバンクの「おうちのでんわ」を契約すれば、自宅にアナログ回線や光ファイバーを引かなくても固定電話を使うことができます。 おうちのでんわはスマホと同じLTE回線で固定電話が利用できるサービスで、基本料金から通話料までNTTの加入電話より安くなっています。 おうちのでんわとNTTの加入電話の通話料比較表 種別 基本料金 通話料金 固定電話(国内) 携帯 国際電話 おうちのでんわ 980円 ソフトバンクか Y! ただ、どちらにしてもNTTの加入電話よりもはるかにお得です。 MEMO さらに、電話加入権を持っていれば、アナログ戻しをして電話番号を引き継ぐこともできます。 光電話を解約してからインターネット回線も使う予定がない場合は、NTTの加入電話よりもおうちのでんわを利用したほうが良いでしょう。 まとめ 光電話を解約すること自体には費用は発生しませんが、同じ番号を残すにはアナログ戻しが必要なので2,000円から10,000円ほどの費用が必要になります。 ただ、インターネット回線を他社に乗り換える際に光電話を解約する場合は、キャンペーンの内容が強いサービスに移行すれば費用を負担することはありません。 光電話を解約してからインターネット回線を使う予定がない場合、固定電話を使うにはNTTの加入電話を契約するしかないと思いがちです。 しかし、今はソフトバンクの「おうちのでんわ」という選択肢があります。 おうちのでんわはNTTの加入電話よりも利用料金が安いので、光電話を解約した後の有力な移行先と言えるでしょう。

次の